“刑法の性犯罪規定の改正” 【改正案の叩き台をつくる会議】 先日、参考人としてよばれたぱっぷす(PAPS)は、AV出演強要の実態をあきらかにしました

刑法の性犯罪規定の改正を審議している刑事法(性犯罪関係)部会は、先日(2021年11月29日)、2回目の会合を持ちました。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会

刑事法(性犯罪関係)部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

刑事法(性犯罪関係)部会2回目の会合で、専門家から意見をききました。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

矢野恵美教授は以前、AV出演強要問題に関する内閣府のヒアリングで、所論をのべたことがあります。

(参考。当ブログ)
<第83回女性に対する暴力に関する専門調査会における矢野恵美教授の発言>
2021年12月10日
2021年12月12日
2021年12月13日

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

ぱっぷすの方々は、日々、AV出演強要被害に取り組んでいます。

(参考。当ブログ)
ぱっぷすの活動に関する最近の報道>
2021年12月7日
2021年12月8日

2021年11月29日の第2回刑事法(性犯罪関係)部会に提出された資料

つい先日、第2回刑事法(性犯罪関係)部会で使用された資料が公開されました。

矢野恵美 琉球大学教授

(資料)
スウェーデンにおける性犯罪規定

矢野恵美は、スウェーデンの刑法について所論をのべたようです。

ぱっぷす(PAPS)

(資料)
法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

ぱっぷすの資料のなかには、AV出演強要に関する記述があります。
当該箇所を抜粋します。

(2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料より、引用。)

(※一部分を抜粋)

<1ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

当団体には、2021年5月7日の時点で累計1,074人の性的搾取・デジタル性暴力等の相談が寄せられました。そのうち 543人(50.5%)がアダルトビデオの出演被害に関わる相談で、残りの531人が児童ポルノ・リベンジポルノなどのデジタル性暴力、児童買春・性産業従事等による性的搾取の被害相談でした。

——————————————————–

<5ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

事例8

アイドル活動中にイメージ DVD の作成のためにスタジオに到着し、実際に撮影が始まると次第に性的なことを求められ、性行為を伴う撮影であることがわかり、何度拒否しても「もう言ってあるよね!?」と咎められ撮影を強いられた。撮影で泣いていては絵にならないからと言われ「レイプものの撮影」ということで撮影が継続し、その後、販売されてしまった。警察に相談したが精神的に苦しくなり事件化を諦めた。現在、販売や拡散を規制する法律がない。

——————————————————–

<6ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

事例12

『性行為はできない』というと、『撮影には同意しているよね』と契約書をちらつかせられた。契約をしているのだから性行為は拒否できないし、それを撮影されることを拒否する事も出来なかった。拒否すればその場にいるスタッフの人件費やスタジオにかかった費用を負担しなければいけないといわれ、性行為の撮影に応じなければならなかった。

——————————————————–

<6~7ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

このように意思に反した性行為(性暴力)を撮影された多くの性的画像記録が国内で流通していますが、そのほとんどでは性交が行われています。被写体となった相談者の多くは、「撮られている間は“無”だった」と訴えます。相談者の証言では、この「無」とは性交を伴う撮影で生じていることから、これはレイプ時に受ける心的外傷、解離そのものです。
撮影後、意に反した妊娠をされた方や中絶をせざるを得なくなった方、感染症を発症した方も複数います。事前・事後に同意を求められる書類に署名させられた以上は、意に反した撮影であったことを立証するのは困難でもあります。性交の撮影を違法化しない限り、被害救済につながりません。

これまでの商業ルートでの拡散被害では、錯誤や事実誤認のような形で芸能プロダクションに所属させたあとに、意思に反した性行為をしてその様子を撮影し売買する事が主流でしたが、3年ほど前から、スマートフォンの高機能化・インターネット接続の高速化等に伴い、オンライン上で知り合った女性をだまし討ちして強いた性行為の様子を撮影してインターネットに投稿し販売する、もしくは彼女が裸で寝ているところ、彼女と性行為をしているところを盗撮し、それをインターネットに投稿し、シェアし、時には販売することが一般化した加害になりつつあります。まるでテレビの「バラエティ番組」に出れるのはいわゆる「芸能人」だけだったのが、Youtube ができたことで、今ではだれでもが気軽に「バラエティ番組」を製作し投稿できるようになったということです。

——————————————————–

<10ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

上述のとおり、デジタル性暴力は、どのような撮影であっても実際にインターネット上で性的画像記録が拡散した後で、受けた人権侵害の甚大さに気づく方が後を絶たないこと、被害者の生命・身体・自由に対する現在の危難でもあること、デジタル性暴力の被害に対する国際的な動向を踏まえ、現在意に反して拡散した性的画像記録に対する規制が急務です。私事性的画像記録の「私事」の要件を撤廃及び「現在」の被害に焦点化し、
1、意に反して性的画像記録を撮影した場合の処罰化(製造規制)
2、意に反して撮影された性的画像記録の提供の処罰化(提供規制)
3、現在意に反して拡散している性的画像記録の所持の規制(所持規制)
4、同定要件の緩和
を求めます。所持規制については、消去及び没収などの義務化を求め、応じない者には罰則規定を設けるよう求めます。

——————————————————–

<11ページ>
2021年11月29日 ぱっぷす 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 ヒアリング資料

④ 有償で頒布する目的で実際に性交(本番行為)が行われているビデオ(以下、性交ビデオ)を製造及び提供した場合の処罰化。異性要件の撤廃。
性的同意とは契約書で縛ることや売買の対象ではありません。しかし、現実にはいわゆる“アダルトビデオ”の撮影では、制作会社との契約と出演料をもって被写体の性的同意を放棄させられています。本来であれば、このような性交を伴うあらゆる契約は公序良俗に反する行為であり、対償を受けて不特定の相手方と性交をすることも売春防止法で禁止されていますが、撮影と称して金銭の授受を複雑にすれば事実上野放しの状態が続いています。多くの被害者が、事業者との交渉力の格差、情報量の格差によって、性的同意を放棄させられてきました。性的同意を放棄した認識がないままに撮影に臨む場合も多く、その結果、実際にインターネット上で性的画像記録が拡散した後で、受けた人権侵害の甚大さに気づく被害者が後を絶たないことから、法整備が急務です。

——————————————————–

議事録の公開が待たれます。

(再掲。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

3か月前(2021年9月16日)、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して、以下の10項目の諮問をおこないました。

諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

(再掲。ぱっぷす)
これまでの商業ルートでの拡散被害では、錯誤や事実誤認のような形で芸能プロダクションに所属させたあとに、意思に反した性行為をしてその様子を撮影し売買する事が主流でした

AV出演強要罪の新設が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。