暴行・脅迫要件は撤廃されるのか(その4)。「これまでとは違うところに踏み込もうとしているのだというメッセージ性を強く持ったような改正」

日本の刑法は、性犯罪者に対して寛容です。
犯人が余程のことをしないかぎりは無罪となるようになっています。
いま、この悪法を変えるための作業が進行しています。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会

上川陽子法務大臣は2か月前(2021年9月16日)、法制審議会に対して、刑法の性犯罪規定の改正を諮問しました。
諮問は、10項目に及びます。
内容は以下のとおりです。

(2021年9月16日 上川陽子法務大臣 諮問第117号より、引用。)

2021年9月16日 諮問第117号

近年における性犯罪の実情等に鑑み、この種の犯罪に適切に対処するため、所要の法整備を早急に行う必要があると思われるので、左記の事項を始め、法整備の在り方について、御意見を承りたい。
     記
第1 相手方の意思に反する性交等及びわいせつな行為に係る被害の実態に応じた適切な処罰を確保するための刑事実体法の整備

刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。
——————————————————–

刑法第176条後段及び第177条後段に規定する年齢を引き上げること。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

相手方の脆弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

刑法第176条の罪に係るわいせつな挿入行為の同法における取扱いを見直すこと。

(参考。現行刑法)
第176条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
——————————————————–

配偶者間において刑法第177条の罪等が成立することを明確化すること。

(参考。現行刑法)
第177条 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
——————————————————–

性交等又はわいせつな行為をする目的で若年者を懐柔する行為(いわゆるグルーミング行為)に係る罪を新設すること。

——————————————————–

第2 性犯罪の被害の実態に応じた適切な公訴権行使を可能とするための刑事手続法の整備

より長期間にわたって訴追の機会を確保するため公訴時効を見直すこと。

——————————————————–

被害者等の聴取結果を記録した録音・録画記録媒体に係る証拠能力の特則を新設すること。

——————————————————–

第3 相手方の意思に反する性的姿態の撮影行為等に対する適切な処置を確保し、その画像等を確実に剥奪できるようにするための実体法及び手続法の整備

性的姿態の撮影行為及びその画像等の提供行為に係る罪を新設すること。

——————————————————–

性的姿態の画像等を没収・消去することができる仕組みを導入すること。

——————————————————–

(再掲。諮問第117号
2021年9月16日 上川陽子 法務大臣
刑法第176条前段及び第177条前段に規定する暴行及び脅迫の要件並びに同法178条に規定する心神喪失及び抗拒不能の要件を改正すること

上川陽子法務大臣から諮問をうけた法制審議会は、どのような法案の叩き台を作成するのでしょうか。

(参考。現時点までの流れ)
<刑法の性犯罪規定の改正>

性犯罪に関する刑事法検討会
  ※2021年5月21日 取りまとめ報告書を提出
上川陽子法務大臣
  ※2021年9月16日 諮問
法制審議会
  ・2021年10月27日 第1回刑事法(性犯罪関係)部会

本日も、前段の性犯罪に関する刑事法検討会で、暴行・脅迫要件についてどのような論議がおこなわれたのかをみていきます。

暴行・脅迫要件の改正に関する論議(その4)
(※その1その2その3

2020年8月27日 第5回 性犯罪に関する刑事法検討会
(※

(2020年8月27日 第5回 性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<17~18ページ>
2020年8月27日 上谷さくら 委員(弁護士)

今の議論の続きになるかもしれないのですけれども、私もやはり、現行の暴行・脅迫要件というのは、あまりにもハードルが高過ぎるということがあると思っています。
ただ、皆さんおっしゃったように、もちろん、私も同意のない性交というのは違法だと、思っているわけですが、そこから、現在の177条から暴行・脅迫要件を撤廃してしまうということになると、これまでの激しい暴行・脅迫を必要とするものと、それが全くないものが一つの条文の中に入るというのは、少し法律論として雑なのかなという気がしています。
同じ条文なのに、立証方法等が全然違うことになってしまって、それが逆に適用されづらい法律にならないのかという心配と、暴行・脅迫要件撤廃するということになると、刑の下限が相当に下がってくるだろうなというふうに思います。
諸外国の例を見ても、懲役6か月とかになってしまうかもという気持ちもしておりまして、やはり、同意のない性交を犯罪としてきちんと処罰していくためには、むしろ、現在ある暴行・脅迫緩和するとか文言を追加していくというふうに、きめ細かくしていくということによって、被害者救済につながっていくのではないかなというふうに私は考えています。

