【法制審議会へ刑法改正の諮問③】法務省幹部は、「被害者が泣き寝入りすることなく、処罰されるべきものが処罰されることが原則」。期待しています

刑法の性犯罪規定を改正すべき、との声が高まっています。
4日前(2021年9月10日)のことです。
上川陽子法務大臣は記者会見の場で、この改正の件について、法制審議会へ諮問する意向を明らかにしました。
諮問は、明後日(2021年9月16日)におこなわれる予定です。

(参考。当ブログ)
<法制審議会へ刑法改正の諮問>
2021年9月11日(その1)
2021年9月12日(その2)

上川陽子法務大臣は4日前(2021年9月10日)の記者会見でどのようなことを語ったのでしょうか。
昨日、記者会見の要旨が公開されました。
みてみます。

2021年9月10日 上川陽子法務大臣 記者会見

(2021年9月10日 法務省「法務大臣閣議後記者会見の概要」より、引用。)

2021年9月10日 上川陽子 法務大臣

今朝の閣議において、法務省案件はございませんでした。
続きまして、私から2件報告がございます。

1件目は、性犯罪規定の法制審議会への諮問についてです。

性犯罪については、平成29年(2017年)の刑法一部改正法によりその罰則の改正が行われましたが、附則において、性犯罪に係る事案の実態に即した対処を行うための施策の在り方について検討を加えることとされました。

法務省では、平成30年(2018年)4月から「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」を設置し、ヒアリング等により実態を把握するとともに、令和2年(2020年)6月から、「性犯罪に関する刑事法検討会」を開催し、様々な観点から精力的に議論を行っていただき、本年(2021年)5月に、その検討結果が報告書としてまとめられました。

(参考)
<法務省内に設置された性犯罪に関する刑事法検討会の開催状況)

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

——————————————————–

2021年9月10日 上川陽子 法務大臣

この報告書を踏まえて検討し、9月16日(木曜日)に開催予定の法制審議会に諮問することといたしました。

その内容は、配布した資料に記載されている事項を始めとして、性犯罪に適切に対処するための法整備の在り方について御意見を承りたいというものです。

性犯罪への適切な対処は喫緊の課題であり、法制審議会において、充実した御議論が行われることを期待しております。

2件目は、法務省関連の新型コロナウイルス感染症の感染状況についてです。
(後略。)

——————————————————–

2021年9月10日 記者

性犯罪に対処するための法整備に関して、法整備に当たっての課題、性被害の実態に即した内容になるために刑法がどうあるべきか、大臣のお考えをお聞かせください。

——————————————————–

2021年9月10日 上川陽子 法務大臣

性犯罪の被害は非常に深刻で根深いものであって、被害に遭われた方々に長期にわたる傷跡を残すものです。

私としては、こうした認識を共有した上で、性犯罪の事案の実態をしっかりと把握し、これに即した施策の在り方を検討することが重要であると考えています。

諮問する立場ですので、法整備の内容について具体的に言及することは差し控えさせていただきますが、一般に、刑罰の在り方の検討には、処罰されるべき行為が漏れなく捕捉されるようにすべきとの要請と、処罰されるべきでない行為が処罰範囲に取り込まれてはならないといった処罰範囲の明確性等の刑事法の諸原則との調和をどのように実現するかという課題があり、性犯罪に対処するための法整備についても、同様であると認識しています。

また、国民の意識や時代・社会の変化を踏まえて、その時代や社会に適合した刑法の在り方が模索されるべきであると考えています。

いずれにしても、このような課題に取り組むに当たっては、様々な立場から御意見を示していただき、率直かつ活発な議論を積み上げていくことが極めて重要であると認識しており、法制審議会において、スピード感を持って充実した御議論が行われることを期待しています。

——————————————————–

2021年9月10日 記者

先ほどの質問と重なる部分もありますが、性犯罪規定の諮問についてお尋ねします。

この間、性犯罪の被害当事者の方が声を上げて、改正の必要性を自らの御経験をもとにお話しされるようになりました。
一方で、5月にまとめられた報告書では、多くの論点で賛否が分かれて両論が併記された状態です。
今後、法制審でも様々な意見が出ると思われますが、被害者の声も踏まえて、どのような議論を期待されるかお聞かせください。

