愛知県豊田市の精神科医が患者に対しておこなった性犯罪(その4)。香西咲さんたち被害者を蹂躙する精神科医に科せられるのは、刑事罰と社会的制裁です

愛知県豊田市の精神科医の事件(その4)
(※その1その2その3。)

患者に対してわいせつな行為をした精神科医がいます。
懲役1年8月、執行猶予4年、の刑が確定しました。
この精神科医はその後、医師免許取り消し、の行政処分をうけました。

市民の人権擁護の会日本支部のホームページより、引用。)

精神科医師・精神科医療施設の摘発事例
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

安田メンタルクリニック(愛知県豊田市) 平成19年(2007年)2月28日、診察行為と偽って複数の女性患者の胸や下半身を触るなどして強制わいせつなどの罪に問われ有罪(懲役1年8月・執行猶予4年)が確定していた、同クリニック元院長の精神科医安田好博被告に対して、医師免許剥奪の行政処分が下された。

(「G-Searchデータベースサービス」より。)

中日新聞
<愛知県豊田市の精神科医の事件>

2005年4月22日「女性に抱きつき 豊田の医師逮捕 強制わいせつ容疑」
  
2005年5月12日「準強制わいせつで 精神科医を再逮捕 豊田署、余罪も追及」
  
2005年9月28日「わいせつ医師に 懲役3年を求刑 名古屋地裁支部公判」
  
2005年10月26日「女性の胸触った 医師に実刑判決 名地裁岡崎支部」
  
2006年5月12日「強制わいせつの 医師に猶予判決 名高裁、一審破棄」
  
2007年3月1日「医師免許取り消し4人 厚労省 過去最多66人を処分」

当該精神科医は、わいせつ行為をおこない、医師免許取り消し、となりました。
その後、
「厚生労働大臣がおこなった処分は違法である」
として、裁判にうったえました。
本日もひきつづき、当該裁判の判決文を参照します。

(参考。当ブログ)
<愛知県豊田市の精神科医の事件>
2021年6月28日(※その1)
2021年6月29日(※その2)
2021年6月30日(※その3)

(裁判所 下級裁裁所 裁判例速報より、引用。)

□事件番号
 平成19(行ウ)19

□事件名
 医師免許取消処分取消請求事件

□裁判年月日
 平成20年2月28日

□裁判所名・部
 名古屋地方裁判所  民事第9部

□判示事項の要旨
 精神科の診療に従事していた際に女性患者3名に対して強制わいせつ、準強制わいせつの行為をしたとして懲役1年8月、執行猶予4年の有罪判決を受けた男性医師に対して医師免許を取り消した厚生労働大臣の処分に違法はないとされた事例

判決文より、引用。)

(原告の主張)

わいせつ精神科医側の言い分

以下の事情からすれば、本件処分は、何ら合理的な理由が存せず、厚生労働大臣に許された裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用した違法なものである。

「原告」というのは、わいせつ事件を起こした精神科医のことです。
本日は、わいせつ精神科医の抗弁をみてみます。

わいせつ精神科医側の言い分

(1) 本件各犯行を認定した刑事判決は、その事実認定に誤りがあること原告は、被害者Aに対しては、腹診を試みたにすぎず、被害者Bに対しては、乳汁分泌の診察や腹診を行ったものであり、被害者Cに対しては、衣服の上から軽く身体に触れるという行動を取ったものであって、いずれも、本人の了解の下での治療目的の行為であり、そこには暴行・脅迫等の行為は一切なかった。

被害者らは、原告が逮捕される前に原告に対し金銭的要求をしており、原告がこれを拒み続けていたところ、平成17年4月21日になって突然逮捕されたものであり、しかも被害者Aについてはその約1年半前の、被害者Bについてはその約1年前の、被害者Cについてはその約3か月前の事件であって、こうした経緯は、被害者らが金銭的要求を拒否された意趣返しとして告訴したものであることを強く推認させる。

