《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(2)。香西咲さんたちの戦いによって、AV出演強要の処罰、が明記されました

先々月(2021年4月)の12日に、第15回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

15回目の検討会において、同検討会の事務局は、各委員に対して、取りまとめ報告書(案)を提示しました。
同案に対して、各委員は、意見をのべました。

(参考。当ブログ)
<取りまとめ報告書(案)に関する論議(その1)>
2021年5月31日

本日もひきつづき、当該議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その2)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、次に、「第3 各論点についての検討」に入りまして、第3の「1 刑事実体法について」の「(1) 現行法の運用の実情と課題(総論的事項)」について、報告書案の修正に関する御意見がありましたら、御発言をお願いします。

なお、この「(1)現行法の運用の実情と課題(総論的事項)」から「(5) 強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」までについて、合計で40分程度の時間を予定しているところでございます。

——————————————————–

<3~4ページ>
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

三点ございまして、一点目なのですけれども、3ページの「イ」の「②」のところなのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の3ページの「イ」の「②」)
② 性的自由に加え、尊厳、自律、身体の統合性を含んだ概念である「性的統合性」を保護法益とすべきである

性的自由に加え、尊厳、自律などと書いてあるところの尊厳に関して、もう少し強調して丁寧に述べていただけると有り難いなと思いました。

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
尊厳に関して、もう少し強調して丁寧に述べていただけると有り難い

取りまとめ報告書(案)と、10日前(2021年5月21日)に確定した取りまとめ報告書を比較、対照してみます。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
② 性的自由に加え、尊厳、自律、身体の統合性を含んだ概念である「性的統合性」を保護法益とすべきである
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
② 性的自由に加え、尊厳、自律、身体の統合性を含んだ概念である「性的統合性」を保護法益とすべきである

結論は変わりませんでした。

2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

もう一つ、3ページの一番下の「③」のPTSDや自殺企図などと書かれている部分ですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の3ページの一番下の「③」)
③ 一定の上下関係に基づいて行う性的行為自体に侵害性があり、その上下関係を利用して性的利益を奪い取ることに性犯罪の本質があるから、「人格的統合性」や「性的尊厳」を保護法益とすべきであるといった意見が述べられたが、保護法益をどのような言葉で表現するとしても、性犯罪の被害は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や自殺企図などを引き起こし、長期にわたって社会生活・対人関係に深刻な影響を及ぼし得る重大な被害であるとの認識が共有された。

精神医学とか心理学的な観点で言うと、鬱病というのを付け加えていただきたいのと、あと、自殺企図ではなく自殺未遂自殺既遂という書き方の方がいいのではないかと思いました。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
③ 一定の上下関係に基づいて行う性的行為自体に侵害性があり、その上下関係を利用して性的利益を奪い取ることに性犯罪の本質があるから、「人格的統合性」や「性的尊厳」を保護法益とすべきであるといった意見が述べられたが、保護法益をどのような言葉で表現するとしても、性犯罪の被害は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や自殺企図などを引き起こし、長期にわたって社会生活・対人関係に深刻な影響を及ぼし得る重大な被害であるとの認識が共有された
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
③ 一定の上下関係に基づいて行う性的行為自体に侵害性があり、その上下関係を利用して性的利益を奪い取ることに性犯罪の本質があるから、「人格的統合性」や「性的尊厳」を保護法益とすべきであるといった意見が述べられたが、保護法益をどのような言葉で表現するとしても、性犯罪の被害は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や鬱状態、自殺既遂や自殺未遂などを引き起こし、長期にわたって社会生活・対人関係に深刻な影響を及ぼし得る重大な被害であるとの認識が共有された

斎藤委員の主張どおり、
自殺企図
のかわりに、
鬱状態、自殺既遂や自殺未遂
のことばが入りました。

2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

また、4ページの一番最後の「④」のところの性的同意に関してなのですが、

(参考。取りまとめ報告書(案)の4ページの一番最後の「④」)
④ そもそも、我が国では、「性的同意」という概念が浸透しておらず、社会的に何を性的行為の同意と見るかが曖昧で、明確な拒絶の意思表示がないことが同意を示すものではないということが理解されていないため、性的行為に対する同意の在り方について国民の間で議論することが必要であるといった意見も述べられた。

これは、私が検討会の最後の方で述べたことなので、入れていただくかどうかについては座長と刑事局の皆様に一任いたしますが、性的同意について海外では定義や概念に関する研究が積み重なっていることですとか、日本社会においても性的同意の概念がこれまでと異なるスピードで広がっているようなことを発言したと思いますので、その点を入れていただけると有り難いなと思いました。

