《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(8)。香西咲さんたちを蹂躙する輩はAV業界人のほかにも存在します。この者たちの処罰も急務です

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会で論議された意見は、ひとまず、取りまとめ報告書(案)というかたちで集約されました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

先々月(2021年4月12日)の検討会で、各委員は、取りまとめ報告書(案)に対して意見や要望をのべました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)
2021年6月6日(その7)

本日も、各委員から出された意見や要望をみていきます。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その8)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<10ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

書き方の問題なのですけれども、私は、読んでいて非常に混乱したのですけれども、取りまとめ報告書(案)の)15ページの「⑮」に監護者性交等罪に関する意見があり、

(参考。取りまとめ報告書(案)の15ページの「⑮」)
⑮ 監護者性交等罪における「現に監護する者」に該当しない親族等からの被害については、準強制性交等罪で処罰することも可能であると思われ、同条の「抗拒不能」の要件を改正することも併せて検討すべきである
といった意見が述べられた。

その意見が未成年者の地位・関係性についての議論の後に位置しているので、ちょっと混乱するというか、まとめて14ページの「③」の後

(参考。取りまとめ報告書(案)の14ページの「③」)
③ 監護者性交等罪は、監護者が被監護者に対して一般的かつ継続的にその意思決定に作用を及ぼすという影響力を有していることに着目した規定であるところ、その他の親族等の場合には、影響力の有無や程度が様々であるから、監護者性交等罪のように一律に同意の有無を問わずに処罰することは適切ではなく、個別に影響力の有無等を考慮できる規定とすることが必要である
といった意見が述べられた。

に記載してもいいのかなと思いました。

——————————————————–

<10ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

取りまとめ報告書(案)の)14ページの「①」から「③」までの監護者性交等罪に関するトピックにまとめた方が分かりやすいということですね。
検討いたします。

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<14ページ>
③ 監護者性交等罪は、監護者が被監護者に対して一般的かつ継続的にその意思決定に作用を及ぼすという影響力を有していることに着目した規定であるところ、その他の親族等の場合には、影響力の有無や程度が様々であるから、監護者性交等罪のように一律に同意の有無を問わずに処罰することは適切ではなく、同意に瑕疵がある場合の対処を含め、個別に影響力の有無等を考慮できる規定とすることが必要である

④ 監護者性交等罪における「現に監護する者」に該当しない親族等からの被害については、類型化が難しいので、強制性交等罪の「脅迫」や準強制性交等罪の「抗拒不能」の要件を改正することも併せて検討すべきである
といった意見が述べられた。

山本委員の要望が取り入れられました。

2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

特にほかに御意見はございませんか。

——————————————————–

<10ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

取りまとめ報告書(案)の)18ページなのですけれども、その前のページの「④」と「⑤」の意見に関して述べられた「⑨」において、

(参考。取りまとめ報告書(案)の18ページ。「④」と「⑤」の意見に関して述べられた「⑨」)

また、具体的な規定の在り方については、

④ 職場の上司・部下といった具体的な地位・関係性を列挙した上で、「地位・関係性を利用・濫用し」などと規定し、その内実を解釈に委ねることが考えられる

⑤ 優越的地位を利用した類型の構成要件の規定の仕方は難しいが、ある程度開かれた構成要件とせざるを得ないように思われ、例えば、「優越的地位を利用して抵抗が困難な状態で」といった要件とし、これに、暴行・脅迫より弱い手段要件を組み合わせる

といった方法が考えられるといった意見が述べられた。

また、④及び⑤の意見に対しては、
⑨ 処罰規定について、概括的な要件を設けて運用に委ねるというわけにはいかず、地位・関係性を悪用・濫用するといえる具体的要件が必要となるが、例えば、「誘惑」といった手段を要件とすることについては、脆弱性がない大人への誘惑行為に可罰性があるとは思われないので、比較的厳格な手段要件を設けるなどして、処罰の外延を明確にすることが必要である
といった意見が述べられた

処罰の外延を明確にすることが必要であるといった意見が述べられた
で終わっているのですけれども、2月16日に開催された第12回会合の議事録の地位・関係性を議論した箇所を読むと、現行法でうまく拾えていない問題が広がっている領域であるという意見もあり、その後、法定刑についての議論も展開されていましたので、そちらについての記載もあった方がいいのではないかと思いました。

——————————————————–

<10ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討させていただきます。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<18ページ>

