法制審議会における刑法の性犯罪規定改正の審議(その11)。2016年9月12日の総会で、「要綱」(※現在の刑法の性犯罪の規定)が承認されました③

4年前(2017年)に、刑法の性犯罪規定が改正されました。
このときは、法制審議会の刑事法(性犯罪関係)部会の7回目の会合で、法案の叩き台が取りまとめられました。
その後、この叩き台は、法制審議会の総会にかけられました。

(参考。当ブログ)
<前回(2017年)の刑法改正時における法制審議会の審議>
2021年9月30日(その1)
2021年10月1日(その2)
2021年10月2日(その3)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定①
2021年10月3日(その4)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定②
2021年10月4日(その5)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定③
2021年10月7日(その6)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定④
2021年10月8日(その7)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定⑤
2021年10月9日(その8)・・・要綱(※現在の刑法の性犯罪の規定)策定⑥
2021年10月10日(その9)【総会で決議①】
2021年10月11日(その10)【総会で決議①】

本日もひきつづき、法制審議会の総会における審議状況をみていきます。

2016年9月12日 法制審議会 第177回会議
(※ |)

(2016年9月12日 法制審議会 第177回会議 議事録より、引用。)

<8ページ>
2016年9月12日 小杉礼子 委員(独立行政法人労働政策研究・研修機構特任フェロー)

先ほど山口部会長からお話がありましたが、7回の審議のうち1回はヒアリングをしていただいたということで、実態に即した要綱案となったのではないかと思っております。

(参考。法務省 法制審議会)
刑事法(性犯罪関係)部会
第1回(2015年11月2日)
第2回(2015年11月27日)
第3回(2015年12月16日)
第4回(2016年1月20日)
第5回(2016年3月25日)
第6回(2016年5月25日)
第7回2016年6月16日)・・・要綱が取りまとめられる

その上で、2点意見を述べさせていただきます。

まず、要綱案の第一の強姦罪に関してなのですが、諮問の際にも申し上げましたが、従来強姦罪の被害者というのは女性の性のみであったわけですが、今回の改正で男性あるいはLGBTの方々を含む全ての方々が被害者として認められるということで、現代の社会情勢と合致しており、性犯罪に関する法整備において、大きな前進になったのではないかと思っております。
これが1点目です。

2点目ですが、要綱第三の監護者であることによる影響力に乗じて性交渉した場合に関する罰則の新設についてですが、これまで表面化してこなかった事案、また必ずしも実態と合致しているとは言えなかった量刑、こうしたものが整理されたのではと思っておりまして、非常に意義が大きいものと思います。
ただ、一般庶民的な感覚から申し上げますと、この要綱第三の題名と言いますか、罪の名前ですが、少し表現が固く、一般の人には少し言いづらいですし、また、分かりづらいという印象を持っております。
今後新設された後には社会に実装していくということになるかと思いますので、直観的にこういう犯罪なのだということが一般の国民の方々に分かりやすいような表現、少し不謹慎な言い方をしますとキャッチフレーズと言いますか、そういうようなものを少しお考えいただければ、広く世の中に認識されて、法意、法の意図が、社会に実装されていくのではないかと思いました。

——————————————————–

<9ページ>
2016年9月12日 加藤俊治 関係官(法務省 大臣官房審議官)

御指摘ありがとうございました。

要綱(骨子)第三の罪の呼び名等についてですが、もちろん要綱(骨子)に書いてあるとおりの文言が、そのまま法律を作った際の見出しとなるわけではございません。
したがいまして、立案に際しまして御指摘も踏まえ、法律の見出しとしてどのようなものが適切であるか、あるいは一般的な呼称としてどのようなものが適切であるかについても検討させていただきます。

——————————————————–

<9ページ>
2016年9月12日 大塚弘之 委員(読売新聞東京本社論説副委員長)

私も今回の内容は全体的には賛成であります。
その上で、皆さんもおっしゃっていましたけれども、非親告罪化の部分で1点だけ意見を述べたいと思います。

諮問のときにも申し上げましたけれども、非親告罪化にするということはいわゆる逃げ得を許さないという観点からは非常に妥当な措置だとは思います。

ただ、皆さんおっしゃっていたのに加えて一つ、特に懸念しているのは、被害者に対する二次被害の部分であります。

公判を通じて思い出したくもない記憶がよみがえざるを得ないという状況が生じるかと思います。
その被害者の心情、これに十分に配慮していただいて、運用に当たっては警察、検察の方はもちろんですけれども、裁判所の訴訟運営においても被害者の心情に留意していただくことをお願いしたいと思います。

——————————————————–

<9~10ページ>
2016年9月12日 八木宏幸 委員(次長検事)

ただいまの刑事手続における被害者の二次被害の御心配に関しまして、現状の運用について御説明申し上げます。

大塚委員のおっしゃるとおり、性犯罪が被害者の方にとりまして、身体のみならず、多くの場合は精神的に長期にわたる傷跡を残す重大な犯罪であることを捜査・公判に携わる者の皆が認識しております。

そのような被害を受けた被害者の方のプライバシーの保護や負担軽減は言うまでもなく重要であると認識しております。

ただ、性犯罪は犯罪事実を特定して立証するためにはどうしても被害状況に関する被害者の詳細な供述を得ることが不可欠である場合が多く、特に被告人が犯行を否認している場合には、その弁解状況によっては事情聴取を再度行う必要も出てくることもありますし、被害者の方に公判廷で証言をしていただく必要が生じることもあります。

