性犯罪に関する覚書  ~AV出演強要、セクハラ、etc.

旧タイトルは、「香西咲さんを勝手に応援するブログ」です。(※2014年~2022年)

Last Modified: 2022/09/29(Thu) 11:15:22 RSS Feed

No.107


#[AV出演被害防止・救済法]

今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"を振り返っています。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
(1)2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(2)2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(3)2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(4)2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(5)2022年3月29日 衆議院 消費者問題特別委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(6)2022年3月29日 参議院 法務委員会(安江伸夫 参議院議員。公明党) ※当ブログ
  ↓
(7)2022年3月30日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(8)2022年3月31日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(9)2022年3月31日 衆議院 本会議(早稲田ゆき 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(10)2022年4月4日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(11)2022年4月7日 衆議院 消費者問題特別委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党)※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(12)2022年4月8日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(13)2022年4月13日 衆議院 厚生労働委員会(吉田とも代 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ
  ↓
(14)2022年4月14日 衆議院 本会議(山田勝彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(15)2022年4月15日 衆議院 文部科学委員会(宮本岳志 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(16)2022年4月19日 衆議院 消費者問題特別委員会(吉田統彦 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(17)2022年4月19日 衆議院 本会議(森山浩行 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(18)2022年4月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(19)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(鎌田さゆり 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(20)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(21)2022年4月22日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(22)2022年4月22日 衆議院 法務委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(23)2022年4月27日 衆議院 内閣委員会(鈴木英敬 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(24)2022年4月27日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(25)2022年5月10日 衆議院 内閣委員会・厚生労働委員会連合審査会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(26)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(金尻カズナ ぱっぷす理事長※参考人 ※当ブログ
  ↓
(27)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(28)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(宮本 徹 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ
  ↓
(29)2022年5月11日 衆議院 厚生労働委員会(仁木博文 衆議院議員。有志の会) ※当ブログ
  ↓
(30)2022年5月13日 衆議院 厚生労働委員会(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(31)2022年5月19日 参議院 法務委員会(山添拓 参議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(32)2022年5月19日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(中)当ブログ(後)
  ↓
(33)2022年5月20日 参議院 消費者問題に関する特別委員会(宮沢由佳 参議院議員。立憲民主党) ※当ブログ
  ↓
(34)2022年5月20日 衆議院 厚生労働委員会(山井和則 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(35)2022年5月24日 参議院 厚生労働委員会(川田龍平 参議院議員。立憲民主党) ※若干、言及(参考。国会会議録
  ↓
(36)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(上川陽子 衆議院議員。自民党)※AV出演被害防止・救済法案の趣旨説明 ※当ブログ
  ↓
(37)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(赤澤亮正 衆議院議員。自民党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(38)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(河西宏一 衆議院議員。公明党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(39)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(堤かなめ 衆議院議員。立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(40)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(一谷勇一郎 衆議院議員。日本維新の会) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(41)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(本村伸子 衆議院議員。日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(42)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(大石あきこ 衆議院議員。れいわ新選組) ※当ブログ(前)当ブログ(後)
  ↓
(43)2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(①委員会提出の法律案と決するに賛成 ②動議に賛成※採決 ※当ブログ
  ↓
(44)2022年5月27日 衆議院 本会議 ※採決 ※当ブログ
  ↓
(45)2022年6月9日 衆議院 本会議(上川陽子 衆議院議員。自民党) ※当ブログ
  ↓
(46)2022年6月14日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党)

--------------------------------------------------------

AV出演被害防止・救済法案は、5月27日の衆議院本会議において、全会一致で可決されました。

(参考。日本国憲法)
・第五十九条 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。


AV出演被害防止・救済法案は、参議院へ送付されました。

(参考。AV出演被害防止・救済法案の採決)

■2022年5月25日 衆議院 内閣委員会(※全会一致で可決)
 ↓
■2022年5月27日 衆議院 本会議(※全会一致で可決)
 ↓
□2022年6月14日 参議院 内閣委員会
 ↓
□2022年6月15日 参議院 本会議


本日は、6月14日の“参議院内閣委員会”における塩村あやか参議院議員の質疑をみてみます。
今回は、前編です。
(※後編は明日。)

国会会議録を参照します。

(2022年6月14日 参議院 内閣委員会 会議録より、引用。 )

