“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(7) 矢野恵美教授が解説するスウェーデン刑法③ 「パートナー」「眠っているときに性行為」「レイプという考え方も」

刑法の性犯罪規定の改正を審議している刑事法(性犯罪関係)部会は、昨年(2021年)の11月29日、専門家を招いてヒアリングをおこないました。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

(参考。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 ※ヒアリング
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

(参考。2021年9月16日に上川陽子法務大臣がおこなった諮問)
諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

刑事法(性犯罪関係)部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

本日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会で矢野恵美教授が述べた言辞をみていきます。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会
(※ぱっぷす【1】【2】【3】【4】)
(※矢野恵美教授【1】【2】【3】)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<30ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

ありがとうございました。
それでは、10分をめどに質疑応答をお願いします。

——————————————————–

<30~31ページ>
2021年11月29日 小島妙子 委員(弁護士)

矢野先生、どうもありがとうございました。
とても勉強になりました。

スライドの22枚目の表についてお話しなさった要件について質問します。

(参考。スライドの22枚目。矢野恵美教授の説明)

構成要件を見ますと、まず、「被告人が、被害者と性交又は性交に相当するその他の性的行為を行ったかどうか」について判断されます。

これを行っていなければ、少なくとも1条には当たらず、無罪です。
もちろんほかの軽い犯罪になる可能性はありますが、少なくとも1条としては検討されません。

この行為があったとすると、このスライドに記載した三つの絶対に任意とはみなされない要件があったかどうかが検討されることになります。
こちらがあるとされた場合には、たとえ被害者が任意であったと言っても、レイプとなります。

もしこの三つの絶対に任意とみなされない要件がなかったとなった場合に初めて、被害者の参加が任意であったかどうかの判断に進みます。

ここの中で、例えば、睡眠とか深刻な恐怖とか、障害とか、そういう割と抽象度が高いものについて、特に脆弱な状況の不適切利用という要件を入れていて、少しでも明確なものにしようということですね。

23枚目にあります、被害者の参加が任意であった、つまり、絶対的にレイプに当たらないという要件に該当しない場合であっても、強要されておらず、被害者の脆弱性や依存性を利用しない場合でもレイプにしようというのが今回の改正だと伺いました。

(参考。スライドの23枚目。矢野恵美教授の説明)

そして、被害者の参加が任意であったと分かれば、無罪となります。

任意ではなかったとなったとき、次に、初めて加害者の方の話になります。

加害者が被害者が任意に参加していなかったことを理解していたか。
理解していればレイプになります。

理解していなければ、今度は任意に参加していないリスクを被告人・加害者が知っていたか、又は知っているべきであったかについて判断し、これが否定されると、無罪となります。

そして、これが認められると、もう一つ進みます。
今度は被害者が任意に参加したかどうかにかかわらず、被告人がそのリスクに無関心であったかどうかを最終的に判断し、無関心でなかったのであれば過失レイプ罪となります。

そして、無関心であったのであれば、故意が肯定される類型に当たりますので、レイプとなるといったような判断になります。

ここで、被害者の参加が任意であったかどうかについては、判断の基準は明文化されておりません。

重過失についても、こういう場合が重過失に当たるのだというようなことについても、条文上、明確化されていないです。

そうすると、いずれの場合についても、結局どういう場合がこれに当たるのかということについては、判例とか解釈とかに委ねていく、これ以上、明確な要件は入れないでもいいのだという選択をこの立法はしていると思いますが、それでよろしいのかということと、どうしてそのような立法が行われたのかについて教えていただければと思いました。

——————————————————–

<31ページ>
2021年11月29日 矢野恵美(琉球大学教授)

おっしゃるとおりだと思います。

こちらの、今示させていただいておりますスライド23枚目の流れ図というのは、実は、法律ができた後、判例を分析して作られた流れ図になります。

どうやらこのような形で2018年の改正以降はやるようになったのだろうという分析の下に作られた流れ図になりますので、判例を見ながらこれから分析していくという形になっています。

