“議事録が公開” “改正刑法の叩き台をつくる2回目の会議”(その1) ぱっぷす(PAPS)の金尻カズナ理事長と岡恵理事は、AV出演強要の実態を報告しました

刑法の性犯罪規定は、性犯罪を助長するきまりに堕しています。
現在、法務省内において、この悪法を改正する作業が進められています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会(※予定)

進捗状況は、上述のとおりです。
現在は、刑事法(性犯罪関係)部会で、話し合いがおこなわれています。
同部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

2021年11月29日 第2回 刑事法(性犯罪関係)部会

先月(2021年11月)の29日に、2回目の刑事法(性犯罪関係)部会が開催されました。
議題は、専門家からの意見聴取です。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

つい先日、第2回刑事法(性犯罪関係)部会の議事録が公開されました。
本日は、ぱっぷす(PAPS)の方々の論説を参照します。

同会議で、ぱっぷす(PAPS)の方々が用いた資料につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
同会議で、ぱっぷす(PAPS)の方々が用いた資料>
2021年12月7日(その1)
2021年12月8日(その2)

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

ぱっぷす(PAPS)~その1

<32ページ>
2021年11月29日 井田良 部会長(中央大学教授)

(前略。)
6組目の方は金尻カズナ様、岡恵様、後藤稚菜様です。
性的姿態の撮影被害についてお話を頂きます。
部会長を務めております井田でございます。
本日は、御多用中のところ、ヒアリングに御協力いただき、誠にありがとうございます。
まずは皆様から15分程度お話を伺い、その後、委員・幹事から質問があれば、10分程度質問をさせていただきたいと思います。
それでは、よろしくお願いいたします。

——————————————————–

<32~33ページ>
2021年11月29日 金尻カズナ(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)

ありがとうございます。
NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)の金尻と岡です。

ぱっぷすは、性的搾取やデジタル性暴力の相談窓口を運営し、そこから見えてきた社会課題に対して予防啓発活動なども行っております。

お手元の「法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料」(NPO法人ぱっぷす提出資料)の2ページの図1にあるように、現在、デジタル性暴力の被害相談は後を絶たない状況があります。

ぱっぷすでは、そのデジタル性暴力に遭われた方の総合支援を目的とし、リベンジポルノや児童ポルノ、アダルトビデオの出演被害に係る性的な画像記録の削除要請を行っています。

同時に、被害者の意思を確認し、刑事事件化できる場合は法執行機関と連携し、被害回復に努めております。

一度でも性的画像記録がインターネットに拡散した場合、被害者の権利侵害が長期間継続し、心身に与える有害な影響が極めて重大でもあります。
その結果、性感染症、望まぬ妊娠、長期の精神的な治療、就労機会を奪われたり、自死などの社会全体が被る被害というのも甚大であると考えております。

資料の「2 性的画像記録の被害とは」につきましては、多くの被害者は、撮影に同意を求められても積極的に同意する方はまれです。
多くの被害者の方は、撮影のときに同意したかどうかではなくて、
知っていたが断れなかった、
知らなかった、
拒んだ
の三つのいずれかに該当します。

分析すると、資料3ページの図3の「現状について」欄のように①から⑫のパターンがあります。

撮影された性的画像記録がインターネット上に投稿されると、いわゆるエロ動画やアダルト動画と称した拡散によって初めてその人権侵害性に気付かれる方が多くいらっしゃいます。

拡散したものは実質的に野放しの状況で拡散し続けますので、被害者をより苦しめるという状況があります。

資料の「3 知らないうちに撮影されたケース(性的盗撮)について」について御説明します。
性的な盗撮は公共空間や民間施設、私的空間のトイレ、更衣室、廊下、階段、浴室、寝室など、様々な場所で行われます。
一つ目は、顔などの被写体本人が、いわゆる同定ですね、特定しやすい場合、二つ目は、スカートの中、下着姿など、性的な部位のみで本人と同定しにくい場合、三つ目は、その両方を混ぜた場合があります。顔と性的な部位とは別人の場合や、被害者自身は自分の写真であると確信していても、いつどこで撮影されたかが特定できずに、加害者が野放しの状況にもなっております。
特に、性的な盗撮被害の相談の多くは、やはり本人が探して見付けたというケースはまれでして、多くの方は、第三者から被害者にSNSなどで送られてきたり、第三者が知人に連絡をして被害者が知ったり、撮影者から直接送付などがあったり、彼氏や父親がアダルト動画サイトで偶然見付けたりします。
具体的な事例については、岡が発言いたします。

