性犯罪に関する覚書  ~AV出演強要、セクハラ、etc.

旧タイトルは、「香西咲さんを勝手に応援するブログ」です。(※2014年~2022年)

Last Modified: 2022/09/29(Thu) 11:15:22 RSS Feed

No.85


#[AV出演被害防止・救済法]

今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"を振り返っています。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
(1)2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(2)2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(3)2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(4)2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(5)2022年3月29日 衆議院 消費者問題特別委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(6)2022年3月29日 参議院 法務委員会(安江伸夫 参議院議員。公明党) ※当ブログ
  ↓
(7)2022年3月30日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(8)2022年3月31日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(9)2022年3月31日 衆議院 本会議(早稲田ゆき 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(10)2022年4月4日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(11)2022年4月7日 衆議院 消費者問題特別委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党)※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(12)2022年4月8日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(13)2022年4月13日 衆議院 厚生労働委員会(吉田とも代 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ
  ↓
(14)2022年4月14日 衆議院 本会議(山田勝彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(15)2022年4月15日 衆議院 文部科学委員会(宮本岳志 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(16)2022年4月19日 衆議院 消費者問題特別委員会(吉田統彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(17)2022年4月19日 衆議院 本会議(森山浩行 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(18)2022年4月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(19)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(鎌田さゆり 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(20)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(21)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(22)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(23)2022年4月27日 衆議院 内閣委員会(鈴木英敬 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(24)2022年4月27日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(25)2022年5月10日 衆議院 内閣委員会・厚生労働委員会連合審査会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(26)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(金尻カズナ ぱっぷす理事長参考人) ※当ブログ
  ↓
(27)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(28)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(宮本 徹 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(29)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(仁木博文 衆議院議員。有志の会) ※当ブログ
  ↓
(30)2022年5月13日 衆議院 厚生労働委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(31)2022年5月19日 参議院 法務委員会(山添拓 参議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(32)2022年5月19日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)

--------------------------------------------------------

本日も、ひきつづき、5月19日の塩村あやか参議院議員の質疑をみてみます。
今回は、後編です。

国会会議録を参照します。

(2022年5月19日 参議院 内閣委員会 会議録より、引用。 )

【後編】塩村あやか参議院議員が2022年5月19日の参議院内閣委員会でおこなった質疑(AV出演被害)

●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
もう一点なんですが、いや、まだある、まだあるんですが、定義に性行為という言葉があるので、現状グレーである、いわゆる本番AV解禁法案だ、その言葉を抜けという声も、何か性行為という言葉を法文上から抜けという声もネットで広まってしまいました。

これ性行為の定義の重要性なんですが、その定義から性交を削除すると法はどう解釈されてしまうのかというと、罰則規定がありますから、定義をはっきりさせておかねば、性行為のあるアダルトビデオの契約が、それ自体が規律の対象にならなくなるということになるんだというふうに思います。

つまり、被害に遭ったときに、この法律で助けてくれといったときに、性行為という言葉が定義から抜けていると、性行為をしているアダルトビデオが処罰とかこの契約解除の対象にならなくなるという認識だというふうに私は思っているんですが、これちょっと間違っていたら間違っていたというふうに教えていただきたいというふうに思っています。

また、今回の救済法の中に性交を禁止規定として入れろという声もネットを中心にありました。
いわゆるその本番をやめろというような話なんですが、本番禁止条項を入れろということなんですが、一般論として契約を規律する法律と契約の対象となる行為自体を禁止するという法律はこれ両立するのか、これをちょっとお伺いしたいと思います。

○2022年5月19日 林 伴子 内閣府 男女共同参画局長
一般論としてお答え申し上げますと、一つの法律の中で、ある行為に関する契約を規律する一方で、その行為自体を禁止した場合、論理的な整合性を図ることは困難ではないかと考えられます。

