【第1回「刑事法(性犯罪関係)部会」の議事録が公開(4)】 「立法の技術を尽くして、不同意性交罪の実現に向けて議論する場としていきたい」

本日もひきつづき、先日公開された第1回刑事法(性犯罪関係)部会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
第1回刑事法(性犯罪関係)部会議事録について>
2021年11月27日(1)
2021年11月28日(2)
2021年11月29日(3)

いま、法務省内で、刑法の性犯罪規定を改正する作業が進行しています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会

上述のとおり、2021年10月27日に第1回刑事法(性犯罪関係)部会第1回刑事法(性犯罪関係)部会が開催されました。
刑事法(性犯罪関係)部会の任務は、改正法案の叩き台の策定です。
この叩き台は実質、内閣が国会へ提出する法案となります。

2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録(4)
(1)(2)(3)

(2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会 議事録より、引用。)

<12~13ページ>
2021年10月27日 長谷川桂子 幹事(弁護士)

この度の刑法改正の議論には、法制審議会の部会からの参加となります。

性犯罪被害者の支援の実務を経験している弁護士として、やりがいと責任の重さを感じております。

被害者の実情や刑事手続上の困難を知る実務家の立場から、意見を述べていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

初回ですので、二つの点について意見を述べたいと思います。

被害者の方とは、事件発生以後、様々な段階から関わりますが、既遂、未遂にかかわらず、精神や体に変調が起き、事件前の日常生活と同じ生活を送れなくなっている方は多く、望まない性行為をされたり、されそうになることが、どれほど人の精神を痛め付けるのかを実感しています。

このように被害が大きいのは、性的自由が侵害されたということのみならず、性的事項に関わる人格権が侵害されたからであると考えています。

望まない性行為の被害者にもたらす結果の深刻さと、同意のない性行為は許されないのだという当たり前のことを、皆様とまず認識を共有したいと思います。

その上で、この法制審議会部会での共通認識を社会全体の共通認識にしていきたい、そのために、この度の刑法改正において、法改正を実現していく必要があると考えています。

現在は、同意のない性行為の一部が処罰等の対象となっているにすぎません。

このところ、私は10代、20代の若い女性の被害者を受け持つことが多いですが、強い暴行・脅迫がない場合でも、状況や人間関係なども影響し、恐怖や混乱で抵抗することができず、望まない性行為をされてしまった、又はされそうになったケースが複数あります。

被害届を出し、事情聴取で説明を重ね、再現や現場の確認などに時間を割いても、現行の処罰規定には当たらないとして不起訴となってしまう事件を見るにつけ、御本人の精神をむしばみ、深刻な影響を与えているその行為が、処罰されずに放置されてよいのかと感じます。

刑法は行為規範でもあります。
現行法では、深刻な被害発生の防止にも不十分であると考えます。

同意のない性行為を処罰することについては、検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)でも様々な意見が出されてきたところではありますが、この部会を、皆様のお知恵を結集して、諸外国の法制度も参考に、課題を克服し、立法の技術を尽くして、不同意性交罪の実現に向けて議論する場としていきたいと希望しています。

もう1点、性交同意年齢の引上げや、若年者の保護について意見を述べたいと思います。

自分の子供時代を考えても、また、自分の子供やその友達を考えても、13歳はないと、性交同意年齢は引き上げるべきだということは、確信としてあります。

では、性交同意能力とは何なのでしょう。
これについては、悩みながら考えています。
性行為それ自体を理解できるというのでは足りないと思います。

民事法の分野では、未成年者には法律行為を行うか否かの判断能力が欠けるとして、未成年者取消しの制度があり、18歳までを保護しています。
例えば、本人が著名な画家の絵画を気に入り、真にその絵画を手元に置きたいと望んで売買契約をしたとしても、売買価格が適切なのか、本人の経済状況に照らして、その代金を負担することが適切なのかなどの法律行為の効果を理解し、それを行うかどうかを適切に判断する能力に欠けるとして、事後的に取り消し得るとして、18歳未満の者を保護しているものです。

性行為は取り消せません。
また、性行為には、妊娠、性感染症など、健康、その後の生活、人生設計を左右するリスクが潜在しています。
また、相手との関係性において、愛情なく相手の性欲に利用されるなど、粗末な扱いを受ける場合もありますが、それが分からず、年齢が上がってから行為の意味を知り、精神的な影響が生じ、深刻な状態になる場合もあります。

性交に同意する能力があると言えるためには、そのような性行為に起因する問題を洞察し、性行為に踏み込むか否かを判断できる知識と精神的発達段階が必要であると考えています。

そこで、性交同意年齢を何歳とすべきかを検討するには、子供の発達段階や性教育の実情を踏まえて考える必要があると考えています。

また、同意能力という用語が使われていますが、断ることができる能力という捉え方も必要ではないかと考えています。

そのような観点から、性交同意年齢の引上げや若年者に対する性的行為の構成要件化について、検討していただけたらと考えています。

——————————————————–

<13ページ>
2021年10月27日 井田 良 部会長(中央大学教授)

