月別アーカイブ: 2021年7月

【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その4)。何事も、香西咲さんたち被害者のように、「嫌な顔をされてもしつこく言い続ける」ことが肝要です

方丈記の著者は、鎌倉時代の初期に活躍した鴨長明です。
方丈記の冒頭は、
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」(川の水の流れは絶えることなく続いているようにみえる。その水は、以前と同じ水でない)
からはじまります。

「その水は、以前と同じ水でない」

刑法の性犯罪の規定を取り巻く状況も同様です。
いま、従前とちがう別の水が流れています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日に、最終の検討会が開催されました。
本日も、当該検討会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会について>
2021年7月28日(その1)
2021年7月29日(その2)
2021年7月30日(その3)

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会(その4)

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<8~9ページ>
2021年5月21日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

今回の検討会で、井田座長、事務局の方々が場を整えてくださり、委員の皆様から様々な議論が尽くされたことに感謝いたします。

貴重な場に参加させていただいたことに御礼申し上げたいと思っています。
特に、刑法学者の方々からも包括的要件を設けることが示され、これを検討する方向に進んだことが前進だったと思います。

ただ、内容については、イエスと言った場合以外はイエスではないという考え方が取り入れられなかったことは残念です。
相手の意思が曖昧な場合に確認義務を課すのは、それほど難しいことなのでしょうか。
何を処罰すべき行為と認識しているかについても、認識の違いがあったと思います。
この日本で、強い立場の者から弱い立場の人への性暴力が起こり続け、それを刑法で処罰できず、同意のない性行為という性暴力を容認し続けていることが、日本の被害者を苦しめ、救いがない状況を作っていると理解しています。

欧米では、性暴力を同意のない性交として処罰していこうというゼロトレランス、暴力を決して容認しないという意思が明確に示されています。
暴力を容認すれば起き続け、被害者が生み出され続けていくからです。

処罰すべきでない行為として、困惑したり、悩みながらも最終的に受け入れた場合があるという意見や、大人の場合は、相手が上司や医師など上の立場であっても、対等な関係性が考えられないわけではないという意見もありましたけれども、同意というのは、対等な関係で同意する能力がある場合に初めて成立するという認識が共有されていないことが、処罰すべき行為が何かという認識に差を生じさせていると思います。
パワーを持っている人からの被害ということを、やはり考えていただければと思っています。

Springの調査でも、加害者がだんだんと体を触る行為を増やしていったり、だまして人気のない場所に連れ込んだりしていることが多く、抵抗できず、拒否の意思を示せない中で、同意のない性行為を強いられている被害者が多いことが分かっています。
被害者が苦しみ、性的行為に同意したか否かが曖昧であることのリスクを負っているのが、今の現状だと思います。
刑法で全て救うことは難しいとは言われますけれども、「No means No」として、その他意に反する性交が性犯罪になる社会を私たちは望んでいます。
「Yes means Yes」を目指して、性暴力がなくなる刑法の在り方を、今後も議論し続けていただければと思います。

1年間本当にありがとうございました。

——————————————————–

<9ページ>
2021年5月21日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

二点申し上げます。

第一に、私は刑事法研究者として参加しましたが、自分が専門外のことをいかに知らないかということを思い知らされました。
専門が異なる人に対して、嫌な顔をされてもしつこく言い続けること、そして、言われた方はそれを聞き続けることが重要であると、改めて思います。

第二に、現行制度を前提に、それを改正して、この国をより良くしていこうとするのか、それとも、新たに理想的な国・制度をゼロから作ろうとするのか、そのどちらでいくのかによって、当然議論の進め方は異なります。
今回は、前回の改正で不十分である点を確認して、現行制度を修正するという前者のやり方が前提になっていましたので、そのようなやり方であることに伴って、一定の限界があったかと思います。

先の話になりますが、次回改正する際には、ゼロベースでの議論も視野に入れて進められるとよいのではないかと思う次第です。
と言いましても、刑事システム自体をゼロから作り直すことは、現実的でも合理的でもありませんので、具体的には、性犯罪に対して総合的に対応する特別法を作るという方法が考えられるかと思います。
刑法典の性犯罪のほか、児童福祉法、児童ポルノ法、各種条例、それから売買春の問題も含めて、全てを包括的にそ上に載せて、一つの法律を作るとしたらどうなるかを議論してもよいのではないかと考えます。
次回の開催においては、そのような議論も可能になるような場の設定をしていただけるとよいと思いました。

どうもありがとうございました。

——————————————————–

<9~10ページ>
2021年5月21日 渡邊ゆり 委員(東京地方検察庁検事)

冒頭、座長から、この巨大なテーマの前ではちっぽけな存在であるというお言葉がございましたけれども、そう思ってこの会議に臨ませていただいて、また、たくさんのヒアリング、あるいは委員の皆様の御意見を伺う中で、その思いを本当に一層強くいたしました。
ありがとうございました。

検事として職務に当たってきた中で、性犯罪事件の捜査・公判の難しさというのを痛感しましたし、また、性犯罪被害者の方の苦しみというものの一端ではございますけれども、触れてまいりました。

20年ぐらい前には、捜査・公判で、実際に被害者の方が抵抗したかどうかというようなことが争点になることが多く、また、その場面を自分のこととして考えてみますと、抵抗などできなくて当然だという思いがありつつも、それをうまく言葉にできないもどかしさがございました。
その状況について、10年ぐらい前でしょうか、小西聖子先生の御講義で、精神医学的な観点から御説明を頂きまして、ああ、そういうことだったのかと、正に腑に落ちた経験が強く印象に残っております。

つまり、そういった精神医学的な知識ですとか、あるいは年少被害者の供述特性ですとか、そういったことは、このような事件に関わる私たちとしては、当然知っておかなければならない常識であって、そういう常識は、そのほかにもたくさんあるのではないかという思いを強くした次第でございます
そして、それは、法律家だけではなくて、一般の方々にも提供、共有されるべきことなのではないかと思いました。

今回の検討会では、実体法はもとより、公訴時効ですとか、司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いなど、様々な論点が取り上げられました。
運用において、私たち検察官が最大限努力していくということは当然ですけれども、今分かっている被害者の方の心理や供述特性といった知識を十分に踏まえて、実際の手続において、被害者の方が二度、三度と傷つけられることのないような刑事手続が実現するように、一検察官として期待をしております。

ありがとうございました。

——————————————————–

<10ページ>
2021年5月21日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

この検討会で皆様の御意見を伺い、性犯罪、取り分け子供に対する性犯罪というのは、その被害において、他の犯罪とは異なる面があるのだということを実感いたしました。
その違いを法改正にどのように反映させることができるのかを検討するのが、本検討会の課題であると思いましたので、私は主に手続法に係る部分について、現在の制度の基本的な枠組みや、その基礎にある考え方と整合する形で、どういった改正があり得るかという観点から意見を述べさせていただきました。

ただ、時間の制約もあって、意見が対立する部分について議論を尽くすことはできませんでしたし、また、制度の採否において重要な観点となると考えられます、制度改正が実務に対してどのような具体的影響をもたらすのかという点についても、若干の意見が示されたにとどまったように思います。

今後どのような形で立法に向けた作業が進んでいくのか分かりませんが、法務省には、こうした点について十分に議論を尽くす場を設けていただくことをお願いしたいと思います。

1年間どうもありがとうございました。

——————————————————–

<10ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。
委員の皆様からの御発言はここまでとさせていただきたいと思います。
それぞれのお立場から、大変貴重な、滋味掬すべき御意見を改めて伺うことができたと感じております。
重ねて御礼申し上げます。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。

(再掲。和田俊憲 委員【東京大学教授】)
専門が異なる人に対して、嫌な顔をされてもしつこく言い続けること、そして、言われた方はそれを聞き続けることが重要であると、改めて思います

嫌な顔をされてもしつこく言い続ける
重要な視座である、と感じました。
西洋の諺(ことわざ)に、
「沈黙は金、雄弁は銀」
というのがあります。
広辞苑には、
沈黙の方が雄弁よりも説得力がある
口をきかぬが最上の分別
と書かれています。
「沈黙は金、雄弁は銀」
は、性犯罪者が跋扈するいまの日本で、通用しません。
和田委員が言うように、「嫌な顔をされてもしつこく言い続ける」必要があります。
「雄弁は金」
です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その3)。香西咲さんたち被害者のうったえは、刑法改正、というかたちで開花しようとしています

「采(さい)は投げられた」
ということばがあります。
広辞苑を参照します。

(広辞苑より)
カエサルのルビコン渡河の際の言葉という
事ここに至った以上は断行するほかはない
後戻りはできない
事すでに決す

刑法の性犯罪の規定の改正につきましても、
「采(さい)は投げられた」
の状態となっています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日に、最終の検討会が開催されました。
本日も、当該検討会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会について>
2021年7月28日(その1)
2021年7月29日(その2)

