【法制審議会へ刑法改正の諮問⑥】このたび上川陽子法務大臣は、刑法の性犯罪規定の改正に関する諮問をおこないました。早期の法改正が待たれます

昨日一昨日にひきつづき、AVスカウトの逮捕の件にふれました。

(参考。当ブログ)
<AVスカウトの逮捕>
2021年9月17日(※一昨日)
2021年9月18日(※昨日)

昨日の当ブログの記事に対して、海野さんからメールをいただきました。
ご紹介します。

当ブログへのコメントより、引用。)

(当ブログへのコメントより。)

2021年9月18日 海野さん

最近問題視しているのが、ラウンジでの接客です。

《恵比寿テキーラ20歳女性急死》「A子さんは段ボール箱に頭を突っ込んで……」NewsPicks系“天才起業家”「一気飲みチャレンジ」の真相

お酒を大量に飲ませて、死亡するケースが多発しております。
こういう店で働くのは辞めた方がいいと思います。

日本も若い女性の貧困が進み、性風俗などで就労する人が増えています。
求人では、ガールズバーだったのが、実はピンサロだったとか、酷い話です。

怪しい嘘求人に注意!高時給のガールズバー求人に潜むワナを教えます
ガールズバーの面接でピンサロに

(中略。)

恵比寿の会員制ラウンジ38℃でまた女の子が救急車で運ばれる。

徹底した摘発に被害者にならない知識及び反社の排除が必要不可欠です。

——————————————————–

警察はこのたび、AVスカウトを逮捕しました。

(2021年9月16日 テレビ朝日「女性をAV事務所に紹介か “NO.1スカウト”逮捕」より、引用。)

2021年9月16日 テレビ朝日

自らを「全国ナンバーワンスカウト」などと名乗っていました。

****容疑者(**)は先月、女性がアダルトビデオに出演することになると知りながら、女性を東京・渋谷区の事務所に紹介した職業安定法違反の疑いが持たれています。

警視庁によりますと、**容疑者ツイッターで「大手AV事務所専属」「全国ナンバーワンスカウト」などと名乗り、アダルトビデオに出演する女性を集めていました。

メッセージを送ってきた女性を事務所や風俗店に紹介していたということです。

取り調べに対し、「スカウトバックがもらえるのでやった」と容疑を認めています。

——————————————————–

警察におかれましては、今後も、とりしまりの強化に精励してほしいものです。

ここで話題が変わります。

刑法の性犯罪規定の改正を諮問

先週の金曜日(2021年9月17日)、上川陽子法務大臣は、法制審議会に対して、刑法の性犯罪規定の改正に関する諮問をおこないました。

(参考。当ブログ)
<法制審議会へ刑法改正の諮問>
2021年9月11日(その1)
2021年9月12日(その2)
2021年9月14日(その3)
2021年9月15日(その4)
2021年9月16日(その5)

TBS、朝日新聞、日本経済新聞の報道をみてみます。

TBS
(2021年9月16日 TBS「ネット中傷厳罰化、性犯罪の処罰拡大など議論へ 法相が諮問」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年9月16日 TBS

また、「実態に合っていない」との批判がある性犯罪の規定についても、処罰対象の拡大など適切な法整備を検討するよう諮問しました。
具体的には、
▼性犯罪の成立に必要となる「暴行、脅迫」などの要件の見直しや、
▼現在13歳となっている、性交の同意を判断できる年齢の引き上げ、
▼教師など地位を悪用した性行為に対する罪の新設、
▼公訴時効の延長などです。
法制審議会は今後、法改正に向けて議論する見通しです。

——————————————————–

日本経済新聞
(2021年9月16日 日本経済新聞「性犯罪や侮辱罪も諮問 法制審、海外例を参考に議論」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年9月16日 日本経済新聞

16日の法制審議会(法相の諮問機関)では、性犯罪規定の見直しについても議論が始まった。
論点の一つが、被害者が泣き寝入りしないよう、犯罪の成立要件を見直し、処罰範囲を拡大するかどうか。
諸外国の事例も参考に、議論が進められる見通しだ。

——————————————————–

被害者の意見も踏まえながら検討が重ねられる見通しだ。

——————————————————–

朝日新聞
(2021年9月16日 朝日新聞「性交罪の要件拡大を議論、時効の延長も 法制審に諮問」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年9月16日 朝日新聞

性犯罪を適切に処罰できるようにするため、上川陽子法相は(2021年9月)16日、刑法や刑事訴訟法の規定のあり方について法制審議会に諮問した。
性交罪が成立する要件の拡大や公訴時効の延長を議論してもらい、答申をもとに、法務省は早期の法改正を目指す
諮問したのはほかに、性行為が一律に処罰対象となる被害者の年齢を13歳未満から引き上げるかや、性的な姿や行為を盗撮して流通させるのを処罰する規定を設けるかなど。

——————————————————–

(再掲。TBS)
(上川陽子法務大臣は)処罰対象の拡大など適切な法整備を検討するよう諮問しました

(再掲。日本経済新聞)
被害者の意見も踏まえながら検討が重ねられる見通し

(再掲。朝日新聞)
答申をもとに、法務省は早期の法改正を目指す

刑法の性犯罪規定の改正は急務です。
早期の改正を期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。