《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(6)。香西咲さんたちの戦いによって、AV出演強要犯の捕獲が現実のものとなってきました

本日も、法務省の性犯罪に関する刑事法検討会の事務局が集約した取りまとめ報告書(案)に対する各委員の意見や要望をみていきます。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)
2021年6月4日(その5)

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その6)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<8~9ページ>
2021年4月12日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

細かな点で申し訳ないのですけれども、(取りまとめ報告書(案)の)18ページの「(オ) 小括」について、一点お願いがございます。

(参考。取りまとめ報告書(案)の18ページの「(オ) 小括」)

<(3) 地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方>

(オ) 小括
以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、若年であることや障害を有するという類型的な脆弱性に応じた新たな罰則を設ける場合には、被害者の属性や地位・関係性に係る要件に加えて、意思決定に影響を及ぼしたといえる実質的要件を設けることを含め、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

これら以外の地位・関係性を利用する新たな罰則については、その要否・当否を検討した上で、これを設ける場合には、被害者に類型的な脆弱性がない場合であることにも留意しつつ、処罰範囲の外延を明確にするための適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

いずれの場合についても、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方と併せて検討がなされる必要があり、被害者が若年である場合については、さらに、いわゆる性交同意年齢の在り方とも併せて検討がなされる必要がある。

小括の3行目から4行目にかけて、
意思決定に影響を及ぼしたといえる実質的要件を設けることを含め
という文章になっているのですけれども、この点について、若年者等の場合には、意思決定に影響を及ぼしたかどうか、つまり、性的自由に対する罪であるというようには必ずしも決める必要はないという議論があったかと思います。

(参考。2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3~4ページ>
2021年2月16日 上谷さくら 委員(弁護士)

まず、「いわゆる性交同意年齢」というふうにいわれていますけれども、私はこれまで便宜的に「性的同意年齢」という言葉を使っております。
その意図は、性交に限るべきではないと、つまり、強制性交等だけではなくて、強制わいせつについても同様に考えるべきという趣旨で、そのような言葉を使ってきました。

また、この同意年齢というのが法律用語でもないのに独り歩きしていて、そのために、13歳で同意能力があるのか、ないのかとか、中には真摯な同意があるのではないかとか、そうすると若年者の性的自由は保護しなければいけないという議論になっていて、若年者の性的搾取をどのように防いでいくかというところがちょっと希薄になっている気がしているので、私は、ネーミングとして、「性的保護年齢」と言い換えるのが適切ではないのかなと考えています。

私は、この性的保護年齢は16歳未満、つまり、少なくとも義務教育の期間は絶対保護されるようにしなければならないと考えております。
(後略。)

むしろ、青少年保護のような議論もあったかと思うので、この書きぶりについては、
ことを含め
と書いてあるので、非常に慎重に書いていただいていることは分かるのですが、もし可能であれば、例えば、
意思決定に影響を及ぼしたといえるかなどの実質的要件を設けることを含め
として、意思決定の自由だけが実質的要件ではないように読めるように修正をお願いしたいと思いました。

<9ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討したいと思います。

——————————————————–

(再掲。木村光江委員【東京都立大学教授】)
意思決定の自由だけが実質的要件ではないように読めるように修正をお願いしたい

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<18ページ>
以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、若年であることや障害を有するという類型的な脆弱性に応じた新たな罰則を設ける場合には、被害者の属性や地位・関係性に係る要件に加えて、意思決定に影響を及ぼしたといえる実質的要件を設けることを含め、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<19ページ>
以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、若年であることや障害を有するという類型的な脆弱性に応じた新たな罰則を設ける場合には、被害者の属性や地位・関係性に係る要件に加えて、意思決定に影響を及ぼしたといえるなどの実質的要件を設けることを含め、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

(確認)
意思決定に影響を及ぼしたといえる実質的要件を設けることを含め
  
意思決定に影響を及ぼしたといえるなどの実質的要件を設けることを含め

取りまとめ報告書では、「などの」が追加されました。

<9ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。

——————————————————–

<9ページ>
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

恐らく取りまとめ報告書(案)の)15ページ辺りの議論だったかと思うのですけれども、私は、中間年齢という辺りに置かれている13歳から18歳ぐらいまでの年代の中でも、例えば中学生年齢と高校生年齢だと発達の程度が違うとか、子供の発達に関する発言をしたような覚えがあるのですけれども、

(参考。2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<4~5ページ>
2021年2月16日 齋藤梓 委員(弁護士)

(前略。)
中学生と高校生を一緒に語っておりますが、やはり10代は心理的、あるいは認知的能力の成長が著しいので、中学生と高校生を同列に語るというのは大変難しいことではないかと考えています。
(後略。)

その辺りを掲載していただけたらなと思っております。

というのは、やはり、発達心理学上、その年代の中学生、高校生年齢は随分違うことがありますので、子供の発達について言及した点の掲載を検討いただけると有り難いです。

——————————————————–

<9ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

検討させていただきたいと思います。

——————————————————–

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<16ページ>
⑮ 10代の子供は心理的・認知的能力の成長が著しく、中学生と高校生とでは、発達心理学上、発達の程度が随分異なっているため、中間年齢層の者の中でも、異なる配慮が必要であるといった意見が述べられた。

齋藤委員の要望が付記されました。

<9ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

取りまとめ報告書(案)の)18ページの「⑥」の意見に対して私が申し上げたことをできれば入れていただきたいと思って意見を申し上げます。

(参考。取りまとめ報告書(案)の18ページの「⑥」の意見)
⑥ 客体が障害を有しない成人である場合には、類型的な脆弱性がないので、一定の地位の優劣があっても対等である場合が十分考えられるし、例えば、上司から昇給すると言われ、任意に応じた場合も地位の利用と言い得るが、このような場合まで処罰することには躊躇が感じられ、そもそも、処罰範囲の外延が明確ではない。

この意見に対して、概略、以下のとおり申し上げたと思います。

地位・関係性を利用した犯罪類型については、性的要求と不利益が結び付く報復型と、利益が結び付く報償型があるところ、いずれも許されない行為である。

処罰根拠は涜職(とくしょく)であり、私欲のために職責を汚すなということである。

例えば、落第寸前の学生に、性的要求に応じれば単位をあげる、進級させてあげると言って性的要求をするということは許されない。

こういう意見があったと書いておいていただけると有り難いと思いました。

——————————————————–

<9ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
検討したいと思います。

——————————————————–

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を確認します。

取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<17ページ>
② 私欲のために職責を汚すことは許されないので、性的要求に応じないことと不利益が結び付く報復型と、性的要求に応じることと利益が結び付く報償型をいずれも処罰すべきである。

小島委員の要望が追加されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

先月(2021年5月)の21日に、取りまとめ報告書が発表されました。
法務大臣はこのあと、取りまとめ報告書のなかから、法改正が必要と思われるものを選びます。
選んだものを法制審議会に諮問します。
法制審議会は改正案の叩き台を作成します。
この叩き台が国会で審議され、法律となります。
AV出演強要犯の捕獲が現実のものとなってきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。