児童ポルノの単純所持に対する自民党&公明党と、民主党の対応(4)。民主党は香西咲さんたち被害者の人権に鈍感な政党です

3日前より、2009年6月26日の衆議院法務委員会の会議録をみています。

(参照元)
2009年6月26日
 衆議院 法務委員会
 会議録

同委員会では、児童ポルノの単純所持に関する論議が交わされました。

(参考。当ブログ)
<2009年6月26日の衆議院法務委員会の論議>
2021年8月18日(序)
2021年8月19日(1)
2021年8月20日(2)
2021年8月21日(3)

(参考。児童ポルノ禁止法)
<経緯>

1999年 児童ポルノ禁止法成立
  
2004年 児童ポルノ禁止法改正
 ・児童ポルノの「製造・販売」、「提供目的での所持」を罰則の対象に。
  
2009年
 ・与党(自民党と公明党)は、児童ポルノの単純所持を禁止する改正案を国会に提出した。
 ・民主党などが反対した。
 ・衆議院が解散され、与党案は廃案となった。
  
2009年9月16日~2012年12月26日 民主党政権
  
2012年12月26日~ 自民党政権
  
2014年6月18日  児童ポルノ禁止法改正
 ・児童ポルノの単純所持を禁止する改正案が可決、成立した。

——————————————————–

本日も、2009年6月26日の衆議院法務委員会の会議録を参照します。

2009年6月26日 衆議院法務委員会

児童ポルノの単純所持に対する処罰(4)
 ※|(序)(1)(2)(3)

(2009年6月26日 衆議院 法務委員会「会議録」より引用。)

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

自民党の葉梨康弘です。お手やわらかにお願い申し上げます。

主として児童ポルノ、この問題について、民主党の提案者に、30分の時間をいただきまして質問させていただきたいと思います。
時間もございませんので、特に、主に定義等について具体的な質問をさせていただきたいと思います。

民主党案においては、第2条において、もともと与党案にありました3号というのを削除する、それから、性欲を興奮させ刺激させるという言葉を削除するというようなことがあるわけですが、先ほど私も述べさせていただきましたとおり、幾つかやはり私が懸念しておりますのは、現在児童ポルノとして規制されているもの、これが相当抜け落ちてくるんじゃないかというような懸念を持っております。
そこで、解釈について伺います。

まず、民主党案にあります「露出」とは、あらわれ出ることですから、見えるということですね。
それから、「強調」とは、特に目立つように表現するというふうに日本語辞書にございますけれども、こういう解釈でよろしいでしょうか。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

それは、そのとおりでございます。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

あと、この「殊更に」というのは、私も民主党の提案理由、それから解説、解釈というのも見させていただいて、ちょっと日本語とは違うなと思ったんですけれども、「殊更」というのは、正当な理由なく、必要以上に、わざわざという意味のようですけれども、いずれにしても、例えば児童のヌードであっても、つまり性器などをさわったりさわられたりはしていないような児童のヌードでございまして、性器などの露出や強調がない限り、これは規制対象にならないという理解でよろしいでしょうか。
民主党さん。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

私どもが「殊更に」と言っておりますのは、殊さらに露出をしたり強調したりされている映像ということでございますので、例えば、性器の部分だけが写っているとかということで強調あるいは露出ということではなくて、全体の映像の状況として、必然性なく例えば裸でいるというような状況等については「殊更に」に入る、合理的な理由なく性器などが露出をしているということになるというふうに考えております。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

「性器等」というのは、余りここの用語としては使いたくないですが、性器と肛門と乳首ですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

そう認識をしています。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

では、性器、肛門、乳首が露出していなければ規制対象にはなりませんね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

「露出」のほかに「強調」ということを入れた意味は、今回の規制で、従来、いわゆる着エロというんでしょうか、性器や乳首だけはちょっと特殊な水着のようなもので隠されているけれどもまさにそこが強調されている、こういったものを明確に規制の対象の範囲内なんだということにしたいという趣旨でございまして、例えば乳首のところにだけ何かシールが張ってあってそこが露出をしていないということが、逆に、むしろそのことによって強調されているということになるというふうに考えています。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

それでは、後ろ姿のヌードはどうでしょう。
肛門は見えません。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

