法制審議会における刑法の性犯罪規定改正の審議(その6)。前回(2017年)の刑法改正のときは、7回目の会議で、要綱(法案の叩き台)が策定されました④

前回(2017年)の刑法の性犯罪規定の改正のさいは、2016年6月16日の第7回刑事法(性犯罪関係)部会で、実質、法案がつくられました。

(参考。法務省 法制審議会)
刑事法(性犯罪関係)部会
第1回(2015年11月2日)
第2回(2015年11月27日)
第3回(2015年12月16日)
第4回(2016年1月20日)
第5回(2016年3月25日)
第6回(2016年5月25日)
第7回2016年6月16日

(参考。当ブログ)
<前回(2017年)の刑法改正時における法制審議会の審議>
2021年9月30日(その1)
2021年10月1日(その2)
2021年10月2日(その3)※要綱策定①
2021年10月3日(その4)※要綱策定②
2021年10月4日(その5)※要綱策定③

本日も、第7回刑事法(性犯罪関係)部会議事録を参照します。

2016年6月16日
 法制審議会
 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会
 議事録

2016年6月16日 法制審議会 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会
(※ |)

(2016年6月16日 法制審議会 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会「議事録」より、引用。)

<9ページ>
森 悦子 委員(最高検察庁検事)

私は、修正案を含めた要綱(骨子)に賛成するものでございます。

私は、検察官として、性犯罪の捜査・公判の実務に携わってまいりましたけれども、その中で性犯罪の被害者が受ける精神的なダメージというものが、いかに大きなものであるかということを実感してまいりました。

また、現行法の下で処理に苦慮する事案もありました。

この部会では、こうした経験に照らしまして意見を申し上げてきたところですが、修正部分も含めて、この要綱(骨子)のとおり法改正が実現すれば、捜査・公判実務の現場から見ましても、性犯罪の罰則の在り方として、良い方向に進むものと考えております。

——————————————————–

<9ページ>
塩見 淳 委員(京都大学教授)

私も、要綱(骨子)につきましては、全体として、修正部分も含めて賛成いたします。

全体ということで最後にお聞きして申し訳ないのですけれども、要綱(骨子)第一の罪と第三の罪の関係を確認頂ければと思いまして、質問させていただきます。

13歳未満の者に対して影響力に乗じて性交等を行ったという場合、要綱(骨子)第一の罪の後段と、要綱(骨子)第三の罪の二の関係について、要綱(骨子)第三の二の罪が成立すると考えるのか、要綱(骨子)第一の罪の後段、13歳未満の者に対し性交等をした者とされるのかという点、それから、18歳未満の者に対して監護権者等が暴行により、かつ、影響力に乗じ性交等を行った場合、要綱(骨子)第一と第三の罪の関係がどうなるかという点について、事務当局のお考えを確認できればと思います。

——————————————————–

<9ページ>
2016年6月16日  隄 良行 幹事(法務省 刑事局刑事法制企画官)

御質問の趣旨は、要綱(骨子)第一の罪と第三の罪の関係、罪数関係ということでよろしいでしょうか。

要綱(骨子)第三の罪は、強制わいせつ罪、要綱(骨子)第一の罪等を補充する趣旨で設けようとするものでございます。

したがいまして、仮に、ある行為が外形的には要綱(骨子)第一の罪と要綱(骨子)の第三の罪との双方に該当するように見られる場合については、要綱(骨子)第一の罪のみが成立するものと考えております。

ただ、実体法的には、そのようになるかとは思うのですけれども、訴訟法的な観点から見ますと、要綱(骨子)第三の罪で処罰されることもあり得るものと考えております。

——————————————————–

<9ページ>
塩見 淳 委員(京都大学教授)

ありがとうございました。

——————————————————–

<9~10ページ>
井田 良 委員(中央大学教授)

私は、大きく三つの視点から、この要綱(骨子)の全体を評価してみたいと思います。

三つの視点というのは、一つはマクロ的な観点、もう一つは、ミクロ的な観点、それから三つ目は言わばその中間の方法論的な観点です。

まず、マクロの観点から申し上げると、今の現行刑法典の性犯罪処罰規定は、1907年にできて以来、実に100年以上の間、そのまま基本的に変わってこなかったということがあります。

この間、ものの考え方も随分変わりましたし、人間関係の在り方も変わって、時代環境も非常に変化しているにもかかわらず、そのままであった。諸外国はどんどん法改正してきましたので、その動きからも取り残されて、古色蒼然としたものになってしまっております。

それが今回かなり大きく手を加えられ、時代にマッチし、また国際水準にも合致したものになることは、やはり歓迎すべきことではないか。

これが大きな目で見た評価です。

ミクロの目で見たとき、私が特に今回の改正で重要性が高いと思うのは、個別的な五つの点です。

第1に、現行規定の中にある男女の性差ないし性別に基づく格差が解消されることです。

第2に、現行法においては、性犯罪が、特に重い類型である強姦罪と、少し軽く評価される強制わいせつ罪とに二分されているのですが、その間の合理的な区別、線引きが可能とされることです。

第3に、強姦・準強姦、あるいは強制わいせつ・準強制わいせつと、法的には完全に同視できる犯罪を新たに類型化することができたのも非常に重要なことだと思います。

第4に、性犯罪を非親告罪化し、訴追・立件が国の責任だということを明確化できたということも、大きな前進であろうと思われます。

第5に、性犯罪の保護法益は、形式的には性的自己決定の侵害であり、実質的には自己決定の侵害によって侵される身体的な内密領域として私は理解していますが、その法益としてのウエイト、重要性の高さを立法上はっきりと示すことができたことです。