●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。

つまり、せっかくこの法律作っても今ある被害が全く救えなくなってしまうということになりますので、定義の中から例えばその性交とか性行為という言葉を抜くということはできないし、やってしまったら私たち何のために頑張ってきたのだということにやっぱりなり得るというふうに思っているので、ここもやっぱり皆さんに理解をしておいていただく必要があるかなというふうに思っています。

今ちょっとお伺いしたところに少し答弁が足りていないところがあったな、あっ、大丈夫です。
済みません。

そのほか、AV禁止法を作るべきとの声もあったんですが、判例とか審議会の状況はどうなのかということをお伺いしたいというふうに思っています。

今回のこの救済法というのは、長年の議論が、未成年者取消し権がなくなると言ったときからアダルトビデオの話題はずっと始まっておりまして、様々な会議重ねてきたというところも承知をしているので、これだけのスピードでできたというふうに私は理解をしているところなんですが、いわゆる本番禁止、これは法律として作るとか今回の法律の中に入れ込むということをやろうと思ったときに、やっぱり判例とか審議会の状況見ていかなきゃいけないというのは当然のことだと思うんですが、これ現在制定することができるのかなと思うんですが、ちょっとこれ、国会の議論としてちょっとお伺いしたいというふうに思っております。

○2022年5月19日 林 伴子 内閣府 男女共同参画局長
お尋ねの件ですが、まず判例の状況について申し上げたいと思います。

AVの出演契約については、例えばアダルトビデオへの出演行為は公衆道徳上有害な業務に該当するとした裁判例がございますが、一方で、アダルトビデオ出演の専属契約を有効とした上で、女優が損害賠償義務を負うとした裁判例もあるということで、いろいろな判例があるという状況でございます。

また、政府における審議会の状況でございますが、現在政府内でAVを禁止する法律を検討している審議会はございません。

こうした状況を踏まえますと、御質問のようなAV禁止法あるいは本番AV禁止法を現時点で直ちに制定するのは困難であると言わざるを得ないと考えております。


●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
御答弁ありがとうございます。やっぱりこれ重要な答弁だったというふうに思います。

今回入っていないから業者に有利なものになっているというような意見もネットに出回っていたりもするんですけれども、決してそうではないということで、私たちは速やかに被害救済のために頑張っていかなきゃいけないというふうに思っておりますし、ただ一方で、そうした意見があるということも今回分かりましたので、それは今後、国会で議論をしていくとか、いろんな方法を考えていかなくてはいけないんだろうなというふうに考えているところです。
ありがとうございます。

そして、今回の成年年齢の引下げにおいて一番の議論だったというのは、未成年者取消し権を含めたやっぱり契約の在り方だったというふうに思います。

これ一般論としてお聞きをまたしなきゃいけないんですが、法案が出てきているわけではないので。
契約における義務を加重する条項におきまして、契約期間や公開、公表期間を無期限と契約書に書かれていて、それにサインしてしまった場合、これは私は出演者の利益を一方的に害するものというふうに思われるんですが、これどのように考えることができるでしょうか。

○2022年5月19日 林 伴子 内閣府 男女共同参画局長
お答え申し上げます。
一般論ではございますが、AV出演者の方が様々な社会生活を営んでいるということを考えますと、AV出演者の状況を全く考慮せずにAV出演の契約期間や公開期間を無期限とすることは、出演者に対して大変厳しいものというふうに言わざるを得ないと思います。
大変厳しいと感じております。


●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。

これ、救済法の十条四項に係る部分、大事な部分なので聞かせていただきました。
出演者の権利を制限して、その義務を加重する条項であって、民法第一条二項に規定する基本原則に反して出演者の利益を一方的に害するものと認められるものという条文で、これに該当すれば契約を無効にすることがやっぱりできるんですね。
今回、契約を、すごく厳しいものをたくさん作っておりますので、その中に公開を無期限とされてしまってはやっぱり意味がないものになってしまいますので、この確認は非常に重要だったというふうに思いますので、この辺りも周知とかできるのであれば是非行っていただきたいなというふうに思っております。

