“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(11) 西田公昭教授が語るマインド・コントロール①「師弟愛、真の愛、訓練、修行、健診、あるいは治療などといった正当化」

刑法の性犯罪規定を改正する論議は、最終の段階に入っています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

刑事法(性犯罪関係)部会は、現在、改正刑法案の叩き台づくりをおこなっています。

(参考。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

刑事法(性犯罪関係)部会が作成した叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。
同部会はこれまで、3回開催されました。

(参考)
・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

議事録は、2回目の分まで公開されています。
2回目の同部会の議題は、専門家からのヒアリングでした。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

本日は、西田公昭教授の論説をみてみます。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会
(※ぱっぷす【1】【2】【3】【4】)
(※矢野恵美教授【1】【2】【3】)
(※Safe Campus【1】【2】【3】)
(※西田公昭教授【1】)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<15ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

(前略。)
3番目の方は、西田公昭先生です。
性犯罪に誘導するマインドコントロールというテーマについてお話を頂きます。

部会長をしております井田でございます。本日は、御多用中のところ、ヒアリングに御協力いただき、誠にありがとうございます。
まず、先生から15分程度お話を伺い、その後、委員・幹事の方から質問があれば10分程度御質問させていただくという流れでまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします。

——————————————————–

<15~17ページ>
2021年11月29日 西田公昭(立正大学教授)

本日はお招きありがとうございました。
立正大学心理学部の西田公昭と申します。
私はこれまで、マインドコントロールに誘導されて様々な刑事事件の被害に遭った方々などの心理過程の説明をしてきた者です。
【西田公昭氏提出資料:スライド2枚目】(以下、西田氏発言部分中の【 】内は、同資料のスライドの位置を示す。)

「マインド・コントロールとは」というところを御覧ください。

マインドコントロールというのは、人が獲得する情報を体系的に操作すると、それは認知や感情に影響を与えて、価値観を変容させるというところにポイントがありまして、自分の意思や行動を誘導されたという認識のない人が普通なのですけれども、実は相手の思うつぼにはまってしまうと、それをコミュニケーションのみで行ってしまうので強制性を感じないと、レイプのように強い力が働けば強制性は明白ですけれども、基本的にそういうものがないから強制の問題になりにくいという特徴があるわけです。

しかしながら、洗脳と呼ばれている現象では、拷問、虐待、性的な虐待等も用いるということもありまして、幅広く捉えると、どちらも心理学的には強制性の問題はあると思います。

紫のところに書いてありますが、社会規範を逸脱した行動であったとしても、意思が誘導されたと気付かないところに特徴があるわけですので、罪悪感というのが希薄であったり、あるいは肯定さえしてしまうことがあるというところがマインドコントロール被害者の問題になります。

しかも、実際に起きている複雑な問題としては、その被害者が今度は加害者や共犯者となって、ほかの人々の被害を招くという特徴もあります。

スライド3枚目

そもそもマインドコントロールと性被害の実態のキーになるのが、変容された規範の信念です。

つまり、師弟愛、真の愛、訓練、修行、健診、あるいは治療などといった正当化、つまり言い訳ですね、

それを信じて、そういう信念が形成されたり、変化してしまって、正しいことなのだとして受け入れてしまうというところにポイントがあります。

性行為というのが、そもそも殺人等と違って、その行為そのものが悪ではないものですから、そういった規範信念というのは割と簡単に置き換えることができると社会心理学的には考えられています。

その技術としてポイントになるのがスライドに記載されている三点です。

まず、社会的支援を遮断してしまって、批判や干渉を封鎖するということ。
それは物理的にも心理的にも、やり方はいろいろあります。
次に、権威に対する服従という心理です。
これは教祖や、それから、私の経験では、牧師という宗教的な地位の人もいました。
それから、教師やコーチといった教育的な地位の人、あるいは親や年上といったような目上の人といった者も権威に相当し、このような権威のある人が命令していることに関しては批判することができずに、正しいのかなと思い込んでしまうという心理です。
三つ目が、恐怖による支配です。
拒否することができないということによって起きる、つまり、なぜ恐怖になるかというと、相手からの親切や恩に報いないと罪悪感が生じますし、見放されると生きていけないのではないかという不安感、そして好奇な目で見られるので人に言えないという羞恥心といったものを盾にされて、怖くなって、脅迫されてしまうという、そういった意味での恐怖というのが生じる。
この恐怖や服従の心理や、それから、合意性の確認が剥奪されているので、一般的な考えを参照できないまま、正しいのではないかと思い込んでしまう。
こういう心理的なプロセスが同時に働くことによって被害が生じていると考えられます。
スライド4枚目】コミュニケーションだけで行う標準的なプロセスを示したものがこの六つの過程になります。

