自民党の牧島かれん衆議院議員による国会質疑 ~改正ストーカー規制法(その1)。ストーカーも、香西咲さんたちの敵です。駆逐しなければなりません

先日(2021年5月18日)、国会(衆議院)で、改正ストーカー規制法が可決、成立しました。

(参考)
2021年5月18日
 日本経済新聞(※共同通信)
 改正ストーカー規制法成立 GPS悪用禁止、8月にも全面施行

2021年5月28日
 朝日新聞
(社説)ストーカー規制 加害者対策にも本腰を

ストーカー規制法は、いまから21年前(2000年)に制定されました。

(確認)
<ストーカー規制法>
①2000年 制定
  13年後
②2013年 改正(1回目)
  3年後
③2016年 改正(2回目)
  5年後
2021年 改正(3回目)

今回(2021年)はどのような改正がおこなわれたのでしょうか。
大阪府警のホームページを参照します。

<一部分を抜粋>
大阪府警

新たに以下の行為が規制対象となります。

1.GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等

・あなたの承諾なく、あなたの所持する位置情報記録・送信装置(GPS機器等)の位置情報を取得する行為
・あなたの承諾なく、あなたの所持する物に位置情報記録・送信装置(GPS機器等)を取り付ける行為
が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたの自動車にひそかにGPS機器を取り付ける
・取り付けたGPS機器の位置情報をひそかに取得する

(注意)これらの行為の規制は、令和3年8月26日より施行されます。

2.実際にいる場所における見張り等

住居、勤務先、学校など通常いる場所に加え、あなたが実際にいる場所の付近において見張る、押し掛ける、みだりにうろつく行為が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたがたまたま立ち寄っていた店舗に押し掛ける
・あなたの旅行先のホテルの付近をみだりにうろつく

これまでの規制対象:住居、勤務先、学校等の通常いる場所
追加される規制対象:店舗、ホテル、公園等の実際にいる場所

3. 拒まれたにもかかわらず、連続して、文書を送る行為

電話、FAX、電子メール、SNSメッセージに加え、拒まれたにもかかわらず、連続して、文書を送る行為が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたの自宅や勤務先に毎日手紙を送る
・あなたの自宅の郵便受けに直接手紙を何度も投函する

これまでの規制対象:電話、FAX、電子メール等
追加される規制対象:文書

——————————————————–

改正ストーカー規制法が衆議院で可決する6日前のことです。
自民党の牧島かれん衆議院議員は、衆議院の内閣委員会で、同法案に対する質疑をおこないました。
国会の会議録のなかから当該箇所を引用します。

2021年5月12日 衆議院 内閣委員会

(2021年5月12日 衆議院 内閣委員会「会議録」より、引用。)

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

自民党の牧島かれんです。

本日は、ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案について質問いたします。

これまでの経緯を初めに整理をしておきたいと思います。

ストーカー規制法は、平成11年(1999年)に発生した痛ましい事件、女子大生が元交際相手とその兄が雇った男によって殺害されるという事件を受けて、平成12年(2000年)5月に議員立法によって成立しました。
ストーカー行為が社会問題化し、被害の発生を防止する観点から立案されたものと理解しています。

しかし、残念ながらも、その後、ストーカー被害を訴えていた女性の被害届の受理が先送りされ、その家族が殺害されたといった事件や、1,400通以上ものメールを送っていた男の行動がつきまといに当たらないとして立件が見送られ、殺害された事件などが発生しました。

こうした状況を踏まえて、メール送信が規制の対象となるなど、平成25年(2013年)に改正案が提出され、成立しています。

しかし、その後もストーカー行為から傷害に発展した事案が発生しています。

SNSへの書き込みを規制の対象に加えること、禁止命令については警告を経なくてもできるようにすること、緊急の必要がある場合の手続を整備することなどの改正案が平成28年(2016年)に成立しました。

