“改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議の議事録”(2) ぱっぷす(PAPS)の金尻カズナ理事長は、アダルトビデオを「製造及び提供した場合の処罰化」を求めました

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会

現在、法制審議会の刑事法(性犯罪関係)部会は、刑法の性犯罪規定を改正するための作業をおこなっています。
同部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2022年1月26日 第4回刑事法(性犯罪関係)部会・・・予定

刑事法(性犯罪関係)部会は、先月(2021年11月29日)の2回目の会合で、専門家を招いてヒアリングをおこないました。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

本日も、昨日にひきつづき、ぱっぷす(PAPS)の方々の論説を拝聴します。

2021年11月29日 ぱっぷす(PAPS)~その2
(※その1

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<35~36ページ>
2021年11月29日 金尻カズナ(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)

では、「6 加害実態の調査について(SNSを使ったグルーミング加害)」について説明します。

このようにデジタル性暴力をする加害者は、本当に特殊な性的なし好を持た人たちではなくて、私たちは、今年の夏にNHKとも協力して、14歳の中学3年生の
女子生徒で甘い物が好きな受験生という架空のTwitterアカウントを作って、そこで友達が欲しいとつぶやいたところ、1分も待たないうちに10人近くの方からメッセージが届き、2か月間で200人近い人が接触をしてきました。

その多くは性的な目的で、中には実際に会って性行為をしたいというふうな内容もありました。

大人たちが使うSNS、Twitterと、子供たちが見るSNSの風景が全く異なるということです。

性的な加害の温床ともなっております。

実際にぱっぷすでは加害者と会うことができましたけれども、SNSを通じて性行為をしても罪に問われるかどうかはケース・バイ・ケースだというふうな主張をしていて、そのような状況がありますので、本当に今、グルーミングし放題、児童に対して声を掛け放題という状況が国内で起きております。

7 心身に与える影響について」ですけれども、ぱっぷすに寄せられる相談の多くが、まさか自分が巻き込まれると思わなかったとおっしゃるのですね。

特に、デジタル性暴力は、実際にインターネットで拡散して、拡散した後で、受けた人権侵害性の甚大さに気付かれる方が後を絶たない状況があります。

現行の制度では、やはり性的な画像を削除するためには、本人又はその御家族が、自身が被写体となった性的画像記録を見なければいけないと、それで削除しなければいけないというふうな二次被害の温床にもなっております。

8 現行制度の課題と必要な法整備について」なのですけれども、特にそのうち「①意に反した性的画像記録の撮影の処罰化・意に反して拡散した性的画像記録の所持を禁止する法整備化を求めます」についてです。

デジタル性暴力は、どのような形であっても、拡散した後に気付かれるということですので、デジタル性暴力については、今、国際的にも規制の強化が行われております。

そこでぱっぷすでは、性的画像記録の「私事」の要件を撤廃し、現在の被害に焦点化していくことを求めます。

その1として、意に反して性的画像記録を撮影した場合の処罰化、
2番目として、意に反して撮影された性的画像記録の提供の処罰化、
3番目として、現在意に反して拡散している性的画像記録の所持の規制、
4番目として、同定要件の緩和を求めていきたいと思っております。

あと、性的な姿態の撮影行為に関する処罰の中で、没収とか消去についてですけれども、今、ハードディスクへの保存というのはなかなかまれでして、SSDというフラッシュメディアを使った媒体で記録がされております。
これはなかなか、その削除機能も各社によって異なっていることから、当団体では、物理的な破棄による削除というのが重要ではないかと考えております。

「③ グルーミングに対する規制」についてですけれども、特に現行の罰則の活用だけではグルーミング行為を取り締まることはできないことから、グルーミング行為自体に対する新たな罰則化を強く求めます。

現行制度ではおとり捜査は警察官に認められていませんが、例えば別の犯罪類型ですね、麻薬とか向精神薬の取締りでは、麻薬取締員などはおとり捜査ができます。
グルーミング加害についても、こういったおとり捜査ができるような法整備を求めていきたいと思います。

