性犯罪に関する覚書  ~AV出演強要、セクハラ、etc.

旧タイトルは、「香西咲さんを勝手に応援するブログ」です。(※2014年~2022年)

Last Modified: 2022/09/29(Thu) 11:15:22 RSS Feed

No.94


#[AV出演被害防止・救済法]

今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"を振り返っています。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
(1)2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(2)2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(3)2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(4)2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(5)2022年3月29日 衆議院 消費者問題特別委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(6)2022年3月29日 参議院 法務委員会(安江伸夫 参議院議員。公明党) ※当ブログ
  ↓
(7)2022年3月30日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(8)2022年3月31日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(9)2022年3月31日 衆議院 本会議(早稲田ゆき 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(10)2022年4月4日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(11)2022年4月7日 衆議院 消費者問題特別委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党)※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(12)2022年4月8日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(13)2022年4月13日 衆議院 厚生労働委員会(吉田とも代 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ
  ↓
(14)2022年4月14日 衆議院 本会議(山田勝彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(15)2022年4月15日 衆議院 文部科学委員会(宮本岳志 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(16)2022年4月19日 衆議院 消費者問題特別委員会(吉田統彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(17)2022年4月19日 衆議院 本会議(森山浩行 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(18)2022年4月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(19)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(鎌田さゆり 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(20)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(21)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(22)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(23)2022年4月27日 衆議院 内閣委員会(鈴木英敬 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(24)2022年4月27日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(25)2022年5月10日 衆議院 内閣委員会・厚生労働委員会連合審査会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(26)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(金尻カズナ ぱっぷす理事長※参考人 ※当ブログ
  ↓
(27)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(28)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(宮本 徹 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(29)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(仁木博文 衆議院議員。有志の会) ※当ブログ
  ↓
(30)2022年5月13日 衆議院 厚生労働委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(31)2022年5月19日 参議院 法務委員会(山添拓 参議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(32)2022年5月19日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(33)2022年5月20日 参議院 消費者問題に関する特別委員会(宮沢由佳 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(34)2022年5月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(35)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(上川陽子 衆議院議員。自民党)※AV出演被害防止・救済法案の趣旨説明 ※当ブログ
  ↓
(36)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(赤澤亮正 衆議院議員。自民党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(37)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(河西宏一 衆議院議員。公明党) ※当ブログ(前)

--------------------------------------------------------

5月25日に、衆議院内閣委員会が開催されました。(※参考。当ブログ
同委員会で、与野党の6会派が共同で提出したAV出演被害防止・救済法案趣旨説明がおこなわれました。

本日も、ひきつづき、この法案に対する河西宏一衆議院議員の質疑をみてみます。
今回は、後編です。

国会会議録を参照します。

(2022年5月25日 衆議院 内閣委員会 会議録より、引用。 )

【後編】河西宏一衆議院議員が2022年5月25日の衆議院内閣委員会でおこなった質疑(AV出演被害)

○2022年5月25日 林伴子 内閣府 男女共同参画局長
お答え申し上げます。
内閣府では、AV出演被害に関し、ポスター、リーフレットなどを作成し、大学などに配布するとともに、啓発動画やSNS、トレインチャンネルなどで周知を行ってきております。
一般論になりますが、法律が施行された場合には、必要とする方に必要な情報が届くよう、しっかり広報を進めることが重要であると考えております。
私ども男女共同参画局といたしましては、いただきました普及啓発の重要性と御提案をしっかりと受け止めさせていただきます。


●2022年5月25日 河西宏一 衆議院議員(公明党)
ありがとうございます。本法案の実効性の担保のためにも、この点、非常に大事だと思いますので、全力を挙げていただきたいというふうに思っております。

続きまして、規制の具体的な内容についてお伺いをいたしたいと思います。

本法案のもう一つの重要なポイント、中核ともいうべきものでありますけれども、被害実態を踏まえまして、本日お配りの、先ほども赤澤先生が御紹介をされておりました(※当ブログ(前)当ブログ(後))、このポンチ絵の一番上のところにもありますけれども、契約、撮影、そして公表といった、時間軸に照らした必要な規制が設けられていることが挙げられます。