個別の状況によって、もちろんそれはお互いわかっていることですけれども、判断しなければならないと思いますが、肛門そのものが写っていなかったとしても、肛門と周辺部のところが殊さらに強調されているという状況、つまり臀部の肛門周辺のところが不自然な形で、つまり必然性のない形で露出をしているということになれば、結果的にそれが強調に当たるケースは十分あり得るというふうに思っています。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

では、パンツをはいた後ろ姿はどうでしょう。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

パンツの種類にもよります。
それこそ、先ほど申し上げましたとおり、この間、大変ひどい状況になってきているいわゆる着エロと称するものは、大変特殊なというか普通には着用しないような、パンツと言っていいんでしょうかね、というようなものをはいていることによって結果的に肛門等を強調しているというケースはありますので、はいていればいいということではない。
そのパンツの形態とか、そのことによって全体の映像として肛門、性器等が強調されているかどうかということで判断されるというふうに思います。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

上半身裸で下はスカートをはいている、そういうような後ろ姿の画像はどうでしょう。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

上半身裸ということによって、例えば乳首が露出をしていなくてもいいわけですけれども……

(葉梨委員「後ろ姿」と呼ぶ)

後ろ姿であったとすると、一般的には今回のこの法律の要件には該当しないというふうに思いますが、ただし、上半身が背中であるから、あるいは下半身にスカートをはいているからといって、では全部当たらないということになるかというのは、まさに着エロのような、はいている形はとっている、あるいは乳首、性器、肛門そのものは写っていない、けれども、まさにそこが強調されているという、まさに法の抜け道をやろうみたいな話のところというのは、「強調」という言葉でしっかりとカバーはできるというふうに思っております。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

どうとでも解釈できるということじゃないですか、要は。
強調とは、特に目立つように表現することなんですよ。

では、背中だけでスカート、それも強調だと言われるわけですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

ですから、スカートといってもいろいろなスカートがあるわけですよ。
つまり、実際に、多分葉梨委員も本案の作成とかあるいは審議に当たって、最近問題になっている着エロのいろいろな映像とかを心ならずもごらんになっているかというふうに思いますが、例えば、水着を着ている、水着を着ていれば全部オーケーかといったら、現実には、まさに本当に一センチか二センチぐらいの細い上の部分、それで乳首だけは隠していますという水着も現にあって、それでそういった写真が、とりあえず性器等が写っていない、そして着衣、つまり水着を着ているということで、ようやくつい最近こういったものについても摘発が始まっていますが、まさにあいまいで、そういったものをやっていいのかどうか、そして、厳密に現行法の、着衣の一部または全部を着ていないということのときに、それはそれで一応水着ですという抗弁に対してどうするのかということがあるように、例えばスカートだって、まさにスカートの態様によります。

それから、背中だけで乳首そのものが写っていなければいいかということについてでも、それは撮影の角度とかなんとかで、そのことによって乳首を強調しようとしている、あるいは、スカートによって逆に肛門あるいは性器等を強調させようとしているという映像があり得ることを全面的に私は否定はできませんから、そこが、まさに全体の映像として殊さらに強調しているかどうかということで決まる。
そこのところはしっかりと、悪質なものは「強調」という言葉で十分に取り込み得るんだというふうに私たちは思っています。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

何か、「強調」ということがよくわからないんですけれども。

では、これで、(パネルを示す)どうも、おしりが見えていると強調だというふうには、通常の法令用語あるいは日本語の世界だったら、そうはならないと思うんですけれども、この資料1です。
お配りしています。

こちらで、下はちゃんとした着衣だと。この人は、性器、胸などを強調するつもりは全然ございませんね。
これを撮りますと、これは強調になるんですか、下はちゃんとはいていた場合は。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

まず、「強調」「露出」というのは、当該行為をしている児童の主観的な問題ではありません。
本人が強調するポーズをとったのかとか露出するポーズをとったのかということは、私どもの定義では全く問題にされていません。
映像そのものが殊さらに露出をし強調するものになっているかということを、映像全体の客観的な状況から判断をするということになります。

今の漫画は、いわゆる盗撮的な部分のところのことを取り上げているのかというふうに思いますが、一般的に申し上げれば、例えば浴場とか更衣室等について、本人に知られないようなところから撮影をされている映像というものは、その中で例えば性器等が写っているような状況があれば、まさに、ふだん隠していて本人も隠そうとしているところで、ふだんは普通の人に見えないようなところで、そういったものを隠れて写すという、そういう映像であるということに映像の客観的な態様としてなりますから、そうした場合には、性器等が写っていれば露出に当たるということになるというふうに思っています。