ありがとうございます。
御自身の実務経験に基づいた御意見を頂いたと思います。

総論的な事柄に関する御意見ということで、どのようなことでも結構ですが、ほかに御意見はございますか。

それぞれに貴重な御意見を頂戴したと考えております。
ただ今頂いた意見も踏まえつつ、今後、具体的な検討を進めていければと考えています。

次に、今後の審議の進め方について、御意見のある方は、是非、御発言をいただきたいと思います。

——————————————————–

<13~14ページ> 
2021年10月27日 橋爪 隆 委員(東京大学教授)

審議の進め方に関しまして、1点御提案を申し上げます。

性犯罪をめぐる問題につきましては、ただ今御指摘がございましたように、法的な観点だけではなくて、被害の現状、実態、性犯罪被害者あるいは加害者の臨床、さらには、若年者の性行動一般などを正確に把握するなど、幅広い視点を持った上で議論を進めることが必要であると考えております。

したがいまして、本格的な議論に入る前に、まずはヒアリングを実施することが有益かつ必要ではないかと存じます。

もっとも、諮問事項が10項目に及ぶことからも明らかですが、

(参考。諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。

第一、相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備
一、刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法第178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。
二、刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。
三、相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。
四、刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。
五、配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。
六、性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

第二、性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備
一、より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。
二、被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

第三、相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処罰を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備
一、性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。
二、性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

性犯罪に関係する視点や専門的な知見は多様であり、全てについて網羅的にヒアリングを実施することも現実的ではないように思われます。

この点に関しましては、法務省では既に、「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」や「性犯罪に関する刑事法検討会」において、多様な分野の専門的知見をお持ちの方から、幅広くヒアリングを行っており、その結果につきましては、本日の配布資料5として共有されております。

また、委員・幹事の皆様の専門分野に関する事項であり、審議に必要となる内容につきましては、審議の際にその知見に基づく御発言や情報提供を頂くことによりまして、認識や情報の共有が可能であると考えられます。

このように考えますと、限られた時間の中で、必要な前提知識を効率的に共有し、それによって議論の充実を図るためには、次回の会議では、実態調査ワーキンググループや検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)で行ったヒアリング等の内容の重複を可及的に避けるとともに、この部会の委員・幹事の皆様の御専門と競合しない分野について、ヒアリング対象を優先的に選択した上でヒアリングを実施することが適当ではないかと考えまして、僭越ではございますが、御提案を申し上げる次第です。

——————————————————–

<14ページ>
2021年10月27日 井田 良 部会長(中央大学教授)

ただ今ヒアリングについて御意見をいただきました。
また、他の委員・幹事の皆様からも、事務当局を通じてヒアリングの実施及びその対象者に関する多数の御意見を頂いているとも聞いております。
橋爪委員がおっしゃったように、諮問事項の審議に当たり、様々な専門的知見を有する方から御意見を頂くことは有益なことだと思いますので、次回につきましては、ヒアリングを行うこととするのはいかがかと考えます。

金杉幹事、御意見があるようですが、それは、今の点についてでしょうか。

——————————————————–

<14~15ページ>
2021年10月27日 金杉美和 幹事(弁護士)

本日欠席の宮田委員から、今後の進め方や、橋爪委員から出ましたヒアリングについての意見を伺っておりますので、それを紹介したいと思います。

まず、進め方についてです。
検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)での議論は、どのような構成要件にするかという議論が中心であり、その法定刑についての議論が十分ではなかった印象を持ちます。
他国の刑法を見ると、法定刑で5年以上の自由刑を科すとされる行為は、相当危険な暴行を振るっての強制性交です。
強い暴行・脅迫を前提としたとしても、現行法の下限懲役5年は重いと考えます。
検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)では、今まで出された判決が認めているからということで、幾つかの類型が提案されましたが、そのような類型について、有罪にしなかった判決があるということも、忘れてはならないと思います。
これからする議論は、現状の刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)の適用範囲を明確化するというものではありますが、強い暴行・脅迫から広げていく作業でもあります。
法定刑の問題を正面から論じる必要性が高いものと考えます。

次に、ヒアリングについてです。
加害者臨床については、過去ヒアリングの対象となったとはいえ、十分な共通認識となっているとは感じられず、更なるヒアリングが必要と考えます。
一つは、弁護人として関わるという加害者臨床もあります。
代表面接については、法務省からのプレゼンはありましたが、その問題点を弁護の立場から話す機会は頂戴しておりません。
例えば、(具体的な氏名)は、代表面接案件に複数関与し、証拠能力や供述の信用性の問題等についても造詣が深いです。
また、医師、臨床心理士等が立直りを支援するという面からの臨床もあります。
この点については、今の法定刑では、十分な保護観察期間が確保できないという悩みを聞くところであり、法定刑の問題として重要な視点と考えられますし、構成要件を考えるについても、認知のゆがみがある人が同意の有無を適切に認識し得るのか、そのゆがみが生物学的・心理学的なものに由来する場合には、故意がない、あるいは責任能力がない、欠けるといった問題もあると考えます。
例えば、(具体的な氏名)などは、精神科医として幅広い見地から、刑法と加害者の問題をお話しいただけるものと考えます。