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会(その3)

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<5~6ページ>
2021年5月21日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

今回の検討会で委員の皆様の御意見や検討会に寄せられた御意見を聞くことができて、大変勉強になりました。

今回の検討会は、たくさんの方の努力が積み重なって開催に至ったのだと思います。
是非少しでも多くの人が納得できる方向で、改正が実現されてほしいと思っております。
その上で、改正との関係で、個人的には二つの方向で申し上げたいことがございます。

第一に、改正に積極的な方向の意見をまず申し上げますと、これまで日本の刑法典における性犯罪規定は、解釈上、比較的広い処罰範囲をとりながらも、飽くまで抗拒困難という言葉に縛られてきたように思います。
自己決定権という点で、抗拒困難が重要なのはもちろんだと思いますけれども、ほかにも、例えば、自己決定の前提として、性的な発達とか、そういうものにつきましても、今後は重要性を持たせてもいいように感じます。
これまでの伝統に縛られずに、広い視野で改正作業に当たってもいいのではないかと思う次第でございます。

第二に、他方で、これまでの伝統を守らなければならない部分もあると思っております。
特に刑法は、国家という超個人的な権力を有する主体が、個人の生命、自由、財産を侵害する法律であって、慎重に扱わなければならないということです。
社会の価値観が変わって条文が時代に追い付かなくなるということは、ままあります。
そして、立法には時間と手間が掛かりますから、この先考えられるあらゆる場合に個人を保護することができるよう、臨機応変にどのような行為であっても処罰できるような法律を作ろうという誘惑に駆られることはあろうかと思います。
しかし、それは許されるべきではないと思っております。
このことを理不尽に感じる方がいることも承知しておりますが、これを許せば、もっと大きな理不尽が起きるように思います。
これは、私たちが歴史から学んできたところです。
刑法は劇薬のような強い効果のある法律ですから、最低限、処罰範囲の明確性、処罰範囲の適正性については、改正の際にも必ず意識されなければならないと思います。
そして、この刑法で達成できない部分につきましては、教育や行政的な被害者支援等で是非補っていただきたいと思う次第でございます。

この度は、貴重な機会を頂きましてありがとうございました。

——————————————————–

<6ページ>
2021年5月21日 中川綾子 委員(大阪地方裁判所部総括判事)

今回、様々な立場、知見をお持ちの委員の方々と、多角的な視点で性犯罪に関する刑事法を検討する貴重な機会を頂いたことに、お礼を申し上げたいと思います。

この検討会でのヒアリングや議論を通じまして、私自身、司法手続で扱う性被害というのは、全体の一部にすぎないのだなということを改めて認識いたしました。
また、これまでも、裁判所の研究会などを通じて、被害者の方の心情や置かれている立場などについて理解を深めてきたつもりではありますが、裁判所の訴訟指揮などに対する御意見も頂きましたので、そういうことも踏まえながら、当事者の主張や証拠を基に、事案を適切に判断するよう、周りの裁判官とも議論を続けていきたいと考えております。

1年間にわたり、どうもありがとうございました。

——————————————————–

<6~7ページ>
2021年5月21日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

私は、刑法の研究者の立場で参加しておりましたが、現場経験がないものですので、この検討会で実務家の先生方の御意見を伺い、また、性犯罪被害者の方、あるいは被害者支援に携わる委員の方の御意見を伺いまして、性犯罪の被害の実態や深刻さについての理解を深めることができました。
この機会に、まず厚く御礼を申し上げます。

今後、刑法の一研究者としまして、性犯罪被害の実態を踏まえながら、それを適切に処罰対象に含めることができるような立法、あるいは法解釈の在り方について、更に検討を進めていきたいと考えております。

取り分け、この検討会では、性犯罪の成否に関する現場での判断や対応が不安定になっているという御指摘が繰り返しございました。
もちろん、法規範というものは、一定の抽象性や包括性が不可避でありますので、全ての事例について安定的な法適用を行うことが困難であることは十分承知しておりますけれども、やはり処罰範囲の明確性の要請は、特に性犯罪については重要な問題であることを痛感いたしました。
私自身、更に勉強していきたいと思います。

1年間の御教示に、改めて御礼申し上げます。

——————————————————–

<7ページ>
2021年5月21日 羽石千代 委員(警察庁刑事局刑事企画課刑事指導室長)

1年間、真摯な議論に参加させていただきまして、本当にありがとうございました。

私は、警察の立場を代表して参加させていただきましたけれども、この検討会で様々な専門知識、御経験をお持ちの委員の方々ですとか、ヒアリングの出席者の方々からお話をお伺いすることができまして、被害者の方、関係者の方の思いを知ることができたのは、非常に勉強になったと思っています。

性犯罪は、被害者やその関係者、親しい人々に大きな傷を与える重大な犯罪だと思っています。
法制度をどのようなものにしていくかは今後の議論になると思いますけれども、処罰すべき犯罪がきちんと処罰されて、それによって被害者の方が少しでも救われること、捜査・公判の過程における被害者の方々の負担が少しでも軽減されるような制度になることを願っております。

一方で、当検討会で委員の方々からも御指摘があったとおり、性犯罪への対応には法制度の見直しだけではなく、制度の的確な運用ですとか、被害者の方への支援施策の充実、加害者への対応等、様々な観点からの取組が必要だと思います。
本検討会の中で、委員の方々から、捜査段階における二次的被害などについての御指摘も頂きました。
警察としては、被害者の方の思いに寄り添って、処罰されるべき性犯罪がきちんと処罰されるように捜査を尽くすのはもちろんなのですけれども、同時に、被害者の方の負担に適切な配慮がなされるよう、引き続き、研修などを通じて都道府県警察を指導していきたいと思います。
被害者の方や関係者の方々から、最近警察の対応が良くなったよねと言っていただけるよう、一人一人の警察官が意識をきちんと持っていけるように指導していきたいと思っています。

1年間大変ありがとうございました。

——————————————————–

<7~8ページ>
2021年5月21日 宮田桂子 委員(弁護士)

前回改正の際、議論に加わらせていただき、また今回も機会を頂きましたことに心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

私は、日本の実際の裁判では、かなり幅広い処罰がなされている例があると指摘申し上げました。
今の運用について、事件によっては被害者が救われないことがあるという御意見がありましたが、逆に言えば、裁判で裁かれる被告人にとって、自分は有罪になるのか無罪になるのかが分からない、非常に不安定な状況に置かれているということにもなるのです。
しかし、どうしてそのような差が生じるのか、法律が改正されるときの過去の裁判の振り返りは、本当は一番大事な作業なのではないのかと思います。
その作業を十分にしないで新たな条文を作ることは、被害者にとっては処罰範囲が狭くなった、弁護する立場からは不当に広がったという批判につながり得ます。

今後、保護法益の議論やどのような行為が処罰されるべきかの議論が、更に充実してなされることになると思うのですが、そのときに、どのような行為を処罰するのかということと、どのような法定刑を定めるかという議論が、きちんとセットでなされていくべきと考えています。

海外の法制のほとんどは、基本的な構成要件は幅広く、しかしながら、法定刑は軽く定められています。
重罰化をすることは、本当に加害者の更生のために効果があるのでしょうか。
更生にとって逆効果となる法律にならないことを私は願っています。

被害者からみた刑事裁判の問題が指摘されてきましたが、刑事弁護をする立場から今の性犯罪の裁判を見ていると、被害者の供述が非常に安易に信用される傾向や、被告人に対して、事実上無罪の立証が強いられているように見える事件もあり、むしろ、このような問題のある例が増えてきているのではないかと感じます。

刑事裁判は、社会の安定のために犯罪をした人に対する処罰をすることを目的としたものであり、被害者の救済が第一義的な目的ではありません。
しかも、全ての被害者を救えるわけではない。
刑事裁判では被害者が救えない話は、今まで何度も繰り返していますが、加害者が死んでしまった、あるいは、加害者が見つからない被害者や、どんなに法改正をしても、立証のハードルがありますから、それによって救われない被害者が必ず出てきます。
刑事裁判は、そのように限界のある制度なのに、過度な期待をかけることには問題があると思います。

私は、性犯罪の被害者の支援は必要だと思っています。
そして、憲法や法律に定められた被疑者・被告人の権利の保障もまた必要不可欠です。
そのバランスを取りながら、制度を作っていくことが大切です。
今後我が国において、より良い法律や制度ができることを祈ってやみません。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その2)。香西咲さんたち被害者のうったえが、世論を喚起しました。人々のこころを穿ちました

刑法の性犯罪の規定を改正するための作業が、精力的に進められています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日に、最終の検討会が開催されました。
本日も、当該検討会議事録を参照します。

(参考。当ブログ)
<2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会について>
2021年7月28日(その1)

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会(その2)

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3ページ>
2021年5月21日 上谷さくら 委員(弁護士)