このように、つきまといや嫌がらせ行為の手段が多様化しているという社会的背景を受けて、これまでも法律改正が行われてきたと考えておりますが、国民の生活の安全と平穏にとって、今回のこの法律改正がどのような意義を持つのか、国家公安委員長からの御答弁をお願いいたします。

——————————————————–

2021年5月12日 小此木 八郎 国家公安委員長

おはようございます。

ストーカー規制法は、桶川事件等を踏まえて平成12年(2000年)に制定され、その後、その時々におけるストーカー事案をめぐる情勢を踏まえて、平成25年(2013年)に電子メールの連続送信行為の規制等、平成28年(2016年)にSNSの連続送信行為の規制等を内容とする改正がなされています。

本改正は、令和2年(2020年)7月の最高裁判決において、元交際相手等の自動車にGPS機器をひそかに取り付けて位置情報を探索、取得する事案について、ストーカー規制法で規制する住居等の付近において見張りをする行為には該当しない旨判断が示されて、当該行為の規制が困難となったこと等から、GPS機器等を用いて位置情報を承諾なく取得する行為等を規制対象行為として追加するなどの改正を行うものであります。

これにより、個々の事案に即して、ストーカー被害者に対する各種危害の発生をより効果的に防止できるものと認識しておりますが、国会における御審議により今回法案が可決され成立していただければ、改正内容を国民に広く周知するとともに、改正ストーカー規制法を適切に運用して、被害者等の安全確保を最優先として今後とも各種対策をしっかり推進するよう、警察を指導してまいりたいと存じます。

——————————————————–

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

安全対策をしっかりと行うための法律改正が提出されているというふうに理解しております。

法案の中身に入らせていただきます。

今、小此木国家公安委員長から御説明がございましたとおり、今回の改正案の柱の一つは、位置情報無承諾取得、これはGPSについて、を規制の対象にするということです。

(再掲。大阪府警)

1.GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等

・あなたの承諾なく、あなたの所持する位置情報記録・送信装置(GPS機器等)の位置情報を取得する行為
・あなたの承諾なく、あなたの所持する物に位置情報記録・送信装置(GPS機器等)を取り付ける行為
が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたの自動車にひそかにGPS機器を取り付ける
・取り付けたGPS機器の位置情報をひそかに取得する

(注意)これらの行為の規制は、令和3年8月26日より施行されます。

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

今御説明いただいた令和2年(2020年)7月の最高裁判決を受けてのものというふうに理解しておりますが、車のバンパーの内側にGPSを取り付けて、GPS機器の位置情報を探索して、被害者の秘匿避難先、隠している避難先の場所を把握していたという大変恐ろしい事件であります。

今般の改正を踏まえてGPSが規制の対象になるという御説明だったのですが、ここには、相手方の承諾を得ないで位置情報を取得してはいけないという趣旨が含まれています。

例えば、家族であれば、お互いのスマートフォンでGPS機能をつけているということも当初あるかもしれませんし、最初は同意や承諾が存在していたというケースも考え得るかと思います。
ただ、その後関係が悪化して、もう共有は望まない、承諾はしないという状況に変化していた場合でも、この相手方の承諾を得ないで、GPS、取得してはいけないという趣旨、規制の対象になるのかどうか、確認をさせてください。

——————————————————–

2021年5月12日 小田部耕治 警察庁 生活安全局長

お答えいたします。

位置情報の共有当初は双方の同意があったとしても、その後双方の関係が悪化するなどして位置情報の共有を望まず、今後は位置情報の共有について承諾できない旨を行為者に伝えた場合には、承諾を得ないでの要件に該当することとなると考えております。

いずれにしても、個別具体的な事案に応じて判断をされるものと考えております。

——————————————————–

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

仮に当初承諾していても、もう承諾していませんという意思をしっかりと示して、その後の状況変化に伴った承諾の取消しがあるということを明確にしておく必要があるというふうに理解をいたしました。