——————————————————–

<15ページ>
2021年10月27日 井田 良 部会長(中央大学教授)

前半の御意見は、先ほどの総論的事項に関する宮田委員の御意見として承りたいと思います。
また、後半の御意見は、次回、ヒアリングを行うことについては、基本的に賛成のお立場から、その対象者についての御示唆を頂いたと思いました。
他の皆様の御意見はいかがでしょうか。

——————————————————–

<15ページ>
2021年10月27日 山本 潤 委員(一般社団法人Spring幹事)

ヒアリングについては、時間が非常に限られている中で、全てを実行することは難しいと思いますけれども、先ほどの意見の中にも出てきましたが、前提を共有していないことから意見がかみ合わないことも、検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)では多かったのかなと思います。
様々な専門をお持ちの方がおりますので、御自分の専門外のところを、なかなか読むだけでは理解しにくいのではないかとも思います。
性暴力のリアリティについて、人間の理解について、共有すべき前提のところは、最低限、実施していただければと思います。

また、御専門の委員もいらっしゃいますが、会議の中で意見を開陳するだけでは不十分な部分もありますので、是非、そのときは、10分、15分なり、プレゼンテーションの機会を取っていただいて、委員より意見をお聞きするのもいいのではないかと思います。

もう一つ、議事録についてなのですけれども、検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)でも、法務省のホームページに載るまでに、二、三か月ほど時間が掛かっていたかと思います。
今回、かなり委員・幹事も多く、非常に皆様を回るのも大変だと思うのですけれども、この法制審議会は、とても国民の間でも、私たちの間でも関心が高く、より内容についても期待されているものだと思います。
できれば、次の会議の前に公表していただくのがよいとは思います。
なかなか難しいと思いますけれども、なるべく早くお願いしたいと思っています。

——————————————————–

<15~16ページ>
2021年10月27日 井田 良 部会長(中央大学教授)

議事録の点については、御希望として、承りたいと思います。

ヒアリングを行うことについては御異議がないようですので、次回はヒアリングを行うこととしたいと思います。
また、ヒアリングの対象者につきましては、本日頂いた御意見や事前に事務当局を通じて頂戴している御意見を踏まえて決定したいと思います。
そのとき、橋爪委員がおっしゃった過去のヒアリングとの重複を避けるべきであるという御意見は、とても重要だと思いますので、その点は十分に勘案したいと思います。
なお、先方の御都合もございますし、早めに日程を調整するという必要性もございますので、最終的にどなたにお願いするかということにつきましては、私に御一任いただけますでしょうか。

(一同異議なし)

ありがとうございます。それでは、そのようにさせていただきたいと思います。
ヒアリングの対象者が決まりましたら、委員・幹事の皆様には、事務当局を通じて、すぐに御連絡させていただきます。

ほかに、審議の進め方について御意見のある方は、御発言をお願いしたいと思います。

——————————————————–

(参考。法制審議会 刑事法(性犯罪関係)部会 名簿より。)

赤字は、性犯罪に関する刑事法検討会で委員をしていたかた

部会長
井田 良 中央大学教授

委員
・今井猛嘉 法政大学教授
川出敏裕 東京大学教授
・川原隆司 法務省刑事局長
・北川佳世子 早稲田大学教授
木村光江 日本大学教授
小島妙子 弁護士
小西聖子 武蔵野大学教授
齋藤 梓 公認心理師
・佐伯仁志 中央大学教授
・田中知子 東京地方検察庁公安部長
中川綾子 大阪地方裁判所部総括判事
橋爪 隆 東京大学教授
・藤本隆史 警察庁刑事局長
宮田桂子 弁護士
山本 潤 一般社団法人Spring幹事
・吉崎佳弥 最高裁判所事務総局刑事局長

幹事
・浅沼雄介 法務省刑事局企画官
池田公博 京都大学教授
・市原志都 最高裁判所事務総局刑事局第二課長
金杉美和 弁護士
・清 隆 内閣法制局参事官
・佐藤拓磨 慶應義塾大学教授
佐藤陽子 北海道大学教授
・嶋矢貴之 神戸大学教授
・中山 仁 警察庁刑事局捜査第一課長
長谷川桂子 弁護士
・保坂和人 法務省大臣官房審議官
・吉田雅之 法務省刑事局刑事法制管理官

関係官
井上正仁 法務省特別顧問

赤字は、性犯罪に関する刑事法検討会で委員をしていたかた
——————————————————–

明日も、第1回刑事法(性犯罪関係)部会の議事録をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。