性犯罪に関する覚書  ~AV出演強要、セクハラ、etc.

旧タイトルは、「香西咲さんを勝手に応援するブログ」です。(※2014年~2022年)

Last Modified: 2022/08/15(Mon) 10:47:55 RSS Feed

No.10


#[AV出演被害防止・救済法]

本日も、ひきつづき(>>7 | >>8 | >>9)、今年の通常国会における"AV出演被害に関する国会質疑"を振り返ります。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
①2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党)>>7
  ↓
②2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) >>8
  ↓
③2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) >>9
  ↓
④2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党)

--------------------------------------------------------

3月28日、立憲民主党の塩村あやか参議院議員は、ふたたび、AV出演被害の問題を(ただ)しました。
3月28日の国会会議録(※参議院決算委員会)を参照します。

(2022年3月28日 参議院 決算委員会 会議録より、引用。 )

●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
立憲民主・社民の塩村でございます。
今日は質問の機会いただきましてありがとうございます。
本日、私は、子供政策、そして女性政策に絞って総理に質問をいたします。

私は、当選以降ずっと内閣委員会に所属をしておりまして、本日全ての質問を既に野田聖子担当大臣や各省庁と議論をさせていただいておりますので、本日は全て総理に御答弁をいただきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

さて、私が本日取り上げるテーマは、四月より実質的に解禁となる十八歳高校生アダルトビデオ出演問題、そして、普及が進まない痛くない乳がん検診と無痛分娩です。

特に最初に取り上げる高校生アダルトビデオ出演解禁は、日本という国の品格、在り方、モラル、子供が幸せに暮らせる国か否かの根本的な問題です。
では、質問に入らせていただきます。
まず、今週の木曜日、四月一日から、民法の改正により若年層に大きな被害が出る可能性が高いため、この質問をいたします。
総理は、今回の民法改正により、十八歳現役高校生出演アダルトビデオが実質的に解禁されることを御存じでしょうか。

○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
御指摘の点については、連日報道等でも大きく取り上げられています。
私自身も様々な報道、議論に接しております。
そういった問題があるということは承知をしております。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。

パネル一、お手元の資料一を御覧ください。(資料提示)
これは、AV、アダルトビデオの出演被害者を支援しているNPO法人ぱっぷすさんの資料をパネルにしたものです。
②から④、御覧ください。
十六歳、つまり児童からリクルート。動画配信、アイドル活動をさせ、十八歳誕生日すぐにアダルトビデオの撮影という被害事案があると。
③幼さや高校生を売りにしたアダルトビデオが主流になることにより、更なる被害の低年齢化が懸念。
④加害者の脅しは通話。文章の証拠が残らない。
十八歳、十九歳にとって立証不能、被害者が泣き寝入りを余儀なくされると。
こうした声が支援団体から上がっています。

実際に、十八歳の高校生アダルトビデオ出演解禁はやめてくださいという声が多く国会に届いています。
署名も短期間、本当に短期間だったんですが、四万筆近く集まったということで、これは各省庁に提出がされたと聞いております。

これはちょっと通告にないんですが、少し確認をさせてください。
今回の民法改正によりまして、現実問題として十八歳現役高校生のアダルトビデオが実質的に解禁となってしまいますが、到底これは私は総理は賛成しているとは思わないんですが、議論の前提としてその確認を総理にさせてください。

○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
今回の法改正によって成年年齢が引き下げられて、十八歳、十九歳の方々は自分の判断で契約を結ぶことが可能になる、こうしたことでありますが、委員の御質問は、そういったことによって今御指摘のような被害を受けられる方がおられる、そういったことを私自身が、何というんですか、望んでいることはないだろうなという確認だと思います。

当然のことであります。
そうしたことがあってはならないということで、その教育や啓発の強化、あるいは法律の適用をしっかり行っていく、こうしたことを政府としてもしっかり取り組んでいかなければならない、このように認識をしております。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
ストレートに言うと、つまり、いいとは思っていないということは分かりました。

しかし、その後の御答弁に少し問題があると思うんです。
それをこれまでずっと議論をしてきておりますので、順を追って、なぜかということを質疑していきたいと思っております。

