暴行・脅迫要件は撤廃されるのか(その16)。「相手を尊重しない加害者の責任を追及するような不同意の規定が作られるということを私たちは望んでいます」

刑法の性犯罪規定に明記されている「暴行・脅迫」や「抗拒不能」などの要件は、撤廃乃至(ないし)緩和されるのでしょうか。
上川陽子法務大臣は先日(2021年9月16日)、法制審議会に対して、以下の10項目の改正を諮問しました。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

(2021年9月16日 上川陽子法務大臣 諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。
     記
第1 相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備

刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。
——————————————————–

刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
——————————————————–

配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。

(参考。現行刑法)
第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

——————————————————–

第2 性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備

より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。

——————————————————–

被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

——————————————————–

第3 相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処置を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備

性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–

(再掲。諮問第117号
2021年9月16日 上川陽子 法務大臣
刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

本日もひきつづき、前段の性犯罪に関する刑事法検討会で、暴行・脅迫要件、さらには抗拒不能要件についてどのような論議がなされたのかをみていきます。

(例。刑法の性犯罪規定)

第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(第177条)の例による。

——————————————————–

暴行・脅迫要件の改正に関する論議(その16)
(※その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10その11その12その13|その14|その15

その1その2その3その4その5|・・・2020年8月27日 第5回 性犯罪に関する刑事法検討会(※巡目の論議)
その6その7その8その9その10その11その12その13その14その15|・・・2020年11月10日 第8回 性犯罪に関する刑事法検討会(※巡目の論議)
その16|・・・2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会(※巡目の論議)

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<29ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

それでは、今日最後のテーマになりますが、
「テーマ4 暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」
についての検討に入りたいと思います。
このテーマについて、二巡目までの議論では、

(参考。二巡目までの議論)
<「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」に関する論議>
一巡目(※2020年8月27日の第5回検討会
二巡目(※2020年11月10日の第8回検討会

補助資料11ページから16ページまでにあるような御意見を頂いております。

本日は、これまで、一定の年齢未満の者を被害者とする場合などの特定の類型を念頭に置いて、その罰則の在り方について議論してまいりましたが、それを踏まえて、今度はもう一度、刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)の暴行・脅迫、心神喪失・抗拒不能の要件の在り方という観点から御議論を頂きたいと考えております。

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

御発言に当たっては、どういう観点からの御意見であるかを明示していただけると幸いです。

——————————————————–

<29ページ>
2021年2月16日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

一定の年齢未満の被害者のところでお伝えする必要があったかと思ったのですけれども、軽い類型のことが出てきたので、少し気になって、お伺いしたいと思いました。
教師・生徒については、地位・関係性利用類型の中に含まれるのか、それとも、別途作られるのか分からないのですけれども、例えば、本日、私が提出した資料の石田郁子さん作成のアンケート結果の中にありますように、若年者の場合だと、気付いたらいつの間にか被害を受けていた人が35.1%、最初に被害を受けたとき、被害だと認識できなかった人が77.9%であり、また少し違う特性があるのかなというように思います。

若年者の被害認識の低さはSpringの調査とも共通するものがあります。

もし軽い類型を作った場合に、海外においては、未成年者への地位・関係性を利用した行為については重く処罰するような規定を設けているところもありまして、まだ先の議論になるのかもしれないのですけれども、いわゆる性交同意年齢と、そして教師から生徒への地位・関係性が作られた場合の処罰についてお伺いできればと思いました。

——————————————————–

<29~30ページ>
2021年2月16日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

ここまでの議論においては、児童の性的保護に関係して、三つの問題が論じられているのだと思うのです。
まず、いわゆる性交同意年齢をどのように設定するかという問題、
次に、中間年齢層の者に対する性行為について、例えば行為態様や関係性、年齢差等の要件に基づいて、新たな罰則を設けるかという問題、
そして、被害者児童か否かを問わず、地位・関係性を利用する性行為に関する罰則を設けるかという問題
の三つです。
被害者がいわゆる性交同意年齢未満であれば全面的に処罰対象になりますが、それ以外の場合には、第二、第三の点がいずれも関係してくると思います。
また、法定刑についても、三つの問題で法定刑をそろえる必然性はないので、それぞれの問題状況に応じて、適切な法定刑を個別に検討することができます。
中間年齢層の児童に対する性行為については、複数の処罰規定が重畳的に適用される余地を認めるということも十分あり得るように思います。

——————————————————–

<30ページ>
2021年2月16日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

ありがとうございます。

——————————————————–

<30ページ>
2021年2月16日 中川綾子 委員(大阪地方裁判所部総括判事)

暴行・脅迫の要件のみに関係することではないのですけれども、意見要旨集について一言申し述べたいことがありましたので、この段階で発言させていただきたいと思います。

意見要旨集の第1の「1」の総論的事項の
「① 議論の前提とすべき事柄」
の中で、判決の公開と裁判官の研究について触れられておりましたので、一言申し上げたいと思います。

(参考。「① 議論の前提とすべき事柄」)

〇 性犯罪の事件の判決は、裁判所のデータベースには原則として掲載されず、また、民間のデータベースには関係者からの情報提供で掲載されるために自白事件が掲載されにくい。
そのため、要件の解釈について裁判官・検察官が総合的に検討を加え、それを警察と共有することが困難であり、さらに、実務の運用について研究者の間で検討ができておらず、裁判所の研究成果も出されていないことが、解釈の不統一を招く一つの原因になっている。