——————————————————–

<18ページ>
2020年8月27日 井田 良 座長(中央大学教授)

実務家の委員にお聞きしたいのですけれども、暴行・脅迫がないのに被害者の意思に反した場合があるのだということがよく言われるのですが、逆に、現行法の下では、激しい暴行・脅迫を加えられた場合であれば、直ちに犯罪は成立することになりますので、その限りで、暴行・脅迫要件には犯罪の成立を明確化する機能があるとはいえないのでしょうか。
被告人を弁護する側としても、強度の暴行・脅迫が認定されれば、これはお手上げだなと、事実関係を争えないなと、そう考えざるを得なくなるといった、そういう機能はないのでしょうか。

——————————————————–

<18ページ>
2020年8月27日 上谷さくら 委員(弁護士)

私から見れば、これはどう考えても抵抗できない暴行・脅迫ではないかと思われるものが、そうではないという事実認定になっている事案もあると思いますし、なぜこれで抵抗する余地があるのだろうというのが全く理解できないというケースも散見されているところです。

——————————————————–

<18ページ>
2020年8月27日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

(前略。)
日本に堕胎罪があり、堕胎罪があるために、母体保護法を用いて人工妊娠中絶をしなければいけないのに、産婦人科医療の現場では、加害者の同意がないと手術が難しいと言われることが報告されています。

妊娠に対する自己決定権すらない状態で、性的自由、性的自己決定権は、刑法の中でどのように考えられているのかということを、私は余り刑法に詳しくないので、そこも含めた保護法益の議論をしていただければというふうにも思っています。
(後略。)

——————————————————–

<19ページ>
2020年8月27日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

先ほど、何人かの委員の方から、判例の中で抵抗していなかったことが挙げられているという御主張があったと思います。実際そのとおりだと思うのですけれども、恐らく判例を読んでみると、抵抗していなかったからという単独の理由で無罪にしたという事案はなく、客観的な事情を複数挙げて、抵抗できない状況ではなかったねと。
その上で、抵抗も実際していませんでしたよねという形の駄目押しで使われることが、非常に多くなっているかと思われます。
ただ、この抵抗していませんでしたよねという言葉が、非常に配慮がないというか、誤解を与える表現であるということは間違いないと思いますので、現在の暴行・脅迫イコール抵抗困難という構造が残っている限りは、恐らく判例の中でも、あなた抵抗していませんでしたよねという、ちょっと誤解を与える表現が今後も出てくる可能性があるかと思います。
ですからこの点でやはり、強制性交等罪などが成立するためには、被害者が抵抗しないといけないという理解は違うのだというメッセージを立法によって送る、改正によって送るというのが、非常に重要なのではないかなというふうに考えております。
ただし、不同意につきましては、委員の皆様がおっしゃっているとおり、単独で不同意としてしまうと、今度は不同意にもいろいろありますから、ヒアリングの先生も不同意にはグラデーションがあるというふうにおっしゃっていましたので、そのグラデーションの中で、明らかに黒であるという部分を示せるような何らかの要件というのが、どうしても必要になるのではないかなと考えております。なので、そういうふうな形の議論ができればいいなというふうに考えております。

——————————————————–

<19ページ>
2020年8月27日 金杉美和 委員(弁護士)

