愛知県豊田市の精神科医が患者に対しておこなった性犯罪(その7)。わいせつ精神科医は、治療を求める香西咲さんたち被害者に対して、わいせつ行為をおこないます

愛知県豊田市の精神科医の事件(その7)
(※その1その2その3その4その5その6。)

患者に対してわいせつ行為をおこなった精神科医の男がいます。

(「G-Searchデータベースサービス」より。)

中日新聞
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

2005年4月22日「女性に抱きつき 豊田の医師逮捕 強制わいせつ容疑」
  
2005年5月12日「準強制わいせつで 精神科医を再逮捕 豊田署、余罪も追及」
  
2005年9月28日「わいせつ医師に 懲役3年を求刑 名古屋地裁支部公判」
  
2005年10月26日「女性の胸触った 医師に実刑判決 名地裁岡崎支部」
  
2006年5月12日「強制わいせつの 医師に猶予判決 名高裁、一審破棄」
  
2007年3月1日「医師免許取り消し4人 厚労省 過去最多66人を処分」

この男は、逮捕、起訴されたのち、第2審で有罪が確定しました。
第2審では執行猶予が付きました。

その後、厚生労働省は、当該わいせつ精神科医の医師免許を取り消しました。

市民の人権擁護の会日本支部のホームページより、引用。)

精神科医師・精神科医療施設の摘発事例
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

安田メンタルクリニック(愛知県豊田市) 平成19年(2007年)2月28日、診察行為と偽って複数の女性患者の胸や下半身を触るなどして強制わいせつなどの罪に問われ有罪(懲役1年8月・執行猶予4年)が確定していた、同クリニック元院長の精神科医安田好博被告に対して、医師免許剥奪の行政処分が下された。

わいせつ精神科医は、厚生労働省に対して、訴訟を提起しました。
医師免許取り消しは違法である、と。

(裁判所 下級裁裁所 裁判例速報より、引用。)

□事件番号
 平成19(行ウ)19

□事件名
 医師免許取消処分取消請求事件

□裁判年月日
 平成20年2月28日

□裁判所名・部
 名古屋地方裁判所  民事第9部

□判示事項の要旨
 精神科の診療に従事していた際に女性患者3名に対して強制わいせつ、準強制わいせつの行為をしたとして懲役1年8月、執行猶予4年の有罪判決を受けた男性医師に対して医師免許を取り消した厚生労働大臣の処分に違法はないとされた事例

本日もひきつづき、わいせつ精神科医が提起した訴訟をみていきます。

(参考。当ブログ)
<愛知県豊田市の精神科医の事件>
2021年6月28日(※その1)
2021年6月29日(※その2)
2021年6月30日(※その3)
2021年7月1日(※その4)
2021年7月2日(※その5)
2021年7月8日(※その6)

(確認)
原告 わいせつ精神科医
被告 厚生労働省

判決文より、引用。)

(4) 刑事判決における本件各犯行の認定内容について
ア 上記認定のとおり、原告(わいせつ精神科医)は、刑事事件の捜査段階の当初において、本件各犯行が治療行為であって強制わいせつには当たらないなどと本件各犯行を否認していたが、その後本件各犯行を概ね認め、起訴後の第1審の公判廷においても本件各犯行を争わず、上記のとおり第1審で実刑の判決を受け、控訴した際にも、量刑不当のみを主張し、第1審判決の認定した本件各犯行を争ってはいなかった。

原告(わいせつ精神科医)は、刑事裁判において本件各犯行を自白した事情について、長期間の身柄拘束により精神的にも肉体的にも疲労困憊していたことや、身柄拘束が長期化すると本件クリニックの患者やスタッフに迷惑がかかり、本件クリニックの経営にも影響が出ることを考慮したためである旨を主張する。

しかし、原告(わいせつ精神科医)は、上記第1審手続中に保釈され、第1審判決言渡後の平成17年(2005年)11月からは診療に復帰した状態で控訴審手続が行われたにもかかわらず、なお本件各犯行を争ってはいなかったのであるから、身柄拘束の長期化による影響を懸念したとする上記の弁明には合理性がないというべきである。

また、原告(わいせつ精神科医)は、本人尋問において、前記(2)イ記載の本件各犯行の具体的な否認部分を第1審のb弁護士には説明せず、控訴審になってc弁護士に説明し、c弁護士と協議した上、刑事手続の状況を踏まえて、執行猶予判決を得るために本件各犯行を争わないことにしたなどと供述するが、原告(わいせつ精神科医)が、第1審において本件各犯行を争わなかったにもかかわらず実刑判決の言渡しを受けたように、控訴審において本件各犯行を争わなかったからといって執行猶予判決の言渡しを受けることができるとは限らないし、事後審であること自体を理由として控訴審で犯罪事実を争えなかったともいえない。

そして、刑事裁判において有罪判決が確定すれば、医師法上、免許取消し等の厳しい行政処分がされる可能性が高いことは原告(わいせつ精神科医)においても十分に認識し得たはずであって(原告【わいせつ精神科医】自身も、本人尋問において、起訴された後くらいに弁護人から医師免許に係る行政処分がされることの説明を受けた旨供述している。)、その上でされた原告(わいせつ精神科医)の刑事裁判における自白の信用性は相当に高いとみるべきである。