このように個別的な5点の変化を見たときに、これにより良い方向への改正が可能になると考えられるわけです。

そして最後に、刑事立法の方法論について一言すれば、これは刑事立法に限らないのでしょうが、様々な方向からの要請があり、また、いろいろな利害の対立があって、それが相互にぶつかり合う領域になっているわけです。
そうした領域において、一つの立場だけを採用して、一面的に極端に走ったような規定を設けるのはやはりよろしくない。
異なった方向からの要請をうまく調和させ、良いところに落ち着かせることが求められています。
今回の要綱(骨子)は、ある立場からすれば、まだ微温的であり不徹底であるということになるのかもしれません。
おとなしめに見えるところもあるのかもしれません。
しかし、私としては、いろいろな要請をうまく調和させたものになっているのではないかと考えております。
以上のところから、全体として要綱(骨子)は良いものに仕上がったのではないかと考える次第です。

——————————————————–

<10~12ページ>
井田 良 委員(中央大学教授)

私は、反対の立場から意見を申し述べさせていただければと存じます。
3点ございます。

まず第1点です。
法定刑の範囲内で宣告刑が収まっているにもかかわらず、刑の下限の引上げが行われる、あるいは強姦強盗などについては上限が重くなります。
そのように刑罰を重くするということが本当に正しいのかどうかという問題でございます。
平成になってからの法改正は、確かに強盗致傷罪については刑が下がりましたけれども、併合罪加重についても、個別構成要件では自動車運転過失致死傷についても刑が上がっておりますし、あるいは危険運転という類型で、過失犯のいわゆる故意犯化を行ったりしています。
実は先日、私的な席で、ある高名な裁判官が、「俺は本当に正義を行っているのか。こんな万引きを繰り返しているような人を、俺は常習累犯窃盗で刑務所にぶち込むために裁判官をやっているのかと時々思う。」とおっしゃいました。
財産罪の法定刑は重すぎるのではないでしょうか。あるいは、犯罪態様をもっと類型化して規定をすることが必要なのではないでしょうか。
言い渡し可能な刑罰についても、死刑と懲役・禁錮と罰金と、自由刑や罰金刑についての執行猶予があるだけという、このような刑罰体系で本当によいのでしょうか。
刑法全体について、見直さなければならない時代が来ているのではないでしょうか。
先ほど井田委員が、刑法が世界遺産になってしまうのではないかという御発言をされましたけれども、それは刑法全体についての問題なのではないかと思いますし、刑罰を重くするということではなくて、別な方策も考えられるべきではないかと考えるのです。
特にこの刑罰を重くすることについては、私は要綱(骨子)第一の類型については、肛門性交、口腔性交、性交させる行為という、今まで強制わいせつで罰せられていたものが、強姦と同じ刑になるというだけではなくて、強姦と一緒に刑の下限が5年まで引き上げられるということで、二重の重罰化が図られるということに対しては、強く反対意見を述べざるを得ません。

第2の点です。
重罰化のメッセージが国民に与える影響がプラスのものだけなのだろうかという疑問点です。
私は保護司をやっておりますし、更生保護施設の評議員等という形で更生保護に関わってきている者です。
更生保護施設の多くは、近隣住民からの反対で、性犯罪者や殺人のような重罪、あるいは薬物犯罪を犯した人を受け入れるなと言われ、そのように運用されています。
また、性犯罪は、保護司が最も預かることを嫌がる犯罪の類型です。
罰則を重くすることで、性犯罪を犯した人は社会から排除されるべきだという誤ったメッセージが伝わり、今のような傾向に拍車が掛かっては困ると思います。
性犯罪は、犯罪を犯すことからの回復のためには、その人の考え方、生活態度、あるいはその内面に抱えている心の傷などに対して修正し回復を図っていくことが、最も必要な犯罪類型です。
このような人たちに対してこそ社会の受入れ先が必要だということは、強調しすぎてもしすぎることはありません。
しかしながら、受入れ先もないし、そもそも被害者の御意思ということで仮釈放も付きません。
これで本当に、性犯罪を犯した人たちの円滑な社会復帰が図れるのでしょうか。
刑務所の中だけではできないのだ、しかも刑務所で今やっていることは十分ではないのだという前回ヒアリングでの中村先生の御指摘については、私は強調しすぎてもしすぎることではないと思っています。

三つ目です。前回のヒアリングで、中村先生や浅野先生からは、性犯罪を始めとした暴力犯罪や薬物犯罪などの罪を犯す人には性虐待の被害を過去受けてきた方が多いという御指摘がありました。
私どもが弁護活動をするときに、被疑者・被告人には過去に性被害、性的虐待の経験があるという主張をしても、ほとんど顧みられておりません。
今回、この部会でヒアリングが行われ、性被害というものが、犯罪傾向まで生み出してしまう、例えば、大きな暴力衝動、あるいは薬物依存といった非常にゆがんだ形で、性被害者の行動を規定してしまうことがあることが明らかにされました。
性被害が極めて大きな、人生、あるいは心の傷を残すことがヒアリングで明らかになったわけですから、罪を犯した方に対して量刑を考えていく際の一般情状として、そういうものがもっと顧みられてもよいのではないでしょうか。
あるいは、受刑現場での対応として、そのような虐待を受けた人に対する特別な配慮を行う、あるいは、その方たちを社会に復帰させるときの、更生保護などのプログラムなどにおいても特別な配慮を行っていくというようなことも必要なのではないかとも考えた次第です。
刑罰を重くしても、そのような体制が整わなければ、結局は、その性犯罪を行った人が同じ犯罪を繰り返すことが避けられないのではないかという危惧を持つものでございます。

——————————————————–

この論議のつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。