刑事弁護の観点から申し上げますと、177条の要件あるいは178条の要件が、被害者と被告人の置かれた状況等によってある程度柔軟に解釈されているので新たな立法の必要性はないのだという論理は分かるのですけれども、それはそれで、要件が曖昧だという点は問題だという認識は持っています。
例えばですけれども、現在の暴行・脅迫要件を撤廃するということには、やはり同意はできません。
177条の法定刑の下限が上げられたということとあいまって、先ほどからも御指摘のありましたように、逆に、重大な犯罪であるがゆえに、起訴あるいは有罪の認定に消極的になるということもあり得るとは思います。
ですので、もし考えられるとしたら、これはもちろん賛成ということではないのですけれども、不同意性交等罪に類するより軽い類型のものを、現在の177条、178条と別に規定をするという方向で、それが可能かどうかという方向で検討するのが適当なのではないかと考えています。
さらに、177条については、判例上必要とされている要件、

(参考。昭和33年6月6日の最高裁判決

その暴行または脅迫の行為は、単にそれのみを取り上げて観察すれば右の程度には達しないと認められるようなものであつても、その相手方の年令、性別、素行、経歴等やそれがなされた時間、場所の四囲(しい)の環境その他具体的事情の如何と相伴つて、相手方の抗拒を不能にし又はこれを著しく困難ならしめるものであれば足りると解すべきである

被害者の抗拒を著しく困難にさせる程度という要件を条文上に例えば書き込んでしまう、そして、不同意性交等罪、もっと軽い類型の中に、被害者の抗拒を著しく困難にさせる程度には至らない程度の暴行・脅迫といったものも含むと。

そして、さらに、不同意が外形的に認識できる状況について、客観的な要件を設けるという方向の検討の方が、刑事弁護の観点からはまだ賛成できるというふうに思います。

——————————————————–

<19~20ページ>
2020年8月27日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

これまで各委員の皆様から出てきた御意見を聞くと、それぞれごもっともだというふうに思ってしまって、なかなか自分で明確に、こうだというのがあるわけではないのですけれども、一つは、177条の暴行・脅迫という言葉が、それ自体としてかなり強いイメージを持っていて、そこに加えて、最高裁判例があるものですから、

(参考。昭和33年6月6日の最高裁判決

その暴行または脅迫の行為は、単にそれのみを取り上げて観察すれば右の程度には達しないと認められるようなものであつても、その相手方の年令、性別、素行、経歴等やそれがなされた時間、場所の四囲(しい)の環境その他具体的事情の如何と相伴つて、相手方の抗拒を不能にし又はこれを著しく困難ならしめるものであれば足りると解すべきである

かなり伝統的に、制限的なイメージがついてしまっているということは否定できないと思います。

そうであるにもかかわらず、関係者の不断の努力によって、解釈上かなり、通常の解釈ではあり得ないぐらい、処罰範囲を広げてきているというのが実情だと思いますけれども、それが行き渡っていない、それは裁判の場だけでなく、そもそも被害届を出すかというところから考えてみると、国民の間にどういう範囲が性犯罪になるのかという意識、統一的なものが当然共有されていないという状態になっていると。
これはもう、伝統的な考え方から解釈論によって広げて、何とかカバーしていくという、そういう連続性を持った対応では限界があるということだと思いますので、先ほど佐藤委員からもメッセージという言葉がありましたけれども、やはり条文上明確にこれまでの考え方とはかなり違う処罰を本来すべきなのだと、そういうメッセージが伝わるような条文に、少なくともする必要があるのではないかというふうに思います。
具体的にどういう文言にするといいのか、あるいは、不同意犯罪化するのが一番それは明確なのかもしれませんけれども、それぞれメリット、デメリットは、これまでの委員の先生方御指摘のとおり、いろいろあると思いますので、そこは今後、一巡目に限らず、二巡目、三巡目で詰めて考えていくことになるのだと思いますが、少なくとも、これまでとは違うところに踏み込もうとしているのだというメッセージ性を強く持ったような改正というのが、条文上、求められるのではないかというふうに考えているところです。

——————————————————–

明日も、性犯罪に関する刑事法検討会における暴行・脅迫要件の論議をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。