【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その1)。香西咲さんたち被害者のうったえが固陋な刑法(悪法)を変えようとしています

刑法が改正されるまでの手順を確認します。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会

2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会で、取りまとめ報告書が採択されました。
当該検討会議事録を参照します。

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<1ページ>
2021年5月21日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

ただ今から性犯罪に関する刑事法検討会第16回会合を開催させていただきます。

——————————————————–

<1ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

おはようございます。
本日も御多用のところ御出席いただき、誠にありがとうございます。
本日、川出委員におかれましては、所用のため遅れて出席される予定です。
まず、お配りしている資料について、事務当局から確認をお願いします。

——————————————————–

<1ページ>
2021年5月21日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

○浅沼刑事法制企画官 本日、議事次第及び前回会合における御議論を踏まえて修正した「「性犯罪に関する刑事法検討会」取りまとめ報告書(案)」、前回配布後に新たに団体から法務省に寄せられた要望書をお配りしております。

——————————————————–

<1~2ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、議事に入りたいと思います。

前回会合でお示しした「取りまとめ報告書(案)」につきまして、皆様から頂いた御意見を踏まえて修正を行いました。

本日は、この修正後の報告書案を基に、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います。

委員の皆様には、事前に修正後の報告書案をお送りいたしましたので、既に御一読いただいているかと思いますが、更なる修正の御意見がございましたら、御発言をお願いできればと存じます。

お、本日遅れて出席予定の川出委員からは、事前に、修正意見はないとの御連絡を頂いております。

(一同、発言なし)

特に御意見もないようですので、この内容で本検討会の取りまとめ報告書とさせていただくということでよろしいでしょうか。

なお、川出委員からは、事前に、取りまとめについては座長に一任する旨の御連絡を頂いております。

(一同了承)

ありがとうございました。
それでは、この内容で本検討会の取りまとめとさせていただきます。

報告書の「第4 終わりに」にありますとおり、法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪に対してより適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めるよう、お願いしたいと思います

それでは、残りの時間につきましては、委員の皆様にお一人ずつ、本検討会を振り返っての御感想等を述べていただければと思います。

本検討会においては、令和2年6月から約1年間にわたって、密度の濃い充実した議論を行い、検討会の総意として、本日報告書を取りまとめることができました。

コロナ禍に見舞われた中での会合でしたので、多くの委員の方とは相互にモニター越しでの議論となりましたが、冷静で、検討の対象となった事柄に集中した、質の高い意見交換が可能になったというメリットもあったように感じられ、オンライン方式でも、参加する委員の努力と協力により、実のある議論を行うことができるということを示すことができたと思われます。

本日は、本検討会において委員の皆様から御発言いただく最後の機会になりますので、この約1年間の議論を振り返っての御感想、あるいは今後の検討に向けた御要望など、どのようなことでも結構ですので、それぞれお一人2分以内を目途に御発言いただければと思います。

ただ、またここで白熱した論争が勃発してもいけませんので、他の委員の御発言は寛容にお聞きいただき、御自分の発言のときに御自身の思いを披れきしていただければ幸いでございます。

それでは、委員名簿の順に指名させていただきますので、指名されましたら御発言を頂きたいと思います。
なお、本日遅れて出席予定の川出委員には、最後に御発言いただきます。
それでは、池田委員からお願いします。

——————————————————–

<2ページ>
2021年5月21日 池田公博 委員(京都大学教授)

今回、多岐にわたる論点について議論をするに当たりまして、適切な取りまとめをしていただきました井田座長、また、コロナ禍でのオンライン会議の実施という前例を見ない取組や、意見要旨の取りまとめ等について、いずれも周到かつ適切なお手配及び御準備を頂いた事務当局の皆様に、まずはお礼を申し上げます。

井田座長からは、検討会の冒頭で、議論に臨むに当たっては、複数の専門家がそれぞれの立場からの知見を提供し合い、かつ、それぞれに足らざるところを謙虚に学び合い、補い合うこと、理解し合い、合意に至ることについて、お話がありました。
私としても、委員の皆様から示される様々な視点からの御意見を伺うことで、私自身の多くの欠落を認識し、これまで理解していたところの意味を改めて問い直しながら、議論に参加してまいりました。

私の専攻する手続法との関係で申し上げますと、例えば、性犯罪について、公訴時効の完成を遅らせることや、司法面接的手法で得られた供述を証拠として特に許容することについて、それらを採用しない理由も相応に存在するものですが、今回の検討では、それで終わることなく、さらに、性犯罪被害の実相を含む多様な観点からの御指摘を踏まえて、その必要性を一層深掘りし、それに応じて、その当否の評価も重ねて吟味した上で、これらを実現するための課題や具体的な制度の在り方にまで及ぶ議論がされました。
これは、座長の示された、補い合いつつ合意に至るという姿勢によって議論を進めることが、有意義な前進をもたらした例と考えております。
この間、寛容さを持って議論を深めてくださった委員の皆様に、心よりお礼を申し上げます。

もちろん、なお検討を要する点も多く残されており、今後も議論は続きますけれども、それにどのような立場で関わるにしても、運用も含めてより適切な制度の構築に至るよう、この検討会の議論を基礎にして、更に検討や理解を深めてまいりたいと考えております。

——————————————————–

<2~3ページ>
2021年5月21日 金杉美和 委員(弁護士)

1年間にわたって、立場や考え方の異なる様々な委員からの意見に耳を傾けていただき、本当にありがとうございました。

この検討会に御参加の皆様方はそんな疑問をお持ちにならないかもしれませんが、私のように「刑事弁護に力を入れています。」と言いますと、こういうふうに尋ねられることが度々あります。
「悪い人をどうして弁護するのですか。」と。
私はいつもこのように答えています。
「悪い人かどうかは、刑事裁判でその人が悪いことをしたということが決まるまで、分からないのです。」と。

性犯罪は許されないと思いますし、性被害に遭われた方々に対する支援は、刑事裁判で有罪が確定しなくても、広く網を掛けて行われるべきだと思います。
性被害の相談を受けて支援する方々が、当事者の訴えを全面的に受け止めて、被害があったことを前提として全力で支援されることも、また当然のことだと思います。

ただ、殊、刑事裁判で、性犯罪があったかどうかが争われている場面においては、被疑者・被告人の防御権や適正な手続の下で公平な裁判を受ける権利がないがしろにされることは許されません。
一旦疑われたが最後、十分に防御することもできず有罪になってしまうような構成要件や公訴時効の在り方、証拠法にすることは、実際には罪を犯していない市民から、国が過って自由を、時には命を奪うという、取り返しのつかない国家犯罪につながりかねません。
このような立場から、今回の刑事法改正には、基本的には慎重な意見を述べさせていただきました。

しかしながら、被害者支援の観点から意見を述べておられる委員の方々も、また刑事弁護の観点から意見を述べている私を含む委員も、立場は違えど、より良い刑事法の実現という同じ目的のために協働しているものと理解しております。
今後の法制審議会等の議論におきましても、車の両輪として、被疑者・被告人の権利を後退させることのないよう、刑事弁護の立場からの意見にも十分に配慮した慎重な議論をお願いしたく、私の最後の意見とお願いとさせていただきます。

1年間にわたり、本当にありがとうございました。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。