法制審議会における刑法の性犯罪規定改正の審議(その5)。前回(2017年)の刑法改正のときは、7回目の会議で、要綱(法案の叩き台)が策定されました③

いまから4年前(2017年)の6月17日のことです。
国会で、刑法の性犯罪規定の改正案が可決されました。

(参考)
□NHK
 性犯罪に関する刑法~110年ぶりの改正と残された課題

110年ぶりの大幅改正でした。
この改正案をつくったのは、法制審議会の「刑事法(性犯罪関係)部会」です。

(参考。法務省 法制審議会)
刑事法(性犯罪関係)部会
第1回(2015年11月2日)
第2回(2015年11月27日)
第3回(2015年12月16日)
第4回(2016年1月20日)
第5回(2016年3月25日)
第6回(2016年5月25日)
第7回2016年6月16日

改正案(要綱)は、「刑事法(性犯罪関係)部会」の7回目の会議で策定されました。

2016年6月16日
 法制審議会
 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会
 議事録

本日も、このときの議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<前回(2017年)の刑法改正時における法制審議会の審議>
2021年9月30日(その1)
2021年10月1日(その2)
2021年10月2日(その3)※要綱策定①
2021年10月3日(その4)※要綱策定②

2016年6月16日 法制審議会 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会
(※ |)

(2016年6月16日 法制審議会 第7回 刑事法(性犯罪関係)部会「議事録」より、引用。)

<6~7ページ>
2016年6月16日 加藤俊治 幹事(法務省 刑事局刑事法制管理官)

事務当局から、宮田委員の御意見について、御発言中に引用されていた文献がございましたので、その点について若干補足して申し上げます。

宮田委員からは、遠藤源六先生の「刑法施行法評釋」についての御紹介があったのですが、この刑法施行法についての趣旨を述べた文献として他のものもまたございます。

当時の司法省民刑局が編さんした「刑法施行法参考書」という文献によりますと、刑法施行法4条の趣旨について、告訴を訴追条件と考えれば、理論上は刑法施行法4条の規定とは反対の結論となる、つまり、旧法下で親告罪とされていた罪を犯した場合も、新法において非親告罪とされたものは、非親告罪として取り扱うとの結論になるという考え方を示した上で、この刑法施行法4条を設けた趣旨については、しかしそのような取扱いは、被害者の予期に反して厳しすぎることになるきらいがあるなどと説明されているものと承知しております。

これは、旧法で親告罪であった罪については被害者の意向を尊重するという趣旨であると受け取ることが可能でありまして、そういった趣旨で、このような規定が設けられたと考えているようでございます。

これに対して、今般の強姦罪等の非親告罪化につきましては、この改正自体が被害者の精神的負担を軽減するために行うというものであり、その趣旨に沿って改正後の規定の適用範囲を定めるとすれば、刑法施行法と必ずしも同様の取扱いとする必要はないと考えたというものでございます。

——————————————————–

<7ページ>
2016年6月16日 山口 厚 部会長(早稲田大学教授)

ありがとうございました。
ただいまの点につきましても、ほかの点につきましても結構でございますが、修正部分についての御意見がございましたら、お願いしたいと思います。

——————————————————–

<7ページ>
2016年6月16日 齋藤 梓 幹事(臨床心理士)

今の点とは全く関係のないところでして、事務当局の皆様には既にお伝えさせていただいたのですけれども、この要綱(骨子)第一の強姦罪の改正につきまして意見をお伝えさせていただきます。

先日ヒアリングにいらっしゃいました浅野先生から、修正前の要綱(骨子)第一の強姦罪の改正の文面を読んで大変びっくりされたというお話がありましたけれども、それは、一般の人にも読んで趣旨が分かったということだと思うのです。

先ほど、要綱(骨子)修正案の表現について、挿入させる行為に関しても当然に含むものとして表現しているという御説明があったのですけれども、法律に精通していない私のような者の見方としましては、最初に出された要綱(骨子)の書き方と同じ内容がこの修正案で酌み取れるかというと、なかなか酌み取れないということが実情でございます。

もし社会に広報する際ですとか、この趣旨について御説明する際に、この点について丁寧に説明をしていただけると、法律に精通していない私どものような者にも、趣旨が分かるのではないかと思いますので、その点についてだけお願いできればと思っております。

——————————————————–

<7ページ>
2016年6月16日 加藤俊治 幹事(法務省 刑事局刑事法制管理官)

承りました。

——————————————————–

<7ページ>
2016年6月16日 今井猛嘉 委員(法政大学教授)

要綱(骨子)第三の修正案についてですが、賛成する見地から一言申し上げたいと思います。

前回の会議でヒアリングを行いましたけれども、そこで被害者の方々、支援する方々からの非常に厳しい経験を聞かせていただきまして、私たちも認識を深めたところだと思います。

