《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(21)。香西咲さんたち被害者を救済していない刑法は、今後、変貌を遂げる予感がします

刑法の性犯罪の規定が改正されるのは必定です。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)
2021年7月22日(その19)
2021年7月24日(その20)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その21)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

(参考。報告書案の「終わりに」)

第4 終わりに

本検討会においては、刑事の実体法・手続法に関する多岐にわたる論点について、各委員がそれぞれの専門的知見に基づき、現行法の基本的枠組みや刑事法の諸原則との整合性にも留意しつつ、幅広い観点から活発に議論を行った結果、今後の法整備に向けた検討に際しての重要な視点や留意点を示すことができた。

法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪がその被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し、より適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めることを期待したい。

また、性犯罪に適切に対処するためには、言うまでもなく、刑事法の整備だけでなく、性犯罪の被害者に対する支援、性犯罪による被害や二次被害を生まないための教育・啓発、性犯罪者の再犯防止のための施策の充実を含めた総合的な取組が求められる。

政府においては、引き続き、そのような視点から、性犯罪の根絶に向けて取り組んでいただきたい。

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。

社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

——————————————————–

<21ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

本当に必要なことがぎゅっとまとまった文章だなと思っているので、付け加えることがすごくあるということではないのですが、
刑事法の整備だけでなく
というところに、運用とか司法判断において科学的知見をきちんと踏まえていただきたいという、その科学的知見がもっときちんと調査研究によって積み重ねられることを、それは政府全体の方針もそうだと思うのですけれども、それを望みますというようなことを入れていただけると有り難いなと思いました。

——————————————————–

<21ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
検討いたします。

——————————————————–

(再掲。齋藤梓 委員)
運用とか司法判断において科学的知見をきちんと踏まえていただきたいという、その科学的知見がもっときちんと調査研究によって積み重ねられることを、それは政府全体の方針もそうだと思うのですけれども、それを望みますというようなことを入れていただけると有り難いなと思いました

昨日の当ブログで参照したとおり、齋藤梓委員の発言のあと、山本潤委員も、同種の要望をおこなっています。
2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書では、齋藤梓委員と山本潤委員の要望が取り入れられました。
あらたに以下の文章が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61ページ>

十全なる被害者保護の実現のためには、科学的知見を踏まえ、被害者の負担にも配慮した適切な証拠採取や、心理学的・精神医学的知見をも踏まえた適切な事実認定・判断などを通じて、より適切な刑罰法規の適用がなされることが必要であるし、

——————————————————–

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

(略。)

<22ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

すみません、先ほどお伝えし忘れたのですけれども、最後の段落のところで、
社会や価値観の多様化に伴い
というのがあるのですが、デジタル性暴力など性犯罪の形式自体が多様になっているという観点が入ると、なお良いのではないかなと思いました。

——————————————————–

<22ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

どういう言葉があるといいですかね。
何か良い言葉がもしあれば。

——————————————————–

<22ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

科学技術の発展に伴って新しい形の性犯罪が現れている
というような文章があるといいのかなと思いました。

——————————————————–

<22ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討させていただきたいと思います。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<59ページ>

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。
社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61~62ページ>

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえて、性犯罪に関する刑事法の在り方について検討したものにほかならない。
しかし、時代の変化により性犯罪の態様も変わり得るし、社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得るであろう。
今後も継続して、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論を行っていく必要があることを特に強調して、本報告書の結びとしたい。

上述のとおり、取りまとめ報告書では、
しかし、時代の変化により性犯罪の態様も変わり得るし、
の文言が付け加わりました。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<22~23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

いかがでしょうか。
「第4 終わりに」
のところで、皆さんから、かなりたくさんの御意見を頂いたと思うのですが、ほかにございますか。
よろしいですか。
それでは、
「第4 終わりに」
についての議論は、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

本日頂いた御意見を踏まえて報告書案を修正して、次回会合では改訂版をお示しし、できればそれを最終版としたいと思っております。

具体的な修正の仕方については、恐縮ですけれども、私に御一任いただいて、次回会合までに事前に改訂版の案を委員の皆様にお送りした上で、事務当局を通じて御意見を頂き、調整するようにしたいと思います。

これもお願いですけれども、多くの御意見を頂いたわけですが、その全てをそのまま反映できるものではないということも御理解いただきたいと思います。

報告書案については、事前に、一部の委員から、まとまりに欠ける、分かりにくいという御意見も述べられたと聞いています。
様々な御意見を正確に書き込もうと努力した結果として、まとまらない印象が出てくるという面もあると思います。
報告書という形にするためには多少の取捨選択は必須のことであって、いかにそれを偏りのない立場から、それも非常に難しいのですけれども、そのようにまとめるということで我々は努力したということを御理解いただきたいと思います。

議論の細かいことを見るのであれば、議事録を見ればよいわけですので、議事録とは別に取りまとめを行う以上は、議論全体の流れがどういうものであったか、あるいは、議論における各意見の位置付け、論点ごとのバランスのようなものも考慮しなければいけないのは当然であると思われます。
類似の意見は一つにまとめてみたり、あるいは言葉を少し削らせていただいて、趣旨を正確に理解できる最小限の内容にとどめたりする、そうしないと本当に膨大なものとなって、結局議事録の内容をそのまま足したようなものになってしまいますので、それでは取りまとめにはならないということで、この報告書案はそういった観点から作成したものであり、これを修正するに当たっても、そういった観点からの意見の採否・取捨選択ということは当然しなければなりませんので、このことは是非御理解いただきますようお願いいたします。

そういう形で進めさせていただくことでよろしいでしょうか。

(一同了承)

ありがとうございます。
それでは、そのように進めさせていただきます。

——————————————————–

明日も、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。