“刑法の性犯罪規定の改正” 法案の叩き台をつくる会議に、AV出演強要被害に取り組んでいるPAPS(ぱっぷす)の金尻カズナ理事長らがよばれました

8日前(2021年11月29日)、刑事法(性犯罪関係)部会2回目の会合が催されました。
刑事法(性犯罪関係)部会の任務は、刑法の性犯罪規定の改正に関する審議です。
最終的には、改正法案の叩き台を作成します。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会
  ・2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会

先日、第2回刑事法(性犯罪関係)部会議事概要が公開されました。
みてみます。

(2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要より、引用。)

2021年11月29日 第2回刑事法(性犯罪関係)部会 議事概要

(ヒアリング)について
以下の6組10名の方から、ヒアリングを実施した。

・桝屋二郎 氏(東京医科大学精神医学分野准教授)

・佐保田美和 氏(Safe Campus代表)、本田義明 氏(Safe Campus)、中村彩夏 氏(Safe Campus

・西田公昭 氏(立正大学心理学部対人・社会心理学科教授)

・安藤久美子 氏(聖マリアンナ医科大学神経精神科学准教授)

矢野恵美 氏(琉球大学法科大学院教授)

金尻カズナ 氏(NPO法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)、岡恵 氏(理事)、後藤稚菜 氏(相談員)

ご覧のとおり、刑事法(性犯罪関係)部会は、このたび、ぱっぷすの方々や矢野恵美教授などを招いてヒアリングを実施したようです。
ぱっぷすの方々は、日々、AV出演強要被害に取り組んでいます。
矢野恵美教授は以前、AV出演強要問題に関する内閣府のヒアリングで所論をのべたことがあります。

本日は、刑事法(性犯罪関係)部会がヒアリングをおこなうことになった経緯をふりかえってみます。
第1回刑事法(性犯罪関係)部会議事録を参照します。

<一部分を抜粋>
(2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<13~14ページ> 
2021年10月27日 橋爪 隆 委員(東京大学教授)

審議の進め方に関しまして、1点御提案を申し上げます。

性犯罪をめぐる問題につきましては、ただ今御指摘がございましたように、法的な観点だけではなくて、被害の現状、実態、性犯罪被害者あるいは加害者の臨床、さらには、若年者の性行動一般などを正確に把握するなど、幅広い視点を持った上で議論を進めることが必要であると考えております。

したがいまして、本格的な議論に入る前に、まずはヒアリングを実施することが有益かつ必要ではないかと存じます。

もっとも、諮問事項が10項目に及ぶことからも明らかですが、

(参考。諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

性犯罪に関係する視点や専門的な知見は多様であり、全てについて網羅的にヒアリングを実施することも現実的ではないように思われます。

この点に関しましては、法務省では既に、「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」や「性犯罪に関する刑事法検討会」において、多様な分野の専門的知見をお持ちの方から、幅広くヒアリングを行っており、その結果につきましては、本日の配布資料5として共有されております。

また、委員・幹事の皆様の専門分野に関する事項であり、審議に必要となる内容につきましては、審議の際にその知見に基づく御発言や情報提供を頂くことによりまして、認識や情報の共有が可能であると考えられます。

このように考えますと、限られた時間の中で、必要な前提知識を効率的に共有し、それによって議論の充実を図るためには、次回の会議では、実態調査ワーキンググループや検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)で行ったヒアリング等の内容の重複を可及的に避けるとともに、この部会の委員・幹事の皆様の御専門と競合しない分野について、ヒアリング対象を優先的に選択した上でヒアリングを実施することが適当ではないかと考えまして、僭越ではございますが、御提案を申し上げる次第です。

——————————————————–

<15ページ>
2021年10月27日 山本 潤 委員(一般社団法人Spring幹事)

ヒアリングについては、時間が非常に限られている中で、全てを実行することは難しいと思いますけれども、先ほどの意見の中にも出てきましたが、前提を共有していないことから意見がかみ合わないことも、検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)では多かったのかなと思います。
様々な専門をお持ちの方がおりますので、御自分の専門外のところを、なかなか読むだけでは理解しにくいのではないかとも思います。
性暴力のリアリティについて、人間の理解について、共有すべき前提のところは、最低限、実施していただければと思います。

また、御専門の委員もいらっしゃいますが、会議の中で意見を開陳するだけでは不十分な部分もありますので、是非、そのときは、10分、15分なり、プレゼンテーションの機会を取っていただいて、委員より意見をお聞きするのもいいのではないかと思います。

——————————————————–

<16ページ> 
2021年10月27日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

次回(2021年11月29日)ヒアリングを行った後の第3回の会議以降の審議の進め方について、意見を申し上げます。

本部会の審議対象である性犯罪に対処するための法整備は、喫緊の課題とされておりまして、本部会には、十分な議論を行うことを前提に、できるだけ早期に結論を示すことが求められていると思います。

ただ、そうは言いましても、連日、部会を開くわけにもいきませんので、限られた時間の中で充実した議論を行い、早期に部会としての結論を出すためには、第3回以降の一巡目の議論から、今回諮問がなされた各事項に関する問題点と、その解決の方策を、具体的にイメージする形で意見を出し合っていくことが有益であると思います。

こうした観点から審議の進め方を考えますと、先ほど言及のありました「性犯罪に関する刑事法検討会」においては、諮問に明示されています10項目についても、そこに含まれる様々な論点を抽出した上で、幅広い観点から検討し、配布資料3の取りまとめ報告書の中にその検討の結果が取りまとめられております。

報告書では、各論点について今後検討するに当たっての具体的な視点や留意点等も示されておりますので、これを部会における議論の土台とすることが適当であると思います。

そうすることにより、検討の方向性や具体的課題について、一から議論を繰り返すことを避けることができ、早い段階から具体的な議論を始めることができるのではないかと思います。

——————————————————–

(再掲。橋爪 隆 委員【東京大学教授】)
性犯罪をめぐる問題につきましては、ただ今御指摘がございましたように、法的な観点だけではなくて、被害の現状、実態、性犯罪被害者あるいは加害者の臨床、さらには、若年者の性行動一般などを正確に把握するなど、幅広い視点を持った上で議論を進めることが必要であると考えております

刑事法(性犯罪関係)部会は、このたび、AV出演強要被害に造詣の深い方々からもヒアリングをおこないました。
議事録の公開が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。