【前編】塩村あやか参議院議員が2022年6月14日の参議院内閣委員会でおこなった質疑(AV出演被害)

●2022年6月14日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
まず、附則第四条についてお伺いいたします。

今回、立法趣旨とは異なる、本来別法となるべき反対意見が多かったことから、次回のこうした混乱を防ぐためにも、いわゆる守備範囲を確認しておきたいと思います。

附則第四条では二年以内の法の見直しが書かれているんですが、次回の改正時に本法案に性行為を伴うAVそのものを禁止することを規律するという議論をする場合、本法案の趣旨と整合するのか、まずお伺いいたします。

〇2022年6月14日 山下貴司 衆議院議員(自民党)
冒頭、本法案によってAV出演被害を防止し、被害者を救済することに御尽力された、超党派での合意に御尽力された塩村委員、佐々木委員始め超党派の先生方に心から敬意を表します。

その上で、本法案は、AV出演被害の防止、被害者の救済を目的とするものであって、現に存在する性行為に係る人の姿態を撮影したAVに関する契約を規律の対象といたしまして、その出演契約の効力を制限するための特則や差止め請求等を規定しているものであります。

一方で、他の法律で違法、無効なものについて、これをいささかも合法化の変更を加えるものではございません。

その上で申し上げれば、本法律の中で、例えば、一方で性行為に係る人の姿態を撮影したAVに関する契約の特則などの規定を定めながら、他方で先ほど御指摘の法改正によってそれ自体を禁止する規定を法律に盛り込むというのは、整合性を図るということがこれは困難ではないかというふうに考えております。


●2022年6月14日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
続きまして、海外配信のプラットフォームについてお伺いいたします。

アダルトビデオのサイトには、カリビアンコムFC2などの海外配信プラットフォームが海外のサーバーにアップロードしたAVについては対応は難しいのではないかという意見がありますが、いかがでしょうか。

また、契約締結や撮影、撮影をしたアダルトビデオのアップロードを全て海外で行っている場合はどうか、お伺いいたします。

〇2022年6月14日 森山浩行 衆議院議員(立憲民主党)
御質問ありがとうございます。

まず、海外サーバーにアップロードされた場合の公表の差止めに本法が適用されるかという問題は、準拠法の選択の問題でもあります。

最終的に個別事情による御判断となり、一概にはお答えできませんが、海外サーバーにアップロードされても、そのことのみをもって直ちに本法の適用が排除されるものではなく、日本法が準拠法とされ本法が適用されれば、第十五条による差止め請求の対応が考えられます。

本法第十五条では、制作公表者から出演者に当該AVの公表を行っている者に関する情報提供をさせるなど、出演者の差止め請求に必要な協力をすることと定めており、差止め請求権を行使しやすくする工夫をしております。

さらに、海外サーバーから配信されているものである場合、出演者による契約解除の事実を了知したプロバイダー等が利用規約に基づき当該情報を削除する等の対応も考えられます。

次に、契約締結、撮影、アップロードなど全て海外で行っている場合についても、最終的には個別事情による判断となり、一概にはお答えできませんけれども、日本語で制作されるなど、主として日本向けに発信をされ、閲覧者の多くが日本人であるなどの場合には、その差止め請求の可否等について日本法が準拠法とされ、本法第十五条が適用されることもあり得ると考えられます。
一般に、当該制作公表行為と日本との関係が密接であればあるほど日本法が準拠法とされる可能性は高くなると考えております。

また、現在、各国においても各プラットフォームが権利侵害情報であれば削除できるとする規定を置いている例があり、また、各プラットフォームの利用規約等において権利侵害情報の削除について定めていることが多いことから、日本国内での権利侵害になっていることが明確になったものについては、このような規約等に基づいて一定程度対応される可能性もございます。

なお、海外のウエブサイト等の場合には対応に一定の困難もあり得ることから、本法は、本法案成立後に定められる予定の内閣府令において、契約前に出演者に説明をする事項として、AVを配信するウエブサイト等を運営する者の所属地の国名等を明示して説明させることを規定することが想定をされております。
これは、AVの公表方法について事前に出演者が知ることができるようにしておくことが望ましいとの考え方によるところのものであり、AVの公表方法が出演者の意に沿わない場合には、もとよりそういった契約を締結する必要はないというものであります。


