《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(9)。香西咲さんたちの戦いによって、性犯罪をゆるさない、との機運が高まってきました

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、昨年(2020年)から今年(2021年)にかけて、刑法改正の審議をおこなってきました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日も、取りまとめ報告書(案)に対する各委員の意見と要望をみていきます。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)
2021年6月7日(その8)

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その9)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<11ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、次の「(4) いわゆる性交同意年齢の在り方」について、報告書案の修正に関する御意見がありましたら、御発言をお願いします。

——————————————————–

<11ページ>
2021年4月12日 上谷さくら 委員(弁護士)

特にどこというわけではないのですけれども、どこかに入れていただきたいのが、若年者が性的搾取から守られるべきことについては反対する人はいなかったと思うのです。

そこの趣旨がやはり明確にならないと、どうして引き上げるべきなのかとか、何歳まで引き上げるのかというところが分かりづらいと思いましたので、そこは入れていただきたいと思っております。

——————————————————–

<11ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討させていただきたいと思います。

上谷委員は、「若年者が性的搾取から守られるべきことについて」の「趣旨」を明記していほしい、と要望しました。
2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<25ページ>
被害者が一定の年齢未満である場合には、被害者が脆弱であることから、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった

あらたに上述の文面が追加されました。

2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに、いわゆる性交同意年齢について御意見ございますか。

——————————————————–

<11ページ>
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

私も、どこに入れていただきたいということがちょっと明確に言えないのですけれども、私は、以前、そもそも性交同意年齢の同意というのは何に同意しているのかということの趣旨に関しての発言をさせていただいたと思います。

2021年2月16日の議事録をふりかえってみます。

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<5ページ>
2021年2月16日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

補助資料4ページの「⑥」の2つ目の「〇」に、

(参考。4ページの「⑥」の2つ目の「〇」)

⑥ 地位・関係性を利用した類型との関係

〇 14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが、一定年齢以上の者から性的行為を働きかけられた場合、一種の優越的な地位の利用状態が生じ、自由な意思決定をゆがめられると考えることにより、一定年齢以上の者が行う場合や年齢差がある場合にのみ処罰される理由を説明することは可能と思われる。
もっとも、その場合であっても、年齢要件のみをもって一律に犯罪を成立させることの当否、適切な年齢の設定、当罰性の評価や法定刑が強制性交等罪と同等かについて慎重な検討が必要。

14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが
と書かれているのですけれども、意に反した性交という心身の境界線を侵害する行為というのは、自他の体とか精神に深刻な傷つきを残す可能性がありますし、妊娠、感染症のリスクはもちろんですが、自傷行為とか自殺企図など、人生や命を脅かされる可能性があるということをその年齢の子供たちが時間的展望を持って理解し、同意しているとは考えにくいと思います。

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】。2021年2月16日)
14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが』と書かれているのですけれども、(略)、自傷行為とか自殺企図など、人生や命を脅かされる可能性があるということをその年齢の子供たちが時間的展望を持って理解し、同意しているとは考えにくいと思います

齋藤委員の2021年4月12日の発言にもどります。
 
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

それは、心身の境界線を侵害する行為というのは、児童の体とか精神に深刻な傷を残す可能性があるとか、子供たちが時間的展望を持ってそうしたことを理解して同意しているとは考えにくいといったような発言をしました。

性的同意を考える上で、何に同意をしているのかということを考えるのはとても大事ではないかと思うので、どこかに残していただけると有り難いなと思いました。

——————————————————–

<11ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

議事録をもう一度確認して、その点についてはどこかに入れられれば、入れるようにしたいと思います。

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<25ページ>

② 子供の被害は、子供の理解力の未発達や脆弱性、大人より狭い世界で生きていることを利用されるため、そのプロセスが第三者から見ると分かりにくいことも少なくないことから、暴行・脅迫や抗拒不能の要件とは別に、子供を被害から守るという意味で性交同意年齢を引き上げるべきである
といった意見が述べられた一方で、

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<25ページ>

② 子供の被害は、子供の理解力の未発達や脆弱性、大人より狭い世界で生きていることを利用されるため、そのプロセスが第三者から見ると分かりにくいことも少なくないことから、暴行・脅迫や抗拒不能の要件とは別に、子供を被害から守るという意味で性交同意年齢を引き上げるべきである。

その際、子供が、自己の心身の境界線を侵害する行為は、将来にわたり心身に深刻な傷つきを残す可能性があることを理解して同意しているとは考えにくいことに留意すべきである
といった意見が述べられた一方で、

ご覧のとおり、
子供が、自己の心身の境界線を侵害する行為は、将来にわたり心身に深刻な傷つきを残す可能性があることを理解して同意しているとは考えにくいことに留意すべきである
との一文が追加されました。

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】。2021年2月16日
14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが』と書かれているのですけれども、(略)、自傷行為とか自殺企図など、人生や命を脅かされる可能性があるということをその年齢の子供たちが時間的展望を持って理解し、同意しているとは考えにくいと思います

2021年2月16日の検討会で、齋藤委員の前に上谷委員が以下の発言をしています。

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3~4ページ>
2021年2月16日 上谷さくら 委員(弁護士)

(前略。)
私は、この性的保護年齢は16歳未満、つまり、少なくとも義務教育の期間は絶対保護されるようにしなければならないと考えております。

若年者の性行為がいろいろ妊娠や病気などで危険があるということは、既にこれまでに出ていることですけれども、一つ、もう少し前の段階についても問題意識を持っていただきたいなと思いますので、その点について少しお時間を頂きたいと思います。

13歳から15歳までの子供たちが自ら望んで性行為をしたということがあっても、それは自己加害の側面が非常に強いと思います。

13歳同士とか14歳同士というのは一体どこで性交渉をしているのかということです。

ラブホテルに行くようなお金は普通持っていない。
自宅で行っているのであれば、親が不在でネグレクト(育児放棄)が疑われる。

親がいるのに、別にセックスして構わないよと容認しているのであれば、成育環境に相当問題があると言わざるを得ません。

また、自宅以外で考えられるのは、非行のたまり場になっている場所で行われているというケースで、いずれも保護の対象として児童相談所などが介入すべき事案かと思います。
(中略。)
その年齢で出産して、誰が責任を持って育てるのかということについては、今一つ考えていただきたいと思います。
(後略。)

——————————————————–

性交同意年齢の引き下げに関して、先日、立憲民主党のある衆議院議員は、
「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」
と発言しました。
その後、世論の反発をうけて、この議員は発言を撤回しました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

この日本でも、性犯罪はゆるさない、との機運が高まってきました。
香西咲さんたち被害者の方々のうったえが人々のこころを揺り動かしました。
日本の夜明けは間近です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。