特に任意性のところについては、基準として、もちろん日本でもそうだと思うのですが、その前の行為は全く問わない。
例えば、過失レイプ罪について、最高裁判例は一つしか出ておりませんが、SNSで知り合って初めて会った男性を、遠くから来たからということで自宅に泊め、一緒に布団に入り、お互いに下着、しかも下の下着だけですね、パンツだけを履いていた状態でベッドに入っているにもかかわらず、一審、二審はレイプ罪、最高裁は過失レイプ罪が成立すると認定していますので、要するに、その瞬間に任意であったかどうかが問われることになるわけです。

そのことに関して、もちろん黙示の同意もあるだろうということで、例えばパートナー間で眠っているときに性行為をしたといった場合に、本来、眠っている人は任意に意思を表明することができませんので、レイプという考え方もあるわけですね。
けれども、立法のときに、それはやはりケース・バイ・ケースでしょうと。
しかし、それをもし事件化されたら犯罪になる可能性はありますよという形で解説がされているところです。

実際には、故意なのか過失なのかのところはやはり相当分かりにくいところがあって、このスライドに書いてあるような順番で見ていくのだということになっていますが、一審、二審では、純粋に被害者が任意に参加したかということを考えればレイプでしょうと言っていましたので、そこはこれからの判例に委ねられていくのだろうと思っております。

——————————————————–

<31ページ>
2021年11月29日 小島妙子 委員(弁護士)

ありがとうございました。

——————————————————–

<31ページ>
2021年11月29日 今井猛嘉 委員(法政大学教授)

委員の今井でございます。大変貴重な御説明ありがとうございました。
文言の確認をさせていただきたいのですけれども、1条の和訳では任意という言葉が使われていて、1条aでは自発的という言葉が使われていますよね。
任意と自発的の意味が原文でも違っているために、このようにお書きになっているのでしょうか。
つまり、任意という言葉はウィズコンセントということだと思いますし、自発的というのはボランタリーだということになって、意味が違いますので、もしもこの任意と自発的とを書き分けられているのでしたら、1条と1条aの間に少し差があるような気がするのですけれども、そこは立法の過程でどうだったでしょうか、教えていただければと思います。

——————————————————–

<31ページ>
2021年11月29日 矢野恵美(琉球大学教授)

大変申し訳ありません。
この点については、私が最後まで自発的と任意の訳をどちらにするか迷ってしまっていたもので、訳の揺らぎです。全く同じ言葉、ボランタリー(自発的)です。

——————————————————–

<32ページ>
2021年11月29日 今井猛嘉 委員(法政大学教授)

任意にプラスアルファが何か要るということですね。
1条に該当する際にはコンセント、プラスアルファが要るということですね。

——————————————————–

<32ページ>
2021年11月29日 矢野恵美(琉球大学教授)

それが少し難しくて、コンセントという言葉を使わなかった理由は、いわゆる刑法でいうほかの「同意」と混同されてはいけないので、あえてこのボランタリー、フリービリングという単語を使いましたという解説があるので、そこに特別な要件があるということではないと思います。

なぜならば、スウェーデンでは、実際にはこの条文のことを、通称、「同意法」と呼んでおります。

ですので、私が任意と自発的の訳が揺らいでしまっているのですけれども、ここは同じ言葉で、基本的には何か特別な要件を課しているということではございません。

——————————————————–

<32ページ>
2021年11月29日 今井猛嘉 委員(法政大学教授)

どうもありがとうございました。

——————————————————–

<32ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

ほかに御質問はございますか。ほかになければ、これで終了したいと思います。
あらかじめ委員・幹事の方から出された質問も取り入れて御説明してくださったので、その分、皆さんの理解が大いに進んだと思います。
矢野先生には、進歩的で特色のあるスウェーデン刑法の性犯罪規定について、大変明解に御説明いただきまして、誠にありがとうございました。
お話の内容につきましては、審議に役立たせていただきたいと思います。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
(後略。)

——————————————————–

(参考。当ブログ。2016年9月12日の第83回女性に対する暴力に関する専門調査会における矢野恵美教授の発言)
<AV出演強要について>
2021年12月10日(その1)
2021年12月12日(その2)
2021年12月13日(その3)

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会における参考人の方々の論説をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。