【法制審議会へ刑法改正の諮問④】上川陽子法務大臣は、一般には知られていないグルーミングに関しても諮問するようです。刑法改正への沸き立つ思いを感じます

上川陽子法務大臣は明日(2021年9月16日)、法制審議会に対して、諮問をします。
諮問の内容は、刑法の性犯罪規定の改正についてです。

(参考。当ブログ)
<法制審議会へ刑法改正の諮問>
2021年9月11日(その1)
2021年9月12日(その2)
2021年9月14日(その3)

本日も、この諮問の件にふれます。
報道によりますと、上川大臣の諮問は、10項目に及ぶようです。
毎日新聞の記事を参照します。

(2021年9月10日 毎日新聞「性犯罪規定の見直し、法制審で議論へ 『不同意』処罰や時効撤廃など」より、引用。)

2021年9月10日 毎日新聞

上川陽子法相は(2021年9月)10日の閣議後の記者会見で、性暴力被害の実態に応じた法制度の見直しを、(2021年9月)16日の法制審議会(法相の諮問機関)の総会で諮問する方針を明らかにした。強制性交等罪の構成要件や公訴時効の見直し、地位・関係性を利用した性暴力を罰する規定の新設などを幅広く論点とする見通し。

(中略。)

現在は13歳と定められている「性交同意年齢」の引き上げも焦点となる。このほか、性的な容姿を相手の同意なく撮影したり、画像を提供したりする行為や、性的行為を目的として子供を巧みに手なずける行為を処罰する罪を新設すべきかについても判断されるという。

(後略。)

——————————————————–

上川大臣は、「撮影罪」の新設も諮問するそうです。
法制審議会での論議に期待が集まります。

(再掲。毎日新聞)
性的行為を目的として子供を巧みに手なずける行為を処罰する罪を新設すべきかについても判断されるという

この記述は意外でした。
性的行為を目的として子供を巧みに手なずける行為」は、「グルーミング」と呼ばれています。
上川大臣は、一般にはほとんど馴染みのないグルーミングについても、諮問をおこなうようです。
グルーミングにつきましては、性犯罪に関する刑事法検討会でも若干、話題になりました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

グルーミング

グルーミングとは具体的にどのようなことをおこなう犯罪なのでしょうか。
第9回性犯罪に関する刑事法検討会議事録と、第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。
ちなみにグルーミングの対象は、子どもです。
大人ではありません。
子どもに対する犯罪です。

2020年12月8日 第9回性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年12月8日 第9回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<17~18ページ>
2020年12月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

グルーミング自体が聞き慣れない言葉なので、少し説明し、事例を挙げさせていただきたいと思います。
グルーミングは、被害者本人が性的に虐待されているという事実さえ認識できない恐ろしい犯罪と言われています。
単回のレイプ被害と異なる点として、手なずけ洗脳操作という独特の加害者戦略があります。
加害者は子供に寄り添いながら近付き、日頃から子供の愚痴を聞くなど、味方を演じるところから関係性が始まり、少しずつ性的な話題に持ち込みます。
その後、性虐待の犯行に至り、子供の罪悪感や羞恥心などを利用し、子供を手なずける行為といわれています。
このグルーミング被害を受けた方の許可を頂いたので、読み上げさせていただければと思います。

14歳当時、中学3年生になってから通い始めた塾の教師から、君はほかの子とは全然違うね、頭が良くて大人と対等に話せるよ、かわいいね、特別だ、というような言葉が掛けられるようになりました。

一流大学の学生で、みんなのお兄さん的な立ち位置の明るい人気教師であったということです。

特別に勉強を教えてあげるという名目で、教師から自宅に呼び出されるようになり、最初は複数人で呼ばれていたのですけれども、回数を重ねるごとにだんだん人数が減っていき、3人から2人になり、気が付いたときには被害者一人になったという形で、被害が起こりました。

突然の被害に混乱して、自分よりも年上の男性に逆らえず、塾講師は巧妙に、
「これは恋愛だけれども、こういう関係は余りほかの人には言えないと分かっているよね」
というふうに言い含めたということです。

内心はすごい恐怖を感じていたのですけれども、その後も、呼び出されては性的な行為をされ続け、受けていた行為を恋愛だというふうに思い込むようにした。

こんなことはよくあることなのだ、自分が先生の家に来てしまったから自己責任なのだ、先生が言うように、既に大人の恋愛らしき行為ができるのだと14歳の子供なりに必死に頭を働かせて、自分を納得させて、わい小化しようとあがいていたと伝えていただきました。

この後、数年間にわたり教師との関係が続き、教師が転居したことで終わったということですが、その後、精神的に不安定になって、心療内科に通うようになり、ずっと生きづらさを抱えていたと語られていました。

#MeToo運動や、教師からの性被害を訴えた方の報道があって、これが性暴力だったのだと気付いたということなのですけれども、もしそういうことがなかったら、今でも性的虐待に遭っていたことに気付かなかったとも言われていました。

アメリカ法曹協会のグルーミングの定義としては、標的を絞り込んで、接近手段を確保し、被害者を孤立、隔離させ、被害者からの信頼を得て、その関係性をコントロールし、隠蔽する。
この方は対面というか、リアルでしたけれども、インターネット経由で何百人もの児童に接し、そして児童を勧誘しておびき出すということが実際に起こっています。
このような、被害者本人すら気付きづらく、そして、膨大な被害者を出していく被害に対して、よく理解する必要があると思います。
接触のプロセスから始まり、会ったときにはもう加害が仕掛けられ行われる、性的な接触が行われたり搾取が行われるという可能性が非常に高い。
現実に被害は起こっているし、継続することにより、より搾取されていき、被害を受けた児童は心身ともに有害な影響を受けるということを加味して、グルーミングという行為について法的な規制を掛けていただければと望んでいるところです。

——————————————————–

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<30ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

では、グルーミング(手なずけ)について。
意見要旨集の)40ページなのですけれども、刑法に入れるかはまた課題としてありますけれども、オンラインでのグルーミング(手なずけ)というのは、新型コロナ禍においても世界中で増えているということが報告されているところでもあります。
児童を性的に搾取しているオンラインコンテンツで捜査対象となったものは、136%増を記録したとのオーストラリア連邦警察からの報告などもありました。
警察庁の統計においても、SNSを通じて被害に巻き込まれた児童は、平成25年に1、293件、平成30年に1、811件と毎年うなぎ登りであり、グルーミング(手なずけ)という手法が用いられているということが支援者などから指摘されています。
今後、やはり規制は必要というようにも思っています。
グルーミング(手なずけ)という類型がどのくらい起こっているのかについても、こちらも調査をしていただきたいと思っています。

——————————————————–

(再掲。山本潤 委員)
刑法に入れるかはまた課題としてありますけれども

上川陽子法務大臣はこのたび、グルーミングについても諮問をおこなう予定です。
刑法改正に対する上川大臣の沸き立つ思いを感じます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。