このことは今回のような非親告罪化によっても変わるところはないところだと思っております。

その上でではございますが、検察官・検察事務官としましては、被害に遭われたことで既に重大な精神的苦痛を感じておられている被害者の方がこれらの手続において感じる負担をできる限り軽減するため、様々な配慮を現に行っており、強姦罪等が非親告罪化された場合においても、被害者保護のための制度を適切に活用するなどして、できる限り被害者の方の負担を軽減するようより一層の配慮をしてまいりたいと思っております。

現在の運用につきまして若干申し上げますと、平成26年(2014年)10月に最高検から通達を発出しておりまして、その通達の中で検察官等に対し、被害者等から事情聴取するに当たっては被害者等が受けた身体的、精神的被害等に十分に配慮しつつ、被害者等との間のコミュニケーションをより一層充実させ、その声に真摯に耳を傾けるように努められたいということを注意喚起しているところでございます。

これは被害者等が捜査等の過程で配慮に欠けた対応をされることによって、今委員おっしゃられましたように二次被害を受けるこ
とがあり得ることに鑑みまして、検察官等においてこのことをよく理解した上で、被害者等の受けた被害の内容を的確に把握し、その心情等に十分配慮した対応をとる必要があるという趣旨で注意喚起しているところでございます。

その配慮の在り方について、具体的に御説明いたしますと、現に捜査段階での事情聴取におきましては検察官が事情聴取をする場合には必要に応じて女性検察官をこれに当て、あるいは、女性立会事務官を立ち会わせる等の工夫をしております。
また、取調室は往々にして非常に無味乾燥なところであることもございまして、非常に精神的に苦痛を与えかねないところでございますので、被害者専用に設けた部屋や、被害者等の心情の状況によっては被害者等の自宅に伺って事情聴取させていただく場合もございます。
また、発問の順序や方法を工夫するなどするように教育しているところでございます。

また、公判段階での工夫としましては、公開の法廷における被害者特定事項の秘匿をできる限り行うとともに、書類に記載されている被害者特定事項につきまして、証拠開示の際に弁護人に対しまして被告人には知らせないように配慮をお願いしたり、あるいはマスキングした上で証拠を請求する等の工夫もしております。

さらに、被害者特定事項につきましては、起訴状に名前を記載することによって、訴因を特定するという効果があるものですから記載をせざるを得ないときもあるのですが、事案によっては特定事項の記載を別な方法による、例えば旧姓や通称名を記載する、あるいはカタカナ表記にしてみたりする、また親権者の氏名とその続柄を記載することによってできる限り特定するという方法を試みたりしているところでございます。

そして、公判における証言の際や意見陳述を行う際の配慮の方法としましては、ビデオリンク方式による証人尋問や、遮断の措置、付添人を付けるといった制度を適切に利用しているところでございまして、これらは裁判所の訴訟指揮を受けながらでございますが、裁判所に働きかける側としてできる限りの配慮を現に行っているところでございます。

——————————————————–

<10ページ>
2016年9月12日 木村良二 委員(弁護士)

ただいまの非親告罪化及びその遡及適用という点についてもう十分な御報告いただきましたし、内容的には十分理解できたところではありますが、これだけ被害者の心情に対する懸念を持っている意見が多いということを改めて十分考慮していただいて今後の運用に活かしていただきたいということを述べさせていただきます。

——————————————————–

<10ページ>
2016年9月12日 高橋宏志 会長(中央大学法科大学院教授)

ほかに御意見いかがでしょうか。

では、原案につきまして採決に移ってもよろしいでしょうか。

それでは、諮問第101号につきまして、刑事法(性犯罪関係)部会から報告されました要綱案のとおり答申することに賛成の方は挙手をお願いいたします。

(賛成者挙手)

では、事務当局において票読みをお願いいたします。

——————————————————–

<10ページ>
2016年9月12日 佐伯 法務省 司法法制課長

それでは、採決の結果を御報告申し上げます。

議長及び部会長を除くただいまの出席委員数は18名でございますところ、全ての委員が御賛成ということでございました。

——————————————————–

2016年9月12日 高橋宏志 会長(中央大学法科大学院教授)

採決の結果、全員賛成でございましたので、刑事法(性犯罪関係)部会から報告されました要綱案は、原案のとおり採決されましたことを確認いたします。

なお、採択されました要綱案につきましては、会議終了後、法務大臣に対して答申することといたします。

山口部会長におかれましては、約半年の間多岐にわたる論点につきまして調査審議をしていただきました。
誠にありがとうございました。

——————————————————–

(参考。法務省 法制審議会)
刑事法(性犯罪関係)部会
第1回(2015年11月2日)
第2回(2015年11月27日)
第3回(2015年12月16日)
第4回(2016年1月20日)
第5回(2016年3月25日)
第6回(2016年5月25日)
第7回2016年6月16日)・・・要綱が取りまとめられる

2016年6月16日の法制審議会の第7回刑事法(性犯罪関係)部会で、「要綱」が取りまとめられました。
この「要綱」は、3か月後の法制審議会の総会で採択されました。

(再掲。2016年9月12日 佐伯 法務省 司法法制課長)
全ての委員が御賛成

(再掲。2016年9月12日 高橋宏志 会長)
採択されました要綱案につきましては、会議終了後、法務大臣に対して答申することといたします

答申された要綱は、実質、刑法の性犯罪規定の改正案となり、のちの国会で可決されました。

現在、この刑法の性犯罪規定が、再度、改正されようとしています。
近々、法制審議会の「刑事法(性犯罪関係)部会」で審議が始まります。
「刑事法(性犯罪関係)部会」でどのような法案の叩き台が取りまとめられるのでしょうか。
刮目(かつもく)して待っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。