内閣府は、今月発行の「共同参画」2021年9月号のなかで、AV出演強要問題を特集しました。AV出演強要は、国民のあいだで、常識、として定着しています

「共同参画」2021年9月号

内閣府は毎月、「共同参画」というタイトルの雑誌を発刊しています。

(参考。「共同参画」の今月号)
「共同参画」2021年9月号(※PDF版)
「共同参画」2021年9月号(※HTML版)

今月号の特集記事は、
成年年齢引下げとAV出演強要問題・「JKビジネス」問題<キュアタイム等に相談を!>
です。
短文ではなく、長文です。
力が入っています。
文章だけでなくイラストも秀逸です。

特集1
成年年齢引下げとAV出演強要問題・「JKビジネス」問題<キュアタイム等に相談を!>

AV出演強要に関する部分を抜粋させていただきます。

「共同参画」2021年9月号より、引用。)

「共同参画」2021年9月号

令和4年(2022年)4月1日から、「民法の一部を改正する法律」が施行され、成年年齢が、20歳から18歳に引下げとなります。
これにより、18歳になると、一人で有効な契約をすることができ、また、父母の親権に服さなくなることになります。
18歳で成人になるということは、18歳、19歳の人たちの生活にどういった影響を及ぼすことになるのでしょうか?

——————————————————–

「共同参画」2021年9月号

3.アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題との関係

一方で、若年層が、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により、性的な被害に遭うといった問題が起きています。

(※下図は、「共同参画」2021年9月号より。)

こうした問題は、被害者の心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害であるとともに、女性活躍の前提となる安全で安心な暮らしの基盤を揺るがす問題です。
成年年齢の引下げにより、こうした問題による被害が増えることが懸念されます。
例えば、18歳、19歳の人が、お金に困っているなどの理由から、アダルトビデオの出演契約を締結してしまったり、「JKビジネス」での就労を決めてしまうと、来年度以降、未成年者取消権が行使できず、契約を解除することは難しくなると言えます。
18歳になったら、自らの行動がどういった結果につながるのか、より慎重に、考える必要があります。

——————————————————–

4.内閣府の取組①「広報啓発」

内閣府では、平成29年(2017年)から毎年4月に「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」を実施しており、本年度からは、これを発展的に継承し、「若年層の性暴力被害予防月間」として、アダルトビデオ出演強要や「JKビジネス」などの問題の更なる啓発に加え、若年層の様々な性暴力被害の予防啓発や性暴力被害に関する相談先の周知、周りからの声掛けの必要性などの啓発を行っています。

また、人身取引根絶に向けた広報においても、ポスターやリーフレットでアダルトビデオ出演強要問題を取り上げ、注意喚起を図っています。
今後は、来年(2022年)4月1日の成年年齢引下げの施行に向けて、SNS等も活用しながら、予防啓発や注意喚起をより強力に推進していきます。

——————————————————–

5.内閣府の取組②「相談窓口の提供」

内閣府では、性暴力被害等について、若年層が相談しやすくなるよう、性暴力に関するSNS相談「Cure time」(以下「キュアタイム」という。)を実施しています。

キュアタイムは、年齢性別を問わず、チャットで相談ができるというものです。
匿名でも相談を受け付けており、相談の秘密は必ず守ります。
性暴力被害者支援の専門家が相談を受け付けています。
必要に応じ、関係機関を紹介することも可能です。
アダルトビデオ出演強要や「JKビジネス」に関することも、お気軽にご相談ください。
相談することが、まずは解決への第一歩です。
また、全国の性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターでも、相談を受け付けています(全国共通短縮番号「#8891(はやくワンストップ)」)。
内閣府では、今後とも、アダルトビデオ出演強要問題、「JKビジネス」問題を含む若年層の性暴力被害について、予防啓発を進めるとともに、SNS相談を推進し、相談しやすい環境の整備に努めてまいります。

——————————————————–

(再掲。「共同参画」の今月号)
「共同参画」2021年9月号(※PDF版)
「共同参画」2021年9月号(※HTML版)

AV業界の輩(やから)は、AV出演強要問題が風化することを期待していたことでしょう。
悪党の邪(よこしま)な願望は成就しませんでした。
AV出演強要は国民のあいだで常識として定着しました。
政府も、変わらずに対応をとりつづけています。
あとは現在検討されている法律ができるのを待つだけです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。