《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(3)。香西咲さんたちのAV被害。「暴行・脅迫」要件の緩和は、法務省の既定路線であるようです

本日も、ひきつづき、2021年4月12日の第15回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録をみていきます。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)に関する論議>
2021年5月31日(その1)
2021年6月1日(その2)

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その3)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<5ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

(前略。)
次に、「(ウ)」の「⑥」の後のまとめの文章、6ページの下から8行目以降のところです。

(参考。取りまとめ報告書(案)の「(ウ)」の「⑥」の後のまとめの文章、6ページの下から8行目以降)
⑥ 「性的同意」という概念が浸透していない日本において、「不同意」という要件のみでは構成要件該当性の判断が難しいのであれば、ほかの文言を列挙してもよいといった意見も述べられ、単に被害者の「不同意」のみを要件とすることには、処罰の対象を過不足なく捕捉することができるかという点で課題が残り、処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった

ここの「おおむね異論はなかった」というところに違和感を持ちました。

また、8ページの本文1行目から3行目に、「これに特に異論はなかった」とありますが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の8ページの本文1行目から3行目)
行為者が用いる手段や被害者の状態を列挙するに当たっては、全てを網羅的に列挙することはできないから、例示列挙とせざるを得ないとの意見が述べられ、これに特に異論はなかった

私の方も異論がないわけではないので、多数を占めたとか、多く述べられたとか、おおむねとか、何か修正してほしいということです。

私が異論を述べたところで異論がなかったというのは、ちょっと違うのではないかというところでございます。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員【弁護士】)
処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった。ここの『おおむね異論はなかった』というところに違和感を持ちました

『これに特に異論はなかった』とありますが、(略)、多数を占めたとか、多く述べられたとか、おおむねとか、何か修正してほしい

当該箇所はその後、変更されたのでしょうか。
昨日と同様に、この取りまとめ報告書(案)と、11日前(2021年5月21日)に確定した取りまとめ報告書を比較、対照してみます。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<6ページ>
⑥ 「性的同意」という概念が浸透していない日本において、「不同意」という要件のみでは構成要件該当性の判断が難しいのであれば、ほかの文言を列挙してもよいといった意見も述べられ、単に被害者の「不同意」のみを要件とすることには、処罰の対象を過不足なく捕捉することができるかという点で課題が残り、処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<6~7ページ>
⑥ 「性的同意」という概念が浸透していない日本において、「不同意」という要件のみでは構成要件該当性の判断が難しいのであれば、ほかの文言を列挙してもよいといった意見も述べられ、単に被害者の「不同意」のみを要件とすることには、処罰の対象を過不足なく捕捉することができるかという点で課題が残り、処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった

まったく同じ文面です。
つぎはどうでしょうか。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<8ページ>
行為者が用いる手段や被害者の状態を列挙するに当たっては、全てを網羅的に列挙することはできないから、例示列挙とせざるを得ないとの意見が述べられ、これに特に異論はなかった
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<8ページ>
構成要件を明確化する場合、行為者が用いる手段や被害者の状態を列挙するに当たっては、全てを網羅的に列挙することはできないから、例示列挙とせざるを得ないとの意見が述べられ、これに対して特に異論はなかった

宮田委員がもとめていた「特に」は、変更されませんでした。

議事録にもどります。

<5ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)
(略。)
——————————————————–

<5ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)
(略。)
——————————————————–

<5ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

宮田委員からお出しいただいた書面をざっと読ませていただくと、例えば、金杉委員と宮田委員は、現行法の下でも、解釈を共有すれば十分対応が可能なので、改正については一切必要ないというような意見を述べていたとそこには記載されています。

(参考)
金杉美和委員提出書面(意見書) 
宮田桂子委員提出書面(意見書)

しかし、現行の刑法177条(強制性交等罪)・178条(強制性交等罪)について、一切改正の必要がないのだというはっきりした主張は、恐らく、これまでに御意見という形では表明されていなかったのではないかと思います。

といいますのは、もし、そのような御意見が表明されていたのであれば、取りまとめ報告書(案)の5ページから6ページにかけての「(イ) 改正の要否・当否に関する議論」の辺りに、そのような御意見がはっきりと書かれているはずであり、それがないということは、これまでに必ずしもそこをはっきりとおっしゃってこなかったのではないかと思うのですが、その点はいかがでしょうか。

——————————————————–

<5ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

私の当初からの意見は、改正の必要なしでございますし、あとは、現行法でいくにしても、むしろ法定刑を下げるべきだという意見です。

——————————————————–

<5~6ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

金杉委員も同じ御意見と理解してよろしいでしょうか。

私は、これまでの両委員の御意見をお聞きしていて、必ずしも、一切改正の必要はないという強い意見であるようにはお伺いしておりませんでした。

これは、委員の皆さんも多分同じ印象をお持ちではないでしょうか。

少なくない委員から、例えば、現行法を適切に解釈すれば、何とか対応ができるはずだという御意見はありましたが、とはいえ解釈にぶれがあったり、あるいは、これまでの経緯のせいであったり、どうしても強盗との類似性に引っ張られて厳しく解釈し過ぎたりというようなことがあって、本来適切な解釈をすればいいところ、なかなかうまく解釈されていないということがあるので法改正を通じて明確化すべきであるという御意見が表明されていたと思うのです。