(葉梨委員「写っていなかったらどうなんですか。写っていませんよ」と呼ぶ)

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

はい。
これは写っていません。
おしりも隠れています。
どうでしょう。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

おしりそのものが完全に隠れているという状況、つまり更衣、脱衣の途中ということでない映像であるならば、それは問題にはならないと思いますが、まさに脱衣の途中で、これからおしり、つまり肛門や性器等が見える直前の状況というのは、映像の態様によっては、強調しているということには十分なり得るというふうに思います。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

これは、いつまでたったって、性器、肛門が見えるというオケージョンじゃないんです。
これは水着で、着がえている。通常、着がえるときに、性器、肛門は見えません。

では、これは、ならないということでいいですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

露出という定義からは、肛門等が見えなければ露出には当たりませんが、まさに着がえているところを盗撮されているという客観的映像は、基本的には、そこで肛門とか性器とかというものを強調している映像であるということに客観的に判断されるケースが多いと私は思いますけれども。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

それは、性器、肛門を強調するためじゃなくて、臀部を強調するというんだったらわかります。
胸部を強調するというんだったらわかります。

枝野先生も法律家ですから、最後の最後まで性器、肛門が見えないもの、見えないことが明らかにわかっているにもかかわらず、それで強調というのは、どういうような解釈でされているんでしょう。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

最終的に見えなくても、例えば、先ほど来申し上げているいわゆる着エロなどというのは、例えば乳首の部分のところは全部隠しているし、肛門も性器も全部隠していても、それでもそれは強調に当たるというふうに言えるはずであります。

最終的に見えるかどうかということではなくて、その映像を見た人たちがということになると主観的な要件になる。
その映像からうかがわれる状況というのは、まさに間もなく肛門が見えようとしている、まもなく性器が見えるかもしれない、見えるか見えないか、どういう状況なんだろう、そういう状況にあるということが結果的に肛門とか性器とかということを強調しているという映像になるということは、見える見えないを問題にしているんじゃなくて、そのことによって、ふだんでは、例えば、きちっとした普通の水着を着て、あるいは普通の洋服を着ているという状況では、まさにもちろん臀部は見えませんし、性器や肛門が見えそうでもあるはずはないわけですけれども、それを、着がえをしている、しかも普通の脱衣所とかそういったところで着がえをしているという状況で、もうちょっと下げればもしかすると見えるかもしれないという状況の映像は、それは、客観的に見て、肛門とか性器とかそれから乳首とかという今回の法案の対象になっているところを強調している映像であるというふうに十分解釈ができるというふうに思いますけれども。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

これで明確な取り締まりは、今の答弁でできるんだそうですよ、民主党の方々。

性器等がいつか見えるだろうじゃないんですよ。
いつまでたっても絶対見えないんですよ。
見えないんだけれども、おしりの強調ではあるのかもわからないです、無理くり「強調」ということを特に目立つように表現するということであれば。

これも強調だと言われるんでしょうけれども、(パネルを示す)では、これは上着を着ていたらどうなんですか。
性器見えません。
乳首見えません。
肛門見えません。
いつまでたっても見えません。
これはどうなんでしょう、当たるんでしょうか。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

いつまでたってもとおっしゃっていることの意味が私には余りよくわからないんですけれども、静止画像の場合もあるし、動画の場合もいろいろあるんでしょうけれども、それは動画のことをおっしゃっているという……

(葉梨委員「静止画」と呼ぶ)

静止画像については、いつまでたっても、つまり、強調という定義を入れた以上は、いつまでたっても性器等が写らないのも強調に入るのは当たり前で、別に服を脱ごうとしている状況ではなくても、先ほど来何度も繰り返し申し上げていますが、着エロ的な映像というのは、別に何かを脱ごうとしているわけじゃないんですから、いつまでたっても乳首も性器も肛門も見えるような状態になるわけではないという映像であります。

今御示しになった映像についても、その態様によって、まさに、例えばその形で半分パンツを脱がしているという状況とか、あるいは上半身が裸の状況で、胸のところ、乳首のところを手で不自然に隠しているとかという構造があれば、それは強調しているということに当然なるというふうに思いますけれども。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