実際、原告が起訴されてから、被害者らが高額な示談金を要求し、その結果合計950万円の高額な和解が成立している。

また、被害者らが有している境界型人格障害が、実際には被害を受けていないにもかかわらず、被害の訴えという行動に結びついたと考えることができる。

すなわち、境界型人格障害は、その病理的特徴として、全体の中の一部分を全体として理解してしまい、それが心的事実として認識されてしまうために、曲解が非常に起きやすく、全体像を見ているようで実際には一部しか見ておらず、自分の勝手な判断、勝手な思い込みが強いという点が挙げられる。

要するに、あらゆる面で主観的世界に支配されやすく、空想と現実の識別が極めて減弱しているため、愛着の対象を容易に憎悪の対象へと変化させ、ときには、対象を利用して自利を得ようとすることもある。

病理的な特徴として、情緒的な反応で行動化が起きやすいという点も挙げられるが、その行動が長期化することは考えにくいということに照らすと、近親者か知人等関係者の中に、被害的な訴えをあおった人物がいるとの考えも十分に成り立つのである。

そして、仮に被害者らが本当に被害に遭ったのであれば、情緒的に混乱し、感情的になり、大声を出したり、怒りや罵声を出したりすると考えるのが自然であるが、そのような様子は全くなかった。

なお、原告は、刑事手続において、被害者らに対する本件各犯行を認める内容の供述調書の作成に応じているが、これは、接見禁止の状態で長期間の身柄拘束が続き、精神的にも肉体的にも疲労困憊していたところ、捜査官から
「事実として認めない以上、保釈もあり得ない。裁判も不利になる。」
などと言われ、原告の身柄拘束により、本件クリニックの患者やスタッフに迷惑がかかり、本件クリニックの経営にも影響が出ることを配慮した結果、やむを得ず、上記内容の供述調書の作成に応じたものである。

また、原告は、起訴後も保釈されず、身柄拘束が長期に及んだため、犯罪事実を認めなければ身柄拘束が更に続いてしまうとの焦りから、身柄の解放を優先して、第1回公判期日において公訴事実を認めたものである。

したがって、本件各犯行を認定した刑事判決は、その事実認定に誤りがある。

わいせつ精神科医側の言い分

(2) 本件処分は他の処分例と比較して著しく均衡を欠き、医道審議会の指針に引きずられた類型的、形式的判断であること

平成19年2月28日に医師・歯科医師免許の取消処分を受けた者は4名で、原告のほかは、
①殺人罪で懲役9年の刑に処せられた者、
②5人の女性を全裸にさせて写真撮影して懲役2年8月の刑に処せられた者、
③精神安定剤を混入したアルコール飲料を飲ませて心神を喪失させ、いわゆる輪姦行為に及んで、懲役3年(執行猶予5年)の刑に処せられた者
であり、いずれも、原告の行為と比較すると、行為の種類、性質、違法性の程度、動機、目的、影響等において、比較にならないほど悪質である。

同日にされた医師・歯科医師免許の処分結果を見ると、取消処分ではなく医業停止処分にとどまった者の中には、
①恐喝・覚せい剤取締法違反で懲役3年(執行猶予5年)の刑に処せられた者、
②傷害・暴行で懲役3年(執行猶予5年)の刑に処せられた者、
③逮捕監禁・未成年者略取で懲役2年6月(執行猶予3年)の刑に処せられた者、
④贈賄で懲役1年6月(執行猶予3年)の刑に処せられた者、
⑤恐喝未遂で懲役2年(執行猶予3年)の刑に処せられた者、
⑥歯科医師法違反・詐欺で懲役2年6月(執行猶予4年)の刑に処せられた者、
⑦業務上横領で懲役3年(執行猶予5年)の刑に処せられた者、
⑧有印私文書偽造等で懲役2年(執行猶予3年)の刑に処せられた者、
⑨虚偽診断書作成・同行使で懲役1年6月(執行猶予3年)の刑に処せられた者
のほか所得税法違反の者がいる
のであって、原告以上に医師としての社会的信用を害したと評価できる者が多数存在する。

