“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(16) 安藤久美子准教授① 性犯罪者は、「より弱い者、抵抗しないであろう者、見付かりにくい場所等を選んでいます」

先日来、昨年(2021年)の11月29日に開催された第2回刑事法(性犯罪関係)部会の議事録を参照しています。

(参考。2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

——————————————————–

刑事法(性犯罪関係)部会は、現在、改正刑法案の叩き台づくりをおこなっています。
同部会が作成した叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

(参考。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

本日は、第2回刑事法(性犯罪関係)部会における安藤久美子准教授の論説をみてみます。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会
専門家からのヒアリング
(※ぱっぷす【1】【2】【3】【4】)
(※矢野恵美教授【1】【2】【3】)
(※Safe Campus【1】【2】【3】)
(※西田公昭教授【1】【2】)
(※桝屋二郎准教授【1】【2】【3】)
(※安藤久美子准教授【1】)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<19ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

会議を再開いたします。
4番目の方は、安藤久美子先生です。加害者臨床についてお話を頂きます。

本日は、御多用中のところ、ヒアリングに御協力いただき、誠にありがとうございます。
まず、安藤先生から15分程度お話をお伺いし、その後、委員・幹事の方から質問があれば10分程度御質問させていただきたいと思います。
では、よろしくお願いいたします。

——————————————————–

<19~21ページ>
2021年11月29日 安藤久美子(聖マリアンナ医科大学准教授)

本日は、貴重な発表の機会を頂きまして、誠にありがとうございます。

これから、性犯罪者の分析と治療に関して医学的な見地から御報告させていただきます。

私が性犯罪者の治療に携わることになりました背景としましては、小西聖子先生の下で性犯罪の被害者の方のPTSDについて、臨床と研究に従事させていただいたことが大きく関係しております。
その際の経験は非常に貴重で大切なものであり、小西先生には改めて心から感謝申し上げます。

こうした背景を踏まえまして、本発表においても性犯罪の被害者をなくしたいという思いから行っている加害者臨床であることを申し添えたいと思います。

【安藤久美子氏提出資料:スライド2枚目】(以下、安藤氏発言部分中の【 】内は、同資料のスライドの位置を示す。)

本日は、スライドにお示ししたような五つの課題についてお話しさせていただきます。

スライド3枚目

「性暴力とは」とありますが、初めにお伝えしておきますと、「性暴力」について加害者臨床の中で扱う場合には、同意のない性行為全般を指しておりますので、この中には刑法上の犯罪に満たない行為も含まれております。

スライド4枚目

そうした前提でこの「性暴力」を考えますと、攻撃性や接触性の程度が非常に低いものから高いものまで、広い範囲の行為が含まれることになります。

また、司法の概念では、例えば、同意に関しても、同意があったか、なかったかというように、明確にあり、なしを区別しなければならないような場合があるかもしれません。

しかし、臨床の場面では、同意についても、対等性についても、強要性についても、いずれも明確にある、なしとそういったものが区別できない連続体にあると考えております。
そして、どうしてそのような連続体になってしまうのかという背景には、日本社会の文化的背景というものも影響しているのではないかと考えております。

スライド5枚目

具体的に言うと、例えば強要する側としては、「女性が逆らうのか」とか、「上司に逆らうのか」といったジェンダーの問題や年功序列の考え方というのが、やはり日本にはまだ根強く残っており、はっきりと嫌だといえない風潮があるのではないかと思います。

また、こうした思考は強要される被害者側の方にも共通して見られるもので、例えば、「明確に意思表示することは女性らしくない」といった考えを女性自身が持っているとか、あるいは、「自分にも出世したいとか、そういった下心、気持ちがあったのだから、少しぐらい強要されても仕方がない」と考えたり、「自分も悪かったから被害とはいえない」といった発言を被害者自身から聞くことも少なくなく、被害者の方がより自責的に考えてしまうということもあります。