要綱(骨子)第三の罪というものは、そういった背景を条文化するものだと思いますが、この度、より適切な形になったと思います。

つまり、監護者が18歳未満の者に対しまして、従前からその被害者等に対して成育過程から様々な不正な影響力を行使しており、具体的な行為を行った際には、その対象者の自由な性的自己決定ができないというような状況が、この改正において視野に入れられている事例群だったと思います。

そのことに適切に対処していくためには、従前の、「影響力を利用して」という文言も、考えられたところではありますが、先ほど事務当局からも御説明がありましたように、具体的な利用行為がないということによって、そういった事例が処罰されないというのは、今回の改正の趣旨にも反するものだと思いますので、私は前にも申しましたが、「影響力があることに乗じて」という言葉の方が適切だと思います。

この点をもう一度申し上げたいと思います。

——————————————————–

<7ページ>
佐伯仁志 委員(東京大学教授)

要綱(骨子)第三について、私も、以前「利用して」というのは、ちょっと適切ではないのではないかと申し上げまして、今回の修正、「乗じて」という修正で適切であると思います。

——————————————————–

<7~8ページ>
2016年6月16日 橋爪 隆 幹事(東京大学教授)

要綱(骨子)第一の罪につきまして、若干意見を申し上げたいと存じます。

私は以前の部会におきまして、修正前の原案につきまして、性交等の意義については、その具体的な内容に関する定義規定を置くことが、処罰範囲の明確化という観点からは是非とも必要であるという旨を申し上げました。

今回の修正案におきましては、括弧書きが省かれ、定義規定は置かれておりませんが、その代わり行為類型が具体的に規定されておりまして、処罰範囲の明確性という観点からは問題はないと考えております。

この点につきまして、より具体的に申し上げたいと存じます。
先ほど事務当局から御説明がございましたように、性交という概念は現行法における姦淫と基本的に同義に解すべきでありまして、陰茎の少なくとも一部を膣に挿入する行為と解すべきことにつきましては、恐らく異論がないと思われます。

さらに、前回のヒアリングでも議論になりましたように、男性の性被害につきましても性差を考えることなく同様に保護すべきという観点からは、修正案における「性交をした者」とは、膣内に自身の陰茎を挿入した男性の行為だけではなく、逆に、男性を脅迫するなどして、男性の陰茎を自身の膣内に挿入させた女性の行為も含むと解釈すべきであるように思います。

「性交をした者」という表現からは、やや違和感があるかもしれませんが、修正案が現行法と異なり、被害者をあえて女子に限定していない以上、このような解釈は当然に導かれるものだと思われます。

いずれにしましても、陰茎が膣内に挿入された状態に至ることが性交の本質ということになります。

そして、このように性交という概念を、陰茎を身体に挿入した状態という観点から理解する以上、肛門性交という概念も、肛門内に陰茎が挿入された状態に至る行為であること、また、口腔性交も同様に、口腔内に陰茎が挿入された状態に至る行為であることが一義的に明らかになっていると思われます。

したがいまして、例えば陰茎を唇に押し付けるような行為、あるいは異物を挿入する行為等につきましては、これに該当しないことが明らかです。

このような意味におきまして、修正案は、実質的には定義規定を置いているに等しい実態がありますし、解釈論上も混乱が生じないと思われますので、これに賛成したいと存じます。

——————————————————–

<8ページ>
角田由紀子 委員(弁護士)

今の要綱(骨子)第一についてなのですけれども、私は結論として、この修正に賛成なのですけれども、齋藤幹事がおっしゃったように、法律について詳しくない人が読むと性交の定義というのをどのように考えるかという問題はやはりあると思いますので、その辺のところの丁寧な説明というか、その解説を社会に向かってする必要があると思います。

その点では、法律家の考える性交というものと一般社会の人が考える性交というのは必ずしも同じではない。

その点からは、修正前の案の方が、前も私は申し上げたのですけれども、素人に分かりよいということはありますので、これとこれは同じですよと言われても、そうですかとなかなかならないところがあるのではないかと思いますので、その辺はやはり注意深くあるべきでないかと思っております。

全体として、賛成ということではあります。

——————————————————–

<8~9ページ>
2016年6月16日 山口 厚 部会長(早稲田大学教授)

ありがとうございます。
ほかにいかがでございましょうか。
今回の修正部分につきましては、御意見は大体以上でよろしゅうございましょうか。

それでは、修正部分についての御議論はこの程度にさせていただきまして、修正後の要綱(骨子)全体について、まとめの御審議を頂きたいと思います。
これまで要綱(骨子)に従いまして、項目ごとの審議及び修正案に対する審議等を行ってまいりましたが、審議をまとめるに当たりまして、全体を通じての御意見をお伺いしたいと思います。
可能な限り、修正後の要綱(骨子)についての賛否を明らかにされた上で、御発言をお願いいたします。

——————————————————–

(再掲。山口厚 部会長)
全体を通じての御意見をお伺いしたい

この論議のつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。