——————————————————–

<6ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

私は、その原因として、判例の共有等がなされていないところが最も問題であると述べたつもりでございます。
ですから、私は、現行法でいける、解釈の共有の方がむしろ重要だという意見であり、その辺のところはお分かりいただけていたのかと思っておりました。

——————————————————–

<5~6ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

少なくとも私は、今初めてはっきりと、そういう御意見だということを認識いたしました。

そのことを前提に考えると、例えば、手段としてどういうようなものをあり得べき規定に書き込んでいくかというときに、例示列挙にするか、それとも限定列挙にするかは非常に大きな論点でありますが、この検討会の場では、例示列挙は余りにも曖昧でよくないという御意見はなかったと思うのです。

ですから、そういう意味で、その点に異論はなかったというように、あるいは、それに反対する御意見はなかったというようにまとめるのは当然であり、宮田委員の御提案のように、例示列挙とせざるを得ないとの御意見は多数の意見だと書くと、少数意見は限定列挙だったのかというように理解されてしまうと思うのです。

——————————————————–

<6ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

そうですね、私の修正の意見は、限定列挙とすべきという意見がなかったという意味では違いますね。

——————————————————–

<6ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

宮田委員が出された書面について、その点はそういうものとして承ります。

そして、金杉委員と宮田委員のお二人とも、結論的には刑法177条・178条については、一切改正の必要はないという御意見であったということは、取りまとめ報告書案にはっきりと書いておきたいと思います。

それでよろしいですかね。

——————————————————–

<6ページ>
2021年4月12日 宮田桂子 委員(弁護士)

ありがとうございます。

——————————————————–

(再掲。井田良 座長【中央大学教授】)
金杉委員と宮田委員のお二人とも、結論的には刑法177条・178条については、一切改正の必要はないという御意見であったということは、取りまとめ報告書案にはっきりと書いておきたいと思います

11日前(2021年5月21日)に確定した取りまとめ報告書を確認します。

<5~6ページ>
2021年5月21日 取りまとめ報告書

(イ) 改正の要否・当否に関する議論

改正の要否・当否について、
① 現行法のあるべき解釈を共有すれば、処罰されるべき行為を処罰し得るので、改正は不要である

② 現状の運用に問題があるという場合に、その原因が、構成要件にあるのか、その解釈の問題なのか、あるべき解釈が共有されていないことによるのか、当該事件における証拠上の問題なのか、又は検察官の訴因の選択や立証の問題なのかを切り分けて議論することが必要である。また、判決書等について十分な情報が公開され、それに基づいた議論を行うことが必要である
といった意見が述べられた一方で、

③ 暴行・脅迫や抗拒不能の要件が障害となり、同意なき性交が処罰されていない現実があるため、法改正をすべきである

④ 暴行・脅迫要件の解釈の拡大により処罰範囲が広げられてきたとはいえ、ほとんど同じように見える事案であっても、起訴されて有罪になるものもあれば、警察が被害届を受理しないものや検察で不起訴処分とされるものもあるなど、運用に差があるから、これを是正するため、また、国民にも分かりやすくするため、適切な要件の検討が必要である

⑤ 暴行・脅迫要件は、被害者の意思に反する性的行為であることを明確に認定するための徴表として機能しているが、これを限定的に捉える解釈の余地が全くないわけではないから、「暴行又は脅迫を用いて」との文言が実務の運用にばらつきを生じさせる原因になり得ることを踏まえ、改正の可能性を含めて検討すべきである

といった意見が述べられ、安定的で適切な運用に資するような改正であれば検討に値するという点では、おおむね異論はなかった

——————————————————–

2021年5月21日に確定した取りまとめ報告書に、宮田委員の
現行法のあるべき解釈を共有すれば、処罰されるべき行為を処罰し得るので、改正は不要である
との意見が追加されました。
追加はされたものの、結論は、取りまとめ報告書(案)のときと同じです。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
<6ページ>
といった意見が述べられ、安定的で適切な運用に資するような改正であれば検討に値するという点では、おおむね異論はなかった
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
<6ページ>
といった意見が述べられ、安定的で適切な運用に資するような改正であれば検討に値するという点では、おおむね異論はなかった

「暴行・脅迫」要件の緩和は、法務省の既定路線であるようです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

戦いの先にあるのは、勝利です。
AV出演強要はかならず処罰されます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(3)。香西咲さんたちのAV被害。「暴行・脅迫」要件の緩和は、法務省の既定路線であるようです」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。