この時間軸に沿った規制、具体的にどのような規制が設けられているのか、確認をしたいというふうに思います。

〇2022年5月25日 國重徹(くにしげ とおる) 衆議院議員(公明党)
お尋ねの時間軸を意識した規制について、順次具体的に説明をいたします。

第七条第一項では、契約締結から撮影までの間に一か月を空けることを義務づけました。

次に、第七条第二項では、出演者は、出演契約において定められている性行為であったとしても、その全部又は一部を拒絶することができ、かつ、その場合に賠償責任を負わない旨を規定をしております。

そして、第八条では、出演者の性行為映像制作物への出演に係る映像を公表前に出演者に確認させる機会を与えることを義務づけました。

さらに、第九条では、撮影から公表までの間に四か月を空けることを義務づけております。

こうした規制に加えて、契約解消を妨げる行為等に対する罰則も併せて規定することによりまして、こうした規制の実効性を担保することとしております。


●2022年5月25日 河西宏一 衆議院議員(公明党)
ありがとうございます。

先ほどお伺いしました相談体制の中にも、また周知啓発ということの中でも、やはり、時間軸に沿ってどのような規制が設けられているのか、どのタイミングで相談できるのかというところが非常に大事だと思っておりますので、この点も併せて確認をさせていただきました。

続きまして、本法案により、AV出演被害に関しましてどのような被害の回復が実現をできることになるのか、これは、できますれば具体的な例を挙げて御説明をいただきたいというふうに思います。
よろしくお願いします。

〇2022年5月25日 國重徹(くにしげ とおる) 衆議院議員(公明党)
御質問にお答えいたします。

この度の法案は、手厚い契約解消のルールが規定をされております。

契約解消の効果といたしまして、AV制作公表者は、例えば、配信中のインターネット動画の配信を止めるであるとか、手元にあるDVDを問屋や小売店に卸すのを止めるといったことが義務づけられることになります。
この点、そうした被害回復の実効性を確保する観点から、契約解消ルールに加えまして、差止め請求権やプロバイダー責任制限法の特例が規定をされております。

第十五条に規定しております差止め請求権については、公表が予定されていたもの、現に公表されているものの公表を止める権利であります。
AVが性行為に係る人の姿態が映された映像であることを踏まえ、この差止め請求権は人格権に基づくものと整理をしております。

したがいまして、公表が予定されていたもの、現に公表されているものの公表を止める対象は制作者に限りません。
例えば、小売店においてDVDが販売されている場合には、当該小売店に対しても販売停止を求めることができます。

もとより、AVの公表形態は様々あり得るところ、そうした形態に広く対応できるように工夫がなされております。

第十六条に規定をするプロバイダー責任制限法の特例につきましては、いわゆるリベンジポルノ法と同様に、契約が解消された後のAVを侵害情報と位置づけて、プロバイダーによる削除を容易にするものになります。
プロバイダーによる削除により、被害の拡散防止に有効であります。

これら二つの規定を併存させることで、現行法体系の中で、いわゆるデジタルタトゥーについても防いでいくことができると考えております。


●2022年5月25日 河西宏一 衆議院議員(公明党)
御答弁ありがとうございます。
このインターネット社会に鑑みて、様々な具体的な仕組みを盛り込んでいただいたということでございます。

最後に、一点お伺いをいたしたいと思います。
本法案では、AV出演契約をめぐりまして、非常に手厚い契約の解消のルールが設けられております。
この点に関しましては、画期的であるというふうに高く評価する声も多いというふうに伺っております。
そこで、最後に、具体的にどういった点で手厚い保護が図られているのか、提案者、國重(くにしげ)議員にお伺いをいたします。

〇2022年5月25日 國重徹(くにしげ とおる) 衆議院議員(公明党)
河西委員の御質問にお答えをいたします。

この度の法案におきましては、第十一条において、契約締結過程に瑕疵がある、具体的には、AV制作公表者が説明義務を尽くしていないなどの場合における取消権を規定をいたしました。