なぜこのパネルに書いてあるような声が、先ほど御紹介したような声が上がるのかというと、①に書いてあるとおり、未成年者取消し権が四月一日からの民法改正によって使えなくなるからなんですね。
現在は、十八歳、十九歳がアダルトビデオの出演することはできるんですが、契約を結んだとしても未成年者取消し権の行使で契約の解消ができまして、たとえ撮影が終了していたとしても、これ発売ができないんですね。
つまり、被害者の救済措置があるということなんです。
これでは制作側も費用の損失を被るため、出演者は二十歳以上ということで自主規制をしているところも多いんです。
法律の抑止力は絶大なんですね。
これまでは、十八歳、十九歳のAV勧誘や出演に抑止とそして救済措置のある未成年者取消し権が大きな歯止めを掛けていました。

パネル二をお願いいたします。
お手元の資料を御覧ください。済みません、三ですね、ごめんなさい。お手元の資料三を御覧ください。
その証拠なんですが、支援団体が受けている相談の多くは、今、二十歳以上なんです。
多くは二十歳以上です。
それでも今、相談の四分の一は二十歳未満の未成年です。
未成年者取消し権という法の抑止力がなくなる四月一日以降が本当に心配です。

そこで、お伺いをいたします。
この未成年者取消し権と同等の効果のある政策を四月一日以降も存続できるべきにするよう、すべきではないか、これ重要だと思うんですね、
国の方針として、そして子供を大事にする。
総理、総理のお考えをお伺いいたします。
本当に抑止、このまま利くんでしょうか

○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
まず、先ほども申し上げましたが、法改正が行われます。
そして、この十八歳、十九歳の方々は自分の判断で契約を結ぶことが可能となります。
そして、そのことによって、委員の御質問の方は、未成年者の取消し権がなくなることによって問題が生じるということについて問題意識を提起されたということだと思います。

今回の法改正によって、今申し上げたように、十八歳、十九歳の方々が自ら契約を結ぶことになるわけですが、まず、まず第一には、そのことについて十八歳、十九歳の方々がしっかり理解をしていただくこと、これは基本中の基本であると思います。
だからこそ、教育や啓発の強化に取り組んでいるということでありますが、しかし、その中にあっても取消し権、十八歳、十九歳の方のその契約の取消し権がなくなることが大きな問題を生ずることになるのではないか、こういった指摘でありますが、その部分については、まさにこの法律、民法に、民法九十六条における強迫あるいは詐欺による意思表示に該当して取り消すことができないか、さらには消費者契約法における取消し権ですとか、さらには刑法を始め様々な法律をしっかり適用することによってそうした不都合を生じさせないように法治国家として政府もしっかりと取り組んでいかなければいけない、こうしたことであると認識をしております。

まずは教育、啓発を進めると同時に、刑法、民法、消費者契約法、さらには労働者派遣法、あるいは職業安定法、様々な法律を具体的なこの案件にどう適用するのか、これを適切に適用することによってそうした具体的なこの問題事案にしっかり対応していく方針を政府としても明らかにし、運用を進めていくことが重要であると認識をしております。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
御答弁ありがとうございます。

私が聞いたことに対しての、重要性というのは御答弁いただけなかったと思います。

この未成年者取消し権を、四月一日以降も同じ、同等の政策効果を持つ政策ですよね、これを継続させることが重要ではないかというふうにお伺いをさせていただきました。
それに対しての総理の御答弁はなかったものと思います。

では、総理、お願いします。

○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
その部分についてお答えしたと認識をしております。

その部分に対する対応として、民法消費者契約法刑法や、さらには職業安定法労働者派遣法、様々な法律を適用して、成人として扱われる方々の様々な権利や立場を守っていく、法治国家としてそれをしっかりと進めていくことが重要であるということを申し上げた次第であります。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
非常に残念な御答弁だと思います。