上記のとおり医業停止処分にとどまった者の事案と比較すると、原告の医師免許を取り消した本件処分は、余りにも均衡を欠くものであり、本件処分におけるこうした判断は、医道審議会医道分科会が取りまとめた「医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について」が、診療中にわいせつ行為がされた場合には重大な処分とする旨の指針を出していることに引きずられた類型的、形式的判断といわざるを得ない。

わいせつ精神科医側の言い分

(3) 愛知県知事が原告の医師免許取消処分までは望んでいない趣旨の意見書を提出していること

愛知県知事が厚生労働大臣に対して提出した平成19年(2007年)1月26日付け意見書(乙4)において、
「当事者は、被害者に対して高額な慰謝料を支払い示談も成立しており、その他、法律扶助協会にも寄附もしている。また、今後も医師として患者のために誠心誠意尽くしたいと考えている。」
との理由から、
「当事者は、事件後誠意を尽くして対応しているものと認められます。」
との意見が述べられている。

この意見書の内容からすれば、愛知県としても、原告に対し、医師免許取消処分までは望んでいなかったことが強く推認される。

愛知県健康福祉部健康担当局医務国保課主幹によれば、
「医業停止の意味合いも含めて意見書を書いた」
とのことである。

厚生労働大臣は、処分の決定をするときは、都道府県知事より提出された意見聴取に係る意見書等の内容を十分参酌しなければならないとされているのであるから(医師法7条10項)、愛知県の意見を尊重して然るべきである。

わいせつ精神科医側の言い分

(4) 原告が刑事控訴審で執行猶予付きの判決の言渡しを受けたこと刑事控訴審は、原告が社会の中で更生する機会を与えるべく、執行猶予付きの有罪判決を言い渡したものであり、医師たる原告の社会内での更生とは、医師という立場で社会で困っている人達を救うことにあるから、原告の医師免許を取り消すことは、刑事控訴審判決の趣旨に反するものである。

わいせつ精神科医側の言い分

(5) 原告には有利な情状が多くあること

ア 原告は、被害者らとの間で示談が成立し、法律扶助協会に合計100万円の贖罪寄附をしている上、被害者B及びCは、処罰を求めない旨の嘆願書を提出している。

イ 原告は、今回の事件の責任を感じ、医療法人甲の理事長及び本件クリニック院長の職を辞し、地元の戊医師会からも脱退した上、本件クリニックの名称も「乙クリニック」から「丙クリニック」に変更した。
また、原告は、平成17年(2005年)11月に診療を再開したが、FAXや文書で、あるいはインターネットによって、多くの誹謗・中傷がされた。
以上のように、原告は、既に十分な社会的制裁を受けている。

ウ 原告は、精神障害者の自立支援のための授産施設として「丁」という名のレストランを運営するなど、奉仕の精神をもって精神障害者の自立支援に向けて尽力してきており、そこには、医師として、あるいはまた人間として、重大な責務を貫く姿勢を感じ取ることができる。

原告は、医師として高い評価を受けており、多くの医師仲間や患者が、原告が診療を続けることを望んでいる上、今回の事件で大きな代償を払い、診療室のドアに窓を付けて中の様子が確認できるような措置も講じたから、今回のような事件が2度と起きないことは明らかである。

わいせつ精神科医側の言い分

(6) 本件処分により原告の周囲(患者、本件クリニック、家族)に看過できない影響を与えること

ア メンタルクリニックの診療においては、患者と医師との信頼関係が何よりも重要であって、本件クリニックで原告の診療を受けてきた患者は、自分の担当医は原告以外には考えられないと思っており、精神科の医師であれば誰でもよいという問題ではない。
実際、原告の診療を受けてきた多くの患者が、原告の診療を信頼し、今後も原告による診療を望んでおり、また、500名近くの患者が、原告が引き続き医師として活動できるように嘆願を寄せている。
仮に、本件処分が取り消されなければ、これらの患者の精神状態がますます不安定となり、深い抑うつ状態やパニック状態に陥ることも容易に予想される。