この検討会における私の使命は、実務家として、性犯罪被害者の方が刑事手続に関してどのように困っているのかという実情を伝えるとともに、それに関わる現実的な法的課題を指摘することと考え、その観点から意見を述べたつもりです。
この検討会では、委員の方の様々な意見を聞くことができ、たくさんの気付きがありました。
立場によって、見る世界も考え方も異なっているため、刑事法が被害者の被害回復に助力する難しさを痛感することもありました。
しかし、自分では思い付かなかったアイデアもたくさん出され、私自身の理解も深まり、新たな問題意識に気付くこともできました。
私の被害者支援のスタンスは、被害者が少しでも被害前に戻れるようになってほしい、被害から回復してほしいということに尽きます。
検討会で得られた知見を実務に持ち帰り、今後の被害者支援に生かしていきたいと思います。

検討会の進め方としては、本音を言うと、全員の委員の方と実際にお会いしてお話ししたかったという気持ちがあります。
しかし、コロナ禍にあって、オンラインを活用しながら1年足らずで16回もの検討会が開かれ、議論が交わされたことに感謝いたします。
事務局の皆様には、毎回大変な調査や準備をしていただき、本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼を申し上げます。

私の法律事務所の相談室では、何百人もの性犯罪被害者の方が涙を流してきました。
今回の取りまとめが被害者を救う法改正につながるよう、今後の動きにも注目しています。

——————————————————–

<3~4ページ>
2021年5月21日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

今回の検討会では、何といっても、被害を公表された方(山本潤さん)が委員として参画されて、直接議論させていただくことができたというのは、非常に重要だったと思っております。
改めてお礼申し上げたいと思います。

個人的には、従来から準強制性交等の刑法178条をもっと活用すべきであるという意見を持っておりまして、報告書の中でもその点に触れていただいているのではないかと思います。

ただ、今後、刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)といった条文の枠にとらわれずに、現実の犯罪実態に合わせた柔軟な対応も視野に入れて議論することが重要なのかなと思っております。

貴重な検討会に参加させていただきまして、ありがとうございました。

——————————————————–

<4ページ>
2021年5月21日 小島妙子 委員(弁護士)

1年間参加させていただき、本当にありがとうございました。

この検討会を通じて、この問題は、私たちがどういう社会を構想するのかということだと思いました。
刑法は最低限度のルールを定めるという意味では、社会のベースラインをどのように設定するかということだと思っております。
性交するには同意を取らなければならないと考えるのか、嫌と言わないのだから同意を取らなくても性交してもよいと考えるのか、嫌と言えない関係があるということを理解して、同意を取り付けなければならないと考えるのか。
私は、他者と性的行為をする場合の同意の概念について、社会通念や規範を変えていくことが必要だと思っております。

国連の女性に対する暴力の特別報告者であるドゥブラフカ・シモノビッチ氏から、レイプに関する報告書が発表されており、各国はレイプの定義の中心に同意の欠如を明示的に含めるべきであると勧告しています。
詳しくは、本日配布された要望書を御覧いただければと思います。

本検討会の議論が、女性やセクシュアルマイノリティ、子供、障害者など、政治的、経済的、社会的に脆弱な地位に置かれている人々の性被害が適正に処罰される社会を作り上げていくための一歩となること、法制審議会が速やかに開催され、被害者はもとより、市民社会の人々が求める法改正が実現されることを期待いたします。

本当にありがとうございました。

——————————————————–

<4~5ページ>
2021年5月21日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

参加させていただいてありがとうございます。
井田座長、事務局の皆様にも大変お世話になりました。

私は、この検討会での自分の使命・役割というのは、やはり、被害者の実態をお伝えすること、特に、分かりにくい実態をお伝えすることと、例えば、医学的・心理学的な知見を述べることなのかなと思って、やってきたつもりです。

実は、前回の改正のときに法制審議会に参加させていただいたのですが、そのときとは専門家の認識も変化してきているし、それこそ構成メンバーも、私が思う適正な状況に近づいてきたのかなと思っています。
以前は、今回と同じように実態をお話ししても、それから、医学や心理学の領域の中では本当に常識であるようなお話をしても、何か非常識なことを言っているような感じで受け止められている感覚がありました。
実際はそうではなかったのかもしれませんけれども、主観的には何かそういう思いを抱くことがありましたが、今回は、実態の認識としては、専門家の方々も一致していることがあるのだなと思うことが、かなりあったと思います。

一方で、それでも、実態に沿った法律を適正に作っていくということには非常に困難があるし、まだ理解されていないところもあると感じております。

今後、更に検討していただきたいことというのは、たくさんあるのですが、一番気になっていることを挙げさせていただくと、やはり、パワーの差のある中で起こる被害というのは非常に分かりにくいということを、みんなに知ってもらいたいということですね。
その典型が、子供とか若年者とか障害のある方とか、そういう方への犯罪行為ですけれども、そのような、簡単にノーと言ったり抵抗したりできない状態で行われる犯罪行為を適正に罰することができる刑法を目指していただけたらと、目指せるといいと思っております。

それからもう一つ、性的虐待、これは監護者だけでなく、様々な形での子供への性的虐待というものがありますけれども、本当にその後の人生への影響が甚大です。
めちゃくちゃになると言っても過言ではない、かつ、訴えることさえ難しいわけですね。
被害の認識も難しい。
そういう中では、公訴時効の延長ということは、この形の被害に関してはどうしても実現していただきたいなと、今も強く思っております。

本当にありがとうございました。

——————————————————–

<5ページ>
2021年5月21日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

この度は、本当に貴重な議論に参加させていただいてありがとうございました。

領域が異なると、その前提となる考え方であるとか、物の見方であるとか、見えている世界も異なると思いますけれども、会議に参加された委員の皆様が、現実に起きている被害の話に真摯に耳を傾け、理解しようと努めてくださったことに、本当に心よりお礼を申し上げたいと思います。

一方で、会議の席上で話されたことというのは、現実のほんの一部にすぎず、性暴力・性犯罪被害の支援の現場では、深刻な状況が発生し続けています。
刑事手続の中で傷ついて、あるいは、そこに至ることもできずに、被害の影響を受けながら、どうやって生き延びるかということを日々模索している人たちに、私たちはお会いし続けているわけです
心理学や精神医学から見て、人間の心理を理解していたら自然な心理だと考えられることが、法律ではそうとみなされずに、不自然だとか不合理だと言われてしまう現実というのは何なのだろうということを、私はずっと考え続けてまいりました。

これから場を移して法改正に向けて更に議論が重ねられることと思いますが、性暴力被害の実態や人の心理を知っていただいて議論を重ねていただきたく存じますし、性的同意に関しては、世界で既に知見が積み上げられておりますので、そうした知見にも一層関心を寄せていただければと考えています。

心理支援の立場から申しますと、被害届が出せなかった方にも、不起訴になった方にも、刑事手続で傷ついた方にも、刑事手続で救われた方にも、その人の状態に沿った心理支援を誠実に行うということに変わりはないですし、どのような状態からでも人は回復する力を持っていると感じています。
ただ、一人でも多くの理不尽な経験に傷ついた被害者の方が、本来ならば公正に判断されるはずの場で、これ以上司法に理不尽に傷つけられることのない社会になるようにということを願っております。

また、会議の席上でも申しましたけれども、セクシュアリティやジェンダーの無理解によって不適切な扱いをされることがなく、全ての被害者の尊厳がきちんと守られて適切に判断されるということを、切実に願っております。

本当に1年間ありがとうございました。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

【刑法改正を審議する検討会~最終の会合】(その1)。香西咲さんたち被害者のうったえが固陋な刑法(悪法)を変えようとしています

刑法が改正されるまでの手順を確認します。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

(再掲。寺町東子弁護士)
性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会

2021年5月21日の第16回性犯罪に関する刑事法検討会で、取りまとめ報告書が採択されました。
当該検討会議事録を参照します。

(2021年5月21日 第16回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<1ページ>
2021年5月21日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

ただ今から性犯罪に関する刑事法検討会第16回会合を開催させていただきます。

——————————————————–

<1ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

おはようございます。
本日も御多用のところ御出席いただき、誠にありがとうございます。
本日、川出委員におかれましては、所用のため遅れて出席される予定です。
まず、お配りしている資料について、事務当局から確認をお願いします。

——————————————————–

<1ページ>
2021年5月21日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

○浅沼刑事法制企画官 本日、議事次第及び前回会合における御議論を踏まえて修正した「「性犯罪に関する刑事法検討会」取りまとめ報告書(案)」、前回配布後に新たに団体から法務省に寄せられた要望書をお配りしております。

——————————————————–

<1~2ページ>
2021年5月21日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、議事に入りたいと思います。

