“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(13) 桝屋二郎准教授① 「10代の女の子」「性行動・性行為を求められると断れないという状況に追い込まれやすくなる」

刑事法(性犯罪関係)部会は、現在、改正刑法案の叩き台づくりをおこなっています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

(参考。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

刑事法(性犯罪関係)部会が作成した叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。
同部会の議事録は、第2回目の分まで公開されています。
2回目の会合の議題は、専門家からのヒアリングでした。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

——————————————————–

本日は、桝屋二郎准教授の論説をみてみます。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会
専門家からのヒアリング
(※ぱっぷす【1】【2】【3】【4】)
(※矢野恵美教授【1】【2】【3】)
(※Safe Campus【1】【2】【3】)
(※西田公昭教授【1】【2】)
(※桝屋二郎准教授【1】)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<1ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

それでは、議事に入りたいと思います。
(中略。)
お一人目は、桝屋二郎先生です。
脳科学・精神医学の視点から見た児童というテーマでお話を頂きます。

先生、部会長を務めています井田でございます。
先生には、御多用中のところ、ヒアリングに御協力いただき、誠にありがとうございます。
まず、先生から15分程度お話を伺い、その後、委員・幹事の方から質問があれば10分程度御質問させていただきたいと思います。
それでは、よろしくお願いいたします。

——————————————————–
<1~5ページ>
2021年11月29日 桝屋二郎(東京医科大学准教授)

ただ今御紹介いただきました東京医科大学の桝屋二郎と申します。

私の方は、脳科学・精神医学の視点からということで、現行の性交同意年齢について少し考えていきたいというところでお題を頂いております。

【桝屋二郎氏提出資料:スライド2枚目】(以下、桝屋氏発言部分中の【 】内は、同資料のスライドの位置を示す。)

こちらは、アメリカで行われた有名な調査研究であるACEスタディーというものになります。

ACEというのは、逆境的小児期体験あるいは小児期逆境体験という言い方をよくされますけれども、つまり、幼い頃あるいは小さな頃に受けたいろいろな逆境体験、心の傷が神経発達の混乱を生んで、その後、その神経発達の混乱のために様々な社会的な障害、例えば、認知が少しほかの方とずれていったりとか、あるいは情緒面で落ち着かなくなったりとかということとなって、社会的な不適応を生じるようになり、健康を害する行動、例えば、お酒をすごく飲むとか、自傷をするとか、あるいは性的な逸脱が出てくるというようないろいろな健康面の問題行動を経て疾病状態、病気の状態になって、社会にもっと不適応になって、最終的に早く亡くなるということがアメリカの大規模な調査で分かってまいりました。

つまり、小児期の逆境体験、あるいは、10代も含めてですけれども、様々な傷つきが、最終的には社会的な大きな損失、あるいは早く亡くなってしまうということで大きな損失を生むということが分かってきた調査ということになります。

当然、広義の小児期逆境体験の中には、性的な虐待あるいは不適切な性行為というのが入ってくるということになろうかと思います。

スライド3枚目

私は、少年院にも勤めておりまして、今でも非常勤で行っているのですけれども、少年院の在院者のいわゆる被害体験というものを見ていくと、女子少年には性被害を受けている少年がかなりいることが分かっています。

このスライドの調査では、家族ではない第三者からの虐待被害の60%くらいは性的な被害を受けていることが分かっています。

被虐待体験がある子たち自体も、様々な不適応を起こして、非行に至ったり、あるいは、自傷行為に至ったりということが分かるのですけれども、性的な被害を受けると、非行を含めて様々な問題行動、あるいは社会的な不適応を相当起こすことが分かっています。

スライド5枚目

脳科学の視点からということで、お話を頂いているので、神経発達の混乱について少しお話をしていきたいと思います。

これは福井大学の友田明美先生が行われた有名な研究の成果になりますけれども、様々な虐待を受けると、脳の一部が萎縮をしていくということが分かってまいりました。

例えば、体罰を受けると前頭前野の内側、いわゆる理性だとか理性的に行動を制御する、あるいは文明的理性的なヒトとしての様々な行動をつかさどる、そういう前頭前野の一部に萎縮が見られたりとか、あるいは、暴言の虐待を受けると聴覚の中枢である脳の一部が萎縮をする、あるいは、性的な虐待を受けると、いわゆる視覚をつかさどる脳の一部である視覚野が萎縮をするということが分かっています。

つまり、すごく大きな脅威体験をすると、その脅威体験に関連する部位がダメージを受けやすいということがだんだん分かってまいりました。

性的な虐待でいうと、視覚的なダメージというのがすごく大きいですし、暴言の虐待は聴覚的なダメージが大きいので、その部分の脳の一部が萎縮をするということが分かってまいりました。

