性犯罪に関する覚書  ~AV出演強要、セクハラ、etc.

旧タイトルは、「香西咲さんを勝手に応援するブログ」です。(※2014年~2022年)

Last Modified: 2022/09/29(Thu) 11:15:22 RSS Feed

No.109


#[AV出演被害防止・救済法]

今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"を振り返っています。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
(1)2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(2)2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(3)2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(4)2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(5)2022年3月29日 衆議院 消費者問題特別委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(6)2022年3月29日 参議院 法務委員会(安江伸夫 参議院議員。公明党) ※当ブログ
  ↓
(7)2022年3月30日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(8)2022年3月31日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(9)2022年3月31日 衆議院 本会議(早稲田ゆき 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(10)2022年4月4日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(11)2022年4月7日 衆議院 消費者問題特別委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党)※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(12)2022年4月8日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(13)2022年4月13日 衆議院 厚生労働委員会(吉田とも代 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ
  ↓
(14)2022年4月14日 衆議院 本会議(山田勝彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(15)2022年4月15日 衆議院 文部科学委員会(宮本岳志 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(16)2022年4月19日 衆議院 消費者問題特別委員会(吉田統彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(17)2022年4月19日 衆議院 本会議(森山浩行 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(18)2022年4月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(19)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(鎌田さゆり 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(20)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(21)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(22)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(23)2022年4月27日 衆議院 内閣委員会(鈴木英敬 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(24)2022年4月27日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(25)2022年5月10日 衆議院 内閣委員会・厚生労働委員会連合審査会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(26)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(金尻カズナ ぱっぷす理事長※参考人 ※当ブログ
  ↓
(27)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(28)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(宮本 徹 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(29)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(仁木博文 衆議院議員。有志の会) ※当ブログ
  ↓
(30)2022年5月13日 衆議院 厚生労働委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(31)2022年5月19日 参議院 法務委員会(山添拓 参議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(32)2022年5月19日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(33)2022年5月20日 参議院 消費者問題に関する特別委員会(宮沢由佳 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(34)2022年5月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(35)2022年5月24日 参議院 厚生労働委員会(川田龍平 参議院議員。立憲民主党) ※若干、言及(参考。国会会議録
  ↓
(36)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(上川陽子 衆議院議員。自民党)※AV出演被害防止・救済法案の趣旨説明 ※当ブログ
  ↓
(37)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(赤澤亮正 衆議院議員。自民党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(38)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(河西宏一 衆議院議員。公明党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(39)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(40)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(一谷勇一郎 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(41)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(42)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(大石あきこ 衆議院議員。れいわ新選組) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(43)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(①委員会提出の法律案と決するに賛成 ②動議に賛成※採決 ※当ブログ
  ↓
(44)2022年5月27日 衆議院 本会議 ※採決 ※当ブログ
  ↓
(45)2022年6月9日 衆議院 本会議(上川陽子 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(46)2022年6月14日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(47)2022年6月14日 参議院 内閣委員会(佐々木さやか 参議院議員。公明党)

--------------------------------------------------------

AV出演被害防止・救済法案は、5月27日の衆議院本会議において、全会一致で可決されました。

(参考。日本国憲法)
・第五十九条 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。


AV出演被害防止・救済法案は、参議院へ送付されました。

(参考。AV出演被害防止・救済法案の採決)

■2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(※全会一致で可決)
 ↓
■2022年5月27日 衆議院 本会議(※全会一致で可決)
 ↓
□2022年6月14日 参議院 内閣委員会
 ↓
□2022年6月15日 参議院 本会議


本日は、6月14日の“参議院内閣委員会”における佐々木さやか参議院議員の質疑をみてみます。
今回は、前編です。
(※後編は明日。)

国会会議録を参照します。

(2022年6月14日 参議院 内閣委員会 会議録より、引用。 )

【前編】佐々木さやか参議院議員が2022年6月14日の参議院内閣委員会でおこなった質疑(AV出演被害)

●2022年6月14日 佐々木さやか 参議院議員(公明党)
公明党の佐々木さやかです。

まず、質問の機会をいただきましたことに感謝申し上げます。

AV出演被害は、出演者に将来にわたって取り返しの付かない重大な被害を生じさせるものであり、極めて深刻な問題でございます。
被害者救済のためにと、今回の法案提出、法案審議に御尽力をいただきました提出者始め関係者の皆様に心から敬意を表し、感謝を申し上げます。

私がこの問題に初めて向き合いましたのは今から六年前でございます。
まさかAV出演をさせられるとは思わずに契約をしてしまって、出演しないなら高額な違約金を払えと、このように脅される、そして一度出演してしまえば半永久的にネットなどでその動画が流されるということでございます。
こういった被害は言わば重大な人権侵害でありまして、絶対にあってはならないとの思いで党としてプロジェクトチームを立ち上げて、啓発や現行法での取締り強化、こういったことにも取り組んでまいりました。

しかしながら、現場で被害救済に携わる団体の皆さんからは、現行法上の詐欺ですとか刑法違反などを訴えても業者はなかなか応じない、立証も難しく、実際の被害回復や動画などの消去を行う方法というものは事実上なかなかない、被害者から相談を受けても何の手だてもないんだと、こういった切実なお声をいただいたわけでございます。
現行法で限界があるのであれば、新法で被害者救済のための強力な解約、契約解消の手段、また被害回復のための権利を創設するしかないのではないかと、このように考えました。

そうした同じ思いの下で、上川陽子先生を座長とする与党プロジェクトチーム、そして超党派の先生方と真剣な議論をさせていただきまして、今回の法案が提出されるに至ったわけでございます。

