《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(14)。香西咲さんたち被害者のうったえがうねりとなり、刑法はおおきく変わろうとしています

法務省は、昨年(2020年)の3月31日に、刑法の改正を審議する検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)を設立しました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

上述のとおり、2021年4月12日に、第15回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録を参照します。

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その14)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<15ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

(略)、次に、
「(8) 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」
について、報告書案の修正に関する御意見がありましたら、お願いします。

——————————————————–

<15ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)40ページの上から1行目なのですけれども、
などとして、処罰規定を設けるべきとする意見が多く述べられた
ということで、同意なく性的な姿態を撮影する行為を処罰する処罰規定を設けるべきとする意見が多数述べられたというように終わっています。

(参考。取りまとめ報告書(案)の39~40ページ)
(8)性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
ア 処罰規定
他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

(イ) 新たな処罰規定を創設することの要否・当否に関する議論
④ 撮影データやその記録媒体を没収・消去の対象とする前提として撮影行為を処罰対象とする必要性が高いなどとして、処罰規定を設けるべきとする意見が多く述べられた

こういった意見が多数であったということは私も理解しているので、これで構わないのですが、ただ、第13回会合で、私は、最後に、これまでは処罰の必要性について立法事実があると考えてきたので、強く反対はしませんでしたがということで、不同意性交や不同意の在り方の規定の議論状況からすると少し懸念がありますという意見を言わせていただきました。

その点を入れていただきたいなという意見です。修正案につきましては、意見書の5ページで具体的に述べさせていただいていますので、ここでは申し上げませんけれども、それに対して懸念を表する意見があったということは入れていただければなと思います。

私の意見に対しては、佐藤委員からも、そもそもそういう事態が生じないように処罰範囲を明確にする必要があると、そこが大前提で大切だという御指摘もありましたし、かつ、上谷委員からの御反論があったということも承知しています。

それも記載していただくのであれば、併せてでも構わないと思うのですが、触れてはいただきたいなと思います。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

御意見としては、一切そういう規定を設けるべきではないという御意見だと理解してよろしいでしょうか、あるいは、適用範囲を限定した上で考えるべきだという御意見なのでしょうか。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

最後に述べた意見としては、この処罰規定は設けるべきではない、現在生じている不利益や法益侵害に対する対処としては、撮影行為そのものを処罰する規定を設けるのではなくて、流出させる行為を処罰する、あるいは有罪判決を前提としない行政没収等で対応すべきだという趣旨です。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。

——————————————————–

先日(2021年5月21日)確定した取りまとめ報告書では、以下の記述となりました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<39~40ページ>

④ 撮影データやその記録媒体を没収・消去の対象とする前提として撮影行為を処罰対象とする必要性が高いなどとして、処罰規定を設けるべきとする意見が多く述べられた一方で、

⑤ 強制性交等罪の暴行・脅迫の要件の改正内容によっては、行為者の側が、認識の相違による被害申告等に備え、相手方の同意の存在を立証するため、撮影の同意を得ないまま性交等の一部始終を撮影することが起こり得るところ、そうであるとすれば、撮影行為を処罰する規定を設けるべきではない
(といった意見も述べられた。)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)42ページの「(オ) 小括」のところなのですけれども、
今後の検討に当たっては、被害者の意思に反する性的姿態の撮影行為を処罰する規定を設ける場合には

(参考。42ページの「小括」)
(オ) 小括
以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、被害者の意思に反する性的姿態の撮影行為を処罰する規定を設ける場合には、処罰の必要性のある範囲に限定するとともに、その要件の明確性に留意しつつ、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。
また、意思に反して撮影された性的姿態の画像を第三者に提供する行為などを処罰する規定を設ける場合も、同様に、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

とあるのですけれども、私が受けた印象では、ただ今、金杉委員から基本的には必要ないという意見が出ましたけれども、ほとんどの人が処罰の規定を作る必要性が高いという認識に立って発言をされていたと考えています。

ですので、新しく創設する必要性が非常に高いのだという意見が大多数を占めており、その上で、その規定を設ける場合にはというようなニュアンスにしていただきたいというのが私の要望です。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

小括に書き込むべきだということですか。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

小括です。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ここは目立つからということでしょうか。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

はい。
多分、全部読めない人がたくさんいると思うので。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

御意見として承りました。
検討させていただきたいと思います。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照しました。
文面は変わりませんでした。

<16ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

今の小括に書き込むべきという上谷委員の意見には反対であることを取りあえず述べたいと思います。

取りまとめ報告書(案)の)40ページの一番上の行の「処罰規定を設けるべきとする意見が多く述べられた」のところなのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の39ページ~40ページ)
(8)性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
ア 処罰規定
他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

(イ) 新たな処罰規定を創設することの要否・当否に関する議論
④ 撮影データやその記録媒体を没収・消去の対象とする前提として撮影行為を処罰対象とする必要性が高いなどとして、処罰規定を設けるべきとする意見が多く述べられた

私は一巡目の議論のときに、刑罰よりは行政処分や民事での対応といった刑罰以外の対応を考えるべきだという意見を述べておりますので、この点を、まとめの中に入れていただくのでも結構ですし、ほかの意見があったという形でも、書き方はお任せしますが、そういう意見もあったと記載していただければと思います。

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。
同報告書の40頁に、以下の文章が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<40ページ>

⑥ 刑罰による対応ではなく、有罪判決を前提としない行政上の措置や、国が画像の消去費用を負担して加害者に求償するといった民事扶助等の対応を考えるべきである
といった意見も述べられた。

<16ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

このようにお願いするのは、書き方の技術的な問題ですけれども、インターネットへの掲示という被害者に最もダメージを与えるような行為に関して、被害者の方たちが、「(8)」の「ア」のまとめの中、あるいは「イ」の方の没収のところで十分な言及がされていないと感じるのではないかと思ったわけです。

渡邊委員が述べたところと私が述べたところがあったと思うのですが、現行刑法でもやれる方法として、公然わいせつ罪などで処罰する方法があり、そのことを例えば取りまとめ報告書(案)の)42ページの「⑲」の後ろ辺りに入れてみる、あるいは、インターネットへの対応についてのところも、例えば、インターネット捜査についての抜本的な法整備が必要だと書いておくと、被害者の方々が大きな被害を無視されなかったということで御安心いただけるのではないかと感じました。

——————————————————–

こちらにつきましても、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書の42ページに、以下の文言が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<42ページ>

⑲ 性的画像をインターネット上に流通させる行為については、刑法第175条のわいせつ物頒布等の罪や同法第230条の名誉毀損罪による処罰が可能である。

——————————————————–

<16ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
議事録を確認して検討したいと思います。

——————————————————–

明日も、第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。