また、性犯罪は構造的に女性の被害者が多いと思われます。
今後の部会審議ではジェンダーバランスにも配慮する必要もあるのではないかと感じますが、部会の委員の選定に際しての考えも併せてお聞かせください。

——————————————————–

2021年9月10日 上川陽子 法務大臣

先ほども申し上げたとおり、性犯罪の被害は非常に深刻で根深いものです。
被害に遭われた方々に勇気を持って声を上げていただいたことが、この問題に対する幅広い関心にもつながっていったと思っており、その方々の声も聴くと、長期にわたって被害が潜在化しているということも深刻であると思っています。

私自身、こうした認識の下、信念を持って、真正面から様々な課題に取り組み、これまで進めてきたところです。

令和3年(2021年)5月、法務大臣として、「性犯罪に関する刑事法検討会」における審議結果を取りまとめた報告書を、座長である井田良教授から受領しました。

御指摘のように、報告書で両論が併記された点があることについては、性犯罪被害当事者を始めとした様々な立場の委員の皆様により、率直かつ活発な御議論がなされたことの証左であり、法改正に向けた検討をするに当たっての具体的な視点、論点、留意点等をお示しいただいたと認識しています。

この報告書を踏まえて検討し、今般、法制審議会に諮問することとしましたが、性犯罪への適切な対処は喫緊の課題であり、スピード感を持って充実した御議論が行われることを期待しています。

2点目の御質問については、法制審議会の部会に属する委員等については、審議会(法制審議会)の承認を経て、会長が指名することとされています。
部会が設置されることになった場合には、ジェンダーバランスに配慮されることはもとより、様々な専門的見地から、性犯罪に係る事案の実態に即した法整備の在り方についての検討をしっかりと行っていただくのにふさわしい構成となることが望ましいと考えています。

——————————————————–

2021年9月10日 記者

性犯罪に関する諮問についてですけれども、先ほどの質問にもあったように検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)の報告書に両論併記されたということは、意見の対立があるということだと思うのですが、この点に関して、大臣はどのようにお考えになっているのかということ。

また、こうした両者の意見の対立を解消して、あるべき刑事法の整備に向けてどのようなことが必要かという点について、お答えをお願いいたします。

——————————————————–

2021年9月10日 上川陽子 法務大臣

これまで、様々なプラットフォームで、様々な形で議論を尽くしていただきながら検討が進められてきたところです。
意見は様々であり、社会も様々な形で変化していますので、報告書は、意見をしっかりと戦わせていただきながら、取りまとめていただいたものと思っております。

両論併記となっていることも、議論が積み上げられてきた過程の中で、問題点、論点を積極的に指摘していただいたものと、私は、むしろ前向きに捉えています

法制審議会は、専門家の方々のプラットフォームであり、その意味での充実した審議をしっかりと尽くしていただくことを、この先も期待してまいりたいと思っています。

また、先ほども申し上げましたが、様々な論点がある中で、法制審議会の議論においては、処罰されるべき行為が漏れなく補捉されるようにすべきとの要請と、処罰されるべきでない行為が処罰範囲に取り込まれてはならないといった処罰範囲の明確性等の刑事法の諸原則との調和をどのように図るかという課題があり、このことにどう対処していくかという大きな枠組みの中で、議論が積極的に進められるものと思っています。

——————————————————–

上川陽子法務大臣は記者会見のなかで、
処罰されるべき行為が漏れなく補捉されるようにすべきとの要請と、処罰されるべきでない行為が処罰範囲に取り込まれてはならないといった処罰範囲の明確性等の刑事法の諸原則との調和をどのように図るか
とのべました。
この件に関して、法務省の幹部はつぎのように語っています。

(2021年9月10日 日本経済新聞「性犯罪見直し『暴行・脅迫』焦点 法制審、議論の行方は」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年9月10日

(略)、法務省幹部は「被害者が泣き寝入りすることなく、処罰されるべきものが処罰されることが原則」と指摘。そのうえで「処罰範囲が明確、適切になるよう議論されることを期待したい」と話した。

(再掲。法務省幹部)
被害者が泣き寝入りすることなく、処罰されるべきものが処罰されることが原則

微に入り細を穿(うが)つ(非常にこまかい点にまで気を配る)審議となることを期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。

(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。