暴行・脅迫要件は撤廃されるのか(その11)。「被害者の状態について、より具体的な内容を盛り込むといった改正は十分にあり得る」

日本の刑法の性犯罪規定は、性犯罪者にとって有利なきまりとなっています。
いわゆる「悪法」です。

(例。刑法の性犯罪規定)

第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(第177条)の例による。

——————————————————–

法務省は現在、この刑法の性犯罪規定を改正する作業を進めています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

上川陽子法務大臣は先日(2021年9月16日)、法制審議会に対して、以下の10項目の改正を諮問しました。

(2021年9月16日 上川陽子法務大臣 諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。
     記
第1 相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備

刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。
——————————————————–

刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
——————————————————–

配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。

(参考。現行刑法)
第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

——————————————————–

第2 性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備

より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。

——————————————————–

被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

——————————————————–

第3 相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処置を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備

性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–

(再掲。諮問第117号
2021年9月16日 上川陽子 法務大臣
刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

本日もひきつづき、前段の性犯罪に関する刑事法検討会で、暴行・脅迫要件、さらには抗拒不能要件についてどのような論議がなされたのかをみていきます。

暴行・脅迫要件の改正に関する論議(その11)
(※その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10 |)

その1その2その3その4その5 | ・・・2020年8月27日 第5回 性犯罪に関する刑事法検討会
その6その7その8その9その10 | その11 | ・・・2020年11月10日 第8回 性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<16ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

第1の2の「(2)」暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件について、判例上必要とされる「被害者の抗拒を著しく困難にさせる程度」を緩和した要件とすべきかについての議論はこの辺りで一区切りとさせていただき、次の項目、すなわち、
(3) 暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきか
という項目についての議論に移らせていただければと思います。

一巡目の検討(2020年8月27日)では、
「① 手段や状態を列挙することの要否・当否」、
「② 列挙することが考えられる手段、状態」
という観点から御意見がありました。

それを踏まえて御意見を頂きたいと思います。

——————————————————–

<16~17ページ>
2020年11月10日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

先ほど申し上げたこととほぼ同じことになりますけれども、手段や状態は、それ自体に意味があるのではなく、被害者の不同意という心理状態を合理的に推認し、これを根拠付ける点に意義があると解されます。

したがいまして、仮に現行法の暴行・脅迫という行為態様、あるいは、心神喪失・抗拒不能という状態が、やや硬直的であり、被害者の不同意を惹起する全ての場合をカバーし切れていないのであれば、生じ得る処罰の間隙を補うために、別の行為態様を追加したり、あるいは、被害者の状態について、より具体的な内容を盛り込むといった改正は十分にあり得ると思います。

その際には、外国の立法例を参照しながら、どのような行為態様を追加すべきかについて、更に検討することが有益であると思いますが、このように行為態様を追加する検討の際に留意すべき点を2点指摘しておきたいと存じます。

第1点ですが、行為態様を更に追加して列挙したとしましても、被害者の自由意思を阻害する可能性がある手段全てを網羅的にカバーすることは、恐らく不可能です。

したがって仮に行為態様を追加するとしても、これらの行為態様は例示列挙とした上で、例えばですが、
「暴行、脅迫、威力、不意打ちなど被害者の抗拒を著しく困難にさせる手段
という形で、例示された手段の意義を包括的に示すような要件が必要になるように思われます。

もちろん、どのような表現が適当かについては、更に詰めて検討しなければならない、と考えております。

第2点です。
行為態様を幅広く列挙した場合には、もちろんその規定方式にも依存しますが、多くの選択肢を規定すればするだけ、行為当時、被害者が不同意であったことが明確に認定できない場合までが含まれてしまう可能性が生じます。

このような可能性が排斥できないのであれば、行為態様を列挙するだけでなく、さらに、被害者の心理状態を重ねて規定することも、選択肢としてはあり得るように思います。

例えば、
「暴行、脅迫、威力等の一定の手段によって、被害者の自由な意思決定を困難にし、その状態で性交等を行う」
という形で、行為態様に加えて被害者側の心理状態を要件として要求することも、検討に値すると考えております。