まずは信頼関係を築くということですね。
そして、その後、権威といったものの構築になります。
そして、服従することへの期待、つまり、服従することによって何か本人に良いことが起きるということですね、しないと不利益が生じるといったような期待感を与えることになります。
そして、それがそれほど悪いことではないのだという正当化の論理が次に提供されて、
さらに、自己封鎖なのですけれども、これはほかの人には言ってはいけないことなのだ、自分だけの秘密にしなければいけないのだと思い込まされていきます。
最後に、協力的な関係として、ほかの人を勧誘する手助けをさせる。

実は私は今、こういう被害を受けてた事例の説明を抱えているのですけれども、被害に遭っていた友達が今度は自分を被害者として誘ってきたというようなことで、被害者が加害者といったややこしい関係ができたりします。

いわゆるグルーミングですと、ここの最後のところまでは行かないかもしれないのですけれども、完全なマインドコントロールだとこういう話も起こります。

グルーミングとマインドコントロールというのは、恐らく私は基本的に同じようなプロセスだと考えていたのですけれども、そういう意味では最後のところで被害者が加害者になってしまうといったところが更に恐ろしいところかなと考えるとよろしいのではないかと思います。

スライド5枚目

さて、抵抗はできないのかというところですが、個人の信念の変容といったものは情報操作で合理的に起きるわけでありまして、自らの自由意思で支配者の価値を受容したと自分では思い込んでしまう傾向にあるわけです。

日本人というのは、例えば宗教とかを信じていない人が多かったりして、絶対的な価値というのを余り持っていなかったりするというところももしかしたら影響するかもしれないのですが、変容要因1として、リアリティーを構築されること、変容要因2として、そこに価値があるととにかく思い込まされていくことによって、人間の持つ信念というのは割と簡単に変わります。

具体的な内容はともかくとしてもなお、そういうコミュニケーションを繰り返すことによって、数か月から半年、1年といったようなところで、今まで正しいと思っていたことが誤りで、誤りと思っていたことが正しいのだというふうに人は割と変わっていくだろうと、特に子供となれば、簡単にそれは置き換えられるだろうと思います。

スライド6枚目

こうした、目には見えませんけれども、言わば、一つの心理的な拘束力・影響力によって支配されている状態になると言えます。

まず、最初は、うそや隠蔽によって情報のコントロールが行われます。
そして、それによって意義を与えられて、期待を持たされる。
そして、それにより愛情を感じたり、逆に恐怖を感じたりといった感情の支配が起こるようになり、
最後に、それに報いたり反抗したりすることによる自責の念を感じるようになりますし、だんだんとそれが習慣化していくことによって、それが当たり前のことなのだ、正しいことなのだと自分で信じ込んでしまうというプロセスがあるとされています。

こうなってしまいますと、全く別の人格を持った人のようになって、支配者のみに従順になり、周りの意見を聞かなくなってしまうというようなことが起きます。

私は、最初は、詐欺的な活動をしている団体がその詐欺的な行動を正当化していたことについての研究をスタートにしたのですけれども、オウム真理教のような団体の研究になると、知性も教養もある人だったのに、殺人事件や性的なことも含めて、規範信念が全て変わってしまったということが起きていました。

さらに、いろいろな事件と関わって調査する中でも、こういった同様の被害に遭っている人たちが多く見られました。

——————————————————–

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会における西田公昭教授の論説をみていきます。
——————————————————–

(※参考)

(参考。2021年9月16日に上川陽子法務大臣がおこなった諮問)
諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。