《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(7)。香西咲さんたちの戦いによって、AV出演強要は、刑法で処罰される流れとなっています

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、昨年(2020年)から刑法改正の審議をおこなってきました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、2021年4月12日の検討会で各委員から出された取りまとめ報告書(案)への意見や要望をみてみます。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)
2021年6月5日(その6)

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その7)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<9ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

この報告書案をどう読むかにも関わるのかもしれませんが、例えば、報告書案の14ページの一番上のところで、「(3)」(地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方)の「(イ)」(一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方に関する議論)の「〇 新たな罰則を設けることの要否・当否」のまとめが書かれておりますけれども、
その特性に応じた対処の必要があることについては認識が共有された
というところで、

(参考。取りまとめ報告書(案)の14ページの一番上のところ)
(前略。)
といった意見が述べられ、いわゆる性交同意年齢には達しているものの、意思決定や判断の能力がなお脆弱といえる若年の者(中間年齢層の者)に対する性的行為について、その特性に応じた対処の必要があることについては認識が共有された

多分、これは私だけではなくて、金杉委員もそうだったかと思うのですけれども、児童福祉法や児童ポルノ法といった児童福祉法制などの特別法での対処が可能であるという意見も出ていました。

ここのところは、認識が共有されたので、新たな構成要件について検討されたというように読めてしまうので、特別法における対応が可能であるという意見があったと明示していただけると有り難いと思いました。

<10ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

恐らく、取りまとめ報告書(案)の)14ページの
対処の必要がある
という部分は、

(参考。取りまとめ報告書(案)の14ページの一番上のところ)
(前略。)
といった意見が述べられ、いわゆる性交同意年齢には達しているものの、意思決定や判断の能力がなお脆弱といえる若年の者(中間年齢層の者)に対する性的行為について、その特性に応じた対処の必要があることについては認識が共有された。

決して刑法に関するものだけに限定された文言ではなくて、およそ対処の必要があるという趣旨で書かれているのだと思いますけれども、おっしゃられたことも分かりますので、検討させていただきたいと思います。

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<14ページ>
(前略。)
といった意見が述べられ、いわゆる性交同意年齢には達しているものの、意思決定や判断の能力がなお脆弱といえる若年の者(中間年齢層の者)に対する性的行為について、その特性に応じた対処の必要があることについては認識が共有された

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<14ページ>
(前略。)
といった意見が述べられ,いわゆる性交同意年齢には達しているものの、意思決定や判断の能力がなお脆弱といえる若年の者(中間年齢層の者)に対する性的行為について、その特性に応じた対処の検討が必要であることについては認識が共有された

必要
が、
検討」に変更されました。

<9~10ページ>>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

これは障害者のところについても同様で、取りまとめ報告書(案)の)16ページの「(ウ)」(障害を有する者を被害者とする罰則の在り方に関する議論)の冒頭部分についてですが、「①」の後に、
これに対する異論はなかった
とあり、

(参考。取りまとめ報告書(案)の16ページの「(ウ)」の冒頭部分)
重度の身体障害又は知的障害があることに乗じて性交等を行う行為が刑法第178条第2項の「心神喪失」又は「抗拒不能」に乗じたとして処罰することができることは、解釈上は異論がないことを前提に、
① 刑法第178条第2項については適用にばらつきがあるとの指摘があることを踏まえ、その要件解釈を明確化して適用を安定させるため、例えば、抗拒不能性を根拠付ける一類型として、被害者の重大な障害につけ込む行為等を例示列挙する方法があり得る
といった意見が述べられ、これに対する異論はなかった

私も障害に付け込む行為を罰する必要があるということについて異論はないです。

しかし、私は、刑法178条(準強制性交等罪)でいけるという意見、あるいは、障害者保護の法制の中で充実を図るべきだという意見を申し述べました。

障害者に対して、あるいは未成年に対して対処の必要があることについては意見は一致していましたけれども、だから刑法の改正が必要であると読めるところは修正していただければと思います。

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<16ページ>
重度の身体障害又は知的障害があることに乗じて性交等を行う行為が刑法第178条第2項の「心神喪失」又は「抗拒不能」に乗じたとして処罰することができることは、解釈上は異論がないことを前提に、
① 刑法第178条第2項については適用にばらつきがあるとの指摘があることを踏まえ、その要件解釈を明確化して適用を安定させるため、例えば、抗拒不能性を根拠付ける一類型として、被害者の重大な障害につけ込む行為等を例示列挙する方法があり得る
といった意見が述べられ、
これに対する異論はなかった

