《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(11)。刑法の改正が香西咲さんたち被害者の再生を後押しします

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、先日、刑法の改正に関して一定程度の方向性をしめしました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、取りまとめ報告書(案)取りまとめ報告書のあいだの論議をみてみます。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その11)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<12ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

(前略。)
(略)、次の取りまとめ報告書(案)の)
「(5) 強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」
について、報告書案の修正に関する御意見があればお願いします。

——————————————————–

<12ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

「(ア) 議論の概要」のところで、「ア」と「イ」が議論の対象になったというような記載があるのですけれども、

(参考。(ア) 議論の概要)
「ア」身体の一部や物を口腔内に挿入する場合について、「性交等」と同等に扱うことができるか、また、
「イ」被害者が,その身体の一部や手に持った物を他人の膣・肛門・口腔内に挿入させられる行為について、「性交等」と同等に扱うことができるかについて議論を行った。

もう一つ、少なくとも膣・肛門への身体の一部や物の挿入について、性交等と同様に扱うことができるかについて、かなり議論した記憶がございます。

そして、最終的に31ページの「(エ) 小括」のところになると思うのですけれども、

(参考。(エ) 小括)
以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、身体の一部や物の挿入を強制性交等の罪の対象とし、あるいは、強制わいせつの罪より重い新たな罪を設けてその対象とすることについては、その要否・当否を検討した上で、改正をする場合には、挿入するものや挿入する部位の性質等に鑑み、その当罰性・悪質性に応じた処罰が可能となるよう、適切な構成要件や法定刑の在り方について更に検討がなされるべきである。

少なくとも膣・肛門への身体の一部や物の挿入については、強制性交等罪とするかどうか、又は強制性交等罪と強制わいせつ罪との中間の犯罪を別に設けるかどうかは別にして、いずれにせよ当罰性のある行為として法改正が必要だという意見がかなり多かったと思います。

座長が、第13回会合において、以上のように議論をまとめられたと理解しております。
追加をお願いしたいという意見です。

——————————————————–

<12ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

要するに、多くの委員から、膣・肛門に対する身体の一部や物の挿入については、それは重くすべきだという意見があったということをどこかにもう少しはっきりと書いてほしいという御趣旨でしょうか。

——————————————————–

<12ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

はい、そういう意見でございます。

——————————————————–

<12ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承知しました。
検討させていただきます。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照しました。
懸案の件については、特に差異がありませんでした。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<12ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに、この論点についてはいかがでしょうか。

——————————————————–

<13ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

些末なところで申し訳ないのですが、取りまとめ報告書(案)の)30ページの「⑤」です。

(参考。30ページの「⑤」)
⑤ 膣周辺を指で弄んだ事案において、指を挿入する犯意の有無により、成立する罪が強制性交等未遂か強制わいせつに分かれることとなるといった意見が述べられた。

指で弄んだ事案というのが出ていますが、私は、いわゆるオーラルセックスという形で舌の問題を出しました。
舌の場合は、指の場合よりもっと微妙な問題が出てくるのです。

だから、指だけではなくて舌も入れていただければと思います。

——————————————————–

<13ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

分かりました。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<30ページ>

⑤ 膣周辺を指で弄んだ事案において、指を挿入する犯意の有無により、成立する罪が強制性交等未遂か強制わいせつに分かれることとなるといった意見が述べられた。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<30ページ>

⑤ 指や舌を挿入する行為を強制性交等の罪の対象とした場合、挿入したのか触れただけなのかという不毛な争いが起こり得るし、例えば、膣周辺を指で弄んだ事案において、指を挿入する犯意の有無により、成立する罪が強制性交等未遂か強制わいせつに分かれることとなるといった意見が述べられた。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<13ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

取りまとめ報告書(案)の)30ページの「⑥」で、

(参考。30ページの「⑥」)

性的意味が乏しい行為を強制性交等の罪の対象に含めることは正当化し難く、また、ある類型の行為を強制性交等の罪の対象に含める場合には、その類型に該当する行為の全てが同程度の悪質性・当罰性を有することが必要であるところ、身体の一部や物を挿入する行為については、挿入するものの形状や挿入の態様によっては、性的な意味(わいせつ性)を有するかどうかについて評価が分かれ得るものがあるし、性交等と同等の法益侵害があるかについては議論の余地がある。

「性的意味が乏しい行為を」
と記載されているのですけれども、これは
「加害者にとって」
ということを追記していただければと思っています。

被害者にとっては特に性的意味が乏しい行為とはいえないと思いますので、主語が明確である方がいいかと思いました。

——————————————————–

<13ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

歯ブラシを口に入れるとか、そういうような状況は、被害者にとっても性的な意味を持つといえるのかどうかという問題かと思います。
検討させてください。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<30ページ>

⑥ 性的意味が乏しい行為を強制性交等の罪の対象に含めることは正当化し難く、また、ある類型の行為を強制性交等の罪の対象に含める場合には、その類型に該当する行為の全てが同程度の悪質性・当罰性を有することが必要であるところ、身体の一部や物を挿入する行為については、挿入するものの形状や挿入の態様によっては、性的な意味(わいせつ性)を有するかどうかについて評価が分かれ得るものがあるし、性交等と同等の法益侵害があるかについては議論の余地がある。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<30ページ>

客観的に性的意味が乏しい行為を強制性交等の罪の対象に含めることは正当化し難く、また、ある類型の行為を強制性交等の罪の対象に含める場合には、その類型に該当する行為の全てが同程度の悪質性・当罰性を有することが必要であるところ、身体の一部や物を挿入する行為については、挿入するものの形状や挿入の態様によっては、性的な意味(わいせつ性)を有するかどうかについて評価が分かれ得るものがあるし、性交等と同等の法益侵害があるかについては議論の余地がある。

取りまとめ報告書では、
「性的意味が乏しい行為」
の前に
「客観的に」
の文字が追加されました。
山本潤委員の要望が反映されました。
明日も、4月12日に交わされた議論をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。