《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(12)。香西咲さんたちを蹂躙したやつらの終わりが近づいてきました

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

約3か月前の4月12日に、第15回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

15回目の検討会では、同検討会の事務局が作成した取りまとめ報告書(案)に対して、各委員が意見や要望をのべました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)

本日も、取りまとめ報告書(案)に関する論議をみていきます。
“その12”です。

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その12)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<13ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

会議を再開いたします。
これまでのところで、何か言い忘れたことがあればどうぞ。

——————————————————–

<13ページ>
2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

先ほどの性的同意年齢のところで、若年者を性的搾取から守るべきことについて反対する人はいなかったということに加えて、年齢を引き上げるべきという意見が多数を占めていたと私は認識しているので、そこも明確にしていただけたらと思います。

ここのところはいろいろな意見が出ていて、それぞれの委員の方の意見は網羅的に挙がっていると思うのですけれども、それを全体として読むと、引き上げた方がいいのか、引き上げない方がいいのかという全体の方向性が、初めて見た人は分かりづらいかなと思いましたので、そこを明記していただけたらと思います。

——————————————————–

<13ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

この点については、絶対的に保護すべき年齢と相対的に一定の要件を加えて保護すべき年齢とを区別すべきではないかということが途中で議論されるようになり、それに対応して、では、そこでいう絶対的に保護されるべき年齢は何歳なのだということについては、例えば、その点は現状のままでもいいのではないかという御意見も少なからずあったということに関係する気がいたします。

いずれにしても、その点については、もう一度議事録を見て、どういう議論の状況だったかということをどこかで書き込みができるかどうかというのを検討したいと思います。

——————————————————–

(再掲。上谷さくら委員)
(性的同意年齢を)引き上げた方がいいのか、引き上げない方がいいのかという全体の方向性が、初めて見た人は分かりづらいかなと思いましたので、そこを明記していただけたら

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<25ページ>

(4)いわゆる性交同意年齢の在り方
暴行・脅迫や被害者の同意の有無を問わず強制性交等罪が成立する年齢を引き上げるべきか

ア 改正の要否・当否に関する議論
刑法第176条・第177条は、「13歳以上の者」に対するわいせつな行為又は性交等については、「暴行又は脅迫」を用いたことを強制わいせつ罪又は強制性交等罪が成立する要件としている一方、13歳未満の者に対するわいせつな行為又は性交等については、「暴行又は脅迫」を用いなくても強制わいせつ罪又は強制性交等罪が成立することとされている(以下、この被害者の年
齢を「性交同意年齢」という。)。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<25ページ>

(4)いわゆる性交同意年齢の在り方
暴行・脅迫や被害者の同意の有無を問わず強制性交等罪が成立する年齢を引き上げるべきか

ア 改正の要否・当否に関する議論
被害者が一定の年齢未満である場合には、被害者が脆弱であることから、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった

その上で、刑法第176条・第177条は、「13歳以上の者」に対するわいせつな行為又は性交等については、「暴行又は脅迫」を用いたことを強制わいせつ罪又は強制性交等罪が成立する要件としている一方、13歳未満の者に対するわいせつな行為又は性交等については、「暴行又は脅迫」を用いなくても強制わいせつ罪又は強制性交等罪が成立することとされている(以下、この被害者の年齢を「性交同意年齢」という。)

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書では、あらたに、
被害者が一定の年齢未満である場合には、被害者が脆弱であることから、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった
とのことばが追加されました。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<13~14ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)12ページなのですけれども、行為者が、被害者が同意していないことの認識を有しない場合にどのように対処すべきかという論点がございまして、この中で、私は、過失レイプ罪を設けるべきだという意見を申し上げたのですけれども、その当時、未必の故意についても議論がありました。

ここの部分について、もし可能であれば以下の修文をお願いしたいと思います。
「不同意性交であることを認定しながら、故意がないとして無罪となる場合があるが、故意の認識の対象については必ずしも明確になっていない。未必の故意も含めて、故意について理論的検討が必要である。」
というような文章を入れていただけると有り難いです。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それは、故意一般について検討するという趣旨ではなくて、性犯罪における故意についてもう少し検討する必要があるという趣旨でしょうか。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

はい、そうです。
性犯罪について、未必の故意が認められにくいとか、認識対象についてなかなか明確になっていないことが実務の混乱を招いているのではないかと思っておりますので、いきなり過失レイプ罪までいけないとしても、その前の現行法の解釈で可能な点として検討をしてはいかがかという意見でございます。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

そういう御意見は、過去にお出しになりましたか。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

少なくとも未必の故意について議論が出ていたことは間違いがないので、もし可能であればということです。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

議事録を確認して、もし可能であれば修正したいと思います。

——————————————————–

<14ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

よろしくお願いします。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<12ページ>

(2)暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方
ウ 被害者が同意していないことの認識に関する要件
行為者が、被害者が性交等に同意していないことの認識を有しない場合にどのように対処すべきか

(イ) 考えられる対処方策の在り方に関する議論
② 司法関係者や社会一般が、性的行為に対する同意の在り方について理解を深めることや、これらに対して、被害者の心理状態に関する教育・啓発がなされることが必要である
といった意見が述べられた。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<12ページ>

(2)暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方
ウ 被害者が同意していないことの認識に関する要件
行為者が、被害者が性交等に同意していないことの認識を有しない場合にどのように対処すべきか

(イ) 考えられる対処方策の在り方に関する議論
社会的に何を同意と見るかが曖昧であることが問題であり、司法関係者や社会一般が、性的行為に対する同意の在り方について理解を深めることや、これらに対して、被害者の心理状態に関する教育・啓発がなされることが必要である
といった意見が述べられた。

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書では、あらたに、
社会的に何を同意と見るかが曖昧であることが問題であり、
との文言が追加されました。

明日も、取りまとめ報告書(案)に対する各委員の意見や要望をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。