相当細かに見ていかないといかぬということですが、ただ、この強調という意味、多分、委員の皆さんも聞かれていて、さっぱりちょっと、私も頭が悪くてわからないんですよね。
要は、背中だけのヌードなんだけれども、下はちゃんと着衣を着ていますといったものも強調になるかもしれないし、ならないかもわからないということでいうと、現場は混乱しますね。

そして、多分、衣服を脱いだ人の姿態というのは、性器などを露出、強調するものよりも、相当やはり広いは広いんです。
今のお話を聞いていると、衣服を脱いだ人の姿態で性欲を興奮させ刺激させるといった方がよっぽど明確じゃないか、私自身はそういうような印象を持ちました。

ただ、いずれにしても、この「強調」ということで、今現在児童ポルノとして規制されているものが、やはり抜ける部分というのは出てきますね。
それはよろしいですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

実はこれは、11年前、まさに超党派の議員立法の当事者でございまして、そのときからこの今回外そうという3号というのは重要な議論のポイントになっておりまして、議員立法なのになぜ霞が関におられた方がかかわってこられたのか、私にはよく理解できないんですが。

それはいいとしても、あのときから私自身、国会でも申し上げているんですが、この2条3項3号の条文を素直に読めば、例えば16歳、17歳の、わかりやすく言うとジャニーズなどの若い男の子が上半身裸でいる映像とかそういったステージとか、そういったものはたくさんあります。
これは明らかに同世代の女の子たちの性欲を興奮させ、または刺激をしているというふうに思います。
なおかつ、着衣の一部、つまり、上半身裸になって、あるいはステージの途中で着ていたものを上半身脱いだりするということがありますが、明らかにこれは条文上は入ってしまう。

もちろん、それは社会通念上、そんなものは取り締まらないという現実になっているんでしょうけれども、こういったものが条文上入っていってしまうということは、もしかすると取り締まりの対象にされるかもしれない、そういう危険性があるという状況はやはり避けるべきである。

一方で、この間、先ほど来繰り返しておりますが、着エロなどに対する取り締まりが大変腰を引けた状態でやってきた。
これはやはりこの条文からでは、なかなか読み取ることについて迷いが出てくる、こういうことなんだろうというふうに思っていまして、そういったものをしっかりと取り締まりの対象に入れる一方で、私が申し上げた、例えば16歳、17歳の男の子が上半身を途中で脱いで裸になるというような映像は当たらない。
まさにそういったものを外すことを目的としています。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

そうすると、では、16歳、17歳の男の子が上を脱いだものはすべて当たらないということですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

わかってお聞きになっているんでしょうけれども、すべてこういうものについては、すべてということで果たして答弁できるのかどうかということについては、無責任なことは言うべきではないというふうに思っておりまして、つまり、例えばその態様によっては「殊更に」というところで基本的には扱われる。
つまり、合理性を持ってということ。

つまり、一種若い男の子に対する性的虐待というものも世の中には存在をしているわけでありまして、そういったことをうかがわせるような状況の中で、例えば男の子の乳首が写っている、それはむしろ1号や2号前段のところでカバーできるケースが多いかなというふうに思いますが、今ここで一切ないということを言うつもりはありませんが、先ほど例で挙げたようなケースについては明確に外すべきだということであります。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

ここの議論をしていても、そもそもその強調というのがどういう意図なのかというのが私自身もさっぱりわからない中で、アメーバのようにいろいろな答弁が繰り返されるものですから、これは相当やはり現場は混乱するなというふうに思います。

私自身も平成9年(1997年)から10年にかかわったときも、役所の立場という公的な立場というより結構私的な立場で、覚えていますのは、堂本先生(堂本暁子参議院議員)が当時いらっしゃって、もう役人は出ていきなさいといって私も大分いじめられ、私個人でおるんですからということでいたような懐かしい経験もございますけれども。

ところが、「性器等」といった場合には男性の乳首も入りますよね。
ですから、ジャニーズが上が裸になったものは入らないというのは、これは性器等は明らかに露出はしている。
露出をしているけれども、それは、ジャニーズの場合は「殊更」ということにならないけれども、普通の男の子が裸になったら、これは「殊更」になる場合もある。
では、「殊更」というのは一体何なんだろうと。