——————————————————–

<33~35ページ>
2021年11月29日 岡 恵(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事)

こんにちは、岡です。
事例を紹介させていただきたいと思います。

まず、知らないうちに撮影されたケースの相談として、最近あったものでは、例えば、中学校の部室で水着に着替えているところを盗撮されていたものが、いわゆるアダルトサイト、ポルノサイトに、「これは児童ポルノではありません」というような表記とともに掲載されていたと。
そのサイトを見ると、やはり同じくらいの年齢の子たちなのだろうなという写真もたくさんそこに羅列されているような状態で投稿されていました。

あとは、高校生のとき、18歳未満のときに撮影されたものが、同じようにそういったアダルトサイトに、「18歳未満ではありません」というふうな記載で投稿されていたというような事例があります。
こういったものは、まず、被害を受けた側が、これは、例えば18歳未満のときに撮影されたものなのだと立証しなければいけないという問題があるのですね。
例えば、これが撮影されたのが18歳未満で、相談に来たときが18歳のときだと、これが本当に17歳のときだったのかとか、着ていたものとかだけではなく、いつどこで誰に撮影されたのかをしっかり提示できなければいけない、証明できなければいけないというハードルがあります。

あと、盗撮の相談で、やはりこれも少しやっかいになってくるのが、投稿されたときに顔だけモザイクを掛けられている場合というのもあるのですね。
自分が見れば自分の体だと分かる、自分の近しい人間であれば、それが自分だということが分かるのだけれども、投稿する側は、これがリベンジポルノとかに該当しないように、要するに同定要件のハードルを上げるために、顔だけモザイクを掛けるというようなことが相談として寄せられてきています。

あとは、例えばスカイプで彼氏とかと会話をしているところの、そういった遠距離ということもあって、お互いにそういった性的な姿態を見せ合ったりだとか、そういったことをしているところを、カメラの向こう側にいる彼氏が実は撮影していて、それをオンライン上で掲載したり、売っていたりとかしていたというような相談もあります。
また、これも投稿したのが本当にその彼氏なのかどうかというところも立証することが困難なところから、これも刑事事件化していくのがとても難しいケースです。

次に、撮影を断れず応じてしまったものに関してなのですけれども、これは最近本当に相談ケースとして増えている相談でして、例年の3倍の数の相談が入ってきています。
恋愛間で多いのですけれども、SNSで知り合った人というのもありますが、例えば彼氏から性行為中の撮影をされていたり、断りたいけれども断ると嫌われてしまうのではないかとか、あとは、撮る側の、「えっ、何でいけないの」というような認識がやはりすごく強いです。
「いや、彼女でしょう、別にこの二者間でしか見ないのだからいいではないか」、「信用できないのか」というようなことを言われて、断れないで撮影に応じてしまうと。
これは実際に私たちが、例えば高校で講演をしたりとかするときに、高校生の男の子から、アダルトビデオはいいのに、何で彼女のはいけないのですかとよく聞かれるのです。
何でネットにこんなに拡散されているのに、仲の良い彼女の撮影をしてはいけないのですかという質問をどういうふうに理解するかです。
この児童に社会のルールと理解の欠如があるのか、そうではなくて、実際に裸の動画を撮ってはいけないとか、そういったルールはないですし、ネットを見れば同じように撮影されたと見られる動画や画像であふれている。ですから、別にそれはその児童に社会ルールの理解の欠如があったというわけではないのですよね。
そういった形で何の悪気もなく撮影して、それを投稿する、また、仲間内でそれを、例えばLINEグループで投稿したりだとか、そういったことが起きているわけです。
また、これが、例えばオンライン上で売り買いされていたりだとかいうようなこともあります。

