愛知県豊田市の精神科医が患者に対しておこなった性犯罪(その9)。医師に倫理観はありません。いまでもわいせつ精神科医は、香西咲さんたち被害者を狙っています

3人の患者に対してわいせつ行為をおこなった精神科医がいます。

愛知県豊田市の精神科医の事件(その9)
(※その1その2その3その4その5その6その7その8。)

(「G-Searchデータベースサービス」より。)

中日新聞
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

2005年4月22日「女性に抱きつき 豊田の医師逮捕 強制わいせつ容疑」
  
2005年5月12日「準強制わいせつで 精神科医を再逮捕 豊田署、余罪も追及」
  
2005年9月28日「わいせつ医師に 懲役3年を求刑 名古屋地裁支部公判」
  
2005年10月26日「女性の胸触った 医師に実刑判決 名地裁岡崎支部」
  
2006年5月12日「強制わいせつの 医師に猶予判決 名高裁、一審破棄」
  
2007年3月1日「医師免許取り消し4人 厚労省 過去最多66人を処分」

このわいせつ精神科医は、有罪が確定したあと、厚生労働省から医師免許を取り消されました。

市民の人権擁護の会日本支部のホームページより、引用。)

精神科医師・精神科医療施設の摘発事例
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

安田メンタルクリニック(愛知県豊田市) 平成19年(2007年)2月28日、診察行為と偽って複数の女性患者の胸や下半身を触るなどして強制わいせつなどの罪に問われ有罪(懲役1年8月・執行猶予4年)が確定していた、同クリニック元院長の精神科医安田好博被告に対して、医師免許剥奪の行政処分が下された。

(確認)
刑事処分(名古屋高裁) 懲役1年8月執行猶予4年
行政処分(厚生労働省) 医師免許取り消し

わいせつ精神科医は、医師免許を取り消した厚生労働省をうったえました。

(確認)
原告 わいせつ精神科医
被告 厚生労働省

(裁判所 下級裁裁所 裁判例速報より、引用。)

□事件番号
 平成19(行ウ)19

□事件名
 医師免許取消処分取消請求事件

□裁判年月日
 平成20年2月28日

□裁判所名・部
 名古屋地方裁判所  民事第9部

□判示事項の要旨
 精神科の診療に従事していた際に女性患者3名に対して強制わいせつ、準強制わいせつの行為をしたとして懲役1年8月、執行猶予4年の有罪判決を受けた男性医師に対して医師免許を取り消した厚生労働大臣の処分に違法はないとされた事例

本日も当該裁判の判決文をみていきます。

(参考。当ブログ)
<愛知県豊田市の精神科医の事件>
2021年6月28日(※その1)
2021年6月29日(※その2)
2021年6月30日(※その3)
2021年7月1日(※その4)
2021年7月2日(※その5)
2021年7月8日(※その6)
2021年7月9日(※その7)
2021年7月10日(※その8)

判決文より、引用。)

(5) 厚生労働大臣の本件処分の判断に裁量権の逸脱、濫用があったか否かについて検討する。

——————————————————–

ウ 原告(わいせつ精神科医)は、愛知県知事の意見書は原告(わいせつ精神科医)に対し医師免許取消処分までは望まない趣旨のものであったから、厚生労働大臣は同知事の同意見を尊重すべきである旨主張する。

原告(わいせつ精神科医)が指摘する愛知県知事の意見書(乙4)には、意見欄に
「当事者は、事件後誠意を尽くして対応しているものと認められます。」、
理由欄に
「当事者は、被害者に対して高額な慰謝料を支払い示談も成立しており、その他、法律扶助協会にも寄附もしている。また、今後も医師として患者のために誠心誠意尽くしたいと考えている。」
とそれぞれ記載されており、原告(わいせつ精神科医)の事件後の対応について一定の評価をする趣旨を読みとることができるものの、同意見書の内容から直ちに同知事が原告(わいせつ精神科医)の医師免許取消処分までを望んでいない旨を表明していると認めることはできず、むしろ、同知事は、原告(わいせつ精神科医)の事件後の対応に評価すべき点があることを指摘するにと
どめ、原告(わいせつ精神科医)に対する処分については厚生労働大臣の裁量にゆだねたものと解するのが相当である。

さらに、原告(わいせつ精神科医)代理人が平成19年7月2日に愛知県健康福祉部健康担当局医務国保課主幹から電話で確認したとして提出する電話聴取書(甲51)の内容も、愛知県として原告(わいせつ精神科医)について医業停止処分にとどめる意味合いも含めて意見書を書いたが、最終的な判断は厚生労働大臣にゆだねたというものであり、愛知県知事が医師免許取消処分までを望まないという意見を有していたものとは認められない。

したがって、愛知県知事の意見書が原告(わいせつ精神科医)について医師免許取消処分までは望まない趣旨のものであったことを前提とする原告(わいせつ精神科医)の主張は理由がない。

エ 原告(わいせつ精神科医)は、本件処分は、刑事控訴審(名古屋高裁)判決が原告(わいせつ精神科医)に医師として社会の中で更生する機会を与えるべく執行猶予付きの判決を言い渡した趣旨に反するものである旨主張する。