では、殊さらそれを強調するようにジャニーズが胸をこうやって乳首を出している、これはならないということですか。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

「強調」も「殊更」も、その行為をしている児童の行動についてではない、映像そのものの性格である。

ですから、例として申し上げたのは、ジャニーズの、一般的に我々が思っている、しかも現に行われている、例えばステージの上で上半身裸になるというようなことについては、これは「殊更」には当たらないだろうと。
つまり、合理性がある、合理的理由があるだろうというふうなことを申し上げているので、仮に、ジャニーズの男の子であったとしても、先ほど申し上げたような、つまり一種同性愛的、あるいは男の子に対する性的虐待的なことをうかがわせるような映像において乳首の露出または強調があったりすれば、それは「殊更」「強調」、あるいは「露出」をしたものに当たる可能性は否定をしない。

普通の男の子も、普通に、例えば海辺で、海岸に着いたから上半身裸になって、水着じゃないですよ、海水浴に行ったわけじゃないけれども、海に行ったから上半身をぱっと裸になってそこら辺で遊んでいる、これは、普通の男の子だって、それの映像を撮ったからといって、普通には殊さら強調した映像にはならない、こういうことだと思いますけれども。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

「殊更」と「強調」というところがみそで、どんなものでもなり得るし、どんなものでもなり得ないし、その場その場で見るしかないというようなことだとすれば、今の定義の範囲としては、私がこう言っては申しわけないんですが、ちょっとできがよくないというふうに言わざるを得ないかなというふうに思います。

そもそも、今の3号の児童ポルノ、これについて、後で枝野先生からもいろいろと質疑いただきますけれども、実際に、捜査が恣意的に運用されるということについて、これは私も大変な懸念を持っていますので、それはそうならないように絶対していかなきゃいけないけれども、やはり今のお話を聞いていると、民主党案というのは、定義の明確化というよりは定義のアメーバ化で、何だかよくわからなくなっちゃったというような感じを持っております。

後でまた議事録、もう一度御自分の答弁を読み返してみていただいて、また議論もさせていただきたいと思います。

ちょっともう時間もありませんので、別の題に移りたいと思います。

民主党が、「児童ポルノ」という用語を「児童性行為等姿態描写物」と変えようとしています。
先ほどお答えいたしましたが、サイバー犯罪条約では、いわゆる疑似児童ポルノというのも児童ポルノに入っているんです、サイバー条約ですが。
これは日本の法律の定義には入っておりませんけれども。

これを、ただ「児童性行為等姿態描写物」とすることにすると、この法律の世界では、いわゆる疑似の児童ポルノ、漫画アニメについては一切さわらないというようなことになりますけれども、そういう理解でよろしいわけですね。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

これも、過去2回の制定、改正のとき、常に一貫して私どもの立場として、そういったものを仮に規制をしなければならない状況があったとしても、保護法益が児童が性的な虐待を受けたことという個人的保護法益であるこの法案、法律と、それから、そういった映像等がはんらんをすることによる弊害を防ぐという目的とでは、目的に大きな違いがある。

もし仮にそういったことを立法する必要があるとしても、それは別の法律であるべきである。
そのことの方が、この法律ではとにかく、実際に性的虐待を受けた子供たちを守らなければならないという趣旨が明確になるということで、我々はそこを分けるべきだと考えておりますので、本法には入らないということで結構でございます。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

そこのところは大変いろいろ議論のあるところで、例えば、今の法律でも実在の児童ということになっていますけれども、200年前に製造された、明らかにその児童がもうこの世にいないといったものも、実はこの児童ポルノの対象にはなる。

ですから、その意味では、いわゆる個人的な法益、社会的な法益ということで、我々は、ただ、2002年の米国の連邦裁の判決もよく承知しています。
ああいう形でアメリカが強い規制をゲームとかアニメにかけたというのは、やはり表現の自由の関係から違憲であるというような判示がなされたわけですけれども、ただ、やはりゲームとかアニメでも、ひどいものはひどいんです。

ただし、同じような規制を、実在の児童を被写体としたような児童ポルノと一緒にすべきだというふうには私は思わないんですけれども、少なくとも、エビデンスというのをそろえてこういう研究はしていかぬといかぬということから、与党案は研究という規定を入れているということを御理解願いたいと思います。