前回会合でお示しした「取りまとめ報告書(案)」につきまして、皆様から頂いた御意見を踏まえて修正を行いました。

本日は、この修正後の報告書案を基に、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います。

委員の皆様には、事前に修正後の報告書案をお送りいたしましたので、既に御一読いただいているかと思いますが、更なる修正の御意見がございましたら、御発言をお願いできればと存じます。

お、本日遅れて出席予定の川出委員からは、事前に、修正意見はないとの御連絡を頂いております。

(一同、発言なし)

特に御意見もないようですので、この内容で本検討会の取りまとめ報告書とさせていただくということでよろしいでしょうか。

なお、川出委員からは、事前に、取りまとめについては座長に一任する旨の御連絡を頂いております。

(一同了承)

ありがとうございました。
それでは、この内容で本検討会の取りまとめとさせていただきます。

報告書の「第4 終わりに」にありますとおり、法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪に対してより適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めるよう、お願いしたいと思います

それでは、残りの時間につきましては、委員の皆様にお一人ずつ、本検討会を振り返っての御感想等を述べていただければと思います。

本検討会においては、令和2年6月から約1年間にわたって、密度の濃い充実した議論を行い、検討会の総意として、本日報告書を取りまとめることができました。

コロナ禍に見舞われた中での会合でしたので、多くの委員の方とは相互にモニター越しでの議論となりましたが、冷静で、検討の対象となった事柄に集中した、質の高い意見交換が可能になったというメリットもあったように感じられ、オンライン方式でも、参加する委員の努力と協力により、実のある議論を行うことができるということを示すことができたと思われます。

本日は、本検討会において委員の皆様から御発言いただく最後の機会になりますので、この約1年間の議論を振り返っての御感想、あるいは今後の検討に向けた御要望など、どのようなことでも結構ですので、それぞれお一人2分以内を目途に御発言いただければと思います。

ただ、またここで白熱した論争が勃発してもいけませんので、他の委員の御発言は寛容にお聞きいただき、御自分の発言のときに御自身の思いを披れきしていただければ幸いでございます。

それでは、委員名簿の順に指名させていただきますので、指名されましたら御発言を頂きたいと思います。
なお、本日遅れて出席予定の川出委員には、最後に御発言いただきます。
それでは、池田委員からお願いします。

——————————————————–

<2ページ>
2021年5月21日 池田公博 委員(京都大学教授)

今回、多岐にわたる論点について議論をするに当たりまして、適切な取りまとめをしていただきました井田座長、また、コロナ禍でのオンライン会議の実施という前例を見ない取組や、意見要旨の取りまとめ等について、いずれも周到かつ適切なお手配及び御準備を頂いた事務当局の皆様に、まずはお礼を申し上げます。

井田座長からは、検討会の冒頭で、議論に臨むに当たっては、複数の専門家がそれぞれの立場からの知見を提供し合い、かつ、それぞれに足らざるところを謙虚に学び合い、補い合うこと、理解し合い、合意に至ることについて、お話がありました。
私としても、委員の皆様から示される様々な視点からの御意見を伺うことで、私自身の多くの欠落を認識し、これまで理解していたところの意味を改めて問い直しながら、議論に参加してまいりました。

私の専攻する手続法との関係で申し上げますと、例えば、性犯罪について、公訴時効の完成を遅らせることや、司法面接的手法で得られた供述を証拠として特に許容することについて、それらを採用しない理由も相応に存在するものですが、今回の検討では、それで終わることなく、さらに、性犯罪被害の実相を含む多様な観点からの御指摘を踏まえて、その必要性を一層深掘りし、それに応じて、その当否の評価も重ねて吟味した上で、これらを実現するための課題や具体的な制度の在り方にまで及ぶ議論がされました。
これは、座長の示された、補い合いつつ合意に至るという姿勢によって議論を進めることが、有意義な前進をもたらした例と考えております。
この間、寛容さを持って議論を深めてくださった委員の皆様に、心よりお礼を申し上げます。

もちろん、なお検討を要する点も多く残されており、今後も議論は続きますけれども、それにどのような立場で関わるにしても、運用も含めてより適切な制度の構築に至るよう、この検討会の議論を基礎にして、更に検討や理解を深めてまいりたいと考えております。

——————————————————–

<2~3ページ>
2021年5月21日 金杉美和 委員(弁護士)

1年間にわたって、立場や考え方の異なる様々な委員からの意見に耳を傾けていただき、本当にありがとうございました。

この検討会に御参加の皆様方はそんな疑問をお持ちにならないかもしれませんが、私のように「刑事弁護に力を入れています。」と言いますと、こういうふうに尋ねられることが度々あります。
「悪い人をどうして弁護するのですか。」と。
私はいつもこのように答えています。
「悪い人かどうかは、刑事裁判でその人が悪いことをしたということが決まるまで、分からないのです。」と。

性犯罪は許されないと思いますし、性被害に遭われた方々に対する支援は、刑事裁判で有罪が確定しなくても、広く網を掛けて行われるべきだと思います。
性被害の相談を受けて支援する方々が、当事者の訴えを全面的に受け止めて、被害があったことを前提として全力で支援されることも、また当然のことだと思います。

ただ、殊、刑事裁判で、性犯罪があったかどうかが争われている場面においては、被疑者・被告人の防御権や適正な手続の下で公平な裁判を受ける権利がないがしろにされることは許されません。
一旦疑われたが最後、十分に防御することもできず有罪になってしまうような構成要件や公訴時効の在り方、証拠法にすることは、実際には罪を犯していない市民から、国が過って自由を、時には命を奪うという、取り返しのつかない国家犯罪につながりかねません。
このような立場から、今回の刑事法改正には、基本的には慎重な意見を述べさせていただきました。

しかしながら、被害者支援の観点から意見を述べておられる委員の方々も、また刑事弁護の観点から意見を述べている私を含む委員も、立場は違えど、より良い刑事法の実現という同じ目的のために協働しているものと理解しております。
今後の法制審議会等の議論におきましても、車の両輪として、被疑者・被告人の権利を後退させることのないよう、刑事弁護の立場からの意見にも十分に配慮した慎重な議論をお願いしたく、私の最後の意見とお願いとさせていただきます。

1年間にわたり、本当にありがとうございました。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(22)。泣き寝入りをしない香西咲さんたち被害者が再生できる刑法となってほしいものです

刑法の性犯罪の規定は、性犯罪者を守るために存在しています。
被害者は泣き寝入りをするしか術(すべ)がありません。
いま、この刑法を改正するうごきが進行しています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)
2021年7月22日(その19)
2021年7月24日(その20)
2021年7月25日(その21)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その22)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

(前略。)
本日の最後に、「検討すべき論点」の第2の
「2 起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、当時の法務大臣の指示によって、法務省において、別途、法改正に向けた具体的な検討を行うことにしたという経緯がありました。

——————————————————–

昨年(2020年)の9月4日におこなわれた「法務大臣閣議後記者会見」をふりかえってみます。

(2020年9月4日 法務省 法務大臣閣議後記者会見より、引用。)

2020年9月4日 森まさこ 法務大臣
(前略。)
続いて、私から1件御報告がございます。
先般、「性犯罪に関する刑事法検討会」において、今後検討すべき論点が確定したところですが、そのうち、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、法改正に向けた具体的な検討を加速することとしました。
(中略。)
多岐にわたる論点のうち、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、他の論点との関連性が低く、独立して検討を進めることができるように思われますし、被害者保護の観点から、被害者の氏名等を一定の場合に被告人に秘匿するという方向性自体にはほぼ異論がないように思われます。

この論点については、平成28年の刑事訴訟法の改正当時からの検討課題であり、改正法の附則に基づく検討に資するために行われている、法曹三者及び警察庁の担当者による「刑事手続に関する協議会」においても、協議が行われてきたところであり、それらを活用することも可能であると思われます。

そこで、この度、私の判断で、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、「性犯罪に関する刑事法検討会」において検討すべき他の論点についての検討を待たずに、別途、法改正に向けた具体的な検討を加速するよう、事務方に指示いたしました。

法務省としましては、今後とも、被害者保護のより一層の充実強化に向けて、適切に対応してまいります。
——————————————————–

2020年9月4日 記者
今、御発言がありましたが、被害者保護を目的とした起訴状などの被害者氏名の匿名化について、今後の具体的な検討の方向性やスケジュールをお聞かせください。
——————————————————–

2020年9月4日 森まさこ 法務大臣
法改正に向けた加速化という指示を私からしたところでございますので、法改正をするということになれば、いずれかの段階で法制審議会に諮問することが必要になると思われますが、まだ指示を出したばかりでございますので、今後のスケジュールは確定しておりません。
いずれにせよ、速やかに作業するように指示をしたところでございます。