⑨ 処罰規定について、概括的な要件を設けて運用に委ねるというわけにはいかず、地位・関係性を悪用・濫用するといえる具体的要件が必要となるが、例えば、「誘惑」といった手段を要件とすることについては、脆弱性がない大人への誘惑行為に可罰性があるとは思われないので、比較的厳格な手段要件を設けるなどして、処罰の外延を明確にすることが必要であるといった意見が述べられた

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<18~19ページ>

⑩ 処罰規定について、概括的な要件を設けて運用に委ねるというわけにはいかず、地位・関係性を悪用・濫用するといえる具体的要件が必要となるが、例えば、「誘惑」といった手段を要件とすることについては、脆弱性がない大人への誘惑行為に可罰性があるとは思われないので、比較的厳格な手段要件を設けるなどして、処罰の外延を明確にすることが必要であるといった意見が述べられた

また、法定刑の在り方については、

⑪ 暴行・脅迫や抗拒不能に至らない場合を処罰することとした場合、類型的には被害者の意思の圧迫の度合いや自由意思の制約・侵害の程度が低く、保護法益を性的自由とみるか、性的統合性とみるかにかかわらず、違法性が一段低いものと評価することが可能であり、そうであるとすると、法定刑は現行の強制性交等罪より軽くなると思われる

⑫ 性犯罪の保護法益に関する一般的な理解からすると、このような類型については、法定刑の軽い特別類型を設けるか、あるいは、刑法第178条の「抗拒不能」に該当するとして法定刑は現行のままとするという二つの方向性が考えられる
といった意見が述べられた。

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書ではあらたに、⑪と⑫が追加されました。

<10~11ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)16ページの「②」の下の記載なのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の16ページの「②」)
② 障害者は、介護が必要であるなど他人に生活を依存している場合や、障害の特性により相手に迎合的であったり流されやすかったりする場合があり、そのような状況や特性を利用する行為への対応が必要である
といった意見が述べられ、これに対する異論はなかった

といった意見が述べられ、これに対する異論はなかった
という部分につき、
「といった意見が述べられた」
という形にしていただくか、
「異論はなかった」
というのを入れるのであれば、
「おおむね異論はなかった」
という形にしていただきたいと思います。

私の意見は、障害者の障害に乗じて性交等を行う行為のうち当罰性の高いものについては、既に刑法178条2項で捕捉できているのではないかというものであり、適用のばらつきがあるという指摘を踏まえて、要件の解釈を明確化するために例示列挙する方法ということは検討に値するとしても、新たに障害者を被害者とする処罰規定を設けることが必要だと考えているわけではありませんので、この点について修正をお願いできればと思います。

——————————————————–

<11ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
検討させていただきます。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<16ページ>
② 障害者は、介護が必要であるなど他人に生活を依存している場合や、障害の特性により相手に迎合的であったり流されやすかったりする場合があり、そのような状況や特性を利用する行為への対応が必要である
といった意見が述べられ、これに対する異論はなかった

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<16ページ>
③ 障害者は、介護が必要であるなど他人に生活を依存している場合や、障害の特性により相手に迎合的であったり流されやすかったりする場合があり、そのような状況や特性を利用する行為への対応が必要である
といった意見が述べられ、障害を有するという特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった

金杉委員は、「異論はなかった」を「おおむね異論はなかった」にしてほしい、と提案しました。
結果、
これに対する異論はなかった
は、
障害を有するという特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった
に変更されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

(再掲。取りまとめ報告書

<地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について>

⑪ 暴行・脅迫や抗拒不能に至らない場合を処罰することとした場合、類型的には被害者の意思の圧迫の度合いや自由意思の制約・侵害の程度が低く、保護法益を性的自由とみるか、性的統合性とみるかにかかわらず、違法性が一段低いものと評価することが可能であり、そうであるとすると、法定刑は現行の強制性交等罪より軽くなると思われる

⑫ 性犯罪の保護法益に関する一般的な理解からすると、このような類型については、法定刑の軽い特別類型を設けるか、あるいは、刑法第178条の「抗拒不能」に該当するとして法定刑は現行のままとするという二つの方向性が考えられる
といった意見が述べられた

「地位・関係性を利用した」性犯罪につきましては、法定刑が多少軽くなってもかまわないので、ぜひ罰則規定を設けてほしいです。
AV業界人のほかにも、悪党は存在します。
こうした輩(やから)の捕獲も急務です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。