性犯罪の裁判例については、被害者等に精神的被害を与えるおそれがありまして、被害者のプライバシーに配慮する必要があるため、裁判所のウェブサイトでは公表されていないと聞いておるわけですが、裁判官は、事件についての合議体の議論はもちろんですが、司法研修所で定期的に行われる研究会に参加したり、その結果の概要の共有を受けたり、庁内や地方裁判所、高等裁判所等の様々な勉強会において事例を共有するなどして、性犯罪に関する法律の解釈や事実認定等について意見交換をし、考えを共有する機会を持つように努めております。

——————————————————–

<30~31ページ>
2021年2月16日 宮田桂子 委員(弁護士)

裁判所内での問題共有の点については非常によく分かりました。

通常、裁判所内で行われた重要な議論は、例えば司法研究等の様々な論文、報告書の形で公開され、我々法曹、あるいは、さらに法曹以外の支援者の方なども共有することができています。

しかしながら、性犯罪の問題に限ってはそうなっていないということに、非常に大きな問題があると思います。

つまり、法曹三者だけではなく警察官や被害者支援をする方々も含めた法律に携わる者の中で、情報共有ができていない、コンセンサスができていないということが一番問題だと思います。

そもそも、判例のデータベースなどで公開されている事件は、無罪を争うような事件が主であり、今までとは毛色の違った判決の場合には自白事件でも公開されることがあり得ますけれども、自白して争わない事件の判決はまず表には出てこない。

もちろん、以前指摘した裁判所の判例データベースにも自白事件は出てこない可能性もあるわけですけれども、私は、自白して争わない事件の判決を全部見せていただき分析させていただけると非常に有り難いと考えます。

配布資料7を見ると、強制性交等罪は、強姦罪も含めると1年で大体200件前後が有罪とされており、令和元年には250件くらいです。

そのくらいの数のものを5年分くらい見ても、そんなに膨大なものにはならないでしょう。

私が、自白事件が重要と思っている理由は、自白してそれを認めるということは、これは悪いことだと被告人が思える行為である、つまり、ある意味で国民の常識をはかる物差しにもなり得るという面もあるからです。

また、どういう構成要件で検察官が起訴しているのか、あるいは裁判所がどういう形で犯罪事実を認定しているのか、そこを見ないでおいて、裁判所の判決は非常に不当である、あるいは、判決には問題があるというような批判をすることは問題だと思いますし、判断の実態をみないままで、抽象的な議論で立法することにも疑問があります。

そして、一審の判決への批判については、裁判は三審制ですし、さらには再審もあり得る。
裁判は間違う可能性もあり、間違ったら、それを正すための手段もあるので、一審の判決だけでどうこう言えるものでもないというところであります。

——————————————————–

<31ページ>
2021年2月16日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

暴行・脅迫要件、抗拒不能要件、

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

そして、不同意の問題というのは、やはり多くの人が警察に訴えることが難しく、訴えても起訴されないなど、性暴力が性犯罪として上がってこないということに非常に大きな問題があると思います。

暴行・脅迫、抗拒不能は不同意の徴表というように聞かされていますが、では、その不同意というのは刑法で一体どのように捉えられているのかということについて疑問があります。

例えば、補助資料14ページの「3」の上から二つ目の「〇」に、
「悩みながら最終的には性行為を受け入れた場合など、同意・不同意のグレーゾーンに位置する事例が含まれる」
というような意見がありますけれども、

(参考。「3」の上から二つ目の「〇」)

〇 暴行・脅迫要件を満たさない事例の中には、悩みながら最終的には性行為を受け入れた場合など、同意・不同意のグレーゾーンに位置する事例が含まれるから、法定刑の軽い類型を設けるかについては、そのような事例を処罰することの要否を検討する必要があるし、仮にそのような事例も同意がないものとして処罰するのであれば、同じ不同意でありながら刑を軽くする根拠について、理論的な検討が必要。

これも各々で想定する事例がかなり違うのではないかなと考えています。

例として適切ではないかもしれませんけれども、例えば、訪問販売の場合、押売が居座って、断っても断っても帰ってくれず、言い負かされて契約したケースと、話を聞いているうちに、良いものだと思って契約したケースとでは、主体的な自己決定において明らかな差があると思います。

私たち支援者、そして被害者は、性的同意について明確な価値基準を持っています。

それは

同意の有無、
対等性の有無、
強制性の有無
などで表すことができます。
また、先ほどの訪問販売のケースでも、どちらもクーリング・オフができます

それは、本人の自由な意思に干渉があったからではないかと思います。

性的同意の概念の一つに、同意するのもしないのも同様に尊重されるという前提があります。

相手を尊重しない加害者の責任を追及するような不同意の規定が作られるということを私たちは望んでいます。

刑法改正市民プロジェクトで不同意性交等罪を作ってくださいという署名に6万6、000人の方が賛同されました。

そのように、今の日本において同意のない性交が性犯罪として認められないことによって苦しんでいるこの実態を何とか捕捉する文言を作っていただければと思っています。

——————————————————–

(再掲。山本潤さん)
相手を尊重しない加害者の責任を追及するような不同意の規定が作られるということを私たちは望んでいます

明日も、性犯罪に関する刑事法検討会における177条(強制性交等罪)と178条(準強制性交等罪)の論議をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。