今までいろいろとこれから出てくる法案の細かい内容を一般論として聞かせていただきました。
出てきていれば、もっとダイレクトに、ストレートに聞いて、いろんな疑念とかを払っていけるものだと思うんですが、今日はこれはぎりぎりなんだなというふうに思っています。
ただ、聞いていただいた方は分かると思うんですが、出ている疑念は全てきちんと条文の中で解消できているというのがこの法案で、先ほど私は結構画期的だというふうに言ったんですが、こういう法案であるということは是非共有をしていただきたいというふうに思っています。

AVの出演の一因に貧困との関連性が指摘されているんですが、これどのように分析をしているのか、お伺いをしたいというふうに思います。

〇2022年5月19日 野田聖子 男女共同参画担当大臣
お答えします。
内閣府が令和元年度に実施したインターネット調査によると、モデル、アイドル等の勧誘された者のうち、聞いていない、同意していない性的な行為等の写真や動画の撮影に応じた経験のある人に、契約することを断らなかった、断れなかった理由を聞いたところ、お金が欲しかったからと回答した者が二三・七%という結果が出ております。

経済的困窮などによって望まない行為を余儀なくされることが残念ながら実態としてあるのだと考えています。
そのようなことがないよう、困難を抱える方について必要な支援へとしっかりつなげることが大変重要だと考えます。


●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
本当にその部分って重要だというふうに思うんですよね。

新型コロナの拡大が始まった当初から、大学生、これ女性だったんですが、大学生より、コンビニとか居酒屋でのアルバイトがなくなって、アダルトの仕事を余儀なくされてしまったという相談を受けまして、当初より、私、この内閣委員会でこうした窮地に陥った女性の声を伝え続けてきました。
十八歳、十九歳、二十歳だってそうかもしれないんですが、奨学金を借りて、アルバイトをして、そして大学で勉強をすると。
成人をしているかもしれませんが、まだまだ保護されるべき部分が非常に大きいというふうに思っております。
こここそまさに平仮名こどもで解釈をして、こども家庭庁の出番だというふうに思っております。

コロナ支援のときに感じたことは、厚労省とか文科省とか、結構縦割りに違和感がやっぱりあったんです。今後、一段上で調整ができるということですので、是非、相互調整、期待をしておりますので、よろしくお願いをいたします。

縦割りつながりでちょっとお伺いするんですが、アダルトビデオに出演に悩んだ人からワンストップ支援センターに御相談があったとき、その方々、必要な福祉とか奨学金とか、確実につなげられるような工夫が必要だと考えるんですが、これ文科省としっかり、例えば厚労省もそうかもしれませんが、連携することが今後これまで以上にできるのか、お伺いをしたいというふうに思っております。

〇2022年5月19日 野田聖子 男女共同参画担当大臣
お答えします。
性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターは、現在、御承知のとおり、全都道府県五十二か所に設置されています。
緊急避妊薬の処方や証拠採取などの医療的支援、そして法律相談などの法的支援、カウンセリングなどの心理的支援など、地域における被害者支援の中核的な役割を今担っています。
また、相談者の必要に応じて、学校、児童相談所、婦人相談所、福祉事務所等と連携して支援を実際に行っているところです。

引き続き、被害者の速やかな回復を目指し、関係機関としっかり連携して支援を進めてまいります。


●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
ちょっとこれまでのこども家庭庁以前の答弁と同じ答弁じゃないかなみたいな感じがするんですが、こども家庭庁ができたらそこは改善されるのかという意味合いでもう一度聞かせてください。

〇2022年5月19日 野田聖子 男女共同参画担当大臣
まさにそれが大きな仕事の一つで、しっかりと、まあばらばらではないんですけど、今も連携して取り組んでいるけれども、更に連携を深めていけるような取組をしていきます。

●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
更にという言葉がありましたので、是非よろしくお願いをしたいというふうに思っております。