また、近年の傾向として加害者側の様相も少し変わってきた面もありまして、例えばニートなど自立に問題のある男性の場合には、「女性なら許してくれる」といった誤った母性を重ねている場合があったり、あるいは、女性の活躍を応援するような現代社会の潮流への不満から、社会に対する怒りのはけ口として、「女性に屈辱的な思いをさせたかった」という犯行動機が語られたりするようなケースもありました。

スライド6枚目

このように考えていきますと、性犯罪防止を目的として適切に対応するためには、加害者についても、そして、被害者についても、両方の立場や考えについて正しく理解しておく必要があると思います。

本日は、時間の関係もございますので、加害者臨床という立場から、加害者について焦点を当てて御説明させていただきます。

スライド7枚目

まず、加害者に関して「誤解されやすい4つの事項」をお示ししました。

これは、一般的に誤解されやすいとされるたくさんの項目の中から、特に四つを抽出したものです。

一つずつ説明していきたいと思います。

スライド8枚目

一つ目の「誤解されやすい事項1」、これは、一般的に性暴力というのは抑え難い性的欲求によるものだという考えです。

これについては、多くの場合、性的関心はもちろんあるのですが、それと同時に性犯罪の背景には、性を通じて表現された他者への攻撃や支配という意味があると考えております。

ですから、その点では一般的な性的満足とは異なるので、必ずしも犯行のときに射精に至らないということも少なくないですし、あるいは、加害者は性欲が強いとか男性ホルモンの値がとても高いといった誤解がされやすいのですけれども、私が臨床や精神鑑定などでたくさんの性犯罪者に向かい合ってきた中では、同意の取れた方に対しては男性ホルモンの値も測定させて頂いておりますが、これまでのところ、その値が異常に高いといったケースはありませんでした。

スライド9枚目

二つ目の「誤解されやすい事項2」は、性的な欲求というのは衝動的でコントロール不可能であるという点です。

これも大きな誤解で、実は性犯罪者のほとんどは、捕まらないように被害者や状況をじっくりと選んでいます

より弱い者、抵抗しないであろう者、見付かりにくい場所等を選んでいます

特殊な性し好のある者ももちろんおりますが、年齢、容姿や服装には余り関係しておらず、それよりも狙いやすい人をターゲットにしていると語る加害者もおりました。

狙いやすいという点では、必ずしも女性だけが対象となるわけでなく、男性から男性、つまり男性の被害者というのも実際には想像以上に多いと思われます。

また、性し好の偏りがあるようなケースでは、多くの場合は思春期頃からそうしたし好の傾向が現れてきますので、もしそういった性し好を是正するというか、少なくとも刑法に触れない範囲の方向に向かわせるような治療を考える場合には、思春期前後のし好の偏りが現れ始めた頃のことについても踏み込んで介入をしていく必要があると考えております。

スライド10枚目

三つ目の「誤解されやすい事項3」です。

加害者は犯罪の発覚を恐れて見知らぬ人を被害者として選ぶものと誤解されているように思いますが、性犯罪加害者はしばしば、むしろ自分のことを信頼している人、例えば、家族、友人、知人等を性的対象として選んでいます

つまり、加害者は被害者から信頼されている人々であることがあるのです。

そういった点では、近親姦というのも決して少なくないと思っているのですけれども、こちらのスライド下方にお示ししました犯罪白書による統計グラフを見てみますと、加害者と被害者の関係については「面識なし」が強制わいせつでも強姦でも非常に多くなっていることが分かります。

しかし、被害者の支援に携わっておられる先生方はよく御存じのとおり、これは見掛け上の割合だと考えられます。
面識のある人からの被害というのはほとんど訴えることができないために、こうした犯罪統計上の被害件数としては計上されていないというだけであって、実際には面識がある人たちからの被害はもっと多いのではないかと考えてお
ります。

——————————————————–

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会における安藤久美子准教授の論説をみていきます。
——————————————————–

(※参考)

(参考。2021年9月16日に上川陽子法務大臣がおこなった諮問)
諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。