——————————————————–

20日後(2020年9月24日)に開催された第6回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

(2020年9月24日 第6回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

2020年9月24日 岡田 参事官(法務省)
(前略。)
(略)「2 起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、(略)、法務大臣の指示により、別途、法改正に向けた具体的な検討を加速して行うこととなりました。
今後、この論点については、法務省において検討を進めていくこととなりますが、法改正に向けた方向性が定まりましたら、本検討会において、委員の皆様に御報告したいと考えております。
(後略。)
——————————————————–

2020年9月24日 井田良 座長(中央大学教授)
検討会の論点に含めたところではございますけれども、法務省の方で切り離して法改正に向けて手続を進めたいということですので、検討会としても問題ないのではないかと思います。
今の説明につきまして何か御質問はございますでしょうか。
——————————————————–

2020年9月24日 宮田桂子 委員(弁護士)
質問というよりは、意見です。
私は、冒頭で、この件については、別の協議会で協議していることについて御指摘申し上げました。
そのような状況を踏まえた上で、この検討会において、多数決で、起訴状における氏名秘匿の件はここで検討しようということになりました。
つまり、被害者の方々の生の声をここで明らかにするという御趣旨であったかと思います。
そのように、この検討会で多数決によって入れた論点を、後から大臣の方でひっくり返す。
検討会が自律的に議論すべきところについて、大臣が論点を変えさせる進行の仕方そのものに対して、私は疑義を持つものでございます。
もちろん、早く進行すること自体が悪いというつもりはありませんが、手続の問題として、これはいかがなものかと考えた次第でございます。
——————————————————–

2020年9月24日 岡田 参事官(法務省)
御意見については、事務当局として受け止めさせていただきます。
このような形で進めさせていただきますけれども、先ほど申し上げましたとおり、法務省における検討が進みましたら、また御報告をさせていただきたいと思っております。
——————————————————–

2020年9月24日 井田良 座長
その報告を受けた後、御意見があれば、この検討会でも存分に御意見を言っていただくということになろうかと思います。
よろしいでしょうか。
(一同了承)

——————————————————–

ふたたび第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録に戻ります。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

その検討について、事務当局から10分程度で報告をしていただきます。
お願いします。

——————————————————–

<23~24ページ>
2021年4月12日 浅沼 刑事法制企画官(法務省)

本検討会における「検討すべき論点」に掲げられております、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
については、現在、法務省において法改正に向けた具体的な検討を進めているところであり、その検討状況について御説明します。

まず、本検討会の論点となっていた起訴状における被害者の氏名等の秘匿措置について御説明します。
刑事訴訟法上、公訴の提起は起訴状を提出してしなければならず、起訴状には、公訴事実を記載しなければならないこととされています。
そして、起訴状謄本は被告人に送達しなければならないことから、そのまま送達すると、公訴事実として記載された被害者の氏名等が被告人に知られることにより、性犯罪を始めとして、被害者の名誉・プライバシーを著しく害したり、加害行為等がなされるおそれがある場合があります。
そこで、起訴状謄本の送達に際して、被害者の氏名等が被告人に伝わらないようにするため、検察官が起訴するときに被害者の氏名等の記載のない起訴状抄本を提出し、裁判所は抄本を被告人に送達するとともに、被告人の防御への配慮として、弁護人には、被害者の氏名等を被告人に知らせてはならない旨の条件を付して起訴状謄本を送達する、被害者の氏名等が秘匿されることにより被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあるときは、被告人側の請求により被害者の氏名等が明らかにされる仕組みとすることを検討しております。

次に、本検討会でも御指摘のあった、捜査手続における被害者の氏名等の秘匿措置について御説明します。
刑事訴訟法上、逮捕状及び勾留状には、被疑事実の要旨を記載することとされ、被疑者の弁解録取手続においては、司法警察員及び検察官は、被疑者に犯罪事実の要旨を告げることとされています。
また、被疑者の勾留質問手続において、裁判官は、被疑者に被疑事実を告げなければならないこととされています。
そして、逮捕状・勾留状の呈示、弁解録取手続又は勾留質問手続において、被疑事実の要旨や犯罪事実の要旨をそのまま呈示したり告知したりすると、起訴状の送達と同様、被害者の氏名等が被疑者に知られることにより、性犯罪を始めとして、被害者の名誉・プライバシーを著しく害するなどのおそれがある場合があります。
そこで、捜査段階において、被害者の氏名等が被告人に伝わらないようにするため、検察官又は司法警察員が、裁判官に対し、被害者の氏名等の記載のない逮捕状の抄本の交付を請求し、被疑者には裁判官から交付された抄本を呈示する、検察官が、裁判官に対し、勾留質問時の被疑事実の告知を被害者の氏名等を明らかにしない方法で行うことや被害者の氏名等の記載のない勾留状の抄本を交付することを請求し、裁判官はその方法で勾留質問を行い、被疑者には裁判官から交付を受けた抄本を呈示するなどの仕組みを設けるとともに、被疑者の防御への配慮として、被害者の氏名等が秘匿されることにより被疑者の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあるときは、被疑者側の請求により被害者の氏名等が明らかにされる仕組みとすることを検討しております。

さらに、起訴後に行われる証拠開示等の段階においても、被告人の防御への配慮をしつつ、被害者の氏名等が秘匿されるようにするため、証拠開示の際の被害者特定事項の秘匿の要請、証拠開示における秘匿措置、裁判書の交付請求などについても、必要な措置を採ることができる仕組みとすることについて検討しております。

ただ今御説明した仕組みについては、引き続き検討を進めているところであり、今後変更される可能性がございますが、現段階での検討状況の御報告は以上です。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

この点について、何か御発言、御質問はございますか。

——————————————————–

上谷さくら 委員(弁護士)

秘匿によって防御上不利益なときは、その特定事項を通知するというところについて、防御上不利益なときというのは、どういうケースが想定されているのでしょうか。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 吉田 刑事法制管理官(法務省)

具体的にどのような文言を用いるかというのは検討中の段階であり、今後、その文言を確定しつつ、その意味内容も更に詰めるということになりますので、防御上の不利益の内容について、現時点では具体的なお答えは差し控えたいと思います。

——————————————————–

<24ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。よろしいですか。
それでは、
「起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」
についての報告は、ここまでとさせていただきます。

では、次回は、修正した報告書案を基に、再度、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います。

——————————————————–

(再掲。井田良 座長)
次回は、修正した報告書案を基に、再度、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います

明日は、性犯罪に関する刑事法検討会の最後の会合でどのようなことが話し合われたのかをみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(21)。香西咲さんたち被害者を救済していない刑法は、今後、変貌を遂げる予感がします

刑法の性犯罪の規定が改正されるのは必定です。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)
2021年7月22日(その19)
2021年7月24日(その20)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その21)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

(参考。報告書案の「終わりに」)

第4 終わりに

本検討会においては、刑事の実体法・手続法に関する多岐にわたる論点について、各委員がそれぞれの専門的知見に基づき、現行法の基本的枠組みや刑事法の諸原則との整合性にも留意しつつ、幅広い観点から活発に議論を行った結果、今後の法整備に向けた検討に際しての重要な視点や留意点を示すことができた。

法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪がその被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し、より適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めることを期待したい。

また、性犯罪に適切に対処するためには、言うまでもなく、刑事法の整備だけでなく、性犯罪の被害者に対する支援、性犯罪による被害や二次被害を生まないための教育・啓発、性犯罪者の再犯防止のための施策の充実を含めた総合的な取組が求められる。

政府においては、引き続き、そのような視点から、性犯罪の根絶に向けて取り組んでいただきたい。

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。

社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

——————————————————–

<21ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

本当に必要なことがぎゅっとまとまった文章だなと思っているので、付け加えることがすごくあるということではないのですが、
刑事法の整備だけでなく
というところに、運用とか司法判断において科学的知見をきちんと踏まえていただきたいという、その科学的知見がもっときちんと調査研究によって積み重ねられることを、それは政府全体の方針もそうだと思うのですけれども、それを望みますというようなことを入れていただけると有り難いなと思いました。

——————————————————–

<21ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
検討いたします。

——————————————————–

(再掲。齋藤梓 委員)
運用とか司法判断において科学的知見をきちんと踏まえていただきたいという、その科学的知見がもっときちんと調査研究によって積み重ねられることを、それは政府全体の方針もそうだと思うのですけれども、それを望みますというようなことを入れていただけると有り難いなと思いました

昨日の当ブログで参照したとおり、齋藤梓委員の発言のあと、山本潤委員も、同種の要望をおこなっています。
2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書では、齋藤梓委員と山本潤委員の要望が取り入れられました。
あらたに以下の文章が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61ページ>

十全なる被害者保護の実現のためには、科学的知見を踏まえ、被害者の負担にも配慮した適切な証拠採取や、心理学的・精神医学的知見をも踏まえた適切な事実認定・判断などを通じて、より適切な刑罰法規の適用がなされることが必要であるし、

——————————————————–

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

(略。)