——————————————————–

<17~18ページ>
2020年11月10日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

橋爪委員の御意見とほとんど同じ考え方なのですけれども、恐らく、ただ不同意というふうに書いてしまうと、成立範囲が曖昧になってしまって、逆に実務的に運用が安定しないという現在と同じような問題が起きる可能性がありますし、一生懸命作っても、明確性の原則に違反して、違憲無効となってしまい、検討に費やした時間が無駄になってしまうという可能性もございます。
実際、ある程度の明確性を確保するために手段を列挙するということにつきましては、この議論においてもある程度のコンセンサスがあるのではないかというふうに考えております。
ただ、手段を列挙した場合、この点については、今後公刊される予定の「性犯罪規定の比較法研究」の34ページ以下や906ページ以下を見ていただければ分かりやすいのですが、例えば、イギリス型のように、基本的に不同意性交であり、一定の場合に不同意が推定されるというふうに規定してしまうと、やはり最終的には、不同意とは何かという話になり、裸の不同意を検討するということになってしまいます。

あるいは台湾型のように、手段を列挙した上で、「その他意思に反する」という手段を書く方法もあると思うのですけれども、台湾の場合には、「その他意思に反する」というのが、列挙した手段に匹敵する程度である必要がないという解釈がなされており、そうすると、「その他意思に反する」とは何を意味するのかが、曖昧になってしまうという問題が生じるように思われます。

ですので、ただ手段を列挙するというだけでは不十分で、逆に、不同意や一定の被害者側の状態を挙げるというだけでも不十分であり、この二つのものが合わさって、明確に一つのものを導けるという構造、手段プラス状態というふうな形で規定することによって、明確性が確保できるのではないかと考えております。
また、手段何らかの状態を明記する規定形式をとる場合には、2点考えるべきことがあると思っております。
まず1点目として、これは意見要旨集の「(3)」(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきか)の「②」(② 列挙することが考えられる手段、状態)と少し関係しているのですが、手段の中に欺罔を入れるかです。

この点については、一定の絞りをかけた欺罔というふうにすれば、入れても構わないのではないかと思っております。

例えば、「好きだよ」とか、「結婚しようね」などという欺罔は、未成年者の場合には別の規定でそのようなことを考慮すればいいと思うのですが、少なくとも成人を含むあらゆる人に適用可能な規定においては、これは処罰価値のない行為だと思います。

他方で、行為の性的性質を欺罔しているとか、あるいは、性交の相手方の同一性を欺罔しているという場合は、諸外国においても一般的に処罰されていますし、日本の現行刑法でも処罰されている類型になりますから、こういうのは入れておかないといけないと考えます。

このように、欺罔を入れるのであれば、どういう欺罔かというのをも明確にしておくということが重要ではないかと思います。

もう一点は、これはもう既に出たお話ですけれども、中間的な結果として、何らかの状態を書き込むのであれば、「抗拒を著しく困難にする」という言葉は使わない方がいいのではないかということでございます。

現在の裁判例において、必死に抵抗しないと強制性交等罪が成立しないということは、これはもう絶対ないのですが、ただ、そう誤解されている状況があるというのは事実でして、これが社会的に悪影響を及ぼしているというのであれば、新しく作る法律に、わざわざそういう文言を入れる必要はないと思います。

ですから、別の文言を頑張って考える必要があるのではないかというふうに考えております。

——————————————————–

<18ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

今、橋爪委員、佐藤委員から、手段については言わば例示列挙で構わない、つまり、暴行、脅迫、威力、不意打ち、その他の手段を用いてというような規定でよいとする御発言があったのですが、いかがですか。

罪刑法定主義が支配する刑法において、そういう例示列挙を含む規定を作ることに反対という御意見はあるでしょうか。委員の先生方の中に、いやいや、それは明確性の原則に反するのだと、例示列挙は駄目だと、こういう意見はございますか。

(一同、発言なし)

——————————————————–

明日も、性犯罪に関する刑事法検討会における177条(強制性交等罪)と178条(準強制性交等罪)の論議をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。