イ 本件処分の後、本件クリニックの経営は極めて困難となったため、看護師、事務主任、事務長の3名を事業主の都合で解雇せざるを得ない状況に追い込まれ、その後、d医師も退職し、現在e医師が1名で診療を行っているが、十分な診療時間が取れず、現場としては日に日に大変な労働になっている状況である。
こうした状況から明らかなように、本件処分により、本件クリニックの経営自体も危機に瀕することになり、閉鎖に追いやられ、多くのスタッフや患者に多大な不利益をもたらすことなる。

ウ 原告には、妻aとの間に長女(25歳)、二女(22歳)、長男(19歳)、二男(17歳)の4名の子供があるところ、本件処分による5人の精神的ショックは計り知れず、家族の崩壊にもつながりかねない。

——————————————————–

ちなみにこの精神科医は、患者に対して以下の行為をしています。

(参考。当ブログ)
2021年6月29日(※その2)

判決文より、引用。)

(別紙) 犯罪事実

第1原告は、平成15年(2003年)10月15日午前11時ころ、愛知県豊田市g町h丁目i番地j所在の乙クリニック2階東側診療室において、同クリニックに通院加療中の被害者A(当時28歳)が、治療行為であると誤信しているため抗拒不能の状態にあるのに乗じてわいせつな行為をしようと考え、同女に対し、
「胸張りますか。寝てください。」
などと申し向け、同女をベッド上に仰向けに寝かせ、同女に治療行為中であると誤信させて心理的に抗拒不能の状態に陥らせ、同女のブラジャーをまくり上げて両乳房を露出させて、両手掌で同女の両乳房を揉み、両手指で同女の両乳首をつまむなどして弄びながら
「声出していいよ。」
などと申し向け、さらに、同女が着用していたパンティーの中に右手を差し入れ、右手指で同女の陰部を押すように触るなどして弄び、もって、強いてわいせつな行為をした。
第2原告は、平成16年(2004年)3月3日午前11時40分ころ、上記乙クリニック2階東側診療室において、同クリニックに通院加療中の被害者B(当時27歳)が、治療行為であると誤信しているため抗拒不能の状態にあるのに乗じてわいせつな行為をしようと考え、同女に対し、
「血圧を測るからベッドに横になって。」
などと申し向け、同女をベッド上に仰向けに寝かせて血圧測定を開始し、同女に治療行為中である旨誤信させて心理的、物理的に抗拒不能の状態に陥らせ、同女が着用していた上衣をまくり上げ、同女に対し、
「下着がセクシーだね。肌がぷりぷりしてるね。」
などと申し向けながら、同女のブラジャーをまくり上げて両乳房を露出させた上、両手掌で同女の両乳房を揉み、両手指で同女の両乳首をつまむなどし、更に同女が着用していたGパンのボタンを外してチャックを下げた上、右手でパンティーの上から同女の陰部付近を撫で回すなどして弄び、もって、強いてわいせつな行為をした。
第3原告は、平成17年(2005年)1月5日午前10時30分ころ、上記乙クリニック2階東側診療室において、同クリニックに通院加療中の被害者C(当時35歳)に対し、強いてわいせつな行為をしようと考え、
「お尻触ってもいい。」
などと言いながら、やにわにその背後から右手で同女の臀部を撫で回し、両腕で同女を抱きしめる暴行を加えてその反抗を抑圧した上、右手で同女の左胸を着衣の上から3回くらい揉み、左手で同女の下腹部付近を撫で回して
「胸はどうだ。フェロモンを出させてやる。」
などと申し向け、さらに、
「感じるか。」
などと申し向けながら、右手指をスカートの上から同女の陰部に押し込み上下に動かし、その陰部を弄び、もって、強いてわいせつな行為をした。

当該裁判所は、このわいせつ精神科医の弁解を一蹴しました。
詳細につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2021年6月30日(※その3)

判決文はこのあともつづきます。
つづきは、明日のブログで参照します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。