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
④ そもそも、我が国では、「性的同意」という概念が浸透しておらず、社会的に何を性的行為の同意と見るかが曖昧で、明確な拒絶の意思表示がないことが同意を示すものではないということが理解されていないため、性的行為に対する同意の在り方について国民の間で議論することが必要であるといった意見も述べられた
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
④ そもそも、我が国では、「性的同意」という概念が浸透しておらず、社会的に何を性的行為の同意と見るかが曖昧で、明確な拒絶の意思表示がないことが同意を示すものではないということが理解されていないため、性的行為に対する同意の在り方について国民の間で議論することが必要である。その際、世界的に知見の蓄積があることや、我が国において性的同意に対する社会の意識が大きく変わってきていることに留意すべきであるといった意見も述べられた

斎藤委員の所論が付記されました。
——————————————————–

<4ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

三点について承りました。
検討させていただきます。

ほかに何かございますか。
特にございませんか。

それでは、次の「(2) 暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」について、報告書案の修正に関する御意見がありましたら、御発言をお願いしたいと思います。

——————————————————–

<4ページ>
2021年4月12日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

5ページの「(ア)」で、
「例えば、虚偽の結婚の約束をすることにより同意させた場合や、金を支払うとの虚偽の約束をすることにより同意させた場合についてまで刑法で処罰することは相当ではないということについても、異論はなかった。」
と書かれている部分についてなのですけれども、議事録を読み返してみて、余りお金を支払うということに関しての議論が展開されたわけではないと思っております。

一方、会ったらお金を支払ってあげるという口実で呼び出されて性暴力被害を受けることは非常に多く起こっているので、ここが異論がないというようにされてしまうと、現実の被害をカバーできなくなるのではないかという懸念があります。

お金を支払うという約束で相手の自由を自分に渡させる行為、被害者を欺いて同意を得るという行為は禁止しなければいけないのではないかと私は思います。

ただ、これは話してはいないことなので、異論がないという記載は、お金を払うことに関してまでは、ちょっと広げて書いているように思うので記載について検討していただけないでしょうか。

——————————————————–

<4ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

この点については、いかがでしょうか。
かなり内容に関係する御意見でもあると思います。
お金を支払って同意させるという例を最初に出したのは、もしかすると私かもしれません。
委員の皆さんの議論をまとめるときに補足的にそういう例を出したかもしれません。
ただ、その後、その例は委員の皆さんによって何度か取り上げられて、そういう場合には処罰が望ましくない、ふさわしくないという御意見が出たことを記憶していますが、いかがでしょうか。

——————————————————–

<4ページ>
2021年4月12日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

ちょっと記憶が定かではないのですけれども、私も個人的には、お金を支払う旨の虚偽の約束により同意させた場合については性犯罪を構成しないように漠然と考えておりましたが、その点について具体的に議論をしていない可能性はございますので、議事録を確認いただきまして、もし、この点について十分な議論がなければ、この記述については削除する可能性も含めて御検討をお願いできればと存じます。

——————————————————–

<4~5ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

承知しました。
では、議事録を確認した上で、
「金を支払うとの虚偽の約束をすることにより同意させた場合」
という部分については、場合によっては削除することを考えたいと思います。

ほかに御意見はございますでしょうか。この点につきましてはよろしいでしょうか。

前々回でしたか、小島委員から、お金をもらってという場合には誰も処罰することは考えていないというような御発言があったように記憶しているのですけれども、小島委員、いかがでしたでしょうか。

——————————————————–

<5ページ>
2021年4月12日 小島妙子 委員(弁護士)

お金を支払ってというよりは、18ページの「⑥」のところで、上司から昇格すると言われて任意に応じた場合とか、結婚詐欺のような場合について例が挙げられたかと思うのですけれども、その関係で、結婚詐欺のようなものについてまで処罰するべきと考えている人はいないのではないかというようなお話をしたかと思います。
あのときは結婚詐欺というようにお話をされたのではなかったかと記憶しております。

——————————————————–

<5ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

分かりました。

——————————————————–

取りまとめ報告書(案)。2021年4月12日)
他方で、被害者が一定の年齢未満であるといった事情がないのであれば、例えば、虚偽の結婚の約束をすることにより同意させた場合や、金を支払うとの虚偽の約束をすることにより同意させた場合についてまで刑法で処罰することは相当ではないということについても、異論はなかった
  
取りまとめ報告書。2021年5月21日)
他方で、被害者が一定の年齢未満であるといった事情がないのであれば、例えば、虚偽の結婚の約束をするという欺罔を用いて性交等に同意させた場合についてまで刑法で処罰することは相当ではないということについても、異論はなかった

取りまとめ報告書(案)に記載されていた
金を支払うとの虚偽の約束をすることにより同意させた場合
が削除されました。

<5ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

では、それ以外の点で何かございますでしょうか。

——————————————————–

このつづきは明日のブログでみてみます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

10日前(2021年5月21日)に取りまとめ報告書が公開されました。
同報告書のなかに、AV出演強要の処罰、が明記されました。
あとは法律ができるのを待つだけです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。