《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(5)。香西咲さんたちを蹂躙したやつらの跋扈はこの先、長くつづきません

法務省は、昨年(2020年)の3月31日に、性犯罪に関する刑事法検討会を設立しました。
目的は、刑法改正についての審議です。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

同検討会は、今年(2021年)の3月30日の14回目の検討会を以(もっ)て、各論点に対する論議を終えました。
このあと、同検討会の事務局は、取りまとめ報告書(案)を作成しました。
2021年4月12日の15回目の検討会で、各委員は、取りまとめ報告書(案)に対して意見をのべました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)
2021年6月2日(その3)
2021年6月3日(その4)

本日も、各委員の意見をみていきます。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その5)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<8ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

取りまとめ報告書(案)の)7ページの「⑩」ですね、

(参考。取りまとめ報告書(案)の7ページの「⑩」)
⑩ 性犯罪の被害者は長期間トラウマに苦しみ、自死に至ることもあることを踏まえれば、法定刑が軽い類型とすべきでない

私の意見だと思うのですけれども、こちらの意見の冒頭に、第8回会合の議事録の13ページの辺りですけれども、

(参考。第8回会合の議事録の13ページの辺り)

<13ページ>
2020年11月10日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

もともとは、この抗拒不能は、暴行・脅迫ではない被害者の状況を表しているというふうにされているわけですよね。

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

そして、その抗拒不能によって、暴行・脅迫が用いられた場合以外の様々な性犯罪をきちんと拾えているという理解だったと思います。

しかし、なかなか拾えていないという現場からの意見や支援者の意見もあります。

例えば、薬物を用いた場合が認められにくいとか、障害の場合が認められにくいという場合があります。

しかし、そのような場合でも、被害の実態としては、抗拒不能と変わりないわけですから、その抗拒不能について、例えば、要件として、障害がある、酩酊であるというような形で、きちんと明文化するということで表に出すのですから、法定刑は同じでいいのではないかと思っています。

私は、不同意の徴表である暴行・脅迫と抗拒不能の要件を明文化するのだから、重い類型に含ませていいという意見を述べていたので、そちらも理由として記載していただければと思っています。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承りました。
検討します。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)と、2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書を比較、対照します。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<7ページ>
⑩ 性犯罪の被害者は長期間トラウマに苦しみ、自死に至ることもあることを踏まえれば、法定刑が軽い類型とすべきでない
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<7ページ>
不同意の徴表である暴行・脅迫や抗拒不能の要件を明確化するのであれば現行法の法定刑で処罰すべきであって、性犯罪の被害者は長期間トラウマに苦しみ、自死に至ることもあることを踏まえると、軽い類型とすべきでない

山本委員の意見が取りまとめ報告書に反映されました。

<8ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

では、その点はそのぐらいにして、ほかに御意見はございますでしょうか。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

すみません、伝え忘れていたことがありまして、些末なことなのですけれども、取りまとめ報告書(案)の)11ページの「①」のところで、「立証責任の転換は可能ではないかといった意見が述べられた」ということなのですけれども、

(参考。取りまとめ報告書(案)の11ページの「①」)
① 被告人が、被害者の同意があるものと認識していたと主張した場合、事実上、被害者が被告人が認識し得る態様で抵抗したことの立証を求められることとなるが、被害者が抵抗することは心理学的には不可能である。
いわゆる「Yes means Yes」型の不同意性交等罪を創設すれば、被告人は相手方の同意を確認したことが主張できる以上、立証責任の転換は可能ではないかといった意見が述べられた

私は、これについては、質問をしたという認識なので、こういうことはどうでしょうかという質問があったというような記載にしていただければと思っています。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

質問といいますか、問題提起のような感じでしょうか。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

私の理解では、「Yes means Yes」型であるならば立証責任の転換は可能だと理解しているけれども、それはどうでしょうかという御意見を伺えればという質問の意図でしたので、特に意見を述べたという意識ではなかったのです。

——————————————————–

山本委員の発言をふりかえってみます。

2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20~21ページ>
2020年11月10日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

私は、法律には詳しくないので、法的なことは言えないのですけれども、この立証責任の転換は、刑法上難しいということは聞いています。

例えば、被告人(犯人)に立証責任を転換しても、Noと言われなかったから同意があったと主張された場合に、被害者が抵抗したことの立証を求められ、心理学的な見地からは被害者側に無理を強いるのは同じです。

ただ、同意があったということについては、このような形で相手の同意を確認しましたということは言えるとは思うので、「Yes means Yes」型になれば、このような転換も可能なのではないかという理解をしています。

それが正しいのかも分かりませんけれども、もしこの理解について何か意見があれば、お伺いできればと思っています。

——————————————————–

<21ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

それは、委員御自身としてもそうするべきだと、強い御意見をお持ちなのでしょうか。

——————————————————–

<21ページ>
2020年11月10日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

もし、不同意性交等罪が創設されて、「Yes means Yes」型になれば、立証責任の転換も可能なのではないかと考えます。

——————————————————–

ふたたび、2021年4月12日の第15回性犯罪に関する刑事法検討会議事録にもどります。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<8ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ということは、削除した方がよろしいということですか。
ただ、「Yes means Yes」型も検討の対象になっているわけですので、削ってしまうのは惜しいと思います。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

ちょっと考えます。

——————————————————–

<8ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

では、これもまた検討したいと思います。

——————————————————–

2021年5月21日の取りまとめ報告書ではどのような取り扱いとなったのでしょうか。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<11ページ>
① 被告人が、被害者の同意があるものと認識していたと主張した場合、事実上、被害者が被告人が認識し得る態様で抵抗したことの立証を求められることとなるが、被害者が抵抗することは心理学的には不可能である。
いわゆる「Yes means Yes」型の不同意性交等罪を創設すれば、被告人は相手方の同意を確認したことが主張できる以上、立証責任の転換は可能ではないかといった意見が述べられた

  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<11ページ>
① 被告人が、被害者の同意があるものと認識していたと主張した場合、事実上、被害者が被告人が認識し得る態様で抵抗したことの立証を求められることとなるが、被害者が抵抗することは心理学的には不可能であるといった意見が述べられるとともに、いわゆる「Yes means Yes」型の不同意性交等罪を創設すれば立証責任の転換は可能ではないかといった問題提起がなされた

(再掲。井田 良 座長【中央大学教授】)
削除した方がよろしいということですか。ただ、『Yes means Yes』型も検討の対象になっているわけですので、削ってしまうのは惜しいと思います

法務省の事務局側の強い要望により、「Yes means Yes」は削除されませんでした。
取りまとめ報告書に明記されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

「Yes means Yes」型の不同意性交等罪が創設されるかどうかは別として、刑法の性犯罪の規定はおおきく変わる予感がします。
この先、AV業界人による跋扈も長くはつづかないでしょう。
悪はかならず滅びます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。