イ また、仮に、原告(わいせつ精神科医)が主張するように、原告(わいせつ精神科医)が真に治療目的で被害者らに触診し、それにもかかわらず被害者らの境界型人格障害の病理的特徴から被害を訴えるという行動に出たのであれば、原告(わいせつ精神科医)は、被害者らが境界型人格障害の患者であったこと、当該触診が被害者らの診療・治療に必要であったこと、そして、当該被害の訴えが境界型人格障害の病理的特徴に起因する誇張や曲解によるものであることを、精神科の医師として、一般的な医学的知見及び自己の臨床経験に基づいて説明し、あるいは医学文献を提出したり、鑑定申請をしたりして立証すべきところ、原告は、刑事裁判においても、本訴においても、そうした医学的主張立証を何ら尽くしていない。

しかも、本件クリニックでの勤務経験があるf医師は、証人尋問において、精神科の治療として、女性の患者に対して衣服の上から胸やでん部あるいは陰部を触るという行為を行ったことはなく、そうした治療行為が掲載されている論文や文献は見たことがない旨証言しており、そのほか、原告(わいせつ精神科医)が行った触診行為が精神科の診療、治療として精神医学会で是認されたものであることを認めるに足りる証拠はない(前記(2)イ記載中の原告(わいせつ精神科医)が被害者らに対して行ったことを自認している行為に限定しても、それが精神科の診療、治療として精神医学会で是認された行為であるとは直ちに認められない。)。

ウ 前記(3)ア記載のとおり、原告(わいせつ精神科医)は、平成15年(2003年)10月に被害者Aに対して、翌平成16年(2004年)3月には被害者Bに対して、更に平成17年(2005年)1月には被害者Cに対して、それぞれ身体接触を伴う行為を行い、しかも、原告(わいせつ精神科医)は各行為の後、各被害者から被害申立てを受けた戊医師会による事情聴取を受けており、その都度、自己の行為の問題性を感じ取ることができたはずであるのに、同様の行為を3度にわたって繰り返したものである。

こうした事実経過は、原告(わいせつ精神科医)が真に治療目的で行ったにもかかわらず意に反して被害申立てを受けたものというには余りにも不自然であり、むしろ、原告(わいせつ精神科医)が患者に対するわいせつ行為について医師会への被害申立てを受けたにもかかわらず、規範意識の鈍麻、性癖及び常習性のゆえにこうしたわいせつ行為をやめられず繰り返したものとみるのが自然である。

加えて、時期や被害者を別異にする本件各犯行について、その被害者のいずれもが、原告(わいせつ精神科医)の治療行為を曲解した上、金銭的要求を拒否された意趣返しとして原告(わいせつ精神科医)を告訴したものであるとする原告(わいせつ精神科医)の主張は、一般の経験則に照らして容易に受け入れ難いものといわざるを得ない。

エ 被害者B及びCが提出した嘆願書(甲9、50)も、原告(わいせつ精神科医)がわいせつ目的で本件各犯行を行ったことを前提に、今後は医師として社会に貢献してほしいという趣旨の内容であって、原告(わいせつ精神科医)がわいせつ目的ではなく治療目的で当該行為を行ったことを認めるものではない。

しかも、これらの嘆願書が、被害者らの告訴等が金銭的要求を拒否されたことの意趣返しとしてされたものであるとの原告(わいせつ精神科医)の主張を承知した上で、なお作成交付されたものかどうかは疑問というべきである(前記のとおり、被害者Bは、原告(わいせつ精神科医)に犯行を反省している様子がみられることを、被害者Cは、執行猶予の有罪判決が確定したことを、それぞれ宥恕の理由として挙げている。)。

オ 以上のとおり、原告(わいせつ精神科医)は、本件各犯行について懲役1年8月、執行猶予4年の有罪判決が確定しており、原告(わいせつ精神科医)の本件における主張・立証の内容、刑事事件の経過、刑事裁判において取り調べられた証拠等に照らしてみても、刑事判決の認定事実や判断内容に誤りがあるとは直ちに認めることができず、原告(わいせつ精神科医)が本件各犯行を犯したものと認めるのが相当である。

(再掲。判決文)
本件クリニックでの勤務経験があるf医師は、証人尋問において、精神科の治療として、女性の患者に対して衣服の上から胸やでん部あるいは陰部を触るという行為を行ったことはなく、そうした治療行為が掲載されている論文や文献は見たことがない

原告(わいせつ精神科医)が行った触診行為が精神科の診療、治療として精神医学会で是認されたものであることを認めるに足りる証拠はない

規範意識の鈍麻、性癖及び常習性のゆえにこうしたわいせつ行為をやめられず繰り返したものとみるのが自然である

ちなみにぼくも、この種のわいせつ精神科医をひとり知っています。
ある被害者のかたから教えてもらいました。
この変質者の件もいずれおおやけになるかもしれません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。