また、第十二条におきまして、例えば、契約締結から撮影までに一か月の間を空けなかったなどの法定義務違反等の場面における解除権を明記いたしました。
これは被害実態に即したものでありまして、第十二条の解除権により、公表までの被害がおよそ防げるものと承知をしております。

さらに、これら第十一条の取消権、第十二条の法定解除権に加えまして、第十三条任意解除権を創設したわけでありますが、この任意解除権は、契約締結過程に何ら瑕疵(かし)のない場合であったとしても、AVの公表後一年間行使することができる、非常に大きな武器になります。

他方で、この任意解除権は、契約締結過程に何ら瑕疵(かし)のない、いわば適正に契約をされ撮影されたAVについて事後的に解除を可能とする絶大な権限であるところ、当事者間の公平を期する、またバランスにも配慮する必要があるため、行使可能期間を一年としております。

この第十三条任意解除権の創設を画期的と評することもできるわけでありますが、法案立案に携わった者といたしましては、契約解消ルール全体が巧妙に制度設計されており、かつ、法案全体として被害の防止と被害者の救済に資するものであるところ、全体として画期的と評することができるものと考えております。


●2022年5月25日 河西宏一 衆議院議員(公明党)
御答弁ありがとうございました。任意解除権ということで、かなり手厚い保護を図っている、やはり、AV出演被害の性質に鑑みて、しっかり寄り添った法案になっているということを理解をさせていただきました。

私も、PTをつくってきました公明党の一員としまして、本制度が速やかに成立をいたしまして、そして、先ほど政府にお伺いいたしました周知徹底、これを知っていただく、先ほどの任意解除権もやはり知っていただくということが非常に大事だと思っておりますので、その取組に全力を挙げていくことをお誓いをいたしまして、以上、質疑とさせていただきます。

大変にありがとうございました。


--------------------------------------------------------

明日も、5月25日の衆議院内閣委員会における質疑と応答をみてみます。
--------------------------------------------------------

(参考)
6月15日に成立したAV出演被害防止・救済法の正式名称は、
性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律
です。






(推移。AV出演被害防止・救済法
<衆議院>
(1)2022年5月25日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ・堤かなめ 議員(立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ↓
(2)2022年5月27日(本会議) 全会一致で可決(※参考
 ↓
<参議院>
(3)2022年6月14日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①塩村あやか 議員(立憲民主党) ※当ブログを参照。
 ②佐々木さやか 議員(公明党) ※当ブログを参照。
 ③梅村聡 議員(日本維新の会) ※当ブログを参照。
 ④倉林明子 議員(日本共産党) ※当ブログを参照。

 ↓
(4)2022年6月15日(本会議) 可決(※参考
成立
--------------------------------------------------------

2022年6月23日からAV出演被害防止・救済法が施行されました。
AV出演被害防止・救済法が施行される前日(2022年6月22日)、警察庁は、配下の各警察に対して、AV出演被害の取り締まりに関する2つの通達を発しました。

アダルトビデオ出演被害問題に係る対策の推進について(通達)

性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律の施行について(通達)



〔 6751文字 〕 編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ご挨拶

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人です。

これまで"ワードプレス"を使ってブログの記事を書いてきました。
2022年5月15日(月)のことです。
突如、"ワードプレス"が初期化されました。
ブログの記事のデータがすべて消えました。
当方が借りているサーバーの仕様変更が原因のようです。
バックアップデータからの復旧を試みました。
叶いませんでした。
茫然自失となりました。
これまで書き溜めてきた記事は、もう元に戻りません。
心機一転、ブログをリニューアルをすることにしました。
これからは、"ワードプレス"でなく、“てがろぐ”を用いて、また一から書いていきます。
今後は、これまでのような長文でなく、短めの文章を心掛けたいと思います。

ご意見やご感想はこちら

編集

■カレンダー:

2022年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件