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

また、つきまとい行為は、家の近く、学校の近く、職場の近くで発生するとは限りません。
警察では、平成27年度から、緊急一時的に被害者などを避難させる必要がある場合には、ホテルなどの宿泊施設を利用するための費用を公費で負担するといったことがありますとおり、避難先というものも、万が一特定されれば本当に大きな恐怖心を生む場所になります。

見張りをしたり、押しかけたり、みだりにうろついたりする行為がつきまといになるわけですが、このつきまとい行為を、現に今所在している場所の付近という言葉に定義をされた、その背景についての御説明をお願いいたします。

(再掲。大阪府警)

2.実際にいる場所における見張り等

住居、勤務先、学校など通常いる場所に加え、あなたが実際にいる場所の付近において見張る、押し掛ける、みだりにうろつく行為が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたがたまたま立ち寄っていた店舗に押し掛ける
・あなたの旅行先のホテルの付近をみだりにうろつく

これまでの規制対象:住居、勤務先、学校等の通常いる場所
追加される規制対象:店舗、ホテル、公園等の実際にいる場所

2021年5月12日 小田部耕治 警察庁 生活安全局長

お答えいたします。

現に所在する場所の付近とは、行為者が相手方に対して見張り等をする時点におきまして、相手方が実際に所在している場所の付近を意味するところでございます。

今回、これが規制対象になるわけでございますけれども、例えば、これまでのストーカー事案に係る相談について見ますと、子供のスポーツの試合を観戦するために訪れていた学校のグラウンドでありますとか、相手方が客として訪れていた店舗、相手方が出演した演奏会場等が挙げられているところでございますけれども、委員御指摘のような相手方の一時的な避難先も、相手方が実際に当該場所に所在していれば、現に所在する場所に該当するものと考えております。

——————————————————–

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

そして、もう一点、この法律では、拒まれたにもかかわらず連続して文書を送付する行為をつきまとい等に追加しています。

(再掲。大阪府警)

3. 拒まれたにもかかわらず、連続して、文書を送る行為

電話、FAX、電子メール、SNSメッセージに加え、拒まれたにもかかわらず、連続して、文書を送る行為が新たに規制対象となります。

(例)
・あなたの自宅や勤務先に毎日手紙を送る
・あなたの自宅の郵便受けに直接手紙を何度も投函する

これまでの規制対象:電話、FAX、電子メール等
追加される規制対象:文書

2021年5月12日 牧島かれん 衆議院議員(自民党)

これにより、電話、ファクス、メール、手紙が対象になったというふうに思っておりますけれども、「拒まれたにもかかわらず、」という文言がここには入っています。
拒んでいますということをどのように意思表示するのかということも判断が難しい場面があるのではないかという気がいたしますので、「拒まれたにもかかわらず、」という文言がある理由と、仮に、今後、技術の発展とともに新たな手法を規制の対象にしなければならないような場合には法律改正をするお考えがあるか、お聞かせください。

——————————————————–

2021年5月12日 小田部耕治 警察庁 生活安全局長

お答えいたします。

連続して電話をかけるなどの行為自体は、日常生活におきまして一般的に行われ得る行為であることから、行為者の権利を保護する必要性もなく、相手方が行為者からの電話等を受忍しなければならない理由もないものに規制対象を限定するために、「拒まれたにもかかわらず、」と要件を設けたものと考えられるところでございます。

そして、この「拒まれたにもかかわらず、」という要件を満たすためには、行為者において、相手方が拒絶している旨を認識していることが必要となると解されておりまして、相手方が拒絶している旨を直接に行為者に告げた場合だけでなく、警察官や第三者を介して行為者に対して告げた場合も該当することになると考えております。

ただ、いずれにいたしましても、個別具体の事案に応じて判断されることとなると考えてございます。

また、委員御指摘のとおり、今後の技術の発展とともに、ストーカー事案におきまして新たな手法が用いられることも想定されることから、ストーカー事案の実情等を踏まえて適切な対応を取ることができるよう、今後とも状況を注視してまいりたいと考えております。

——————————————————–

牧島かれん議員による改正ストーカー規制法に関する質疑はまだつづきます。
残りは明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。