その他の課題としましては、有償で頒布する目的で性交が行われているビデオに関して、製造及び提供した場合の処罰化、あと異性要件の撤廃を求めていきます。

本来であれば、このような性交を伴う契約は公序良俗に違反しますけれども、あと、対価を受けて不特定の相手方と性交することも売春防止法で禁止されていますが、アダルトビデオなどの撮影と称して金銭の授受を複雑にすれば、事実上野放しの状況になっているというところもあります。

また、性的画像記録の拡散により、やはり社会的不利益を被った方に対する救済策の整備を求めております。

これ以上被害者を出さないこと、現在被害で苦しんでいる方の救済が必要ですので、この資料の「8」、「9」に掲げた事項を念頭に議論を要望いたします。

以上です。

——————————————————–

2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

ありがとうございました。
それでは、10分をめどに質疑応答の時間を持ちたいと思いますが、いかがでしょうか。

——————————————————–

<36ページ>
2021年11月29日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

貴重な御報告をありがとうございます。

この同意のない性的画像は、かなり広まっている現状があるのですけれども、削除要請にどのくらいの人たち、またサーバが応じてくれるのかということと、あと、海外サーバで複製されたり販売されたりして登録された場合には、なかなか削除も難しいとも聞いています。

この複製・販売することに関しても何か規制が必要かということについて、お聞かせいただければと思います。

——————————————————–

<36~37ページ>
2021年11月29日 金尻カズナ(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)

児童ポルノ、リベンジポルノに関しては、大体、児童ポルノは9割以上の削除ができます。
それだけ海外のネットワークですね、やはり海外は児童ポルノは許さないという社会的な醸成ができているので、かなり削除される。
ただ、やはり都度投稿されていきますので、いたちごっこの状況が続いている状況があります。

あと、リベンジポルノは8割ぐらいの削除率です。

問題なのが、いわゆるアダルトビデオ出演強要と呼ばれるビデオにつきましては、5割ぐらいの削除率になっております。
海外のサーバに関して拡散というところなのですが、多くのサーバがアメリカのネバダ州、カリフォルニア州に集中しております。
ぱっぷすの削除要請も大体、半数以上が海外のサーバに対して行っております。
そこは、やはりなかなか応じないところもありますし、場合によっては、オフショ地域といいまして、法律の規制の緩い地域にあえてそのサーバの所在地を置いて、なかなか削除しにくくするというふうな問題が起きております。

複製販売につきましては、規制はもちろん必要になります。
やはりクロスポスティングといいまして、簡単に複製ができてしまう、特に児童ポルノ、リベンジポルノに関しましては、複製をして、ある種総集編みたいなものを作って、それを商売にしているというふうなビジネスモデルが成り立っておりますので、やはりきちんとした規制が必要です。

ただ、実際、複製販売されたものについて、どうやって被害者を特定しなければいけないのかという問題もあります。

つまり、いろいろなものの総集編として混ざっているので、それを一つ一つまた確認していかないといけないと、残念ながら今、ある種、削除に関しては実質的に申告しないとできないことになっておりますので、見たくない被害者にとってはすごくハードルがあるので、やはり何らかの形で司法機関とかが主体となって削除要請を受け持つような、そういった制度も必要ではないかと考えております。

——————————————————–

<37ページ>
2021年11月29日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

ありがとうございます。
もう一つ。
性的画像の没収・削除に当たってなのですけれども、その人が本人であるかということの同定の緩和につきまして、被害者の方に負担のない形での緩和というのは、どれくらいのレベルのものを求められますか。

——————————————————–

<37ページ>
2021年11月29日 金尻カズナ(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)

同定の緩和につきましては、やはり被害者の方がこれが御自身だと言ったものに関しては、可能な限り削除してほしいというのが私たちの願いです。
実際、例えば、ほくろの位置とかいろいろなことを特定しないといけないということでは、それもやはり二次被害につながりますので、それを想定したものを裁判所に提出したりとかということは、やはり二次被害につながります。
ですから、明らかに、例えば当時の状況とか、そういった証言で、客観的に見て、これは御本人さんだと分かるものにつきましては、せめて削除ができるような制度、削除の要請をしやすくなる制度というのが必要かと考えております。

——————————————————–

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会におけるぱっぷす(PAPS)の方々の論説をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。