《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(22)。泣き寝入りをしない香西咲さんたち被害者が再生できる刑法となってほしいものです

刑法の性犯罪の規定は、性犯罪者を守るために存在しています。
被害者は泣き寝入りをするしか術(すべ)がありません。
いま、この刑法を改正するうごきが進行しています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)
2021年7月22日(その19)
2021年7月24日(その20)
2021年7月25日(その21)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その22)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

(前略。)
本日の最後に、「検討すべき論点」の第2の
「2 起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、当時の法務大臣の指示によって、法務省において、別途、法改正に向けた具体的な検討を行うことにしたという経緯がありました。

——————————————————–

昨年(2020年)の9月4日におこなわれた「法務大臣閣議後記者会見」をふりかえってみます。

(2020年9月4日 法務省 法務大臣閣議後記者会見より、引用。)

2020年9月4日 森まさこ 法務大臣
(前略。)
続いて、私から1件御報告がございます。
先般、「性犯罪に関する刑事法検討会」において、今後検討すべき論点が確定したところですが、そのうち、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、法改正に向けた具体的な検討を加速することとしました。
(中略。)
多岐にわたる論点のうち、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、他の論点との関連性が低く、独立して検討を進めることができるように思われますし、被害者保護の観点から、被害者の氏名等を一定の場合に被告人に秘匿するという方向性自体にはほぼ異論がないように思われます。

この論点については、平成28年の刑事訴訟法の改正当時からの検討課題であり、改正法の附則に基づく検討に資するために行われている、法曹三者及び警察庁の担当者による「刑事手続に関する協議会」においても、協議が行われてきたところであり、それらを活用することも可能であると思われます。

そこで、この度、私の判断で、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、「性犯罪に関する刑事法検討会」において検討すべき他の論点についての検討を待たずに、別途、法改正に向けた具体的な検討を加速するよう、事務方に指示いたしました。

法務省としましては、今後とも、被害者保護のより一層の充実強化に向けて、適切に対応してまいります。
——————————————————–

2020年9月4日 記者
今、御発言がありましたが、被害者保護を目的とした起訴状などの被害者氏名の匿名化について、今後の具体的な検討の方向性やスケジュールをお聞かせください。
——————————————————–

2020年9月4日 森まさこ 法務大臣
法改正に向けた加速化という指示を私からしたところでございますので、法改正をするということになれば、いずれかの段階で法制審議会に諮問することが必要になると思われますが、まだ指示を出したばかりでございますので、今後のスケジュールは確定しておりません。
いずれにせよ、速やかに作業するように指示をしたところでございます。

——————————————————–

20日後(2020年9月24日)に開催された第6回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

(2020年9月24日 第6回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

2020年9月24日 岡田 参事官(法務省)
(前略。)
(略)「2 起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、(略)、法務大臣の指示により、別途、法改正に向けた具体的な検討を加速して行うこととなりました。
今後、この論点については、法務省において検討を進めていくこととなりますが、法改正に向けた方向性が定まりましたら、本検討会において、委員の皆様に御報告したいと考えております。
(後略。)
——————————————————–

2020年9月24日 井田良 座長(中央大学教授)
検討会の論点に含めたところではございますけれども、法務省の方で切り離して法改正に向けて手続を進めたいということですので、検討会としても問題ないのではないかと思います。
今の説明につきまして何か御質問はございますでしょうか。
——————————————————–

2020年9月24日 宮田桂子 委員(弁護士)
質問というよりは、意見です。
私は、冒頭で、この件については、別の協議会で協議していることについて御指摘申し上げました。
そのような状況を踏まえた上で、この検討会において、多数決で、起訴状における氏名秘匿の件はここで検討しようということになりました。
つまり、被害者の方々の生の声をここで明らかにするという御趣旨であったかと思います。
そのように、この検討会で多数決によって入れた論点を、後から大臣の方でひっくり返す。
検討会が自律的に議論すべきところについて、大臣が論点を変えさせる進行の仕方そのものに対して、私は疑義を持つものでございます。
もちろん、早く進行すること自体が悪いというつもりはありませんが、手続の問題として、これはいかがなものかと考えた次第でございます。
——————————————————–

2020年9月24日 岡田 参事官(法務省)
御意見については、事務当局として受け止めさせていただきます。
このような形で進めさせていただきますけれども、先ほど申し上げましたとおり、法務省における検討が進みましたら、また御報告をさせていただきたいと思っております。
——————————————————–

2020年9月24日 井田良 座長
その報告を受けた後、御意見があれば、この検討会でも存分に御意見を言っていただくということになろうかと思います。
よろしいでしょうか。
(一同了承)

