“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(10) 慶応大学の有志団体Safe Campusの方々③「法律などで国から合意とは何かということを明記していただく」

刑法の性犯罪規定は、そう遠くない将来、おおきく変わる予感がします。
刑事法(性犯罪関係)部会は、現在、改正刑法案の叩き台づくりをおこなっています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

刑事法(性犯罪関係)部会が作成した叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(参考。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

第2回刑事法(性犯罪関係)部会の議題は、専門家からのヒアリングでした。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

本日も、一昨日昨日にひきつづき、Safe Campusの方々の論説をみてみます。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会
(※ぱっぷす【1】【2】【3】【4】)
(※矢野恵美教授【1】【2】【3】)
(※Safe Campus【1】【2】【3】)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<13ページ>
2021年11月29日 佐保田美和 Safe Campus(慶応大学の学生有志の団体)

スライド15枚目

駆け足になりましたが、最後に、同意の在り方についての議論を紹介させていただきます。

まず、No means no型においては、提示された行為に対してノーと言うことが不同意ということになりますが、これではそもそもノーと言えない関係性の性交が含まれない形になってしまうことから、Yes means yes型がよいのではないかと考える学生もいます。
こうした意見は、特に性に関する活動をしている学生だったり、関心の高い層に多い印象があります。

一方で、同意の取り方まで規制をしてほしくないというような意見も耳にします。
幾ら性についてオープンに語ろうという風潮が活発化してきたといっても、やはり自分の性行動についてオープンに語るということは心理的にも難しく、それは行為の相手に対してもそう感じる場合が多いようです。
性的な行為について、必ずしも「はい」と言うことだけを同意とみなすということに抵抗があると感じたり、あるいは、「ノー」と言えなくて嫌な思いをしたのだけれども、処罰まではされてほしくないと思ったりする人がいることもまた事実ではあります。

とはいえ、嫌よ嫌よも好きのうちというような言葉が平気で存在するような日本において、私たちのように草の根的な活動をしていくことももちろん重要だと思いますが、法律などで国から合意とは何かということを明記していただくことが、今後、被害をなくしていくことに大きく寄与するのではないかと私たちは考えております。

以上で発表を終わらせていただきます。御清聴ありがとうございました。

——————————————————–

<13ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

ありがとうございました。
時間どおりまとめていただきまして、大変助かります。
では、質問のある方、どうぞ。

——————————————————–

<13~14ページ>
2021年11月29日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

様々な事例や若者の方たちの意見を御紹介いただき、ありがとうございます。

二つあるのですけれども、一つはスライドの13枚目について、信頼関係を用いて、良いことだと思わせて性的関係を強いたという事例ですけれども、贈物をしている、受け取っていることなどもあり、外目からは恋愛のようにも見られることも多いパターンかなと思います。
グルーミングをされた場合、被害を受けた人が、恋愛で私は先生のことが好きなのだと思ってしまうことが、若年の方に多いと思うのですけれども、このような、教師であったりとかコーチであったりとか、そういう優越的な地位を持っている人たちと、一定年齢未満の人とは、もう恋愛というのは成立しないとお考えになりますか。
一定年齢未満が何歳になるかは議論があると思いますが、要するに、このような関係で性的行為をした場合は全て処罰されるべきだと思われるかどうかなど、お聞かせいただければと思います。よろしくお願いします。

——————————————————–

<14ページ>
2021年11月29日 佐保田美和 Safe Campus(慶応大学の学生有志の団体)

ありがとうございます。

私の意見だったり、学生団体の中の意見になってしまうのですが、教師だからそういった付き合いが絶対全部駄目ということにすることには、やはり少し疑問の余地が残るかなとは感じます。
というのも、実際に付き合って本当に結婚したという例も聞いていたりもするので、そこまで処罰するということが果たして彼らにとってよいのかというところは、どうしても私たち自身も葛藤してしまうところであります。

ただ、感覚としては、そういった地位・関係性がある中で、本当に互いにとって対等な関係が築けていて、両者にとって健康な性行動ができるのかということは正直、非常に疑問に思いますし、もしそれが、立場が下の方の側が興味本位とかでそういった行為を望んだことだったとしても、相手のことを考えて、待つとか、しないとか、そういったことを判断できるということが、責任のある成人のするべきことなのではないかと個人的には思っております。

——————————————————–

<14ページ>
2021年11月29日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

ありがとうございます。
もう一つよろしいですか。

地位・関係性についてなのですけれども、年齢差があること自体は問題ではないということで、もう少しお伺いしたいと思ったのは、今、10代女子の4、5人に1人はインターネットで相手と出会っているという共同調査の報告もあり、学校関係者とか仕事先の関係者ではない、地位・関係性がない人たちと会うということが日常化しているとも思います。
そのときに、若年の人が年齢が上の人と会い、そして、その関係性の中で影響を受けるということもあり得るのかなと思うのですけれども、それは地位というふうに考えた方がいいのか、それとも、そういう影響は、例えば、相手が20代、30代、40代、50代でも余り関係がないと思うのかということなどについて、もし御意見があれば伺えればと思いました。
よろしくお願いします。

——————————————————–

<14ページ>
2021年11月29日 佐保田美和 Safe Campus(慶応大学の学生有志の団体)

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、周囲でもマッチングアプリを使っているというようなことは非常に多いなというのがあります。
その中で、ほとんどフラットな状態で初めましてで会って、年齢差がある。
そこに関しても、地位・関係性の差というのは、年齢差だけで定義されるわけではないですけれども、年齢が上がるにつれて、やはり社会的地位というのは基本的には上がっていくものと思っているので、金銭的に優位性が高かったりとか、そこにはやはり何かしらの関係性が存在するとは思います。
そのようなマッチングアプリでの初めましての関係性と教師・生徒の関係性というのが同じとは正直思わないというところはあります。
元々の関係性がないところとあるところというので両者を一緒くたにすることが適切かどうかは、余りそういうふうには思わないのですけれども。
すみません、答えになっていますでしょうか。

——————————————————–

<14ページ>
2021年11月29日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

いろいろと、難しい、今の現場で起こっている問題を皆さんの感性で教えていただいて、とてもよかったです。
ありがとうございます。

——————————————————–

<14ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

ほかに御質問はございますか。
よろしいでしょうか。
それでは、これで終了とさせていただきたいと思います。
佐保田様、本田様、中村様、本日は、とても具体性のあるお話をしてくださり、また、大変率直な御意見を述べてくださり、大変参考になりました。
お話しいただいた内容は、今後、この部会の審議に役立ててまいりたいと思います。
本部会を代表して、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

——————————————————–

慶応大学の学生有志団体であるSafe Campusの活動に関しましては、以下の記事も参考になります。

2021年3月12日
 ハフポスト
「加害行為かも」。相手が乗り気じゃない性行為、身に覚えない?『性的同意』ハンドブックを大学生が作った

性的同意ハンドブック 慶應

2021年5月1日
 東洋経済
 慶大生が「性的同意」ハンドブックを作った理由

2021年6月3日
 慶應塾生新聞
 知りたい、性的同意。慶大生の『性的同意ハンドブック』 ~学生が発信する意味とは~

2021年6月9日
 朝日新聞
「性暴力、私は看過しない」意思示すバッジ、慶大生募る

2021年6月18日
 現代
 きっかけはサークル内の性暴力…慶應学生有志が性暴力根絶活動を始めた理由

2021年8月13日
 NHK クロ現+
“傍観者”にならない!セクハラ・性暴力 大学生たちの挑戦

——————————————————–

(※参考)

(参考。2021年9月16日に上川陽子法務大臣がおこなった諮問)
諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。