今、総理は成人として扱われる方々とおっしゃいました。
この次の質疑につながるので、次に進めさせていただきたいと思います。

パネル二、お手元の資料二を御覧ください。あっ、ごめんなさい、パネル二の上半分、御覧ください。
法務省の資料を借りてきたものなんですが、これ、個別法が並んでいます。
四月一日からの民法改正で十八歳に変わるものと二十歳に維持されるものが一覧になったものです。

(参考。政府広報オンライン)
18歳から“大人”に! 成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。


酒、たばこ、ギャンブルは二十歳が維持されました。
下のボックスに書いてあるように、これは、健康面への影響や非行防止、青少年の保護の観点から従来の年齢要件が維持されたということなんですね。
であるならば、十八歳高校生のアダルトビデオの出演契約や取消し権も、表の二十歳が維持されるものに分類されるべきだと思うんです。

なぜ分類されなかったかというと、アダルトビデオに関しては個別法がないんです。
監督省庁もないということなんですよね。
なので、民法改正となり、そのまま十八歳成年となってしまった経緯が先日の国会質疑で明らかになりました。

先ほど総理がおっしゃった、政府は虚偽や強要により結んだ契約は消費者契約法で解約ができると言いますが、契約させようとするその相手は口八丁です。
私も芸能界に末端にいたのでこれはよく分かるんですが、芸能界に夢を抱かせたりと、そして強要ではなく契約をしたという話も少なくありません。
その場合にですよ、契約後にアダルトビデオの撮影現場で、やっぱり現実を見て、やっぱり嫌だとその場で拒んだとしても、契約をしたときに虚偽があったわけでも強要されたわけでもないため、消費者契約法では解約ができないんです。
これも先日の私の国会質疑により御答弁をいただいております。(※ >>7
これ、皆さん、深刻だと思いませんか。

ここで、ある調査を御紹介いたします。

一つ目は、世界最大のアダルトサイトの調査です。
二〇一九年の総アクセス数は四百二十億回。
万回ではありません、億回です。
一日当たりでは一億一千五百万回のアクセスが世界中からあるサイトです、海外の。
そのサイトの二〇二一年の検索結果の一位は、アルファベットですよ、もちろん、海外サイトなので。HENTAI。
もう一度言います。HENTAI、変態です。
二位はジャパニーズです。
日本のアダルトビデオは大変な人気があるということです。
前年の検索一位もジャパニーズでした。
今日は詳しく話すのを控えますが、そうした動画は非日常を求めて視聴されるとの報告もあります。
つまり、日本にとって、あっ、世界にとって日本のアダルトビデオは非日常を満たすものです。
四日後の四月一日からは、リアル十八歳の現役高校生AVという非日常を日本が世界に提供することにつながっていきます。

犯罪とアダルトビデオの関係を示すデータもございます。
警察庁が過去に行った調査によりますと、強姦や強制わいせつの容疑で逮捕をされた五百五十三人に行った調査では、三三・五%がAV、アダルトビデオを見て自分も同じことがしてみたかったと回答したとのことです。
少年に限れば、その割合は五割近く跳ね上がってしまいます。
つまり、被害を受ける対象が高校生へと低年齢化をして、その加害に少年が関わってくる、まあ影響されるということなんですね。
高校生人口は三百万人です。
日本の子供を危険にさらす問題だと思います。
それでいいんでしょうか、皆さん。

高校生アダルトビデオ出演の解禁に賛成の議員の方、この議場の中にいらっしゃいますでしょうか。
いるわけない、そんな反応ですよね。
そうですよという声も聞こえてきました。
いろんな声が今聞こえてきています。
国会議員もみんな内心は高校生アダルトビデオの出演解禁はおかしいと分かっているのに手をこまねいて見ているのは、子供への性犯罪、性暴力を国が助長することになると思います。

さらに、先ほど見ていただいたパネル一の二と三に書いてあったように、中高生にスカウトの魔の手が伸びてきています。
中高生といえば、まだ児童ですよね。
内閣府の子供の貧困対策に関する有識者会議の構成員である日本大学末冨芳教授も、高校生アダルトビデオ出演解禁とこども家庭庁の議論が同時に、同時に今国会で進行する矛盾をコラムで指摘しています。
末冨教授のコラムは皆様のお手元の資料に配付してあります三の一でございます。

(参考。末冨芳教授)
緊急事態!女子高生がAV搾取され放題?18歳19歳は酒タバコ禁止でAV解禁?