スライド6枚目

神経発達の混乱が生じておりますので、いわゆる脳の成熟過程を少し見ていきたいのですけれども、ヒトの脳の成熟というのは今、生後20年以上、研究によっては25年ぐらい掛かるということが分かってきています。

スライドを見ていただくと、青色から紫色になるほど脳が成熟していくわけですけれども、いわゆる20代を超えてやっと安定してくるということが分かっていて、10代に関していうと、まだ成熟の過程ということになります。

スライド7枚目】ところが、この脳の成熟に関してはタイムラグがありまして、実は大脳辺縁系といわれる、よく古い脳といわれる、感情をつかさどったり、あるいは生命維持をつかさどったりという、いわゆる人間以外の動物でも発達をしているようなところ、あるいは人間の原始的な感情を扱うような、そういうところの発達というのは、かなり早い時期に成熟が終わります。

大体10代には成熟が終わるといわれているのですけれども、それに比して、いわゆる前頭前皮質の成熟というのは20歳を超えないと成熟してこないということが分かっています。

ということは、どういうことが起こるかというと、前頭前皮質というのは、先ほど述べたように理性とか抑制を働かせるところになりますし、大脳辺縁系というのは、どちらかというと衝動性だとか、あるいは感情に赴くままの行動というものに関与していることが多いといわれていますので、先ほど述べたタイムラグが生じることにより、10代というのは、どちらかというと感情あるいはその場のいろいろな衝動に突き動かされて行動してしまう、どちらかというと理性でいろいろな歯止めが利きづらい状態になっているということが分かっています。

スライド8枚目

こういう脳の成熟のタイムラグというのは、実は発達障害の子の場合には、一段とずれが大きいということが分かっていて、これが、発達障害の子たちの、例えば衝動性のコントロールの苦手さだったりとか、あるいは、いわゆる実行機能といわれる様々な物事を順序立てて行動していくことを阻害する一つの原因になっているということがいわれています。

つまり、発達障害があるような子は、より抑制が効きづらいことが生じ得るということです。

スライド9枚目

もう一つ見なければいけないのがホルモンの問題です。

男性と女性は、ホルモンのバランスの違いが常に変化を生じていますけれども、いわゆる性衝動を惹起するホルモンとして有名なテストステロンについては、男性は、10代に急激な上昇を来します。
急激な上昇を来すことによって、性衝動が急激に上がります。

それに対して、女性は、テストステロンの放出レベルがそれほど高くありませんので、10代の男性の性衝動に比べると、女性の性衝動というのは10代ではそこまで高まりません。

性衝動の経年変化を見ても、明らかに男女の性衝動の経年変化というのは違いが見られるわけです。

一方で、よくつながりとか愛情に関与しているという言い方をされるのですけれども、人と人との親密さ、あるいは人と人とのつながり、対人関係、そういうものを後押しするようなホルモンであるオキシトシンに関しては、男性よりも女性の方が生涯を通じて放出レベルが高いといわれています。

その差が、一般的に10代の女子が性行為への衝動よりも、どちらかというとつながりを求めるという傾向につながってまいります。
つまり、例えば、この人を失いたくないとか、あるいは、この人に捨てられるのではないかとか、この人とうまくいかなくなるのではないか、そういう気持ちから、望まない、あるいはよく理解のできていない性行為に同意しやすいということが脳科学的にも生物学的にも裏付けられていると言えようかと思われます。

一見すると同意をしていても、性行為自体に対しては、いわゆる後ろめたさというものを持っていることも多く、そこで傷つきというのが生じてきて、後々、大きな反応ですね、例えばトラウマ反応のような様々な反応が出てくることがあります。

このような、いわゆるつながりを求めることで、望まない、あるいはよく理解できていない性行為に同意しやすいということは、一般的によくいわれるグルーミングの原因になります。

グルーミング行為といわれるような、男性が性行為を目的として様々な関わり、働き掛けを10代の女の子に行うと、その10代の女の子はつながりを求めて、この人しか自分の頼る人はいないとか、あるいは、この人が自分を一番分かってくれる人で、大事な人なのだというつながりを求めることから、その相手から性行動・性行為を求められると断れないという状況に追い込まれやすくなるということが脳科学的にも、ホルモンのバランス的にもいえるのではないかと思います。

——————————————————–

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会における桝屋二郎准教授の論説をみていきます。

(※参考)

(参考。2021年9月16日に上川陽子法務大臣がおこなった諮問)
諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。