●2022年6月14日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
次です。

本法案は出演契約の解除等につき定めるものですが、出演者が契約を解除すると著作権がなくなり、その結果、海外も含めて著作権による侵害対応ができなくなるのではないかとの心配の声がありますが、著作権著作隣接権がなくなるのか、お伺いいたします。

〇2022年6月14日 森山浩行 衆議院議員(立憲民主党)
著作権や著作隣接権については、著作物を創作する行為や演じる行為等があれば自動的に付与される権利であり、契約に基づいて発生するものではないことから、出演に関する契約を締結する行為自体は著作権や著作隣接権の発生とは関係がございません。

したがって、制作された性行為映像制作物が著作物に該当する場合や出演者の実演に著作隣接権が発生する場合は、出演契約の解除後も著作権や著作隣接権は消滅せず、侵害行為に対しては著作権に基づく法的措置をとることは可能と考えられます。

このように、本法案は、著作権や著作隣接権の発生や消滅について何ら影響を与えるものではございません。


●2022年6月14日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
それでは、違法にアップロードされたいわゆる海賊版のアダルトビデオについてはどのような対応が考えられるのか、お伺いいたします。

〇2022年6月14日 森山浩行 衆議院議員(立憲民主党)
違法にアップロードされ、いわゆる海賊版のAVというものは、本法案第十五条の差止め請求権の対象となるため、出演者は同条に基づきその公表の停止を請求することができます。
この際、制作公表者は必要な協力を行うこととなっており、海賊版に対しても対応できる範囲で協力をすることが期待をされます。

また、本法案とは別に、例えばAVメーカーなどの著作権者は、著作権法第百十二条に基づく差止め請求や、プロバイダー責任制限法に基づき発信者情報開示請求を行い、アップロードした者を特定した上で損害賠償請求を行うこともできます。


●2022年6月14日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
--------------------------------------------------------

このつづきは、明日のブログでみてみます。
--------------------------------------------------------

(参考)
6月15日に成立したAV出演被害防止・救済法の正式名称は、
性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律
です。






<内閣府>
法律についてのQ&A
解説
概要
条文
経過規定
府令
解除権を行使するための書面のひな形(※重要


(推移。AV出演被害防止・救済法
<衆議院>
(1)2022年5月25日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①赤澤亮正 議員(自民党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ②河西宏一 議員(公明党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ③堤かなめ 議員(立憲民主党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ④一谷勇一郎 議員(日本維新の会) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ⑤本村伸子 議員(日本共産党) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。
 ⑥大石あきこ 議員(れいわ新選組) ※当ブログ(前)当ブログ(後)を参照。

 ↓
(2)2022年5月27日(本会議) 全会一致で可決(※参考
 ↓
<参議院>
(3)2022年6月14日(内閣委員会) 全会一致で可決(※参考
 ①塩村あやか 議員(立憲民主党) ※当ブログを参照。
 ②佐々木さやか 議員(公明党) ※当ブログを参照。
 ③梅村聡 議員(日本維新の会) ※当ブログを参照。
 ④倉林明子 議員(日本共産党) ※当ブログを参照。

 ↓
(4)2022年6月15日(本会議) 可決(※参考
成立
--------------------------------------------------------

2022年6月23日からAV出演被害防止・救済法が施行されました。
AV出演被害防止・救済法が施行される前日(2022年6月22日)、警察庁は、配下の各警察に対して、AV出演被害の取り締まりに関する2つの通達を発しました。

アダルトビデオ出演被害問題に係る対策の推進について(通達)

性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律の施行について(通達)



〔 7331文字 〕 編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ご挨拶

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人です。

これまで"ワードプレス"を使ってブログの記事を書いてきました。
2022年5月15日(月)のことです。
突如、"ワードプレス"が初期化されました。
ブログの記事のデータがすべて消えました。
当方が借りているサーバーの仕様変更が原因のようです。
バックアップデータからの復旧を試みました。
叶いませんでした。
茫然自失となりました。
これまで書き溜めてきた記事は、もう元に戻りません。
心機一転、ブログをリニューアルをすることにしました。
これからは、"ワードプレス"でなく、“てがろぐ”を用いて、また一から書いていきます。
今後は、これまでのような長文でなく、短めの文章を心掛けたいと思います。

ご意見やご感想はこちら

編集

■カレンダー:

2022年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件