ちょっと時間がないので、単純所持の関係ですが、児童性行為等姿態描写物の有償、反復取得の禁止で規制されない行為についていろいろと伺います。

まず、先ほど言いましたけれども、大量の児童ポルノの蔵書を保有して、私は実はだれだれさんの子供時代のポルノを持っていますよ、私は実はだれだれの子供時代のポルノを持っていますよというのをだあっと宣伝して回る行為というのは、民主党案では禁止されないということですね。
もうイエスかノーかで結構です。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

民主党案では規制されませんが、与党案でも、「性的好奇心を満たす目的」が満たされるのかどうか、非常に疑問があると思います。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

多分、そうやって宣伝して回る方はペドファイル、小児性愛者ですから、与党案ではここのところを禁止されるだろうというふうに思います。

自分が保有する児童ポルノを、友人であるばりばりの小児性愛者、ペドファイルに見せて、見せるだけよという代価として100万円をもらう行為、これは民主党案では規制対象となりますか。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

お言葉ですが、持っていて見せるからといって、ペドファイルであるという推定がどうして働くんでしょうか。
私は、そこがまさに、持っているということだけでこいつは悪いやつなんだということをうかがわせるという、それに基づいて自白が強要されるのではないかという危惧のまさに一番のポイントだろうというふうに思います。

今の点についても、私どもの案でも入りませんが、残念ながら、一人にだけ見せるということはどちらの法案でも対象になっていないわけで、そちらは所持は対象になる。
だけれども、その人が人に見せてお金を取ることを目的としているのなら、自己の性的好奇心を満たす目的というのはむしろ排除される推定が働くんじゃないですか。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

それはそうでもないと思いますね、一緒に楽しむということもあるわけですから。

(枝野議員「こともあるわけでしょう。だけれども、違う場合もある」と呼ぶ)

答弁者、それは客観的によく実態に即して考えてみたらいいと思いますよ。
100万円をもらって、それを持っていて一緒に楽しむという形であればということで、もちろん、それを営業としてやっているような形であれば、自己の性的好奇心を満たす目的ではないということもあるでしょう、他人の性的好奇心を満たす目的で。
ただ、営業としてやっているようなことであれば、それは別途の営業法の規制があるし、そもそも、「みだりに、」にということで一般的な禁止規定を入れていますから、そういったものについてはやはり廃棄するということは、与党案では期待をされるということです。

小児性愛者、ペドファイルでありますお父さんが亡くなりました、その子である子供もやはり小児性愛者、ペドファイルでございます。
大量の児童ポルノを家宝として相続する行為は、民主党案では規制対象となりますか。

——————————————————–

2009年6月26日 枝野幸男(民主党) 衆議院議員

小児性愛者であるかどうかということは内心の問題なので、客観的に判断できないというふうに思います。
どなたかが持っていた大量の児童ポルノが、結果的に相続で違う方になったとしても、そのこと自体を違法性のあることとして排除することは、残念ながらできないというふうに思います。

——————————————————–

2009年6月26日 葉梨康弘 衆議院議員(自民党)

私、捜査機関じゃないものですから、小児性愛者であるかどうか判断できないというのは、これは具体的な捜査の事例に即して言っているのではなくて、ある小児性愛者が小児性愛者である子供に対して相続をした場合はどうですかというふうに聞いているわけで、立証できないからどうのこうのというのは、レベルの全然違う話なんです。

最後になりますけれども、今回、民主党が単純所持について踏み込まないと。

たしか16年(2004年)の改正でも、次の段階ではそこのところに検討を入れなきゃいけないなということは、実は武山百合子さん(民主党)が委員長でした。
私、委員長代理として参議院でも答弁したんですけれども、必ず次の段階で単純所持の禁止に踏み込みますよというようなことまでは言えない、それは当然ですけれども、やはりそこまでについては検討しなきゃいけませんねというような、次の段階ですというようなことにしたわけですけれども、民主党案においては、今のところそういうふうにはなっていないということでございます。

ちょっと時間が来てしまいました。
また本日、一日長いですから、議論をしてまいりましょうということで、私からの質問を終わらせていただきます。

ありがとうございました。

——————————————————–

明日も、2009年6月26日の衆議院法務委員会の会議録をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。