私は、今回の高校生アダルトビデオ出演解禁の、実質的なこの解禁なんですが、こども家庭庁法案審議の最大の争点、そして論点になると思っております。
既に多くの議員が質問の準備に入っているとも聞いております。
児童福祉の観点からも、総理肝煎りの、この総理肝煎りのこども家庭庁と逆行する内容ではないのか。
末冨芳教授も指摘をしているんですが、児童福祉にも関わってきますよね。
スカウトが低年齢化している、そして、十八歳というとまだ児童でございます、子供ですよねと。
そして、十八歳に限らず、養護施設出られた方も支援をしていこうという流れにもあるかと思います。
そうした視点からすると、やっぱり逆行しているのではないか。
総理にお伺いをいたします

○野田聖子 男女共同参画担当大臣
総理からるる御答弁がありましたけれども、こども家庭庁、また女性政策等を担当しているので、経緯について話をしたいと思います。
確かに、御指摘のとおり、成年年齢引下げで、十八歳、十九歳、この方たちは自分の判断で契約を結ぶことが可能になります。と同時に、未成年の権利、先ほどの権利を失うわけですけれど、大切なことは、十八歳、十九歳、十七歳、十六歳とやはりいろいろな形で違法に搾取されて、性的搾取されていることが現実であります。今アダルトサイトの御指摘もありましたけれども、大事なことは、やはりそういう子供たちがそういう権利を持っているということを伝えていかなきゃならない、これ一番最初にやらなきゃいけないことが足りていなかったと思います。
啓発教育、これは徹底してやっていくと総理がおっしゃっているように、みんなで力を合わせてやっていきたいと思います。
そもそも、アダルトビデオの出演の強要というのは、年齢問わず重大な人権侵害なんです。
このことはあってはならない。
今御指摘あったように、まず初めに私たちができることは、取締りの強化、教育啓発、そしてさらには、先ほど総理がおっしゃったように、一般論ではありますけれども、民法を始め消費者契約法等々を適用して、つまり全方位でそういうことがないように啓発活動をしていかなければなりません。
当然、児童に対して、しっかりと一人一人を守っていくことは当然であります。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
続きは午後にいたします。
--------------------------------------------------------

(略。)

●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
立憲民主・社民の塩村あやかでございます。
午前に引き続きまして、質疑を続けます。
四月一日より高校生アダルトビデオの出演の解禁、これ実質的に解禁されることになった問題を取り上げさせていただいております。

午前中の答弁のポイントは二つあったと思います。

一つ目は、そういう権利があるという御答弁がありました。
しかしながら、スカウトは中高生にまで低年齢化しておりまして、十八歳でもまだ高校生。
お酒とか、ここに書いてあるように、お酒、たばこ、ギャンブルは二十歳が維持されるのに、どうしてアダルトビデオはそうした分け方になっていないのかと、そういう問題がやっぱりあろうかというふうに思います。

二つ目は、現行法で対応可能とのことだったんですが、午前中にも御説明をしたとおり、代表的な消費者契約法を取っても、多くのケースで対応ができないことは午前中に説明をしたとおりでございます。
確実にこの先被害が増えてくるというふうに私は思います。

これまで政府は答弁で、例えば平成三十年六月五日参議院法務委員会、上川陽子大臣の答弁なんですが、これは喫緊の課題と、こう答弁しているんですね。
関係府省対策会議では法的対応を含め必要な対応を検討すると、同年六月十二日も同様の御答弁がありました。

つまり、この問題に対して法的対応が必要と認識をしていたということになります。

こうした政府見解が出されている以上、啓発だけに頼るのではなくて、被害は一生を左右する問題です、これ。
自己責任を若年層、十代に押し付けるのではなくて、酒、たばこ、ギャンブルはこっちに据え置いたんですから、私たちできることがあると思うんです。
四月以降も未成年者取消し権と同等の効力を持つ措置を存続させるための議員立法とか立法措置、法的対応すべきではないかと私は考えています。