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<16ページ>
重度の身体障害又は知的障害があることに乗じて性交等を行う行為が刑法第178条第2項の「心神喪失」又は「抗拒不能」に乗じたとして処罰することができることは、解釈上は異論がないことを前提に議論を行い、
① 障害者を被害者とする類型は、刑法第178条の柔軟な解釈や障害者虐待防止法制の中で検討すべきであり、刑法の改正は必要ない
といった意見が述べられた一方で、
② 刑法第178条第2項については適用にばらつきがあるとの指摘があることを踏まえ、その要件解釈を明確化して適用を安定させるため、例えば、抗拒不能性を根拠付ける一類型として、被害者の重大な障害につけ込む行為等を例示列挙する方法があり得る
③ 障害者は、介護が必要であるなど他人に生活を依存している場合や、障害の特性により相手に迎合的であったり流されやすかったりする場合があり、そのような状況や特性を利用する行為への対応が必要である
といった意見が述べられ、
障害を有するという特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった

これに対する異論はなかった
の文言が、
障害を有するという特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった
に変更されました。

<10ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それから、先ほど宮田委員がおっしゃった、法定刑の問題と規定の作り方の問題の関係について何もお答えしていなかったと思うのですけれども、

(参考。宮田桂子委員【弁護士】)
これから述べるのは若干些末なところかもしれないですけれども、取りまとめ報告書(案)の)9ページから10ページにかけてです。
「〇 手段・状態を列挙する場合の規定の在り方」の議論の際に、私は、どのような手段や状況を列挙するにしても、構成要件該当行為とそれに対する法定刑の関係が不可分で、その法定刑の議論との結び付きがないままの議論というのは全く違う結果をもたらしてしまうのではないかという趣旨のことを述べたと思いますので、その意見を是非付加してほしいと考えました。

その点については、恐らくこの報告書案を見ますと宮田委員のお考えは伝わってくるような感じがいたしますので、更にはっきり書くまでもないような気がいたしました。
しかし、その点も検討させていただきたいと思います。

ほかにございますか。

——————————————————–

<10ページ>
2021年4月12日 金杉美和 委員(弁護士)

私の意見は意見書のとおりなのですけれども、修正をお願いしたい部分は、取りまとめ報告書(案)の)13ページの「(ア)」の上から3行目です。

そのような特性に応じた対処が必要であることについては、異論がなかった
という部分なのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の13ページの「(ア)」)
被害者が一定の年齢未満である場合や障害を有する場合には、被害者が身体的・精神的又は社会的に脆弱であり、判断能力が不十分であることから、そのような特性につけ込んで行う性交等は被害者の法益を侵害する行為であり、そのような特性に応じた対処が必要であることについては、異論がなかった。

「その特性に応じた対処を検討すべきであることについては、異論がなかった」
というように修正をお願いしたいと思います。

理由は、先ほどの宮田委員の御意見と重なります。

私の意見は、取りまとめ報告書(案)の)14ページの「④」、それから15ページの「⑭」に要約していただいていると思うのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の14ページの「④」)
④ 地位・関係性を利用した類型は、刑法第178条(準強制性交等罪)や児童福祉法第34条第1項第6号・第60条第1項の淫行をさせる罪で処罰できるのであるから、それ以外に処罰が必要なものがそれほどあるとは思われないし、少なくとも、児童の健全育成を保護法益とする児童福祉法制の中で検討すべきである。

(参考。取りまとめ報告書(案)の15ページの「⑭」)
⑭ いわゆる淫行条例に関する最高裁昭和60年10月23日判決を参考に、
「誘惑し、威迫し、欺罔し、又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により性交等を行った者」
とする方法や、刑法第248条の準詐欺を参考に、
「未成年者の知慮浅薄に乗じて性交等を行った者」
と規定する方法が考えられる。

飽くまで現行の児童福祉法や青少年保護育成条例及びそれらの改正で足りるのではないかという意見でありまして、それに対して、もし、それでもなお刑法にこうした規定を入れる必要があるのであればという前提で述べているものです。

現行の法体制では不十分であり、何らかの対処が必ず必要だというところまで述べたつもりではありませんので、
「その対処を検討する必要について」
という形にしていただければと思います。

——————————————————–

<10ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました、検討いたします。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<13ページ>
被害者が一定の年齢未満である場合や障害を有する場合には、被害者が身体的・精神的又は社会的に脆弱であり、判断能力が不十分であることから、そのような特性につけ込んで行う性交等は被害者の法益を侵害する行為であり、そのような特性に応じた対処が必要であることについては、異論がなかった
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<13ページ>
被害者が一定の年齢未満である場合や障害を有する場合には、被害者が身体的・精神的又は社会的に脆弱であり、判断能力が不十分であることから、そのような特性につけ込んで行う性交等は被害者の法益を侵害する行為であり、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった

対処が必要
が、
対処の検討
となりました。

宮田桂子委員と金杉美和委員は、重ね重ね、現在の刑法の規定が適切に運用されていない、とのべています。
刑法の規定を適切に運用するのは、警察、検察、裁判所、です。
警察や検察や裁判所が刑法の規定を適切に運用すれば刑法改正の必要はない、との考えです。
加えて、刑法以外にも性犯罪を処罰する規定があるのだからそちらを強化せよ、とも言っています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

AV出演強要につきましては、刑法で処罰する流れとなっています。
AV出演強要犯には重い刑罰が科せられることでしょう。
人間のクズたちが連行される姿が目に浮びます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。