<22ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

すみません、先ほどお伝えし忘れたのですけれども、最後の段落のところで、
社会や価値観の多様化に伴い
というのがあるのですが、デジタル性暴力など性犯罪の形式自体が多様になっているという観点が入ると、なお良いのではないかなと思いました。

——————————————————–

<22ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

どういう言葉があるといいですかね。
何か良い言葉がもしあれば。

——————————————————–

<22ページ>
齋藤梓 委員(臨床心理士)

科学技術の発展に伴って新しい形の性犯罪が現れている
というような文章があるといいのかなと思いました。

——————————————————–

<22ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討させていただきたいと思います。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<59ページ>

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。
社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61~62ページ>

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえて、性犯罪に関する刑事法の在り方について検討したものにほかならない。
しかし、時代の変化により性犯罪の態様も変わり得るし、社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得るであろう。
今後も継続して、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論を行っていく必要があることを特に強調して、本報告書の結びとしたい。

上述のとおり、取りまとめ報告書では、
しかし、時代の変化により性犯罪の態様も変わり得るし、
の文言が付け加わりました。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<22~23ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

いかがでしょうか。
「第4 終わりに」
のところで、皆さんから、かなりたくさんの御意見を頂いたと思うのですが、ほかにございますか。
よろしいですか。
それでは、
「第4 終わりに」
についての議論は、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

本日頂いた御意見を踏まえて報告書案を修正して、次回会合では改訂版をお示しし、できればそれを最終版としたいと思っております。

具体的な修正の仕方については、恐縮ですけれども、私に御一任いただいて、次回会合までに事前に改訂版の案を委員の皆様にお送りした上で、事務当局を通じて御意見を頂き、調整するようにしたいと思います。

これもお願いですけれども、多くの御意見を頂いたわけですが、その全てをそのまま反映できるものではないということも御理解いただきたいと思います。

報告書案については、事前に、一部の委員から、まとまりに欠ける、分かりにくいという御意見も述べられたと聞いています。
様々な御意見を正確に書き込もうと努力した結果として、まとまらない印象が出てくるという面もあると思います。
報告書という形にするためには多少の取捨選択は必須のことであって、いかにそれを偏りのない立場から、それも非常に難しいのですけれども、そのようにまとめるということで我々は努力したということを御理解いただきたいと思います。

議論の細かいことを見るのであれば、議事録を見ればよいわけですので、議事録とは別に取りまとめを行う以上は、議論全体の流れがどういうものであったか、あるいは、議論における各意見の位置付け、論点ごとのバランスのようなものも考慮しなければいけないのは当然であると思われます。
類似の意見は一つにまとめてみたり、あるいは言葉を少し削らせていただいて、趣旨を正確に理解できる最小限の内容にとどめたりする、そうしないと本当に膨大なものとなって、結局議事録の内容をそのまま足したようなものになってしまいますので、それでは取りまとめにはならないということで、この報告書案はそういった観点から作成したものであり、これを修正するに当たっても、そういった観点からの意見の採否・取捨選択ということは当然しなければなりませんので、このことは是非御理解いただきますようお願いいたします。

そういう形で進めさせていただくことでよろしいでしょうか。

(一同了承)

ありがとうございます。
それでは、そのように進めさせていただきます。

——————————————————–

明日も、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(20)。香西咲さんたち被害者の側に立った集約となっています

刑法の性犯罪の規定の改正に向けて、いま、物事が進行しています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)
2021年7月22日(その19)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その20)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

(前略。)
「第4 終わりに」のところなのですが、二つ目のパラグラフのところで、
被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し
とあります。
これはもちろんなのですけれども、それだけではなくて、「えん罪を生まないための視点を忘れることなく」ということは、どこかに入れてほしいと思っています。
性犯罪でのえん罪に関して言えば、えん罪の対象者の苦痛がひどいのです。
ほかの事件と比べて社会復帰がものすごく困難になります。
その点については、後藤貞人さん(弁護士)ヒアリングなどもございましたので、何かの形でえん罪の防止という観点は明示していただけるとうれしいなと思いました。

<20~21ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
私の気持ちとしては、「第4 終わりに」の2行目のところに、
現行法の基本的枠組みや刑事法の諸原則との整合性にも留意しつつ
とあるのは、えん罪防止を含めた現行法のいろいろな枠組み、あるいはいろいろな形のプリンシプルといいますか、そういうものを十分考えた上で、こういう提案をいたしますということです。

(参考。報告書案の「終わりに」)

第4 終わりに

本検討会においては、刑事の実体法・手続法に関する多岐にわたる論点について、各委員がそれぞれの専門的知見に基づき、現行法の基本的枠組みや刑事法の諸原則との整合性にも留意しつつ、幅広い観点から活発に議論を行った結果、今後の法整備に向けた検討に際しての重要な視点や留意点を示すことができた。

法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪がその被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し、より適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めることを期待したい。

また、性犯罪に適切に対処するためには、言うまでもなく、刑事法の整備だけでなく、性犯罪の被害者に対する支援、性犯罪による被害や二次被害を生まないための教育・啓発、性犯罪者の再犯防止のための施策の充実を含めた総合的な取組が求められる。

政府においては、引き続き、そのような視点から、性犯罪の根絶に向けて取り組んでいただきたい。

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。

社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

あとは法務省にお任せしますので、法務省はもう刑事法の諸原則を考えなくていいので勝手にやってという趣旨ではもちろんないわけです。

法務省は、当然にそこは考えていただけるだろうと思うので、こういうような形で特に被害者のことのみを明示したということで書かせていただいているのです。

ですから、御趣旨は承りましたけれども、私は、これは簡潔ながらとても良い文章なのではないかと自画自賛しているのですが、もしほかに具体的に修文の御意見があれば、是非出していただきたいと思います。

——————————————————–

<21ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

宮田委員の意見と重なります。

また、今、座長からも、そういった趣旨であるということで御説明いただきましたけれども、やはり、えん罪防止の視点ということは明文でもう少し分かりやすい形で入れていただきたいなというのが意見です。

具体的な修正案につきましては、意見書で述べさせていただいています。

性犯罪に関する取組を迅速に進めることを期待したいということは書いていただいた上で、ただし、その際には処罰されるべき範囲を明確にし、本来処罰されるべきでない行為が処罰されることのないよう、えん罪を生まないための制度とする視点が必要であることは言うまでもないという記載を御提案しております。

御検討いただければと思います。

——————————————————–

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。
以下のことばが追加されました。
しかし処罰されるべきでない行為が処罰範囲に取り込まれることとならないよう留意しつつ

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

(中略。)

<21~22ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

先ほどの宮田委員、金杉委員の意見のえん罪についてですけれども、被害者がうそつきと呼ばれ、その被害の訴えが信用されないということは、日本だけではなく世界で起こっています。

レイプ神話があるということを踏まえていただき、えん罪が起こってはいけないというのは当然のことなのですけれども、処罰されるべきものが処罰されていないという現状もあるので、そこを殊更に言うことが、被害者が被害を訴えられなくしているということにも思いを馳せてほしいと思います。
少なくとも同列に扱ってほしくないと思っています。

また、被害者に苦痛を与えるということを記載し、思いを致してくれたのも大変有り難いと思っています。

(参考。報告書案の「終わりに」)
性犯罪がその被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し、より適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めることを期待したい

加えて、政府が性犯罪・性暴力対策強化の方針で書いているように、

(参考。性犯罪・性暴力対策強化の方針
被害者が勇気を出して相談しても、二次的被害が生じ、被害を誰にも話さなくなり、社会が被害の深刻さに気付かず、無知、誤解、偏見がそのまま温存されるといった悪循環に陥っている場合があること

先ほどのレイプ神話の話とも重なるのですけれども、どうして被害の訴えが認められず、司法でなかなか取り扱ってもらえないのかということは、女性に対する暴力の問題、ジェンダー・ベースド・バイオレンスであるということの問題と大きく関係しています。
SDGsにおいても目標5で、ジェンダーの平等を達成し、全ての女性と女児のエンパワーメントを図ることが挙げられています。
イスタンブール条約でも、女性に対する暴力について、人権侵害であり、女性に対する差別の一形態とし、公的生活若しくは私的生活のいずれで生じるかにかかわらず、女性に対する身体的、性的、精神的、経済的な危害若しくは苦痛、強制又は恣意的な自由のはく奪をもたらすか、もたらす可能性のあるジェンダーに基づくあらゆる行為と定義されているということも踏まえて、このような性暴力というのを許さないというようなことを明記していただければ大変有り難いと思います。
もちろん女性だけではなく、男性、男児、セクシャルマイノリティーの被害もありますので、このことも踏まえて、性暴力・性犯罪を容認しないという意思を示していただければうれしいと思います

また、更にその下の、具体的に適切に対処するためにということの具体的な支援なのですけれども、

(参考。報告書案の「終わりに」)
また、性犯罪に適切に対処するためには、言うまでもなく、刑事法の整備だけでなく、性犯罪の被害者に対する支援、性犯罪による被害や二次被害を生まないための教育・啓発、性犯罪者の再犯防止のための施策の充実を含めた総合的な取組が求められる