今回の法案は、こうした被害救済の観点から、年齢、性別を問わず、AVの出演者について、被害者側に使いやすい、これまでにない強力な契約解消の方法を認め、被害回復のためにこれまでに比べて容易に動画の削除などを要求できるよう、差止めの権利を法律上明確に規定するなどするものであるというふうに考えております。
また、相談体制についてもしっかりと充実をしていく。

このように、今回の法案今現実に苦しんでいる被害者をどう救済するのかという思いから作られたものでありまして、現実に被害救済が進むことが期待されます
決して性交を合法化するとか、違法なものを合法化するような法案ではないということも強調をしておきたいと思います。

そこで、改めて立法趣旨につきまして、被害救済のために被害者に寄り添ったものであるという点、そして性交合法化との誤解に関連してお答えをいただきたいと思います。

〇2022年6月14日 上川陽子 衆議院議員(自民党)
お答えをいたします。

本法案でございますが、AV出演被害が出演者の心身と私生活に将来にわたって取り返しの付かない重大な被害をもたらすことから、その被害の発生と拡大の防止を図り、被害を受けた出演者の救済のために徹底した対策を講ずることにより、出演者の個人としての人格を尊重し、その心身の健康と私生活の平穏等を保護しようとするものであります。
今回、救済対象に対しましても、出演者の年齢、性別を問わないということにしたところでございます。

本法案に対しまして、性交を含む契約を合法化するものなのではないかとの声がございます。
[本法案]におきましては、性交を含むものとして性行為を定義し、この概念を用いて性行為映像制作物や出演契約、これを定義をしているわけでありますが、これは性交を含む契約が現に存在をすること、そしてAV出演被害の背景となっていることから、このような契約の効力、これを制限するために本法案の対象として明示したものでございます。

そして、本法案の目的規定、第一条におきまして、他の法令による契約の無効及び性行為その他の行為の禁止又は制限をいささかも変更するものではないということをこの法律の実施及び解釈の基本原則と位置付けております。
さらに、実施及び解釈の基本原則を具体的に述べた第三条三項におきまして、この法律のいかなる規定も、公序良俗違反の法律行為を無効と定めた民法第九十条その他の規定により無効とされる契約を有効とするものと解釈してはならないと規定をしております。

したがいまして、本法案は、契約が有効か無効かに関する現行法上の立場を何ら変更するものではなく、現在合法であると言えない契約を合法化するものではないということは明らかでございます。

本法案が真に被害の防止、被害者の救済に結び付くためには、相談体制の整備、そして充実が不可欠であるということでございます。

この点につきましては、先ほど先生からもこのPTの話を触れていただきました。その前からこの問題に向き合い続け、そして御党におきましても長らく寄り添いながら取り組んでこられました佐々木さやか先生からも強い御指摘がありまして、こうした相談体制の整備充実がインフラとして極めて重要であると、こうしたことについて、これ極めて重要なポイントであるというふうに認識をしております。

しっかりとした相談体制の下で出演契約に対する特則、プロバイダー責任制限法の特例、罰則等の措置、こうしたことがしっかりと活用されることによって、この法案の目的が達成されるものと確信をしております。

--------------------------------------------------------

このつづきは、明日のブログでみてみます。
--------------------------------------------------------

(参考)
6月15日に成立したAV出演被害防止・救済法の正式名称は、
性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律
です。






<内閣府>
法律についてのQ&A
解説
概要
条文
経過規定
府令
解除権を行使するための書面のひな形(※重要


(推移。AV出演被害防止・救済法
<衆議院>
(1)2022年5月25日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①赤澤亮正 議員(自民党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ②河西宏一 議員(公明党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ③堤かなめ 議員(立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ④一谷勇一郎 議員(日本維新の会) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ⑤本村伸子 議員(日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ⑥大石あきこ 議員(れいわ新選組) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。

 ↓
(2)2022年5月27日(本会議) 全会一致で可決(※参考
 ↓
<参議院>
(3)2022年6月14日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①塩村あやか 議員(立憲民主党) ※当ブログを参照。
 ②佐々木さやか 議員(公明党) ※当ブログを参照。
 ③梅村聡 議員(日本維新の会) ※当ブログを参照。
 ④倉林明子 議員(日本共産党) ※当ブログを参照。

 ↓
(4)2022年6月15日(本会議) 可決(※参考
成立
--------------------------------------------------------

2022年6月23日からAV出演被害防止・救済法が施行されました。
AV出演被害防止・救済法が施行される前日(2022年6月22日)、警察庁は、配下の各警察に対して、AV出演被害の取り締まりに関する2つの通達を発しました。

アダルトビデオ出演被害問題に係る対策の推進について(通達)

性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律の施行について(通達)




〔 6790文字 〕 編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ご挨拶

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人です。

これまで"ワードプレス"を使ってブログの記事を書いてきました。
2022年5月15日(月)のことです。
突如、"ワードプレス"が初期化されました。
ブログの記事のデータがすべて消えました。
当方が借りているサーバーの仕様変更が原因のようです。
バックアップデータからの復旧を試みました。
叶いませんでした。
茫然自失となりました。
これまで書き溜めてきた記事は、もう元に戻りません。
心機一転、ブログをリニューアルをすることにしました。
これからは、"ワードプレス"でなく、“てがろぐ”を用いて、また一から書いていきます。
今後は、これまでのような長文でなく、短めの文章を心掛けたいと思います。

ご意見やご感想はこちら

編集

■カレンダー:

2022年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件