《続》“刑法の性犯罪規定の改正” 法案の叩き台をつくる会議に、AV出演強要被害に取り組んでいるPAPS(ぱっぷす)の金尻カズナ理事長らがよばれました

先日(2021年9月16日)、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して、以下の10項目の諮問をおこないました。

諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

上川陽子法務大臣から諮問をうけた法制審議会は、刑事法(性犯罪関係)部会を設置しました。
同部会は、10月の末(2021年10月27日)から、ひと月に1回の間隔で、審議をおこなっています。
同部会は最終的に、刑法改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

(参考。刑事法(性犯罪関係)部会
2021年10月27日 1回目
2021年11月29日 2回目
2021年12月27日 3回目(※予定)

ご覧のとおり、直近の会議は、先月(2021年11月)の29日に催されました。
当日(2021年11月29日)、刑事法(性犯罪関係)部会は、関係者を招いてヒアリングをおこないました。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

ヒアリングが開催された経緯につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2021年12月7日(※昨日)

昨日のブログでもふれました。
ぱっぷすの方々は、日々、AV出演強要被害に取り組んでいます。
矢野恵美教授は以前、AV出演強要問題に関する内閣府のヒアリングで所論をのべたことがあります。

(再掲。諮問第117号
<上川陽子法務大臣>
第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

ぱっぷすにつきましては、先日、以下の記事が報道されました。
朝日新聞社のwithnewsの記事を参照します。

(2021年11月1日 withnews 「これは仕事だ」AV出演強要、契約までの手口「自己責任じゃない」より、引用。)

2021年11月1日 withnews

そんな中、AV出演や性産業にまつわるトラブル、リベンジポルノなどのデジタル性暴力について相談支援活動を行なっているのが、NPO法人「ぱっぷす」だ。「ぱっぷす」に寄せられる相談件数は年々増加傾向にある。
AV出演に関する相談件数も、ここ5年近くは横ばいの状況が続いているという。

——————————————————–

2021年11月1日 withnews

AV出演をめぐっては「本人が望んで出演したのではないか」「出演前に契約書を交わしているなら、強要とは言えないのでは?」と疑問を抱く人もいるだろう。
ところが、後藤さんが受けてきた相談の実態は、「本人が望んで出演」とは決して言えないものばかりだという。
「自ら望んでAV業界に入っていくのではなく、言葉巧みに丸め込まれていくケースがこんなにも多いのかと驚きました」(後藤【後藤稚菜】さん)

——————————————————–

2021年11月1日 withnews

金尻さんは「被害を訴えたら、出演したビデオが販売停止になり、きちんと事業者側が処罰されるような仕組みをつくる必要がある」と語る。
中には、出演強要の被害を申告し、販売を停止するようお願いしたところ、わざわざホームページのトップ画面に、該当の映像を掲載した悪質な業者もいるという。
「意に反するAV出演は許されず、契約は即時解除できるという判例は出ています。問題は、撮影された映像が販売されることについて規制がないことです。既に世に出てしまった映像についても、何か法的なアプローチが必要だと考えています」(金尻さん)

——————————————————–

(再掲。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

このたび、刑事法(性犯罪関係)部会は、ヒアリングの席に、ぱっぷすの方々を招聘しました。

(再掲。諮問第117号
<上川陽子法務大臣>
第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

法務省内ではいま、刑法の性犯罪規定の改正に向けて着々と物事が進行しているようです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。