【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その2)。香西咲さんたち被害者のうったえが、世論を喚起しました。人々のこころを穿ちました

刑法の性犯罪の規定を改正するための作業が、精力的に進められています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日に、最終の検討会が開催されました。
本日も、当該検討会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会について>
2021年7月28日(その1)

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会(その2)

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3ページ>
2021年5月21日 上谷さくら 委員(弁護士)

この検討会における私の使命は、実務家として、性犯罪被害者の方が刑事手続に関してどのように困っているのかという実情を伝えるとともに、それに関わる現実的な法的課題を指摘することと考え、その観点から意見を述べたつもりです。
この検討会では、委員の方の様々な意見を聞くことができ、たくさんの気付きがありました。
立場によって、見る世界も考え方も異なっているため、刑事法が被害者の被害回復に助力する難しさを痛感することもありました。
しかし、自分では思い付かなかったアイデアもたくさん出され、私自身の理解も深まり、新たな問題意識に気付くこともできました。
私の被害者支援のスタンスは、被害者が少しでも被害前に戻れるようになってほしい、被害から回復してほしいということに尽きます。
検討会で得られた知見を実務に持ち帰り、今後の被害者支援に生かしていきたいと思います。

検討会の進め方としては、本音を言うと、全員の委員の方と実際にお会いしてお話ししたかったという気持ちがあります。
しかし、コロナ禍にあって、オンラインを活用しながら1年足らずで16回もの検討会が開かれ、議論が交わされたことに感謝いたします。
事務局の皆様には、毎回大変な調査や準備をしていただき、本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼を申し上げます。

私の法律事務所の相談室では、何百人もの性犯罪被害者の方が涙を流してきました。
今回の取りまとめが被害者を救う法改正につながるよう、今後の動きにも注目しています。

——————————————————–

<3~4ページ>
2021年5月21日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

今回の検討会では、何といっても、被害を公表された方(山本潤さん)が委員として参画されて、直接議論させていただくことができたというのは、非常に重要だったと思っております。
改めてお礼申し上げたいと思います。

個人的には、従来から準強制性交等の刑法178条をもっと活用すべきであるという意見を持っておりまして、報告書の中でもその点に触れていただいているのではないかと思います。

ただ、今後、刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)といった条文の枠にとらわれずに、現実の犯罪実態に合わせた柔軟な対応も視野に入れて議論することが重要なのかなと思っております。

貴重な検討会に参加させていただきまして、ありがとうございました。

——————————————————–

<4ページ>
2021年5月21日 小島妙子 委員(弁護士)

1年間参加させていただき、本当にありがとうございました。

この検討会を通じて、この問題は、私たちがどういう社会を構想するのかということだと思いました。
刑法は最低限度のルールを定めるという意味では、社会のベースラインをどのように設定するかということだと思っております。
性交するには同意を取らなければならないと考えるのか、嫌と言わないのだから同意を取らなくても性交してもよいと考えるのか、嫌と言えない関係があるということを理解して、同意を取り付けなければならないと考えるのか。
私は、他者と性的行為をする場合の同意の概念について、社会通念や規範を変えていくことが必要だと思っております。

国連の女性に対する暴力の特別報告者であるドゥブラフカ・シモノビッチ氏から、レイプに関する報告書が発表されており、各国はレイプの定義の中心に同意の欠如を明示的に含めるべきであると勧告しています。
詳しくは、本日配布された要望書を御覧いただければと思います。

本検討会の議論が、女性やセクシュアルマイノリティ、子供、障害者など、政治的、経済的、社会的に脆弱な地位に置かれている人々の性被害が適正に処罰される社会を作り上げていくための一歩となること、法制審議会が速やかに開催され、被害者はもとより、市民社会の人々が求める法改正が実現されることを期待いたします。

本当にありがとうございました。

——————————————————–

<4~5ページ>
2021年5月21日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

参加させていただいてありがとうございます。
井田座長、事務局の皆様にも大変お世話になりました。

私は、この検討会での自分の使命・役割というのは、やはり、被害者の実態をお伝えすること、特に、分かりにくい実態をお伝えすることと、例えば、医学的・心理学的な知見を述べることなのかなと思って、やってきたつもりです。

