【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その5)。香西咲さんたち被害者のためにも、刑法の性犯罪の規定を早急に改正してほしいものです

現在、刑法の性犯罪の規定を変えるための作業が進行しています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日に、最終の検討会が開催されました。
本日も、当該検討会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会について>
2021年7月28日(その1)
2021年7月29日(その2)
2021年7月30日(その3)
2021年7月31日(その4)

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会(その5)

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<10ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

続いて、これまで検討会に御出席いただいた最高裁判所事務総局刑事局の市原課長からも御発言をお願いします。

——————————————————–

<10ページ>
2021年5月21日 市原 最高裁判所 刑事局第二課長

今回、この検討会に出席させていただく貴重な機会を頂きまして、お礼を申し上げたいと思います。
裁判所としましては、今回の検討会での議論等も踏まえまして、引き続き、研修等を通じて性犯罪の被害者の心理状態等の適切な理解に努めてまいりたいと考えております。
どうもありがとうございました。

——————————————————–

<10ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。
続いて、本検討会を終了するに当たり、事務当局である法務省刑事局から御発言をお願いします。

——————————————————–

<10~11ページ>
2021年5月21日 保坂 法務省 官房審議官

刑事局長の川原に代わりまして、私から発言させていただきます。

井田座長を始めといたしまして、皆様におかれましては、令和2年6月の第1回会合以来、本日の第16回会合までの間、1年間にわたりまして、大変お忙しい中、御出席いただき、様々な貴重な御意見を頂きました。
コロナ禍のためにウェブ会議を併用して会議を行うことになりまして、御不便もあったかと思いますが、皆様の御尽力によりまして、大変活発な御議論を頂くことができたと思っております。
事務当局といたしまして、改めて厚く御礼を申し上げます。

検討会におきましては、性犯罪に関する刑事の実体法・手続法の在り方に関する数多くの論点について、それぞれの分野の専門的知見や御経験に基づいて、皆様から幅広く御意見を頂き、本日取りまとめられた報告書におきまして、法務省としての今後の検討に当たっての視点や留意点をお示しいただいたと受け止めております。
法務省といたしましては、この取りまとめ報告書、さらには、これまで皆様から頂いたいろいろな御意見を踏まえまして、法改正の検討を着実に進めてまいりたいと考えております。

最後に、皆様におかれましては、今後とも法務行政に対しまして、変わらぬ御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

——————————————————–

<11ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。
それでは、これまで検討会に御出席いただいた法務省特別顧問の井上先生からも、御発言をお願いします。

——————————————————–

<11~12ページ>
2021年5月21日 井上正仁 法務省特別顧問(東京大学名誉教授)

井田座長を始めとして、皆様本当にお疲れさまでした。

昨年(2020年)6月から1年、16回にわたり、議論を積み重ねてこられましたが、先ほど審議官も触れられたように、コロナ禍の下、かなり多くの方がウェブ会議システムでの参加を余儀なくされるという非常に不慣れな形で、従来のような意味での一体性が欠けるところがある一方で、例えば、愛犬の鳴き声が聞こえたり、また、あれは仙台だったのではないかと思うのですけれども、窓の外からセミの盛んな鳴き声が聞こえてくるという、不思議な臨場感、親近感も感じられる中で、非常に精力的で真剣な議論であったと思います。

その議論の結果、様々な物の見方やアイデアが示され、多角的な視点、視角から、問題の全体像が明らかにされ、かつ、今後詰めるべき論点や課題が的確に整理されるに至ったのは、大きな成果だったと思われます。

私個人としては、ただ拝聴するだけでしたけれども、性被害の実態、実情について、いかにこれまで自分が認識不足であったかということを反省させられ、大きく目を開かされましたし、また、皆様とはかなり年代が違って、昭和の古い世代なものですから、いかに自分が無意識にいろいろな固定観念に縛られていたかということをも自覚させられ、考え直させられることが多々ありました

