“刑法の性犯罪規定の改正” 【改正案の叩き台をつくる会議】 矢野恵美教授が以前別の会議で述べたAV出演強要に関する論説(その2)。「現行刑法では限界がある」

先日、刑事法(性犯罪関係)部会は、2回目の会合を催しました。

(確認。組織図)
法務省
 |(設置)
法制審議会
 |(設置)
刑事法(性犯罪関係)部会
——————————————————–

刑事法(性犯罪関係)部会の任務は、刑法の性犯罪規定の改正に関する審議です。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

刑事法(性犯罪関係)部会は、最終的に、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

先日の第2回刑事法(性犯罪関係)部会では、ヒアリングがおこなわれました。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

ぱっぷすの方々は、日々、AV出演強要被害に取り組んでいます。

(参考。当ブログ)
ぱっぷすの活動に関する最近の報道>
2021年12月7日
2021年12月8日

(再掲。第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要)
矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

矢野恵美教授は以前、AV出演強要問題に関する内閣府のヒアリングで、所論をのべたことがあります。
本日も、このときの論説をふりかえってみます。

(参考。当ブログ)
<第83回女性に対する暴力に関する専門調査会における矢野恵美教授の発言>
2021年12月10日

AV強要に関する矢野恵美教授の論説(その2)
(※その1

2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授
「アダルトビデオへの出演強要ー刑事法・北欧法の観点からー」
資料
議事録

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<34ページ>
2016年9月12日 山田昌弘 委員(中央大学教授)

矢野先生に関しては、例えばこういう形で刑法でアダルトビデオ出演を処罰するという場合、処罰される対象というのはどこになるのでしょうか。

つまり、メーカーやプロダクションや現場の監督の人、実際に例えば男優さんは全く強要されているのを知らずに性的関係を結んだりする可能性もありますので、誰が処罰されるのか、できるのかという点も含めて、お教えいただければと思います。

——————————————————–

<35ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

今、御指摘いただいた部分が現行刑法を使用している限り、かなり限界となるところであろうと思っております。
刑法は基本的にその現場において行為をしている行為者を中心に、そのときの行為を見て処罰をするという法律でございますので、先ほど御紹介させていただきました準強制わいせつを使った判例のように、権力のある、だました人と、実際に性的な行為を行った人が同一であれば、まだ処罰の可能性が高いのですが、スカウトした人や、また、自分は一切現場に来ない会社の社長といった人をどこまで処罰できるかというのは、共犯理論を使うことになるのですけれども、かなりハードルが高いのではないかと思っております。
ただし、現場に関しましては、先ほどおっしゃいましたように、男優さんが全く事情を知らないといったことにつきまして、どこまで本当に知らないのか、それこそ青山先生の話ではありませんけれども、実際の方にお聞きするというのも一つだと思うのですが、それだけ慣れていて、こういった撮影に臨んでいる方が、相手方がどれほど嫌に思っているかということがわからないままにそういった撮影ができるのかといった部分はあるのかなと思っています。
その点、例えばスウェーデンがやろうとしているように、女性が嫌がっていなかったと思った理由を男優さんのほうが立証、説明するということになるとよいのではないかと思います。
現場には一切タッチしないが儲けている人達の処罰というのが、現行刑法で一番弱いところかなと思っております。

——————————————————–

<35ページ>
2016年9月12日 森田展彰 委員(筑波大学大学院准教授)

矢野先生にですけれども、準強制わいせつ及び準強姦罪ということや、依存状況にあることにおけるというようなことが本当に確かにうまく適用できればいいと思ったのですが、実際、これがなかなか適用されないことについて、どういう変更をすればそういうことが実現可能なのかということが一つとー
あとはもう一つ、思いつきですけれども、産業衛生法みたいなことがちゃんと適用されないからあれなのでしょうが、いわば労災というか、もともとそこの産業で働いている人たちの健康については、安全管理義務、安全配慮義務があるわけで、そのことについて、こういった性的な行為自体が産業なのだということは本当に特別なのかもしれませんけれども、そこで性的な感染症とか、PTSDとか、そういうことが、その産業自体で起きているとすれば、そういうことはなかなかできないのでしょうけれども、一般的にはそういうことは対応を職場がやるべきだというものもあるのかと思うのです。
幼稚な考えかもしれませんが、教えていただければと思います。

——————————————————–

<35~36ページ>
2016年9月12日 辻村みよ子 会長(明治大学法科大学院教授)

(略)、今の御質問に加えて、結局矢野先生のほうでは、結論的には刑法を使えないわけではないけれども、使いにくい。
そうすると、人権団体などから言われているように、包括的な救済法、刑法ではない特別法みたいなものをつくるのがいいとお考えなのか、すぐできるかどうかというのはまた別問題ですけれども、本来、そういうものがあったほうがいいというお考えかどうかということです。
それと、今は刑事法の立場から今日はお話しいただきたいとお願いしたのですが、労働者派遣法とか労基法とか、そういう労働契約法関係で処理していくというのも、背反ではないので一緒にやるということになるのでしょうけれども、最後にどういうお考えかということを教えていただければ。

——————————————————–

<36ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

その前の御質問にもありますように、直接現場に行かない人の処罰というのが、一つ大きなハードルになっているかと思います。
そういう人やスカウトした人を処罰するということになると、現行刑法では限界があろうと。
ただ、その人たちの罪はとても重いと思うのです。
ですので、労働関係の法律もしくは特別法をつくるというのが一つの解決策であろうかと思っています。
ただ、力を用いた人と、実際に性的行為をする人が同じようなケースについては、依存関係にある、特別な地位関係にある、要するに、地位が平等でない加害者と被害者のときの性犯罪という規定は、かなり多くの国が持っているところで、例えばセクハラのようなものにも使用できます。
目に見える暴力、脅迫がないように思えるけれども、その根底に確固たる地位の差があるがゆえに逆らうことは決してできないというときの犯罪類型を刑法に作るというのは一つあり得ることだと思っております。

——————————————————–

(再掲。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 刑法の性犯罪規定の改正に関する取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

3か月前(2021年9月16日)、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して、以下の10項目の諮問をおこないました。

諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

明日も、矢野恵美教授が5年前の女性に対する暴力に関する専門調査会でのべた論説をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。