私たちは今、未成年者取消し権を時限的に存続させる形の臨時特例法などの議員立法を超党派で何とか成立させたいと準備をさせていただいております。
子供たちを守るのは政治の仕事のはずです。
与野党で力を合わせて、まずは高校生、現役高校生アダルトビデオ出演解禁問題、これを何とか阻止する、こうした議員立法を成立させたいというふうに思っております。

問題は年齢だけではないところもあると思うんですね。デジタルタトゥーとか、そうした問題も含めて対応、そこを視野に入れた法律も必要ではないかというふうに将来的には考えています。
こうした私たちの思い、何とか岸田総理に受け止めていただきたいと思っております。

先ほどお伝えしたとおり、政府、対応が必要と認識をしていたわけです。
岸田総理、何とかこの議員立法も含めてこの法的対応、応援していただけないでしょうか。
自民党総裁でもある岸田総理、エールをいただけたら大きな追い風になるかと思います。
岸田総理に答弁を求めます。

○2022年3月28日 松村祥史 参議院決算委員会 委員長
じゃ、先に、古川禎久法務大臣。

○2022年3月28日 古川禎久 法務大臣
午前中のやり取りの中で、現行法ではほとんど対応ができないというような今くだりがありましたので、改めて私の方から御説明をさせていただきますけれども、一般論として、強要されたりだまされたりするなどしてビデオ出演契約を締結した場合には、現行制度においても、公序良俗違反による無効、錯誤、詐欺又は強迫を理由とする取消しなど、契約の効力を否定することができると考えられます。

それから、このアダルトビデオの出演という債務は、その性質上、履行を強制することができない債務であると考えられますから、当事者が撮影の段階でアダルトビデオへの出演を望まない場合には、法律上、意に反して出演を強制することはないということでございます。

それで、それから民法上もそうですけれども、消費者契約法においても、あるいは刑法、労働者派遣法、職業安定法などというふうに申し上げたい、つまり、現行制度上も様々な対抗手段が存在するということは申し上げておきます。

その上で、その上で、政府としては、これはゆゆしき問題だという認識がありますがゆえに、この対策の推進ということで教育、啓発等にこれまでも取り組んでまいったと、総理が答弁されたとおりであります。

現行法で対応ができるということは申し上げます。


○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
まず、午前中も申し上げたように、私も委員御指摘の問題意識、共有をさせていただいています。
新たに成人となる十八歳、十九歳の方々が未成年取消しの保護対象でなくなることによって性的搾取の被害に遭うこと、これは避けなければならないと思います。

そして、これも午前中説明させていただきましたが、ておりますが、政府としての考え方は、まずこの教育、啓発の強化にしっかり取り組んでいく

しかし、それでもこうした様々な問題に巻き込まれてしまうこうした十八歳、十九歳の方々がおられる、これはしっかりと頭に入れておかなければいけないということで、従来のこの法律の適用をしっかり行っていくということ、これを今法務大臣からも説明させていただいたわけですが、委員の問題意識はそれでは不十分だということだと理解いたします。
こうしたこの議論があること、これは政府としてもしっかり受け止めなければならないと思います。

そして、今委員が御指摘のように、今超党派でこうした問題について御議論をいただいているということ、これを承知しております。
その議論、この立法措置を行わなければいけない、その内容、議論の状況、これをしっかり政府としても見守った上で、政府として対応を考えていきたいと考えます。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
いや、少しがっかりしました。
政府答弁が後退しているんじゃないですか。
法的対応しなきゃいけないというような趣旨の発言がやっぱり議事録に残っているわけですよね。

