“刑法の性犯罪規定の改正” 【改正案の叩き台をつくる会議】 矢野恵美教授が以前別の会議で述べたAV出演強要に関する論説(その3)。「厳しい罰を準備しておく」

法制審議会の刑事法(性犯罪関係)部会は、現在、刑法の性犯罪規定の改正を審議しています。
同部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会
——————————————————–

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

上述のとおり、刑事法(性犯罪関係)部会は先日、2回目の会議をおこないました。
議題は、専門家からヒアリングです。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

ぱっぷすの方々は、日々、AV出演強要被害に取り組んでいます。

(参考。当ブログ)
ぱっぷすの活動に関する最近の報道>
2021年12月7日
2021年12月8日

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

矢野恵美教授は以前、AV出演強要問題に関する内閣府のヒアリングで、所論をのべたことがあります。
本日も、このときの論説をふりかえってみます。

(参考。当ブログ)
<第83回女性に対する暴力に関する専門調査会における矢野恵美教授の発言>
2021年12月10日
2021年12月12日

AV強要に関する矢野恵美教授の論説(その3)
(※その1その2

2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授
「アダルトビデオへの出演強要ー刑事法・北欧法の観点からー」
資料
議事録

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<30ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

先ほど、青山先生から、ノルウェーは厳しくし過ぎて潜ってしまったという御指摘もありましたけれども、ノルウェーから参考になるものとしましては、ポルノグラフィーの内容に関する制限が刑法の中にあるということです。

(略。)

これは、攻撃的な性的描写あるいは人間の堕落に影響を与えるような性的描写、死体、動物、暴力、強制を含むような性的表現物を公開、販売、頒布、複写、18歳未満の者への譲渡、所持等をした場合は、3年以下の拘禁刑になるというもので、ポルノグラフィーの内容によって刑罰を与えることができるという点で、少し日本の参考になるかと思っております。

(略。)

小括といたしましては、性犯罪の範囲の拡張が今回のようなケース(AV出演強要)の処罰に資すると思われるのですけれども、日本の現行刑法でも処罰の可能性はございます。
しかし、立証が困難なケースが多いわけです。

(略。)

刑事法の限界は、被害が発生してからでなければ動けないということです。
ですので、被害者は出てしまうわけです。
ただし、厳しい罰を準備しておくことは、そんなに厳しく処罰されるならやめようという、その後の犯罪に対する一般予防効果自体はあると思います。

<31ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

ただ、刑事法ではなく、予防・早期相談が最善であることは間違いがありません。
ですので、警察の方もたくさんやっておられるという御紹介が本日ありましたけれども、啓発活動や教育が非常に重要です。
これは内閣府のお仕事でもあろうかと思っています。
ただ、啓発や教育の相手は児童だけではなく、社会全体、教員、保護者も含めて行っていただきたいと思っております。
実際にこういう被害に遭った人が、親や教員が、自分のケースではないけれども、似たようなケースを見聞きした時に、
「こういうのはだまされるほうが悪いよね」
ということを言ったがために、その後一切誰にも相談できなかったという声はよく聞くところでございますので、被害者に接する可能性がある人たちの意識への働きかけが非常に重要となるかと思います。
また「寝た子を起こすな」と、小さい子にそんな教育が要るのかという御意見もあるかと思いますが、現在の子どもは寝てなどいないと言われておりますので、早期の教育も必要になるかと思います。
ただし、この際に、被害にあわないように気をつけろと言うことを強調しますと、被害にあってしまったときに被害者が悪いかの様になってしまうので気をつける必要があります。
人を騙したり脅したりしてAVに出させるような行為が卑劣であるということや、卑劣な行為をしてはいけないということを中心に教え、それから身を守りましょうという順番で教育や啓発をしていただくのが重要かなと思っております。

——————————————————–

(再掲。矢野恵美 教授)
人を騙したり脅したりしてAVに出させるような行為が卑劣である

(再掲。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

3か月前(2021年9月16日)、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して、以下の10項目の諮問をおこないました。

諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

(再掲。矢野恵美 教授)
厳しい罰を準備しておくことは、そんなに厳しく処罰されるならやめようという、その後の犯罪に対する一般予防効果自体はあると思います

刑法の性犯罪の規定の改正が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。