法制審議会における刑法の性犯罪規定改正の審議(その1)。前回の改正時と同様に、今回も、「刑事法(性犯罪関係)部会)」で審議がおこなわれます

いま、刑法の性犯罪規定の改正に向けて、物事が進行しています。
現行の刑法を変えるためには、いくつかの手順を踏まなければなりません。
段階を経る必要があります。
流れを簡単に確認します。

現行の刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内に設置)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(2021年5月21日 寺町東子弁護士

(参考)
<法務省内に設置された性犯罪に関する刑事法検討会の開催状況)

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

  
(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

  
(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

  
(4)国会で審議、採択
——————————————————–

上述の流れで言いますと、現在は
(3)法務大臣が法制審議会へ諮問
の段階にあります。

(確認)
□上川陽子法務大臣
  諮問(※2021年9月16日) 
□法制審議会

法制審議会は、このたびあらたに、
刑事法(性犯罪関係)部会
を設立しました。
先日(2021年9月16日)開催された法制審議会の第191回会議の議事概要を参照します。

(法務省 法制審議会第191回会議(令和3年9月16日開催)より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年9月16日 法務省 法制審議会

〇 議事概要

(前略。)

2 法務大臣から新たに発せられた「氏名の読み仮名の法制化に係る戸籍法令の改正に関する諮問第116号」、「性犯罪に対処するための法整備に関する諮問第117号」及び「侮辱罪の法定刑に関する諮問第118号」に関し、事務当局から諮問に至った経緯、趣旨等について説明があった。

これらの諮問について、その審議の進め方等に関する意見表明があり、諮問第116号については、「戸籍法部会」(新設)に、諮問第117号(性犯罪に対処するための法整備に関する諮問)については、「刑事法(性犯罪関係)部会」(新設)、また、諮問第118号については、「刑事法(侮辱罪の法定刑関係)部会」(新設)に付託して審議することとし、部会から報告を受けた後、改めて総会において審議することとされた。

「刑事法(性犯罪関係)部会」における今後の審議に注目が集まります。

前回の刑法改正のときの流れ

ちなみに、前回の改正(※2017年)のときの部会の名称は、今回と同じく、
「刑事法(性犯罪関係)部会)」
でした。
2015年から2016年にかけて、「刑事法(性犯罪関係)部会)」は、7回開催されました。

性犯罪の罰則の改正に関する法制審議会の審議状況等より、引用。)

〇 平成27年(2015年)10月9日

法制審議会に諮問

法制審議会(総会)において審議

〇 平成27年(2015年)11月~平成28年(2016年)6月

法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会において審議
・合計7回の審議(被害者等からのヒアリングを含む)
・平成28年(2016年)6月16日(第7回会議)において要綱(骨子)の取りまとめ

〇 平成28年(2016年)9月12日

法制審議会(総会)において審議の上、法務大臣に答申

——————————————————–

(再掲)

〇 平成27年(2015年)11月~平成28年(2016年)6月

法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会において審議
・合計7回の審議(被害者等からのヒアリングを含む)
・平成28年(2016年)6月16日(第7回会議)において要綱(骨子)の取りまとめ

合計7回の審議(被害者等からのヒアリングを含む)

明日は、この部分をもうすこしくわしくみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。