(参考)
2018年(平成30年)6月5日 参議院 法務委員会
2018年(平成30年)6月12日 参議院 法務委員会


で、法務省さんも、法的対応の検討につきまして必要な協力をしてまいりますというふうに上川大臣おっしゃっているんですよね。

政府答弁が後退してしまったわけです。
これは私、ちょっと今日驚きました。
やっぱり政府は対応しなくてはいけないという認識があったのに、今日質疑をしてみればそれが後退しているわけです。
私はそうではないと信じておりますので、今後の委員会などでちゃんとしっかりと質問してただしていきたいというふうに思っています。
ちょっと本当に今の答弁はびっくりしました。
子供たちを守ろうと言っているのに政府答弁が後退するというのはちょっと予想もしておりませんでしたので、これ、総理、重く受け止めていただきたいというふうに思っております。
本当にびっくりしております。
はい、お願いします。

○2022年3月28日 岸田文雄 内閣総理大臣
今申し上げたように、委員の問題意識、私も共有いたします。
その上で、政府の対応についてですが、今の法律の中で最大限やる、やれること、これは追求しなければいけないと思いますが、それでも足りないという議論が今超党派で行われている、このことは政府としても重く受け止めたいと思います。
ですから、先ほど申し上げたように、この超党派の議論、しっかりと注視をさせていただき、その上で政府として対応を考えていきたいと申し上げているところであります。
是非、こうした問題意識を社会全体として、政府としてもしっかり共有しながら、こうした状況に対する対応を考えていきたいと思います。


●2022年3月28日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)
ありがとうございます。
まあ少しちょっと踏みとどまったかなというふうに今の答弁を聞いて思いました。



笑い事じゃないですよ、皆さん。
重要な問題だと思います。
四月一日から、これまで未成年者の取消し権が行使できた人たちが行使できなくなるんですよ、これ。
この行使というのは非常に抑止力のある上に、撮影した後も、発売前であれば発売ができなくなるんです。
これが使えなくなるというのは、未成年者、まあ十八歳、十九歳ですが、今言っているのは、非常に大きなことだと思うので、是非、笑うのではなくて一緒に協力をしていただきたいというふうに思います。
国会議員が賛同していただけたら、これ止めることができるんです。
議員立法なんですが、自民党さんと公明党さん、私たちもいろいろと協議を始めております。
公明党さんは、AV問題、この強要問題には対策チームを立ち上げて大変に熱心に取り組んでいると聞いております。
また、自民党さんも、強要問題についてはワンツー議連を立ち上げて取り組んでいるというふうに聞いております。
是非、これ与野党が対立する問題ではもう絶対にありませんので、もう是非超党派で実現をしたいと思っておりますので御協力を、私たちが協力するという立場になるかもしれないんですが、是非お願いをしたいというふうに思っております。
(発言する者あり)
ありがとうございます。

最後に、一問だけ聞かせてください。無痛分娩でございます。
(後略。)
--------------------------------------------------------

(後略。)
--------------------------------------------------------

塩村あやか参議院議員の質疑によって潮目が変わりました。
明日も、今国会における"AV出演被害に関する質疑と応答"をみていきます。

(参考。動画)
<"AV出演被害"に関する今年の3月からの国会質疑)>
①2022年3月8日 参議院 内閣委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党)>>7
  ↓
②2022年3月16日 参議院 内閣委員会(江崎孝 参議院議員。立憲民主党) >>8
  ↓
③2022年3月25日 衆議院 本会議(柚木道義 衆議院議員。立憲民主党) >>9
  ↓
④2022年3月28日 参議院 決算委員会(塩村あやか 参議院議員。立憲民主党)

〔 11287文字 〕 編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ご挨拶

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人です。

これまで"ワードプレス"を使ってブログの記事を書いてきました。
2022年5月15日(月)のことです。
突如、"ワードプレス"が初期化されました。
ブログの記事のデータがすべて消えました。
当方が借りているサーバーの仕様変更が原因のようです。
バックアップデータからの復旧を試みました。
叶いませんでした。
茫然自失となりました。
これまで書き溜めてきた記事は、もう元に戻りません。
心機一転、ブログをリニューアルをすることにしました。
これからは、"ワードプレス"でなく、“てがろぐ”を用いて、また一から書いていきます。
今後は、これまでのような長文でなく、短めの文章を心掛けたいと思います。

ご意見やご感想はこちら

編集

■カレンダー:

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件