しかし、上記控訴審(名古屋高裁)判決は、原告(わいせつ精神科医)に有利な事情として、被害者ら3名に合計950万円の弁償金が支払われて示談が成立したこと等のほか、
すでに診療所の院長を辞任し、いずれ医師免許に対する行政処分が予想されていること
を指摘しているが、続けて
本件が地位を悪用した卑劣な犯罪で被害者が3名に達する累行された事案であることによれば、これら有利な事情を考慮してもなお、当然に執行猶予相当であるとはいえず
と判示して、原告(わいせつ精神科医)を懲役1年8月の実刑に処した第1審(名古屋地裁)判決の量刑が重すぎて不当であるとまではいえない旨をも指摘した上で、なお、第1審(名古屋地裁)判決後の新たな事情として、被害者のうちの1名の宥恕を得て嘆願書が提出されたこと、厳しい社会的非難にさらされて社会的地位や名誉の多くを失ったこと、原告が改めて反省を深め、合計100万円の贖罪寄附を行ったことを併せて考えると、実刑の判断を維持するのは重きに失するとして、社会内での更生の機会を与えるのが相当である旨の判示をしており、その判断内容に照らせば、上記控訴審(名古屋高裁)判決が述べる原告(わいせつ精神科医)の「社会内での更生」が、引き続き医師として稼働することを意味するとも、「医師免許に対する行政処分」が医師免許の取消処分を想定したものでないとも解することは困難というべきである。

そして、もとより、医師免許に対する行政処分は、厚生労働大臣の権限に属する
ものであって、その判断が刑事判決の内容によって決定されるものでもないことは
いうまでもないところである。

オ 原告(わいせつ精神科医)は、被害者らに対し高額な示談金の支払や法律扶助協会に贖罪寄附を行い、被害者B及びCが原告(わいせつ精神科医)の処罰を求めない旨の嘆願書を提出していること、理事長及び院長職を辞し、地元医師会を脱退し、インターネット等で誹謗・中傷されるなど既に社会的制裁を十分受けていること、これまで医師としての重大な職責を果たし、多くの医師仲間や患者が引き続き原告(わいせつ精神科医)の診療を望んでいることなど、原告(わいせつ精神科医)には有利な情状が多く存在している旨主張する。

そして、原告(わいせつ精神科医)は、これを裏付ける書証(甲5、6~8の各1・2、9~42、50、56の1・2、57~59、66~82)を提出し、また、f及び本件クリニックの患者Fも、本法廷において、原告(わいせつ精神科医)が引き続き医師として診療することを望む趣旨の証言をしている。

しかしながら、被害者B及びCの嘆願書については、前記(4)エで述べたとおり、

(参考)
<(4)エ>

しかも、これらの嘆願書が、被害者らの告訴等が金銭的要求を拒否されたことの意趣返しとしてされたものであるとの原告(わいせつ精神科医)の主張を承知した上で、なお作成交付されたものかどうかは疑問というべきである。
前記のとおり、被害者Bは、原告(わいせつ精神科医)に犯行を反省している様子がみられることを、被害者Cは、執行猶予の有罪判決が確定したことを、それぞれ宥恕の理由として挙げている。

本件訴訟における原告(わいせつ精神科医)の主張を承知した上で作成交付されたものかどうか疑問があり、被害者B及びCが、被害者らの告訴等が金銭的要求を拒否されたことの意趣返しとしてされたものであるという原告(わいせつ精神科医)の主張を知った上で、そうした原告(わいせつ精神科医)について、今後も医師として活動することを望んでいるとは直ちに認めることができない。

また、原告(わいせつ精神科医)が、本訴において、わいせつ行為であることを否認し、刑事判決の認定が誤りであると主張した上、被害者らが金銭的要求を原告(わいせつ精神科医)に拒否されたことの意趣返しとして告訴したものである旨主張していることにかんがみると、真に本件各犯行を悔悟反省しているのか疑わしいといわざるを得ない。

そのほか、原告(わいせつ精神科医)の医師としてのこれまでの活動状況や事件後の対応等を検討してみても、それが直ちに医師免許の取消処分を回避しなければならない事情に当たるとは認められない。

この判決文のつづきは明日のブログでみてみます。

(再掲。判決文)
多くの医師仲間や患者が引き続き原告(わいせつ精神科医)の診療を望んでいる

「多くの医師仲間」は、医師によるわいせつ行為を問題視していないようです。
唖然となります。
医師の倫理観とはこの程度のもののようです。

(再掲。判決文)
また、原告(わいせつ精神科医)が、本訴において、わいせつ行為であることを否認し、刑事判決の認定が誤りであると主張した上、被害者らが金銭的要求を原告(わいせつ精神科医)に拒否されたことの意趣返しとして告訴したものである旨主張していることにかんがみると、真に本件各犯行を悔悟反省しているのか疑わしいといわざるを得ない

この種のわいせつ精神科医は、社会から駆逐するしかありません。
医師免許剥奪は、当然です。

これから名前が知れ渡るかもしれない某わいせつ精神科医の末路も楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。