あと、これは、「5 商業ルートで拡散してしまった性的画像記録について」なのですけれども、例えば、アイドル活動をしていて、今度は動画の撮影をするよと言われた撮影現場で、脱ぐように急に言われて、「いや、自分は脱ぎたくない」と言っても、「えっ、どうして、ほかのアイドルの子たちはみんな水着になっているでしょう、下着になっているでしょう、どうしてできないの」というような形で、撮影することを強要されたというような相談、これは本当にぱっぷす創立以来ずっと後を絶たない、ずっと右肩上がりの相談です。

この被害に遭うのは女性だけではなくて、男性もそうです。
例えば、高校生とかでも、運動部にいる子がよく狙われるのですが、部活で忙しくてなかなかバイトができないところ、「モデルをやってみないか、往復のチケットのお金を出すから撮影においで」と言われて、片道切符だけ持って撮影現場に行ったと、そこで性的な動画を撮られるということが分かって、「いや、自分にはできません」と断ったのですけれども、「あっ、そう」と言われて、「すみません、帰りの切符がないのです」と言って、「いや、撮影に応じないのだったら、それは帰りの切符はこちらが出す義理はない」と言われて、結果、撮影に応じなければいけなかったと。
彼は被害を訴え出たのですが、その後、男性同士の性交類似行為、これは公衆道徳上の有害業務に該当しないということから、刑事事件化ができなかったというような事例、これが散見しています。

また、ある児童は、これは撮影されたのが児童であったのにもかかわらず、いや、相手は児童だと知らなかったのではないかというようなことで、事件化をなかなかしてもらえなかったというようなこともあります。

最近、コロナのこともあって、アルバイトがなかなかできないというところから、こうやってモデルのアルバイトだとかいろいろなことを言って募集して、実際に撮影現場に行ったところ、もうカメラも設置されている状態で、大人に囲まれているところで、契約書にサインをさせられ、「いや、契約したのだから」というようなロジックで撮影をそのまま続行させられるというようなことがあります。
先ほどの話にも、自発的な性行為でない場合の話が出ていましたが、本当に撮影される側というのは、あたかも自発的なような形で撮影をさせられるわけなのです。
ですから、よく私たちのところに相談に来る相談者さんが言うのは、撮影中は無だったと、何をしたか覚えていない、要するに解離状態だったということですよね。
ですから、自分自身で発売されている動画や画像を見たことがないという人もいるわけなのです。
このカメラの前で自分がした笑顔というのが、それを見るのが恐怖なわけですよね。
撮影を早く終わらせてほしい、早くこの性行為、上にのっかっている男性に退いてもらいたいという気持ちで一生懸命笑顔を作って、撮影されているわけなのですよ。

それが撮影されたものというのがそのまま正規のルートで販売され、ネット上に拡散されていると、こういったものを今の児童が見ていますので、普通の恋愛の間でも、ネット上で普通に正規で売られているものと同じようなものを自分が作っているのだという認識で、恋愛間の性行為でもこういった撮影が当たり前のように行われ、被害者の意思に反してネット上に拡散されているというようなことが起きています。

次は、グルーミングについて金尻さんからお願いいたします。

——————————————————–

(再掲。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年12月27日 第3回刑事法(性犯罪関係)部会(※予定)

上述のとおり、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して以下の10項目の改正を諮問しています。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

(2021年9月16日 上川陽子法務大臣 諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。
     記
第1 相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備

刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。
——————————————————–

刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
——————————————————–

配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。

(参考。現行刑法)
第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

——————————————————–

第2 性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備

より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。

——————————————————–

被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

——————————————————–

第3 相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処置を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備

性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–

明日も、第2回刑事法(性犯罪関係)部会におけるぱっぷす(PAPS)の方々の論説をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。