実は、前回の改正のときに法制審議会に参加させていただいたのですが、そのときとは専門家の認識も変化してきているし、それこそ構成メンバーも、私が思う適正な状況に近づいてきたのかなと思っています。
以前は、今回と同じように実態をお話ししても、それから、医学や心理学の領域の中では本当に常識であるようなお話をしても、何か非常識なことを言っているような感じで受け止められている感覚がありました。
実際はそうではなかったのかもしれませんけれども、主観的には何かそういう思いを抱くことがありましたが、今回は、実態の認識としては、専門家の方々も一致していることがあるのだなと思うことが、かなりあったと思います。

一方で、それでも、実態に沿った法律を適正に作っていくということには非常に困難があるし、まだ理解されていないところもあると感じております。

今後、更に検討していただきたいことというのは、たくさんあるのですが、一番気になっていることを挙げさせていただくと、やはり、パワーの差のある中で起こる被害というのは非常に分かりにくいということを、みんなに知ってもらいたいということですね。
その典型が、子供とか若年者とか障害のある方とか、そういう方への犯罪行為ですけれども、そのような、簡単にノーと言ったり抵抗したりできない状態で行われる犯罪行為を適正に罰することができる刑法を目指していただけたらと、目指せるといいと思っております。

それからもう一つ、性的虐待、これは監護者だけでなく、様々な形での子供への性的虐待というものがありますけれども、本当にその後の人生への影響が甚大です。
めちゃくちゃになると言っても過言ではない、かつ、訴えることさえ難しいわけですね。
被害の認識も難しい。
そういう中では、公訴時効の延長ということは、この形の被害に関してはどうしても実現していただきたいなと、今も強く思っております。

本当にありがとうございました。

——————————————————–

<5ページ>
2021年5月21日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

この度は、本当に貴重な議論に参加させていただいてありがとうございました。

領域が異なると、その前提となる考え方であるとか、物の見方であるとか、見えている世界も異なると思いますけれども、会議に参加された委員の皆様が、現実に起きている被害の話に真摯に耳を傾け、理解しようと努めてくださったことに、本当に心よりお礼を申し上げたいと思います。

一方で、会議の席上で話されたことというのは、現実のほんの一部にすぎず、性暴力・性犯罪被害の支援の現場では、深刻な状況が発生し続けています。
刑事手続の中で傷ついて、あるいは、そこに至ることもできずに、被害の影響を受けながら、どうやって生き延びるかということを日々模索している人たちに、私たちはお会いし続けているわけです
心理学や精神医学から見て、人間の心理を理解していたら自然な心理だと考えられることが、法律ではそうとみなされずに、不自然だとか不合理だと言われてしまう現実というのは何なのだろうということを、私はずっと考え続けてまいりました。

これから場を移して法改正に向けて更に議論が重ねられることと思いますが、性暴力被害の実態や人の心理を知っていただいて議論を重ねていただきたく存じますし、性的同意に関しては、世界で既に知見が積み上げられておりますので、そうした知見にも一層関心を寄せていただければと考えています。

心理支援の立場から申しますと、被害届が出せなかった方にも、不起訴になった方にも、刑事手続で傷ついた方にも、刑事手続で救われた方にも、その人の状態に沿った心理支援を誠実に行うということに変わりはないですし、どのような状態からでも人は回復する力を持っていると感じています。
ただ、一人でも多くの理不尽な経験に傷ついた被害者の方が、本来ならば公正に判断されるはずの場で、これ以上司法に理不尽に傷つけられることのない社会になるようにということを願っております。

また、会議の席上でも申しましたけれども、セクシュアリティやジェンダーの無理解によって不適切な扱いをされることがなく、全ての被害者の尊厳がきちんと守られて適切に判断されるということを、切実に願っております。

本当に1年間ありがとうございました。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。