各委員の御意見は一様ではないと言いますか、率直に申して、相当対立し、異なっていますけれども、今後、これを基に、主要な各論点について具体的な結論を得るべく、そして更に法改正が必要な点については、それに向けて一層検討を進めていくことが必要になります。
それに当たっては、それぞれの論点、問題について、実質的な、言わば裸の必要性や妥当性について議論を深めるのはもちろんですけれども、刑法や刑事訴訟法という一国の基本法令の改正に関わる事柄ですので、それぞれの点についての法理論的な根拠付けや技術的な点の詰め、さらには、各事項相互の関係や法制度全体の中での整合性という点についても、より立ち入った検討が必要になる。
本検討会でも、ある程度は議論がなされたわけですけれども、まだまだ詰めるべきところが多々残されているというのが正直なところですので、今後、それらについて、更に一層検討を進めていっていただければと思います。

その意味で、なお「道半ば」というのが正確なところだと思いますけれども、同時に、今回の検討は、踏み出さなければならないステップですし、越えなければならない一つの山であったことも確かで、そのステップを刻み、一山越えたということは、やはり大きな意義があったと思います。
その意味で、皆様のこれまでの非常に熱心な御議論、御献身に対し、深く敬意を表する次第です。

どうもありがとうございました。

——————————————————–

<12ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。

最後に、本検討会を終了するに当たり、私からも一言お礼を申し上げます。

何よりも委員の皆様には、このコロナ禍という未曽有の事態の下で、ただでさえお忙しいお立場に、更に負荷の掛かる状況下で、この検討会のためによく準備して臨んでくださり、また、議論を進めるために私から議論の枠組みをお示しするようなことも随分とさせていただいたにもかかわらず、快く御協力くださり、高度に専門的な議論を積極的に展開してくださったことに対して、心よりお礼を申し上げます。

取り分け法律家は、事後にその事実をどのように証拠により証明するかという、そういうワンクッションを加えた思考様式が頭に組み込まれておりますし、また、現行法の性犯罪以外の規定や現行法の諸制度との理論的な整合性ということに、どうしても頭がいってしまいますので、被害者の保護という観点からしますと、保守的・微温的であり、歯がゆいという感覚をお持ちになった委員もいらっしゃるかと思います。
とはいえ、委員のそれぞれが、恐らくは御自身の思いとの間で若干の葛藤を抱きながらも、最終的な報告書案には同意してくださり、委員の総意で取りまとめができたということは、大変大きな成果であると思っております。
私も、幾つか外国におけるこの種の報告書に接しておりますけれども、それらと比べても決して引けを取らない、どこに出しても恥ずかしくない報告書になったと考えております。
もちろん、井上顧問のおっしゃったように、次のステップが大変で、意見が厳しく対立しているところを、一定の方向に収れんさせていくという骨の折れる作業がこれから行われなければならないわけですが、法務省には、この報告書に対する各方面からの御意見を広く伺っていただき、その上で、この検討会における到達点を言わば足場にして、ありうべき法改正に向けて、更に検討を深めていただくことをお願いしたいと思います。

最後になりますが、正に「last but not least」と言うべきですが、法務省刑事局の皆さんにもお礼を申し上げたいと思います。
この1年間、裏で支えていただかなかったとすれば、到底これだけ高いレベルの取りまとめ報告書をまとめることはできなかったと思います。
24時間対応、週末休日返上で御尽力くださった刑事局の皆さんには、その並外れた知力、精神力、そして体力に、委員を代表して深く敬意を表するとともに、心から御礼申し上げたいと思います。
大げさではなく、全身全霊、命懸けでサポーしてくださったと感じております。
本当にありがとうございました。

本日予定していた議事はこれで終了いたしました。

本日の議事につきましては、特に公表に適さない内容に当たるものはなかったと思われますので、発言者名を明らかにした議事録を作成して公表したいと思います。
そうした扱いとさせていただくことでよろしいでしょうか。

(一同了承)

ありがとうございます。それでは、そのような扱いとさせていただきます。

これをもちまして、「性犯罪に関する刑事法検討会」を終了いたします。

どうもありがとうございました。

——————————————————–

(再掲)
(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう

法務省はどのような改正要綱案を作成するのでしょうか。
上川陽子法務大臣の指導力に期待をしております。
ちなみに上川法務大臣は、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」の会長でもあります。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。