次なんですが、今回のアダルトビデオの出演の被害防止・救済法案について大臣の評価をお聞きしたいというふうに思っております。
過程を含めいろいろと見てきていただいたというふうに思いますし、いろんな議員からの質問を受けて大変な思いをされたこともあるんじゃないかなというふうにも思っているところなんですが、私もそう思っているんですが、与党の実務者の方は、これ画期的な議員立法だとマスコミに対してコメントしておりました。
私もそういうふうに思っています。

野田大臣にお伺いをいたします。
経過もいろいろと見守っていただいておりまして、御存じだというふうに思うんですね、
この今回の過程を含めて。
大臣、このコメント、どのように受け取っていますでしょうか。
そして、この法案の過程とか、いろいろ思うこととか感想があればお聞きしたいと思います。

〇2022年5月19日 野田聖子 男女共同参画担当大臣
アダルトビデオへの出演に関する被害の問題は、私は、申し上げるまでもなく、被害者の心身や私生活に長期間にわたって悪影響を与える重大な人権侵害であり、深く憂慮すべき問題だということは皆さんの共通の認識だと思います。

AV出演被害防止に関する各党実務者会合においては、AV出演被害の防止と被害者の救済を必ず実現するという思いの下で、各党の皆さんの間で大変熱心な議論が重ねていただいたと情報をいただいてきたところです、党を問わずですね。
この実務者会合で取りまとめられたAV出演被害防止・救済法案は、性別、年齢を問わずAV出演契約を無力化するために、これまでにない画期的な案になったと受け止めています。

改めて、委員を始め各党実務者の皆様の御尽力に心から感謝を申し上げたいと思いますし、私としても、この法案が実現し、一刻も早く被害の防止、被害者の救済へとつながることを期待しております


●2022年5月19日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。

本当に全員で画期的な法律であるということを広報していくことが一番被害者の方につながっていくというふうに思いますので、引き続き皆さんの力を合わせて、被害者を生まないんだということを頑張って広報、啓発していきたいというふうに、私たちももちろん協力しますので、引き続きよろしくお願いを申し上げたいと思います。

次のテーマに移らせていただきます。
(後略。)
--------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------

明日も、今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"をみてみます。
--------------------------------------------------------

(参考)
6月15日に成立したAV出演被害防止・救済法の正式名称は、
性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律
です。






(推移。AV出演被害防止・救済法
<衆議院>
(1)2022年5月25日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ・堤かなめ 議員(立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ↓
(2)2022年5月27日(本会議) 全会一致で可決(※参考
 ↓
<参議院>
(3)2022年6月14日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①塩村あやか 議員(立憲民主党) ※当ブログを参照。
 ②佐々木さやか 議員(公明党) ※当ブログを参照。
 ③梅村聡 議員(日本維新の会) ※当ブログを参照。
 ④倉林明子 議員(日本共産党) ※当ブログを参照。

 ↓
(4)2022年6月15日(本会議) 可決(※参考
成立
--------------------------------------------------------

2022年6月23日からAV出演被害防止・救済法が施行されました。
AV出演被害防止・救済法が施行される前日(2022年6月22日)、警察庁は、配下の各警察に対して、AV出演被害の取り締まりに関する2つの通達を発しました。

アダルトビデオ出演被害問題に係る対策の推進について(通達)

性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律の施行について(通達)



〔 8775文字 〕 編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ご挨拶

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人です。

これまで"ワードプレス"を使ってブログの記事を書いてきました。
2022年5月15日(月)のことです。
突如、"ワードプレス"が初期化されました。
ブログの記事のデータがすべて消えました。
当方が借りているサーバーの仕様変更が原因のようです。
バックアップデータからの復旧を試みました。
叶いませんでした。
茫然自失となりました。
これまで書き溜めてきた記事は、もう元に戻りません。
心機一転、ブログをリニューアルをすることにしました。
これからは、"ワードプレス"でなく、“てがろぐ”を用いて、また一から書いていきます。
今後は、これまでのような長文でなく、短めの文章を心掛けたいと思います。

ご意見やご感想はこちら

編集

■カレンダー:

2022年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件