よりフォレンジックな診察ですね、被害の訴えがあったとしても、証拠がないとなかなか起訴することが難しいというのは世界で共通する課題でありますので、被害者の苦痛に配慮した性暴力診察とフォレンジック、法医学的な証拠採取というのが進められているところでもあります。
国連は、女性20万人に1か所、性暴力被害ワンストップ支援センターを設けるように提言しています。
この被害直後の証拠採取と刑法の構成、立証の問題というのは車の両輪としてリンクしていますので、そのような証拠が確保できるような体制整備についても言及していただければ大変うれしいと思っています

——————————————————–

(再掲。山本潤 委員)
性暴力・性犯罪を容認しないという意思を示していただければうれしいと思います

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書では、あらたに、以下の文言が付け加わりました。
以下の文言が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61ページ>

「政府においては、性犯罪は決して許されるものではないという認識の下」

(再掲。山本潤 委員)
証拠が確保できるような体制整備についても言及していただければ大変うれしいと思っています

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。
以下の文章が追加されました。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<61ページ>

十全なる被害者保護の実現のためには、科学的知見を踏まえ、被害者の負担にも配慮した適切な証拠採取や、心理学的・精神医学的知見をも踏まえた適切な事実認定・判断などを通じて、より適切な刑罰法規の適用がなされることが必要であるし、

明日も、取りまとめ報告書(案)の「終わりに」に対する各委員の意見や要望をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(19)。香西咲さんたち被害者を愚弄している刑法は、どのように変わるのでしょうか

そう遠くない将来、悪法と言われている刑法の性犯罪の規定は、おおきく変わることでしょう。
立憲民主党の本多平直衆院議員と言えども、この改正の流れを押し止めることはできません。

(参考。当ブログ)
<本多平直衆院議員の発言>
2021年6月9日(その1)
2021年6月10日(その2)

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)
2021年7月21日(その18)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その19)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

最後に、報告書案の「第4 終わりに」について、修正に関する御意見がございましたらお願いしたいと思います。
10分ほどでお願いします。

——————————————————–

2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

事務局の皆さんも、多分これをまとめるのがものすごく大変で、「終わりに」のところは力尽きた感じがします。

(参考。報告書案の「終わりに」)

第4 終わりに

本検討会においては、刑事の実体法・手続法に関する多岐にわたる論点について、各委員がそれぞれの専門的知見に基づき、現行法の基本的枠組みや刑事法の諸原則との整合性にも留意しつつ、幅広い観点から活発に議論を行った結果、今後の法整備に向けた検討に際しての重要な視点や留意点を示すことができた。

法務省には、本検討会の検討結果を踏まえ、ここに課題として示されていない点も含めて更なる検討を行い、性犯罪がその被害者に対し深甚な苦痛を与えることに思いを致し、より適切に対処するための刑事法の改正に向けた取組を迅速に進めることを期待したい。

また、性犯罪に適切に対処するためには、言うまでもなく、刑事法の整備だけでなく、性犯罪の被害者に対する支援、性犯罪による被害や二次被害を生まないための教育・啓発、性犯罪者の再犯防止のための施策の充実を含めた総合的な取組が求められる。

政府においては、引き続き、そのような視点から、性犯罪の根絶に向けて取り組んでいただきたい。

本検討会は、現在の日本の社会環境や国民意識を踏まえ、刑事法の在り方について検討したものである。

社会や価値観の多様化に伴い、性犯罪に関する刑事法のあるべき姿も変化し得ることから、今後とも、性犯罪に係る実態に即した対処のための議論が続けられていくことを望むものである。

まだ案の段階ではあるのですけれども、これだけの議論をして、ところどころというか、その都度、立法化が技術的に難しい面はあるけれども、だからそれで何もしなくていいわけではなくて、被害者がどれだけつらいかという実情は共有したので、ここで知恵を絞らなければならないという意見が出ていたと思うのです。

そういったこの検討会の熱量が伝わるようにというか、多分、一般の人は、自分が関心のある論点以外は、「はじめに」と「終わりに」だけを読むと思うので、そこをもうちょっと一生懸命書いていただきたいなと思って、その点だけです。

——————————————————–

<20ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

具体的に御提案はありますか。
ここをこうしたら、かなり力が入る、熱量が伝わるというようなことはありますか。

——————————————————–

2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

そうですね、分量も2ページぐらいは欲しいなという感じです。

——————————————————–

<20ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

分かりました。
検討したいと思います。
ほかに御意見はございますか。

——————————————————–

明日も、取りまとめ報告書(案)の「終わりに」に対する各委員の意見や要望をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(18)。現行刑法は香西咲さんたち被害者を守ってくれません。早期の改正を期待しています

刑法の性犯罪の規定を改正するためには、段階を踏まなければなりません。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)
2021年7月20日(その17)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その18)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<19ページ>
2021年4月12日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

取りまとめ報告書(案)の)57ページの「⑦」の記載について、

(参考。取りまとめ報告書(案)の57~58ページの「⑦」)
(3)司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方
司法面接的手法による聴取結果を記録した録音・録画記録媒体について、特別に証拠能力を認める規定を設けるべきか

イ 具体的な要件の在り方等に関する議論


規定a
同法第321条第1項第3号(裁判官・検察官以外の者の面前における供述を録取した書面等に関するもの)のように、反対尋問の機会を与えることなく証拠能力を認める規定。

規定aについては、供述の信用性が担保されている情況を証拠能力の付与の前提としているので、更に被害者の証人尋問を行う必要性は低いと考えられる。

規定b
同法第321条の2(ビデオリンク方式による性犯罪の被害者等の証人尋問の状況を記録した媒体がその一部とされた調書について、被告人に反対尋問の機会を与えることを条件として証拠とすることを認めるもの)のように、反対尋問の機会を保障した上で、主尋問に代えて証拠能力を認める規定。

また、規定bについては、同法第321条の2の場合や通常の証人尋問でも時間的間隔が空くことはあり、現行法の伝聞例外と質的に異なるものではないし、司法面接的手法による聴取の対象として想定されている年少者については、聴取からの時間の経過に伴って記憶の減退や汚染の可能性が高まるので、そもそも、主尋問の時点における記憶を確認する必要があるとの指摘は必ずしも当たらない
といった意見が述べられた。

修正をお願いしたいと思います。

まず、最初の「規定a」の部分ですが、

(参考。規定a)
同法第321条第1項第3号(裁判官・検察官以外の者の面前における供述を録取した書面等に関するもの)のように、反対尋問の機会を与えることなく証拠能力を認める規定。

これは、上の「⑤」のところで、

(参考。取りまとめ報告書(案)の57ページの「⑤」)
⑤ 規定 については、諸外国の法制にも例が少なく、また、特信性の要件が認められたとしても、供述の信用性は別途問題となり、弁護人が供述者の証人尋問請求をした場合、記録媒体だけでは信用性の判断が難しく、証人の採用を検討せざるを得ないこともあるように思われるところ、伝聞例外の規定と証人尋問請求権との関係をどう整理するのかという問題がある。
また、規定 については、記録媒体を主尋問に代替させることが被害者の負担を軽減させるとは限らないのではないか、司法面接と尋問の時間的間隔が空き、主尋問がなく反対尋問を行うため、反対尋問の際に証人が司法面接時と反対尋問時のいずれの記憶を述べているのかが分かりにくく、供述の信用性の判断が困難になるのではないか、仮に証人が反対尋問前に記録媒体を確認するとすると、記録媒体の内容が記憶されてしまうのではないかといった問題があるほか、同法第321条の2は、裁判官や弁護人の面前で供述が行われている点が捜査官の面前での供述である司法面接的手法による聴取とは異なっていることなども踏まえて検討すべきである。

伝聞例外の規定と証人尋問請求権との関係をどう整理するかという問題があるという御指摘がありましたので、それを受けて、「規定a」を前提に両者の関係を整理するとすればこうなるだろうという趣旨で前回の検討会で申し上げた発言をまとめていただいたものだと思います。
しかし、このまとめ方ですと、「⑤」の御指摘への回答になっておりません。
そこで、この部分を、
「規定aについては、被害者の証人尋問を行うことによる弊害が大きいことと供述の信用性が担保されている情況を証拠能力の付与の前提としているので、更に被害者の証人尋問を行うことは証拠調べの必要性を欠くと考えられる。」
と、このように修正をお願いしたいと思います。

それから、後半の「規定b」の部分については、

(参考。規定b)
同法第321条の2(ビデオリンク方式による性犯罪の被害者等の証人尋問の状況を記録した媒体がその一部とされた調書について、被告人に反対尋問の機会を与えることを条件として証拠とすることを認めるもの)のように、反対尋問の機会を保障した上で、主尋問に代えて証拠能力を認める規定。