——————————————————–

ふたたび第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録に戻ります。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

その検討について、事務当局から10分程度で報告をしていただきます。
お願いします。

——————————————————–

<23~24ページ>
2021年4月12日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

本検討会における「検討すべき論点」に掲げられております、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、現在、法務省において法改正に向けた具体的な検討を進めているところであり、その検討状況について御説明します。

まず、本検討会の論点となっていた起訴状における被害者の氏名等の秘匿措置について御説明します。
刑事訴訟法上、公訴の提起は起訴状を提出してしなければならず、起訴状には、公訴事実を記載しなければならないこととされています。
そして、起訴状謄本は被告人に送達しなければならないことから、そのまま送達すると、公訴事実として記載された被害者の氏名等が被告人に知られることにより、性犯罪を始めとして、被害者の名誉・プライバシーを著しく害したり、加害行為等がなされるおそれがある場合があります。
そこで、起訴状謄本の送達に際して、被害者の氏名等が被告人に伝わらないようにするため、検察官が起訴するときに被害者の氏名等の記載のない起訴状抄本を提出し、裁判所は抄本を被告人に送達するとともに、被告人の防御への配慮として、弁護人には、被害者の氏名等を被告人に知らせてはならない旨の条件を付して起訴状謄本を送達する、被害者の氏名等が秘匿されることにより被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあるときは、被告人側の請求により被害者の氏名等が明らかにされる仕組みとすることを検討しております。

次に、本検討会でも御指摘のあった、捜査手続における被害者の氏名等の秘匿措置について御説明します。
刑事訴訟法上、逮捕状及び勾留状には、被疑事実の要旨を記載することとされ、被疑者の弁解録取手続においては、司法警察員及び検察官は、被疑者に犯罪事実の要旨を告げることとされています。
また、被疑者の勾留質問手続において、裁判官は、被疑者に被疑事実を告げなければならないこととされています。
そして、逮捕状・勾留状の呈示、弁解録取手続又は勾留質問手続において、被疑事実の要旨や犯罪事実の要旨をそのまま呈示したり告知したりすると、起訴状の送達と同様、被害者の氏名等が被疑者に知られることにより、性犯罪を始めとして、被害者の名誉・プライバシーを著しく害するなどのおそれがある場合があります。
そこで、捜査段階において、被害者の氏名等が被告人に伝わらないようにするため、検察官又は司法警察員が、裁判官に対し、被害者の氏名等の記載のない逮捕状の抄本の交付を請求し、被疑者には裁判官から交付された抄本を呈示する、検察官が、裁判官に対し、勾留質問時の被疑事実の告知を被害者の氏名等を明らかにしない方法で行うことや被害者の氏名等の記載のない勾留状の抄本を交付することを請求し、裁判官はその方法で勾留質問を行い、被疑者には裁判官から交付を受けた抄本を呈示するなどの仕組みを設けるとともに、被疑者の防御への配慮として、被害者の氏名等が秘匿されることにより被疑者の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあるときは、被疑者側の請求により被害者の氏名等が明らかにされる仕組みとすることを検討しております。

さらに、起訴後に行われる証拠開示等の段階においても、被告人の防御への配慮をしつつ、被害者の氏名等が秘匿されるようにするため、証拠開示の際の被害者特定事項の秘匿の要請、証拠開示における秘匿措置、裁判書の交付請求などについても、必要な措置を採ることができる仕組みとすることについて検討しております。

ただ今御説明した仕組みについては、引き続き検討を進めているところであり、今後変更される可能性がございますが、現段階での検討状況の御報告は以上です。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

この点について、何か御発言、御質問はございますか。

——————————————————–

上谷さくら 委員(弁護士)

秘匿によって防御上不利益なときは、その特定事項を通知するというところについて、防御上不利益なときというのは、どういうケースが想定されているのでしょうか。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 吉田 刑事法制管理官(法務省)

具体的にどのような文言を用いるかというのは検討中の段階であり、今後、その文言を確定しつつ、その意味内容も更に詰めるということになりますので、防御上の不利益の内容について、現時点では具体的なお答えは差し控えたいと思います。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。よろしいですか。
それでは、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
についての報告は、ここまでとさせていただきます。

では、次回は、修正した報告書案を基に、再度、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います。

——————————————————–

(再掲。井田良 座長)
次回は、修正した報告書案を基に、再度、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います

明日は、性犯罪に関する刑事法検討会の最後の会合でどのようなことが話し合われたのかをみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。