58ページの2行目の

(再掲)
また、規定bについては、同法第321条の2の場合や通常の証人尋問でも時間的間隔が空くことはあり、現行法の伝聞例外と質的に異なるものではないし、司法面接的手法による聴取の対象として想定されている年少者については、聴取からの時間の経過に伴って記憶の減退や汚染の可能性が高まるので、そもそも、主尋問の時点における記憶を確認する必要があるとの指摘は必ずしも当たらない。

「そもそも、主尋問の時点における」
というところの「主」という字を削っていただければと思います。
第14回会合での私の発言は、主尋問によって尋問の時点における記憶を確認する必要があるとの指摘は必ずしも当たらないということを申し上げたものですので、「主」を削っていただいた方が正確なまとめになります。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

かしこまりました。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<57~58ページ>

⑦ 規定aについては、供述の信用性が担保されている情況を証拠能力の付与の前提としているので、更に被害者の証人尋問を行う必要性は低いと考えられる。

また、規定bについては、同法第321条の2の場合や通常の証人尋問でも時間的間隔が空くことはあり、現行法の伝聞例外と質的に異なるものではないし、司法面接的手法による聴取の対象として想定されている年少者については、聴取からの時間の経過に伴って記憶の減退や汚染の可能性が高まるので、そもそも、主尋問の時点における記憶を確認する必要があるとの指摘は必ずしも当たらない
といった意見が述べられた。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<59ページ>

⑨ 規定aについては、被害者の証人尋問を行うことによる弊害が大きいことと供述の信用性が担保されている情況を証拠能力の付与の前提としているので、更に被害者の証人尋問を行うことは、証拠調べの必要性を欠くと考えられる。

また、規定bについては、同法第321条の2の場合や通常の証人尋問でも時間的間隔が空くことはあり、現行法の伝聞例外と質的に異なるものではないし、司法面接的手法による聴取の対象として想定されている年少者については、聴取からの時間の経過に伴って記憶の減退や汚染の可能性が高まるので、そもそも、尋問の時点における記憶を確認する必要があるとの指摘は必ずしも当たらない
といった意見が述べられた。

取りまとめ報告書ではあらたに、
被害者の証人尋問を行うことによる弊害が大きいことと
の文言が追加されました。
「主尋問」は、「尋問」に改められました。

明日も、取りまとめ報告書(案)に対する各委員の意見や要望をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(17)。香西咲さんたち被害者に対して冷淡な刑法は、おおきく変わる予感がします

刑法の性犯罪の規定を改正するための手続きが着々と進行しています。

(確認)
刑法が改正されるまでの手順
(1)性犯罪に関する刑事法検討会(※法務省内)

性犯罪に関する刑事法検討会、終わりました」(寺町東子弁護士

(2)法務省が改正要綱案を作成

「今日(2021年5月21日)取りまとめ報告書を法務大臣が受け取り、それを踏まえて、法務省が改正要綱案を作成し、法務大臣が法制審に諮問することになります」(寺町東子弁護士

(2021年)9月までに、検討会の結果を踏まえ、法務省がどのような改正要綱案をまとめて、法制審(法制審議会)に諮問するのか。注視していきましょう」(寺町東子弁護士

(3)法務大臣が法制審議会へ諮問

「法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。叩き台、みたいなものなんですけども」(山本潤 一般社団法人Spring代表理事

(4)国会で審議、採択
——————————————————–

現在、性犯罪に関する刑事法検討会取りまとめ報告書が公開されています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録公開

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

同検討会では、取りまとめ報告書(案)に関する論議がおこなわれました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)
2021年6月8日(その9)
2021年7月13日(その10)
2021年7月14日(その11)
2021年7月15日(その12)
2021年7月16日(その13)
2021年7月17日(その14)
2021年7月18日(その15)
2021年7月19日(その16)

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その17)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<18ページ>
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

取りまとめ報告書(案)の)52ページの「②」なのですけれども、

(参考。取りまとめ報告書(案)の52ページの「②」)
② 個人差はあるが、被害を訴えたときに、警察官から、裁判で嫌な質問をされるとか過去の出来事を持ち出されるなどと言われて被害届を取り下げた例があると聞いているし、過去に複数人と性的関係を持っていることを理由に今回も同意があるとして被害者の訴えを信用しないことが司法の現場で起きていると思われるほか、被害者が逃げなかったことを理由の一つとして最高裁判所が無罪判決を言い渡した例があるなど、社会全体にジェンダーバイアスがある。

これは、私やほかの委員の発言がまとめられているのかと思うのですが、社会全体にジェンダーバイアスがあるといったときに、明確にきちんと伝えられたかどうか分からないのですけれども、私の意図としましては、ジェンダーバイアスはもちろんなのですが、セクシャリティーですとか特定の職業などに対するバイアスも含めて、性に関わる様々なバイアスについて発言したつもりでしたので、そうしたニュアンスを含めていただければと思います。

——————————————————–

<18ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承知しました。
承りました。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<52ページ>

② 個人差はあるが、被害を訴えたときに、警察官から、裁判で嫌な質問をされるとか過去の出来事を持ち出されるなどと言われて被害届を取り下げた例があると聞いているし、過去に複数人と性的関係を持っていることを理由に今回も同意があるとして被害者の訴えを信用しないことが司法の現場で起きていると思われるほか、被害者が逃げなかったことを理由の一つとして最高裁判所が無罪判決を言い渡した例があるなど、社会全体にジェンダーバイアスがある。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<53ページ>

② 個人差はあるが、被害を訴えたときに、警察官から、裁判で嫌な質問をされるとか過去の出来事を持ち出されるなどと言われて被害届を取り下げた例があると聞いているし、過去に複数人と性的関係を持っていることを理由に今回も同意があるとして被害者の訴えを信用しないことが司法の現場で起きていると思われるほか、被害者が逃げなかったことを理由の一つとして最高裁判所が無罪判決を言い渡した例があるなど、社会全体に、特定のセクシュアリティや職業への偏見、ジェンダーバイアスがある。

取りまとめ報告書ではあらたに、
特定のセクシュアリティや職業への偏見
の文字が追加されました。

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<18ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見ございますか。よろしいでしょうか。

それでは、次に、
「(3) 司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方」
について、報告書案の修正に関する御意見がありましたらお願いします。

——————————————————–

<18ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)57ページの「④」の意見は、

(参考。取りまとめ報告書(案)の57ページの「④」)
④ 医師など専門的知識を有する中立の第三者が聴取を行い、同法(刑事訴訟法)第321条第1項第2号に準じた規定により伝聞例外を認める方法や、裁判所が関与して子供の供述を保全する方法が考えられるといった意見が述べられた。

私の意見を入れていただいたものだと思うのですけれども、子供への反対尋問というのは、子供に対する負担が非常に大きいことからという理由を入れていただきたいのと、私の意見は、何らかの形で裁判官面前調書に結び付けていかなければならないということで申し上げたので、刑事訴訟法321条1項2号ではなくて、同項1号と申し上げたので、そこは訂正をお願いしたいと存じます。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

この意見は金杉委員の御意見でもあるようですが。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)57ページの「④」は、

(参考。取りまとめ報告書(案)の57ページの「④」)
④ 医師など専門的知識を有する中立の第三者が聴取を行い、同法(刑事訴訟法)第321条第1項第2号に準じた規定により伝聞例外を認める方法や、裁判所が関与して子供の供述を保全する方法が考えられる
といった意見が述べられた。

私もこういうことは申し上げましたけれども、同様の意見を小島委員も述べられていたという理解です。
両方の意見がまとめられているのかなと思っていました。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

お二人の意見を合体したものになっているようでございます。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

私は、刑事訴訟法321条1項1号ということで申し上げたと思うので、反対尋問の負担が重いということと、司法基盤の充実ということを申し上げたので、それらをもう少し明確に入れていただければ有り難いです。

——————————————————–

<19ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

分かりました。
各意見を正確に反映したいと思います。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<57ページ>

④ 医師など専門的知識を有する中立の第三者が聴取を行い、同法(刑事訴訟法)第321条第1項第2号に準じた規定により伝聞例外を認める方法や、裁判所が関与して子供の供述を保全する方法が考えられる
といった意見が述べられた。

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<58ページ>

④ 医師など専門的知識を有する中立の第三者が聴取を行い、同法(刑事訴訟法)第321条第1項第2号に準じた規定により伝聞例外を認める方法や、子供の供述の負担に配慮し、同項第1号に準じて裁判所が関与して子供の供述を保全する方法が考えられる
といった意見が述べられた。

上述のとおり、取りまとめ報告書では、
子供の供述の負担に配慮し、同項第1号に準じて
の文言が付け加わりました。

明日も、取りまとめ報告書(案)に対する各委員の意見や要望をみていきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